エポスカードの審査難易度は甘い?審査基準と通過するコツ

エポスカードの審査難易度は甘い?審査基準と通過するコツ エポスカード

クレジットカードの中でも人気の高いものにエポスカードがあります。

百貨店のマルイが発行しているクレジットカードです。百貨店が発行しているクレジットカードですが、様々な特典が付帯されていることが特徴です。

特典の多いクレジットカードですので、エポスカードの発行を考えている人は多数います。ただ、クレジットカードを発行するためにはクレジットカード会社の審査に通過しなければなりません。

エポスカードを発行するにあたりクレジットカードの審査は厳しいのでしょうか。これからエポスカードを発行したいと考えている人が気になる審査についてご説明します。

エポスカードの審査難易度は比較的厳しくない

エポスカードの審査状況を確認してみると、審査の難易度は比較的厳しくないと考えられます。

クレジットカードによっては審査の状況が明らかに厳しいものも存在しているのですが、エポスカードの場合にはそのような事実は確認できません。

そのように判断できる理由を以下では詳しくご説明していきます。

エポスカードの申し込み資格は18歳以上

エポスカードの申し込み資格は18歳以上です。その他のクレジットカードでは申し込み資格が20歳以上とされていることがあります。

そのようなクレジットカードと比較した場合、エポスカードは比較的低いハードルで申し込みできるクレジットカードです。

年齢制限が低く設定されているということは、それだけ幅広くクレジットカードを発行してもらいたいということです。

エポスカードは若くから発行できるクレジットカードであり、審査難易度は甘いと考えられます。

エポスカードは流通系のカードで審査難易度は易しめ

エポスカードは流通系のクレジットカードに分類されます。流通系のクレジットカードは審査難易度が易しめなクレジットカードです。

一般的にクレジットカードの審査に通過しないのであれ、ば流通系のクレジットカードを選択した方が良いと言われるぐらいです。流通系のクレジットカードであれば全ての審査が甘いというわけではありません。

流通系のクレジットカードでもゴールドカードなどステータスの高いクレジットカードでは審査が厳しいものも存在しています。

しかし、エポスカードはクレジットカードの中でも一般カードに分類されるものです。そのため、流通系のクレジットカードのメリットを生かして審査の甘いクレジットカードであると考えられます。

エポスカードの審査に通過するためのコツ

エポスカードの審査は難しいものではありません。クレジットカードの中でも審査は甘いものに分類されます。

それでも審査に落ちてしまった場合、どのようなことに気をつければ良いのか審査通過のコツをご紹介します。

複数枚のクレジットカードに申し込まない

複数のクレジットカードに同時に申し込みをしないことは重要です。

複数のクレジットカードに同時に申し込みをする多重申し込みをすると、クレジットカードの審査に落ちてしまいます。

クレジットカードの申し込み履歴は信用情報に記録されています。同時に申し込みをしていると、クレジットカード会社は同時申し込みしていることを知れてしまいます。

そのような状況にあるとクレジットカード会社は、クレジットカードがないと生活できないお金に困っている人ではないかと心配してしまいます。

そのような心配が発生した結果として審査落ちということが発生するのです。

キャシング枠は10万円~0円で申し込む

キャッシング枠は0円~10万円で申し込みをしましょう。特にキャッシング枠を必要としない場合には0円で申し込みすることをおすすめします。

クレジットカード利用はショッピング枠の審査がされていて、キャッシングはキャッシング枠の審査がされています。

キャシング枠を申し込むとクレジットカードを発行するために2つの審査に通過しなければなりませんので、難易度が上がってしまいます。

エポスカードの発行を考えているのであれば可能な限り難易度を下げなければなりません。

キャッシング枠を0円や10万円など小さな金額に設定しておくとエポスカードの審査ハードルが下がります。エポスカードに限らずどのようなクレジットカードでもキャッシング枠を小さく設定することがコツです。

専業主婦の方は配偶者の年収を記入

専業主婦の場合は職業に主婦を選んだ上で配偶者の年収を記入しましょう。

専業主婦であり収入がない場合でも配偶者の年収を記載すれば、エポスカードの審査に通過できる可能性があります。

専業主婦の場合には。純正に年収を0円として申し込みしてしまうこともあります。これが事実ではありますがクレジットカードの審査において年収が0円であると通過は不可能です。

クレジットカード会社は安定した年収がなければクレジットカードを発行してくれません。しかし、専業主婦はクレジットカードが発行できないことはありません。

自分の年収を利用してクレジットカードの審査を受けるのではなく、配偶者の年収を利用してクレジットカードが発行できます。配偶者の年収を適切に把握して申し込みすることが重要です。

学生の方は収入0円でもOK

基本的にクレジットカードは収入がなければ申し込みができません。クレジットカード会社も利用したぶんだけ支払いをしてもらわなければならないからです。

ただし、学生に関しては収入が0円でも申し込み可能です。クレジットカードの申し込みに収入が0円であると申告して問題ありません。

学生の本業は勉強をすることです。クレジットカード会社もその点を考慮して収入が0円でもクレジットカードの発行をしています。

この裏側ではあくまでも親権者が収入を得ていることが前提です。

万が一学生本人がエポスカードの支払いをできなかったとしても、親権者が立て替えて支払いをするということが前提でクレジットカードが発行されます。

エポスカードの審査時間と発行時間

エポスカード発行するのであれば気になるのは審査時間と発行時間でしょう。

エポスカードに申し込みをしてから実際にクレジットカードが手に入るまでにはどれくらいの時間が必要となるのでしょうか。

店頭申し込みなら即日発行

店頭からの申し込みであれば最短で即日発行が可能です。

クレジットカードは一般的に発行に時間が必要となるものです。しかし、エポスカードの店頭申し込みであれば即日発行が可能です。

エポスカードは百貨店のマルイが発行するクレジットカードです。そのためマルイの中にエポスカードカウンターで手続きをすることで最短で即日発行できます。

マルイではエポスカードで支払いをすることで割引が受けられるなどお得に支払いできることがあります。そのためマルイですぐにエポスカードを手に入れたいと考えてる人も多いようです。

そのような希望に応えられるように、マルイにはクレジットカードを発行するためのカウンターが用意されています。

エポスカードを即日発行する手順

具体的にエポスカードを即日発行する手順をご紹介します。

マルイのエポスカードクカウンターに向かう

店頭での申し込みをしなければなりませんのでまずはマルイへ向かいましょう。日本各地にマルイがありますので好きなところへ向かって問題ありません。

どこのマルイでもクレジットカードが即日発行できるようになっています。クレジットカードカウンターへ出向けばクレジットカード発行の手続きを案内してもらえます。

担当者の指示に従ってクレジットカードの申し込みをすれば良いでしょう。

必要情報の記入

店頭で申し込みをする場合もWebで申し込みをする時と同じようにタブレットに必要な情報を入力します。

入力する内容もWebから申し込みする時と同様です。注意しなければならないのは店頭で申し込みをする場合そのまで身分証明書が必要です。

身分証明書の提示ができない場合は申し込みができませんので必ず持参するようにしましょう。

審査

申し込み内容の入力と身分証明書の提示が完了すれば、エポスカードの審査が実施されます。

審査は最短で数分で完了しますが、混雑具合によっては時間が必要となりますので、申し込みの時間には出来る限り余裕を持っておくようにしておきましょう。

カード発行

無事に審査に通過できればエポスカードがその場で発行されます。

クレジットカードを発行する手続きや受け取りをする手続きをして、その日のうちにエポスカードを持ち帰りできます。

WEB申し込みなら約1週間

エポスカードは他のクレジットカードと同様にWebからの申込みも可能です。

この場合には申し込みから約1週間でクレジットカードが手に入ります。WEBから申し込みをする場合についても解説します。

エポスカードをWEB申し込みする手順

Webから申し込みをするのであればエポスカードの公式サイトにアクセスをしましょう。公式サイトにクレジットカードを発行するための案内がありますのでそこから申し込みをすれば問題ありません。

Webからの申込みですので画面上に必要な情報を入力して申し込みをするだけです。

店頭で申し込みをする場合もWebで申し込みをする場合も入力する内容には変わりがありません。

審査は30分程度

審査の時間も同様に数分から30分程度必要となります。

審査が完了するとメールが届きますので審査に通過できているかは確認しましょう。審査に通過していれば一週間程度でクレジットカードが発行され郵送されてきます。

エポスカードが審査落ちしてしまう人の特徴

エポスカードの審査落ちしてしまう人には特徴があります。

どのような人がエポスカードの審査に落ちてしまう可能性があるのでしょうか。エポスカードの審査に落ちてしまう人の特徴をご紹介します。

クレジットカードヒストリーに傷がある

クレジットカードヒストリーに傷があると審査に落ちてしまう可能性が高まります。

クレジットカードヒストリーとは今までのクレジットカードやローンの支払い状況をまとめた情報のことです。

今までクレジットカードやローンを利用して正しく支払いができているかどうかが中心となります。

また、他のクレジットカード会社でどれくらいの限度額のクレジットカードを契約しているかなども確認できます。

過去の延滞や破産などのブラックリスト入りしている人

クレジットカードヒストリーに傷が付くとは、この情報に支払い遅延の情報が記載されていることを主にさします。

つまり、クレジットカードが正しく利用できていないと記録されてしまうのです。このような状態になるとクレジットカード会社も発行を見送る可能性が高まってしまいます。

クレジットカードを発行しても正しく支払いをしてくれないと判断してしまうのです。そのように判断することによってエポスカードの発行が見送られてしまいます。

クレジットカードヒストリーの中でも特に長期的な延滞をしている人が自己破産をしている人はブラックリストに入っている状態です。

具体的にブラックリストが存在しているわけではありませんが、ブラックリストのように扱われる状態が存在しています。

この状態になってしまうと基本的にクレジットカードの発行はできません。エポスカードに限らず大半のクレジットカード審査に落ちてしまいます。

同時期に複数枚申し込みの「申し込みブラック」

同時期に複数のクレジットカードに申し込みをすることで審査落ちすることもあります。具体的な基準は存在していませんが「申し込みブラック」と呼んでいます。

クレジットカードの審査では他社へのクレジットカード申し込み状況も確認できます。その人が他にどのようなクレジットカードに申し込みをしているのか過去半年間参照できる仕組みがあります。

半年間に大量のクレジットカードに申し込みをしていると、クレジットカード会社は警戒してしまいます。

例えば不正にクレジットカードを発行している可能性もありますし、現金がなくクレジットカードに頼っている可能性もあります。

クレジットカードは信用をもとに発行されるものですので、このような疑いがあると審査に落ちてしまいます。

実際には何の問題がなかったとしても、疑いを作ってしまうことによって審査に落ちてしまう可能性があります。

収入が0円で無職の方

クレジットカードの発行には安定した収入が必要です。具体的にどれくらいの収入が必要であるかエポスカードでは公開されていませんが収入が必要とされていることは間違いありません。

そのため、エポスカードの申し込み時に収入が0円で無職であると申し込みをすると、審査に落ちてしまいます。

クレジットカードの支払い見込みが立たない人には、クレジットカード会社もクレジットカードを発行できません。

ただし、無職とはいえでも何かしらの収入を得ている人はいることでしょう。そのような場合には無職と申請するのではなく、収入を合計して自営業などのように申し込みをすれば審査に通過する可能性があります。

エポスカードの審査に落ちた…どうする?

エポスカードの審査に落ちてしまった場合にはどうすれば良いのでしょうか。

次回の申し込みでエポスカードを手に入れるためにやるべきことをご説明します。

半年間はカードの申し込みを控える

クレジットカードの申し込み履歴は半年間記録されることになっています。

半年間で大量のクレジットカードに申し込みをしていると申し込みブラックになっている可能性もあります。この状態を解決するために半年間はクレジットカードの申し込みを控えましょう。

半年間待つことで信用情報の申し込み履歴はすべて削除されます。その状況で改めてクレジットカードに申し込みをすれば新しい状態でクレジットカードの審査を受けられます。

未払いや遅延はすぐに解消する

クレジットカードの支払いや遅延はエポスカードの審査落ちの大きな原因となります。

エポスカードの申し込みにあたり支払い遅延ならが存在しているのであればすぐに解消しましょう。

支払いを忘れているものがあるのであればすぐに支払いをして遅延を解消しなければなりません。

支払いが遅れてしまったものは仕方ありません。その状態からすぐに支払いをしてクレジットカードヒストリーにできるだけ傷をつけないようにすることが重要です。

大きく傷がつかなければエポスカードも発行できる可能性があります。

他のカードに申し込んで信用情報を回復させる

他のクレジットカードに申し込みをして信用情報を回復させる方法もあります。

クレジットカードヒストリーがない場合は、もっとを審査の甘いクレジットカードに申し込みをすることが重要です。

他のクレジットカードを発行してもらい、そのクレジットカードを正しく利用するとクレジットカードヒストリーが積み重なります。

そのような状態であれば、クレジットカード会社も安心してクレジットカードの発行ができると判断します。

エポスカードの審査基準まとめ

エポスカードはクレジットカードの中でも審査基準が甘いものです。

流通系のクレジットカードですので、クレジットカードとにかく発行したいと考えている人は申し込みをしてみてよいでしょう。

また、クレジットカードの中でも審査が短時間であり最短即日発行できる珍しいものです。

他のクレジットカードにはあまり無い特徴も持っていますので、審査の難易度面だけではなくスピード面でもおすすめしたい1枚です。

タイトルとURLをコピーしました