エポスプラチナカードのメリット・デメリット!ETCカード・年会費・手数料・ポイント徹底比較

エポスカードプラチナ エポスカード

クレジットカードの中でもサービスやサポートが充実していて、ステータスも高いプラチナカードを持ちたいと考えている人も多くいるでしょう。

しかし一口にプラチナカードと言ってもさまざまな会社から発行されていますし、それぞれに特徴が違います。

自分にはどのプラチナカードがいいのかわからないと悩んでいる人もいるでしょう。

今回は、プラチナカードの中でもエポスプラチナカードに焦点を当てて見ていきます。

メリットやデメリット、年会費などについて解説しますので比較する際の参考にしてみてください。

エポスプラチナカードの基本スペック

年会費 税込み30,000円
(年間100万円の利用、またはインビテーションによる発行で税込み20,000円)
入会費 無料
利用可能枠 クレジットカードの利用枠の範囲内
申し込み資格 20歳以上(学生を除く)の方
ポイント還元率 0.50%~
海外保険 あり
家族カード なし
ETC専用カード あり(無料)
カード発行まで 約2週間
更新期間 自動更新

エポスプラチナカードのメリット

  • 年間の利用額に応じてボーナスポイントがもらえる
  • 海外旅行傷害保険などのサポートが充実している
  • プライオリティパスへの登録が無料
  • ポイントアップサービスがある
  • 充実の優待制度

年間の利用額に応じてボーナスポイントがもらえる

エポスプラチナカードでは、年間の利用額に応じてボーナスポイントをもらうことができます。

年間の利用額が100万円以上で20,000ポイント、200万円以上の利用で30,000ポイントというように利用額が増えるごとにボーナスポイントも増えていきます。

利用額は税込みの利用でOKなのも嬉しいポイントでしょう。

もちろん、ショッピングだけでなく公共料金や家賃、携帯電話料金の支払いなども含まれますので、すべての支払いをクレジットカードで行えば難しい金額ではありません。

プラチナカードはポイントを重視していないカードが多い中で、ボーナスポイントがつくのは嬉しい特典でしょう。

海外旅行傷害保険などのサポートが充実している

エポスプラチナカードでは、海外旅行傷害保険が自動付帯しています。

最高一億円の補償を受けることができるので、海外旅行に行く場合にも安心でしょう。

また、家族特約も付帯していますので一緒に旅行した家族に何かあった場合にも安心です。

国内旅行傷害保険は利用付帯ですが、こちらも補償内容は充実しています。

プライオリティパスへの登録が無料

プライオリティパスへの登録が無料なのもメリットです。

通常プライオリティパスへの登録は年会費が必要になりますが、無料で登録できるのでお得に利用できるようになります。

世界の約1,200か所以上の空港ラウンジが利用できるようになるので、快適に旅行をすることができるでしょう。

ポイントアップサービスがある

エポスプラチナカードは、誕生日月に利用するとポイントが2倍になります。

そのため、ショッピングなどに利用するだけでポイントを貯めやすくなるのです。

また、選べるポイントアップショップというものがあり、よく利用する店舗を3店舗登録することができます。

登録しておくだけで利用時のポイントが最大3倍になりますから、お得にポイントを貯めることができるでしょう。

充実の優待制度

優待制度が充実しているのもメリットでしょう。

VISAプラチナコンシェルジュの利用やエポスプラチナカードグルメクーポンの利用、全国10,000店舗以上で優待や割引などを受けることができるようになっています。

さまざまな店舗で優待を受けることができますから、お得に買い物をしたりレジャーに出かけたりできるでしょう。

エポスプラチナカードのデメリット

  • 国内空港ラウンジは少なめ
  • ショッピング保険やキャンセル保険などが自動付帯しない
  • インビテーション以外だと年会費が高くなる

国内空港ラウンジは少なめ

エポスプラチナカードのデメリットとしては、利用できる国内空港ラウンジが少ないということでしょう。

海外の空港ラウンジは充実しているのでいいのですが、国内の地方空港などは入っていません。

そのため、海外旅行にはあまり行かないけれども、国内旅行で国内の空港を良く利用するという人にはあまりメリットを感じられないかもしれません。

どちらかというと海外旅行へのサポートが充実しているクレジットカードですので、国内旅行中心という人にとっては物足りなく感じる可能性もあります。

ショッピング保険やキャンセル保険などが自動付帯しない

ショッピング保険やキャンセル保険などが付帯していないというのも大きなデメリットでしょう。

そのため、商品の盗難や破損などがあったとしても補償してもらうことができないのです。

一般的なプラチナカードならショッピング保険が付帯しているケースが多いので、その点からみると物足りないカードだといえるでしょう。

ショッピング保険を付けるためには「エポスお買い物あんしんサービス」という有料オプションに申し込む必要がありますので、気を付けてください。

このエポスお買い物あんしんサービスは年会費は1,000円とそう高くはありませんが、他のクレジットカードでは無料で付帯していることが多いという点からみると、少しもったいないと思ってしまう可能性もあります。

インビテーション以外だと年会費が高くなる

インビテーションでの発行以外だと年会費が高くなるというのも、デメリットのひとつでしょう。

エポスプラチナカードでは、インビテーションでの発行は20,000円ですが自分から申し込むと年会費は30,000円となり10,000円も高くなってしまいます。

インビテーションはすでにエポスカードを持っている人当てに送られてくる招待状のようなものですから、エポスカードをまだ持っていないけれどもプラチナカードに申し込みたいという場合には、必ず年会費は30,000円になってしまうのです。

年間の利用合計額が100万円以上なら翌年からは20,000円に年会費が下がるというサービスはあるのでそこまで大きなデメリットではありませんが、インビテーションが送られてこない、または新規の申し込みの場合は年会費が割高になるので少し損をしているというような感覚になることもあります。”

エポスプラチナカードのポイント制度

  • ポイント還元率は基本0.5%
  • ポイントアップなどの制度が充実している
  • ポイント有効期限は無期限
  • ポイント交換先は豊富。マイルへの移行もOK

ポイント還元率は基本0.5%

エポスプラチナカードでは、利用するごとにポイントが貯まるポイント制度を導入しています。

ポイント還元率は基本0.5%となっており、クレジットカードの中では平均的な還元率だということが言えるでしょう。

ポイントは200円の利用で1ポイント付与されます。

ポイントアップなどの制度が充実している

基本のポイント還元率な0.5%と特別高くはないエポスプラチナカードですが、ボーナスポイントやポイントアップなどの制度が非常に充実しているので、実質的には高還元率なプラチナカードだということが言えます。

まず、年間の利用金額に応じてボーナスポイントがもらえるようになっています。

100万円以上の利用で20,000ポイントもらえますから、インビテーションで発行していた場合には年会費を相殺することが可能です。

また、誕生日月にはポイント2倍、ポイントアップショップへの登録で特定店舗のポイントが最大3倍になるなど、ポイントプログラムが非常に充実しているのが特徴になっています。

ポイント有効期限は無期限

エポスプラチナカードのポイントは、有効期限が無期限となっています。

2~3年の有効期限というクレジットカードが多い中で、無期限というのは嬉しい点でしょう。

どれだけ貯め続けても失効するということがありませんから、貯め続けて大きな買い物や旅行に使うといったことも可能になっていますし、急いで使う必要もありません。

ポイント交換先は豊富。マイルへの移行もOK

貯めたポイントの使い道も豊富になっています。

商品券やギフトカード、お食事券などへの交換はもちろんのこと、エポスVisaプリペイドカードへのチャージにも利用できます。

エポスVisaプリペイドカードはVisaのクレジットカードが使える店舗ならどこでも使うことができますので、使い道が幅広くなるでしょう。

プリペイドカードを使うことで利用金額の0.5%がキャッシュバックされますから、非常にお得になっています。

また、マイルへの移行も可能です。国内航空会社大手のJALマイルやANAマイルへの移行ができるので、マイルを貯めているという人にもいいでしょう。

これら以外にも、スターバックスカードやauウォレット、dポイントなどへの移行も可能になっているので、幅広い使い方ができるようになっています。

エポスプラチナカードはどんな人におすすめ?

  • 海外旅行によく行く方
  • ポイントをお得に貯めたい方
  • プラチナカードをお得に持ちたいと思っている方
  • 能動的に優待制度と使える方

海外旅行によく行く方

エポスプラチナカードは海外旅行によく行くという方にはおすすめのカードになっています。

海外旅行傷害保険が自動付帯しているので、万が一何かあったとしても安心ですし、家族特約もついているので家族旅行の際にも便利でしょう。

それだけでなく、プライオリティパスへの登録が無料というメリットもあります。

プライオリティパスへの登録すれば、海外の多くの空港で空港ラウンジを利用できるようになるので、快適な旅行をすることができるでしょう。

ポイントをお得に貯めたい方

エポスプラチナカードはプラチナカードの中では、ポイントプログラムが非常に充実しているのが特徴です。

利用金額に応じてボーナスポイントがもらえますので、日ごろの買い物や公共料金、税金、携帯電話料金の支払いなどをまとめてしまえば、それだけで多くのボーナスポイントがもらえるようになっています。

それだけでなく、誕生日月にはポイントアップするといった制度もありますから、お得にポイントを貯めていくことができるでしょう。

プラチナカードをお得に持ちたいと思っている方

プラチナカードを少しでもお得に持ちたいと思っている方にも向いています。

エポスプラチナカードは、プラチナカードの中では年会費が安くなっています。

プラチナカードの中には、年会費が10万円を超えるようなカードもありますが、エポスプラチナカードはインビテーションでの発行なら20,000円と非常にリーズナブルになっています。

能動的に優待制度を使える方

エポスプラチナカードには多くの優待制度がありますが、それらを能動的に使いこなしていける人にも向いているでしょう。

優れた優待制度があってもそれを使わないのでは意味がありません。

ですから、数多くある優待制度の中身を理解して積極的に利用していけるという人でないとエポスプラチナカードのメリットを活かすことができません。

メリットを感じられないと年会費が高すぎると思ってしまうこともありますので、しっかりと優待制度を利用していける人に向いているカードだということが言えます。

エポスプラチナカードポイント還元率を他社と比較

カード名 年会費 還元率 有効期限
エポスプラチナカード 3万円 0.5%~ 無期限
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード 21,600円 0.5%~ 無期限
三井住友VISAプラチナカード 54,000円 0.5%~ 4年間
ANA JCBカード プレミアム 75,600円 2.0% 2年間
アメリカンエキスプレス・プラチナカード 130,000円 0.5%~ 無期限

エポスプラチナカードが届くタイミングは?

エポスプラチナカードが届くタイミングとしては、申し込みをしてから早くて1週間程度のようです。

申し込み方法によっても違うのですが、オンラインでの申し込みの場合には1週間~2週間というのが平均になるでしょう。

まず、インビテーションではなく自己申し込みの場合には、ホームページからプラチナカード申し込みを選んで必要情報を記入することになります。

申し込み情報をもとに審査が行われることになりますが、早ければ翌日には審査結果が通知されるのです。

しかし、審査落ちの場合には即日で通知が来る場合もあります。

審査に通った後郵送でプラチナカードが送られてくることになりますが、結果通知から3~4日で届くケースもありますが目安としては10日程度と思っておきましょう。

エポスプラチナカードの引き落とし日はいつ?

エポスプラチナカードの引き落とし日は、人によって違います。

エポスプラチナカードでは、2種類の引き落とし日があってそのどちらかから都合のいい方を選ぶという方式になっています。

引き落とし日は、毎月27日か毎月4日のどちらかを選択することになるのですが、一部金融機関では27日のみの取り扱いということもあるので気を付けましょう。

引き落とし日は土・日・祝日にかぶっていた場合には翌営業日に引き落とされます。

締め日は、27日が引き落とし日の場合には前月の27日です。

つまり、3月28日~4月27日までの利用分が5月27日に引き落とされるということになります。

4日が引き落とし日の場合には前月の4日が締め日ですので、3月5日~4月4日までの利用分が5月4日に引き落とされるということです。

エポスプラチナカードを実際に利用した人たちの口コミ

年代 40代
職業 会社員

今までエポスゴールドカードを利用していたのですが、インビテーションが来たのでプラチナカードにグレードアップさせました。エポスプラチナカードはプラチナカードの中では比較的年会費も安く済みますし、海外旅行傷害保険が自動付帯しているので安心感があります。仕事柄海外に行くことも多いので、保険が自動付帯になっているのはありがたいですし、プライオリティパスに無料で入ることができるのもポイントでしょう。快適に出張に行くことができるので、プラチナカードにしてよかったと思っています。

年代 50代
職業 自営業

プラチナカードを持ってみたいと思い、年会費もそこまで高くないエポスプラチナカードを選びました。以前は入会するためにはインビテーションが必須だったようですが、自分で申し込みことができるようになっていたので、エポスカードを持っていない私でも問題なく入会することができてよかったです。初年度は年会費がインビテーションでの入会より高くなりますが、年間100万円以上利用すれば年会費は下がりますしそこまで気になりません。年会費の割に、優待制度が充実していますし補償面もしっかりしているのでいいと思います。

年代 30代
職業 会社員

海外に行く機会が多いので、補償が充実していてプライオリティパスにも無料で入会できるエポスプラチナカードを利用しています。年会費もプラチナカードにしては安いので気軽に持つことができますし、海外の空港ラウンジを利用することができるのはとても助かっています。それ以外にも、レストランのクーポンなど優待制度があるのもいいと思います。利用金額に応じてボーナスポイントがあるのもプラチナカードにしては珍しいですし、普段使いにも向いていると思います。お得にポイントが貯まるのでメインカードとして使えるのも嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました