エポスプラチナカードの海外旅行保険と補償内容!他社プラチナカードとの比較

エポスプラチナカード エポスカード

エポスカードは海外旅行に優れたクレジットカード保険として知られていますが、そのエポスカードの最上級のカードが「エポスプラチナカード」です。

エポスプラチナカードは最高補償金額が最高1億円付帯します。

ゴールドカードの海外旅行保険は最高1000万円なのに対してかなりパワーアップしています。

エポスプラチナカードはゴールドカードよりも補償が手厚いだけでなく、家族に対しても補償が付きます。

ここではエポスプラチナカードの保険について詳しく解説していきます。

エポスプラチナカード

エポスプラチナカード
カード年会費 30,000円+税
条件次第で20,000円+税
ETC年会費 実質無料
家族カード
還元率 0.5%~
  • 年間100万円以上の利用で年会費2万円
  • プライオリティパス無料付帯
  • 高級レストラン1名無料

エポスプラチナカードの海外旅行保険

エポスプラチナカードの補償内容と補償額

エポスプラチナカードの海外旅行保険の補償内容と補償額は以下の通りです。

補償内容 補償額
傷害死亡・後遺障害 最高1億円
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
携行品損害 100万円
賠償責任 1億円
救済費用 200万

ここで注目すべきなのは、傷害死亡・後遺障害よりも「傷害治療費用」「疾病治療費用」です。

傷害死亡・後遺傷害費用はいわゆる「死亡保険」です。そのため補償額が1番高い項目になっています。しかし死亡保険としては物足りない額ですし、使う頻度も高くありません。

また、エポスプラチナカードには、航空機や手荷物が遅延したときの「航空機遅延費用等」「航空機寄託手荷物遅延等費用」も付帯しています。こちらについては後程また解説していきますね。

保険の内容

「傷害死亡・後遺障害」はなんとなく分かるかもしれませんが、「傷害・疾病治療費用」「救済者費用」と言われても補償の内容が分かりませんよね…。

それぞれの保険内容について紹介していきます。

傷害死亡保険・後遺障害保険

傷害死亡保険や後遺障害保険は海外で事故にあってから180日以内に死亡した場合、後遺障害が残ってしまった場合に適応される保険です。

簡単に言うと死亡保険ですね。クレジットカードの保険の中で1番補償額が大きい傾向にあります。

エポスゴールドカードは最高1000万円までの補償がしてもらえます。

1番補償額が多いので、この項目を見てしまいがちですがクレジットカードの補償額として重視すべきは次に紹介する「傷害・疾病治療費用」と「賠償責任費用」です。

傷害・疾病治療費用

「傷害・疾病治療費用」は海外で病気になったり、ケガで病院に行かなくてはいけないときに利用できる保険です。

エポスゴールドカードは傷害・疾病治療費用が300万円まで負担してくれます。300万円の補償額は年会費1万円のゴールドカードレベルの補償なので、補償を受けるにはピッタリです。

賠償責任費用

「賠償責任費用」は、海外で他人の物をうっかり破損させてしまったときに利用できる保険で、エポスゴールドカードには1旅行につき20万円付帯しています。

例えばホテルの備品を壊してしまった、お店の品物に傷をつけてしまって損害賠償を求められたときに利用できます。

携行品損害

「携行品損害費用」は、海外旅行中に自分の荷物が盗まれたり壊れてしまったときに利用できる保険で、エポスゴールドカードは1旅行1年につき20万円付帯しています。

救済者費用

「救済者費用」は海外旅行中にケガや病気で救済者が必要になったときに現地までの費用やホテル代を補償してくれる保険で、エポスゴールドカードには1旅行1年につき100万円まで補償してくれます。

救済者費用が適応されるのは、以下の条件の場合です。

  • ケガや事故をした日から180日以内に死亡したとき
  • 病気によって死亡したとき
  • 現地で治療を受けたが、旅行が終了して30日以内に死亡した場合
  • ケガや病気をして3日以上継続して入院したとき
  • 搭乗している航空機や船が行方不明か遭難にあったとき
  • 事故で生死が確認できない場合や捜索が必要なとき

救済者は家族だけでなく、プロの救済者であっても適応されます。

100万円の補償額は少なく感じますが、傷害死亡保険・後遺障害保険と同様にあまり使う頻度は少ないです。

航空遅延費用

航空機が遅延したときにかかった宿泊費や食費を負担してくれる制度です。

エポスプラチナカードでは最高2万円まで補償されます。

航空機寄託手荷物遅延等費用

預けた手荷物の到着が遅れたときに適応される保険です。

エポスプラチナカード10万円まで補償してもらえます。

エポスプラチナカードの保険のでは適応条件

クレジットカードの保険の適応条件は「自動付帯」と「利用付帯」の2種類があります。

  • 自動付帯…クレジットカードを持っているだけで保険が適応される
  • 利用付帯…クレジットカードで旅行の宿泊費や交通費を払うと保険が適応される

自動付帯はその名の通りクレジットカードを持っているだけで自動的に保険が適応されるため、海外旅行に持っていくのにぴったりです。

エポスプラチナカードの保険の適応条件は「自動付帯」です。

エポスプラチナカードの家族特約

エポスプラチナカードには「家族特約」が付帯しています。家族特約があるクレジットカードは家族カードを持っていなくても保険が適応されます。

エポスプラチナカードの保険の対象となる家族の範囲は、本会員と生計を共にする親族(6親等内の血族・配偶者・3親等内の姻族)です。

補償内容と補償額は以下の通りです。

補償内容 補償額
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用200万円 200万円
携行品損害 100万円
賠償責任 1億円
救済費用 200万

大きく金額が異なるのは「傷害死亡・後遺障害」と「傷害治療費用・疾病治療費用」です。

傷害死亡・後遺障害費用が本会員は1億円なのに対し、家族は最高2000万円、傷害治療費用・疾病治療費用が本会員が300万円なのに対し家族は200万円になっています。

エポスプラチナカードでは海外旅行保険は不十分

エポスプラチナカードの海外旅行保険の費用だけでは、補償額が不十分です。

海外では日本のように保険証も使えませんし、保険料が3割負担になることもないため高額な医療費がかかります。

日本と海外の医療費を比較してみましょう。

日本 アメリカ フランス タイ
救急車 無料 12,3000円 5,900円~7,300円+走行距離 無料
初診料 2,820円 12,400~16,400円 11,500~17,200円 3.000~4,500円
病院代1日あたり(個室) 30,000円~100,000円 204,900円 126,100円 33,500~40,100円
中垂炎の手術 60万円 1,089,200円 480,000円
骨折 200,000円 10,100~45,900円 30,000円

アジア圏では足りる国もあるかもしれませんが、アメリカなどの医療費が高い国に旅行に行く場合は複数持ちで保険を備えた方がいいでしょう。

海外旅行保険は複数持ちで合算が可能

クレジットカードの保険は複数持ちで合算させることができます。

死亡・後遺障害の項目は合算されませんが、海外で1番利用する「疾病治療」「傷害治療」は合算ができます。

医療費が高い国に旅行に行く予定がある方は、複数持ちを検討しましょう。

合算目的でクレジットカードを選ぶなら

  • 国際ブランドは異なるものを選ぶ
  • 自動付帯のカードを選ぶ
  • (できれば)年会費無料のカードを選ぶ

この3つのポイントを押さえてクレジットカードを選択するようにしましょう。

海外旅行におすすめの年会費無料で自動付帯のクレジットカードが知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

海外旅行保険が自動付帯のクレジットカードおすすめランキング2020

エポスプラチナカードの国内旅行要害保険の補償内容

エポスプラチナカードは海外旅行保険だけでなく、国内旅行保険も付帯しています。

補償内容と補償金額は以下の通りです。

補償内容 補償費用
死亡・後遺障害保険金額 最高1億円
入院保険日額 5,000円
通院保険日額 3,000円
手術保険金 最高20万円

エポスプラチナカードはキャッシュレス診察OK

エポスプラチナカードはキャッシュレス診察に対応しています。

キャッシュレス診察とは現地で病院に行った際に自分で支払いをしない=立て替えなくても会計ができるサービスです。

もしキャッシュレス診察に対応していないと、現地で病院に行った際に一度医療費を立て替える必要がありますが、キャッシュレス診察に対応していれば立て替えをしなくても済みます。

エポスプラチナカードのキャッシュレス診察を使う手順

エポスプラチナカードのキャッシュレス診察を利用する流れは以下の通りです。

  1. エポスプラチナカードのコールセンターに連絡する
  2. 担当者にケガや病気で病院に行くことを伝える
  3. 担当者が紹介してくれた病院に行く

海外ではケガや病気をしてもどこの医療機関に行ったらいいか困ってしまいますよね。

キャッシュレス診察は医療費を立て替えてくれるだけではなく、行くべき病院も担当者が紹介してくれます。

キャッシュレス診察の注意点

海外旅行保険を利用する上でとても便利なキャッシュレス診察ですが、利用する上で2つの注意点があります。

  • 土日祝日などのカード会社が休みのときは利用できない
  • 使える都市が限られる

まず、すべての医療機関がキャッシュレス診察に対応しているわけではありません。

大都市や観光客が多い都市ならば、対応しているところも多いですが、地方に旅行に行った際にはキャッシュレス診察が使えないこともあります。

またキャッシュレス診察を利用するにあたりカード会社への連絡が必要になりますが、土日祝日はカード会社への連絡ができません。

カード会社への連絡ができない=キャッシュレス診察が使えないので注意しましょう。

他のエポスカードとの補償額を比較

ノーマルのエポスカードとエポスゴールドカード、どちらのしようか悩んでいる方もいると思います。

エポスカードとエポスゴールドカードの補償額の違いは以下の通りです。

エポスカード

エポスカード

エポスゴールドカード

エポスゴールドカード

エポスプラチナカード

エポスプラチナカード

年会費 永年無料 通常5,000+税

エポスカードからのグレードアップ:年会費無料

年に50万円の利用:翌年から年会費無料

通常30,000円

条件次第で20,000円

傷害死亡 500万円 1000万円 1億円 
疾病治療・傷害治療 疾病治療:270万円

傷害治療:200万円

300万円 300万円 
賠償責任 2000万円 2000万円 1億円
携行品損害費用 20万円 20万円 100万円
救済者費用 100万円 100万円 200万円
保険の適応条件 自動付帯 自動付帯 自動付帯
キャッシュレス診察

エポスプラチナカードよりランクがしたのエポスカードやエポスゴールドカードと比較しました。

海外旅行で一番重要な疾病・傷害保険は正直エポスゴールドカードと一緒です。

そのため「家族特約が必要ないし、年会費はできるだけかけたくない」という方はゴールドカードの方がいいかもしれません。

ただし、エポスプラチナカードには「プラチナグルメクーポン」が付帯しているため、この特典を使えるなら実質年会費は無料で持てます。(年会費分のボーナスポイントがもらえる制度もあります)

ゴールドを持つか、プラチナを持つかはその他の特典を見定めて決めたいところです。

他社のプラチナカードとエポスプラチナカードを比較

エポスプラチナカード

エポスプラチナカード

セゾンプラチナアメックス

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス

MUFGプラチナ・アメックス

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス

年会費 通常30,000円

条件次第で20,00

通常20,000円

条件次第で10,000円

最高1億円
(自動付帯分最高5,000万円)+(カード利用条件最高5,000万円)
傷害死亡 1億円 1億円 最高1億円
(自動付帯分最高5,000万円)+(カード利用条件最高5,000万円)
疾病治療・傷害治療 300万円 300万円 200万円
賠償責任 1億円 5,000万円 3,000万円
携行品損害費用 100万円 50万円 50万円
救済者費用 200万円 300万円 200万円
保険の適応条件 自動付帯 自動付帯 自動付帯
キャッシュレス診察

同じ年会費のプラチナカードと見比べると補償内容はまずまず…といったところでしょうか。

賠償責任と疾病・傷害治療費用についてはプラチナカードで高い水準です。

エポスプラチナカードは海外キャッシング向きではない

海外キャッシングで利用するなら、セディナカードまたはアコムACマスターカードがおすすめです。

どちらも海外ATM手数料がかからず、ネットから早いうちに繰り上げ返済ができるため手数料が安く済みます。

特にアコムACマスターカードはその日のうちに繰り上げ返済が利用できるので、海外キャッシングを利用する方におすすめのクレジットカードです。

エポスプラチナの海外旅行保険まとめ

エポスプラチナカード

エポスプラチナカード
カード年会費 30,000円+税
条件次第で20,000円+税
ETC年会費 実質無料
家族カード
還元率 0.5%~
  • 年間100万円以上の利用で年会費2万円
  • プライオリティパス無料付帯
  • 高級レストラン1名無料

エポスプラチナのカードの海外旅行保険について詳しくみていきました。

補償内容 補償額
傷害死亡・後遺障害 最高1億円
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
携行品損害 100万円
賠償責任 1億円
救済費用 200万
海外旅行保険で1番必要な傷害治療・疾病治療はプラチナカードの中でも水準が高いカードです。
ただし、海外旅行に行く際にはエポスプラチナカード1枚だけでは不十分なので、他のカードと組み合わせて利用するようにしましょう。
タイトルとURLをコピーしました