エポスゴールドカードの審査の時間にかかる時間は?審査が遅い6つ原因

エポスゴールドカードの審査の時間にかかる時間は?審査が遅い6つ原因 エポスカード

クレジットカードの中でも、海外旅行保険が手に入ったり、割引サービスが充実しているものがエポスゴールドカードです。

様々な特典がありますのでエポスゴールドカードをすぐにでも発行したいと考えている人は増えています。

そこで申し込みをしてみたものの、なかなか審査結果が出ないことに心配する人もいるようです。審査結果なかなか出ないことで、審査に落ちているのではないかと心配になってしまうことでしょう。

そこで今回はエポスゴールドカードの申し込みをする人に向けて、審査にはどれくらいの期間が必要となるのかについてご説明をしていきます。

エポスゴールドカードの審査結果がでるまでの時間は?

エポスゴールドカードの審査結果が出るまでの期間は3日から一週間程度です。

一般カードのエポスカードがあれば、最短即日で審査結果が出るのですが、こちらはゴールドカードですので、審査に時間が必要となってしまいます。

ゴールドカードとして発行されているものの中では、比較的短時間で審査結果が出ると考えても良いでしょう。ゴールドカードによっては審査に一週間以上が必要になることがあります。

それらと比較するとエポスゴールドカードはゴールドカードとしては審査が素早いものです。

審査が完了するとメールで連絡が届きます。審査結果が出る頃にはメールをよく確認しておくと良いでしょう。

エポスゴールドカードの審査結果はメールで送られてくる

エポスゴールドカードの審査結果はメールで送られてきます。申し込み時に入力したメールアドレスへメールが届きますので、数日後からはよく確認をしておきましょう。

なかなか審査結果のメールが届かないこともあるでしょう。

ただ、審査に時間がかかってる場合と、迷惑メールに振り分けされている場合があります。迷惑メールフォルダーなども確認をして、誤った振り分けがされていないか確認をしておきましょう。

エポスゴールドカードの審査状況を確認する方法

エポスゴールドカードの審査状況を確認する方法はwebに限られています。

審査状況を確認する公式サイトが用意されていますのでこちらから確認をします。

エポスゴールドカードの審査に時間がかかっている6つの原因

エポスゴールドカードの審査に通過していれば、基本的にはその日のうちにメールで連絡が来ます。

しかし、場合によってはなかなか審査結果が届かないこともあります。そのようなことになってしまう理由についてもご説明します。

①過去に金融事故を起こしたなど、信用情報に傷がある

過去に金融事故を起こしているなどの理由から、信用情報に傷がある場合、審査に時間がかかることがあります。

金融事故にも様々なケースが考えられますが、例えばクレジットカードの支払いを遅延してしまうことなどが挙げられます。

クレジットカードの支払いが遅延してしまうことで、クレジットヒストリーに傷がついてしまうのです。これが影響して審査に時間がかかっている可能性があります。

クレジットカード会社も多少は大目に見てくれますのでたった一日だけではクレヒスに傷が付かない可能性もあります。ここはクレジットカード会社の裁量に任されていると考えてよいでしょう。

逆に普段は大目に見てくれるようなクレジットカード会社でも、頻繁に支払いを遅延しているとクレヒスに傷がつく可能性があります。

過去に支払い遅延をしたことがある人はそれが影響している可能性があるのです。

家賃の滞納は審査落ちの原因にはならない

家賃の滞納がクレジットカードの審査に影響するのではないかと考えている人がいます。場合によっては家賃も高額となってしまいますのでクレジットカード審査に影響すると考える人がいるのです。

気になる気持ちも分かりますが、家賃の滞納は基本的にクレジットカード審査に影響しません。

理由は単純であり、家賃の滞納は信用情報に記録されないからです。信用情報に記録されていないのであればクレジットカード会社は審査の時に家賃の滞納を知れません。

そのためクレジットカードの審査に影響することはないのです。

ただ、エポスゴールドカードの場合には、エポスが家賃の保証会社に入っていることがあります。

この時には支払い遅延の事実が知られてしまう可能性がありますので、家賃の滞納が全く審査に影響しないと言い切ることは不可能です。

また、家賃の滞納をしていると、クレジットカードの支払いも遅延してしまう可能性があります。これは信用情報に影響しますので注意しなければなりません。

②入会キャンペーンなどで申し込みが殺到している

エポスカードは定期的に入会キャンペーンを実施しています。一般カードだけではなくゴールドカードでも入会キャンペーンが実施されているのです。

このタイミングにエポスゴールドカードへ申し込みをしてしまうと、審査に時間がかかってしまう可能性があります。

申し込み数が多くなるとそれだけ審査をする部門の負担も大きくなります。場合によっては通常よりも審査に時間がかかってしまうことが考えられるのです。

クレジットカード会社もなるべく対応できるように増員はしているはずですが、それでもどうしても時間がかかってしまうことがあります。

入会キャンペーンを実施しているとそのタイミングでエポスゴールドカードに申し込みをしたくなるでしょう。

同じように考えてる人が多くいるわけですので、審査には時間がかかることを理解しておきましょう。

③年齢が高いのにクレジットカード利用歴がない

年齢が高いにも関わらずクレジットカードの利用歴がない場合も審査に時間がかかります。

この場合の年齢が高いとは40代以上が該当すると考えておくと良いでしょう。

クレジットカードの審査は過去のクレジットカード利用状況が重要視されます。今までにクレジットカードを発行して、どの程度正しく支払いができているのかが重要視されているのです。

特に問題なく支払いができている人はこれからも正しく支払いができると判断されます。

年齢を重ねてから初めてクレジットカードに申し込みをすると、信用情報には何も記録されていない状況です。クレジットカード会社は信用力の高い人であるのかどうかを判断できません。

他の要素から判断しなければならなくなってしまいますので、審査に時間がかかってしまいます。

信用情報がないと審査側が懸念するもう1つの可能性

信用情報がない場合にクレジットカード会社が警戒するのは自己破産です。

過去に自己破産を経験してると、信用情報がまっさらな状態になってしまいます。

クレジットカード会社からすると、過去に自己破産を経験してる人に発行することは大きなリスクです。

特にゴールドカードのように格式の高いクレジットカードを発行する場合には、自己破産を経験してるような人には発行できないとも考えられます。自己破産をすると5年から10年程度はクレジットカードなどが全く利用できなくなります。

その間に年齢を重ねていくだけですので、40代なので信用情報がない場合には自己破産の経験がないかが確認されます。

④申し込み時にキャシング枠を申し込んだ

申し込み時にキャッシング枠も申し込みしたことで審査に時間がかかっている可能性もあります。

一般的にキャッシング枠に申し込みをすると審査が厳しくなります。

これはキャッシングはローンの一種であり、申し込みをする人はこの先借入を利用する可能性のある人だからです。クレジットカード会社も支払い能力があるのかどうかを慎重に審査しています。

どこのクレジットカード会社でもキャッシングの申し込みをすると審査が1週間程度長くなってしまいます。キャッシングはそれだけ慎重に審査をされるものなのです。

エポスゴールドカードをとにかく早く手に入れたいと考えているのであればキャッシングの申し込みお勧めできません。キャッシングはクレジットカードを発行してから追加で申し込みすることも可能ですので、

そちらの方法を利用することをお勧めします。

⑤申し込み時に記入漏れや不備があった

申込時に記入漏れや不備があったことが原因である可能性もあります。

最近はWebを利用して申し込みをする人が多いことでしょう。そのため紙で申し込みをする時のように、記入漏れが発生するケースはあまりありません。コンピュータが自動的に記入漏れを判断してくれます。

しかし、間違いについてはコンピューターでは判断できないところもあります。そのようなことが発生するとクレジットカード会社での確認作業が必要となり時間がかかってしまいます。

Webから申し込みをする時には、最終画面で申し込み内容の確認が表示されます。

必ずここで内容に問題がないかを確認しましょう。また、紙で申し込みをする場合には、念入りに記入内容を確認しましょう。

⑥短期間に複数枚のクレジットカードを申し込んだ

短期間に複数のクレジットカードに申し込みをしていることが原因となっている可能性があります。

エポスゴールドカードの他にも、他に発行しやすいゴールドカードに申し込みをしているようなケースが該当します。

クレジットカード会社からすると、同時期に複数のクレジットカードへ申し込みをしているのは悪印象です。特にクレジットカードのこだわりがなく、とにかくクレジットカードを発行したいだけの人だと思われるのです。

そのような印象を持たれてしまうと、クレジットカード会社が積極的にクレジットカードを発行してくれないのは言うまでもありません。

また、クレジットカードがなければ生活できない人であると判断されてしまう可能性もあります。つまり現金がないためクレジットカードに頼っているということです。

その人にクレジットカードを発行するのもリスクですので、審査に時間をかけてよく確認されている可能性があります。

審査時間を短くする方法とは

審査時間を短くするにはクレジットカード会社からの信用を勝ち取ることが一番の近道です。

クレジットカード会社から信頼されることによって短時間で審査が完了します。

クレジットカード会社が心配しなければクレジットカードもすぐに発行されるのです。

営業時間内に申し込みで審査時間を短くしよう

営業時間内に申し込みをすることで、審査時間が短くなる可能性があります。申し込みをしてすぐにクレジットカードの審査を開始してもらえるはずだからです。

クレジットカード会社はwebで申し込みを受け付けていることが大半です。エポスカードに関してもスマートフォンやパソコンから簡単に申し込みができます。

ただ、クレジットカード会社は常に審査をしてくれるわけではありません。

クレジットカード会社の営業時間内のみ対応してくれると考えた方が良いでしょう。そのためそれ以外の時間に申し込みをしてしまうと、なかなか受け付けられず、審査に時間がかかってしまうと考えられます。

Webで完結するような審査の場合には、営業時間外に申し込みをしても、短時間で審査結果が出る可能性もあります。

しかし、エポスゴールドカードはゴールドカードに分類されますので、審査に手間がかかっていると考えられます。そのことを考慮して営業時間内に申し込みをし、できるだけ早く審査に着手してもらうことが大事です。

即日発行したいならセゾンカードに申し込みもおすすめ!

クレジットカードを即日発行したいのであればセゾンカードがおすすめです。

特にセゾンカードインターナショナルやセゾンパールアメックスであれば、即日でクレジットカードの受け取りが可能です。

クレジットカードを即日発行するためにはセゾンカウンターへ出向く必要があります。

自分でクレジットカードの受け取りをしなければなりません。ただ、この条件さえ満たせばすぐにクレジットカードが手に入りますのでおすすめです。

審査時間が長いから審査落ちしているわけではない

エポスゴールドカードの審査が長いと審査落ちの連絡が後回しにされていると考えてしまうかもしれません。

しかし審査に落ちていなくても、審査に時間がかかってしまうことは多々あります。

そのことを理解して、審査結果の連絡がなかなか来ないからと必要以上に心配しないようにはしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました