デビットカードはクレヒスがつかない!クレヒスを積む方法は?

デビットカードはクレヒスがつかない!クレヒスを積む方法は? クレジットカード審査

クレジットカードの審査になかなか通らない方は、審査なしでも作れるデビットカードを考えるでしょう。

デビットカードは審査が不要なので、過去に延滞歴があった方やブラックリストにのっている方でも持つことができます。

しかし、デビットカードを利用してもクレヒス(信用情報履歴)は残りません。

デビットカードを使ってもクレヒスは残らない

デビットカードを利用してもクレヒスはつきません。

なぜクレヒスがつかないのか?そもそもクレヒスとは何なのかみていきましょう。

クレヒスとは

「クレヒス」とはクレジットカードヒストリーの略です。

クレヒスは「個人信用情報機関」に個人信用情報として登録されており、金融関連の個人情報が記録されています。

クレヒスには具体的に以下のような項目が記録されています。

  • クレジットカードの申し込み情報・支払い状況
  • カードローンの申し込み情報・支払い状況
  • ショッピングローン(携帯電話分割払い・医療ローンなど)の申し込み情報・支払い状況
  • 住宅ローンやマイカーローンの有無

つまり金融取引に関するあらゆる情報が記録されている、ということです。

クレジットカード会社や銀行は、お金を貸していいのか、ローンを組んでも支払いが見込める人物かどうか判断するために信用情報を確認して審査しています。

デビットカードでクレヒスがつかない理由

デビットカードは利用した金額がその場で銀行から引き落とされる仕組みになっています。

使った金額は自分の銀行口座から引き落とされるため、クレジットカード会社はお金を貸す状態が発生しません。

クレジットカード会社が信用情報をチェックして審査する理由は、「貸したお金が戻ってこなくなくリスクを下げるため」です。

デビットカードは銀行キャッシュカードと同じようなもので、返済行為が必要ありません。

貸し倒れるリスクがないため、審査が不要になっており、個人信用情報機関が関係なくなっています。

そのためデビットカードは申し込みの情報も利用の情報も信用情報に残らない=クレヒスが残りません。

引き落としが何度も遅れるとクレヒスに例外的に登録されることも

デビットカードの使用履歴は基本的にクレヒスには残りません。

しかし、デビットカードの支払いを月次払いに設定している場合、引き落としのミスが多数あるとクレヒスにネガティブ情報が残る可能性があります。

例えば、携帯電話料金など即引き落としでない項目に対応しているデビットカードを持っている場合、決済から引き落としまでに銀行残高が不足になっていると、指定日に引き落としができません。

1度くらいなら問題ありませんが、残高不足を何度も引き起こしたり、延滞状態が続くと個人信用情報機関に情報が登録されることがあります。

デビットカードはクレヒスに残らないと油断せずに、カードの支払い日と銀行残高はよく確認するようにしましょう。

クレヒスを積む方法

クレヒスがないとカード会社が信用情報を確認できないために、審査に落とされてしまう可能性があります。

年齢が若い方ならクレヒスが全くなくても審査に通る可能性はありますが、ある程度の年齢(30代以上)になっても全くクレヒスがないとクレジットカードやローンの審査に落ちる可能性があります。

学生ならこれまでにクレジットカードを作っていなかったり、ローンを組んでいなくても不思議ではありませんが、30代以上でクレヒスがないとカード会社は不振に感じてしまうためです。

クレヒスは「クレジットカード」「ショッピングローン」で実績を作ることができます。

クレジットカードで利用実績を作る

クレジットカードを申し込み・利用すると個人信用情報機関に情報が残ります。

クレジットカードは利用者が使った代金をカード会社が立て替え、後日に利用者がクレジットカード会社に支払う仕組みになっています。

〇カード利用の流れ

クレジットカード利用の流れ

〇カード代金返済の流れ

クレジットカード利用の流れ

カード会社は申し込み者がきちんと返済できるか確認するために、個人信用情報機関の情報を審査しています。

クレジットカードで利用実績を作っていけば、クレジットカード会社から「カードを利用しても、きちんと支払い日に支払える人だ」と判断され、審査に通りやすくなります。

審査が不安な方は、クレジットカードの審査が比較的易しいカードに申し込んでみましょう。

ショッピングローンで実績を作る

クレジットカードやカードローンの審査に通る自信がない…という方は、ショッピングローンを組んで信用実績を作るのもおすすめです。

ショッピングローンは、携帯電話の本体料金の分割払い・脱毛料金の分割払い・家電の分割払いなどで組むことができます。

クレジットカードが作れない方はショッピングローンを利用してみましょう。

ただし、遅延してしまうと個人信用情報機関に記録が残ってしまうので要注意です。

クレヒスを積むのにおすすめのクレジットカード

クレヒスを積むには、クレジットカードやショッピングローンが有効です。

クレジットカードの審査が不安な方や、過去にクレジットカードの遅延があった方でも審査に通る可能性があるカードを紹介します。

楽天カード

楽天カード

楽天カード
カード年会費 永年無料
ETC年会費 540円
ETC発行手数料 無料
還元率 1.0%
電子マネー
申し込み資格 満18歳以上
  • 還元率が常に1.0%以上
  • 楽天市場でポイント還元率3.0%以上
  • カード年会費無料

楽天カードがクレヒスを積むのにおすすめの理由

楽天カードは申し込み資格が「満18歳以上※高校生除く」のため、学生・アルバイト・パートの方でも審査に通過する可能性があるカードです。

楽天株式会社が発行している流通系のカードです。

流通会社が発行しているクレジットカードは、「カードを発行して自社の買い物を促進したい」という背景があるため、銀行が発行するクレジットカードよりも審査が易しめの傾向にあります。

クレジットカードは延滞したことがないけど、自分の年収に自信がない…という方におすすめのカードです。

楽天カードは高還元率カード

楽天カードは通常還元率が1.0%で、楽天市場で3.0%の還元率になるカードです。

貯まったポイントは1ポイント=1円で利用できるため、ポイントの使い道にも困りません。

アコムACマスターカード

アコムACマスターカード

アコムACマスターカード
カード年会費 永年無料
ETC年会費
ETC発行手数料
還元率
電子マネー
  • 消費者金融アコムの独自審査
  • オンライン申し込みで30分審査可能
  • 無人契約機「むじんくん」で最短1時間でカードを受けとれる

アコムACマスターカードは消費者アコムが発行するクレジットカードです。

申し込み資格は「18歳以上で安定した収入のある方」のため、本人収入がない学生の方や専業主婦の方が審査に通る確率は低いですが、収入があれば審査通過できる可能性が高いです。

またACマスターカードは消費者金融が審査しているため、過去の信用情報より現在の信用情報に重心をおいて審査しています。

そのため、過去にクレジットカードの遅延があった方や、年齢が高いのにクレヒスがない方も審査通過できる可能性があります。

しかしACマスターカードはリボ払い専用カードなので、むやみ申し込まないことをおすすめします。

ACマスターカードである程度のクレヒスを積んだら、他のカードへの切り替えを検討しましょう。

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード
カード年会費 12000円+税
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 935円(税込)
還元率 0.5%
電子マネー
  • 独自の審査基準!
  • 空港ラウンジが同伴者1名も無料
  • 海外旅行保険・国内旅行保険も付帯

アメリカン・エキスプレス・カードはアメックスが直接発行するプロパーカードです。

アメックスは外資系のクレジットカードのため独自審査を行っています。そのため、過去のクレヒスではなく現在の支払い状況を重視していると考えられます。

審査通過にはある程度の安定した収入が必要なため、現在は年収に自信があるけど、過去のクレヒスに自信がない方におすすめです。

クレヒスを積みたいならクレジットカードがおすすめ

デビットカードは、使った金額が自分の銀行口座からその場で直接引き落とされる仕組みになっています。

そのためお金の使い過ぎ防止には防げますが、クレヒスはつきません。

デビットカードは審査がないため、信用情報に記録がされず、クレジットカードの審査やローンを組むときに不利になってしまいます。

クレヒスを積みたいなら、クレジットカードやショッピングローンに申し込むようにしましょう。

クレジットカードの審査に自信がない方は、審査の甘いカードに申し込みましょう。

タイトルとURLをコピーしました