dカードGOLD(ゴールド)は騙された・詐欺・最悪の口コミが…10%還元されない原因と注意点とは

dカードGOLD(ゴールド)は騙された・詐欺・最悪の口コミが…10%還元されない原因と注意点とは dカード

ドコモユーザーはドコモの携帯料金やドコモ光の料金で10%分のポイント還元がされる「dカードGOLD」

dカードにしようと思っていたけれど、dカードGOLDの方がお得そう…と思っていたけど、検索結果に「騙された」「最悪」などの口コミを見て思いとどまった方も多いのではないでしょうか。

実際Twitter上では「dカードGOLDは思ったよりポイントつかない」「詐欺まがいだ」などの口コミが見られます。

年会費が1万円もするのに損をするなんて嫌ですよね。通常のdカードは年会費が無料なので損をするっぐらいならそっちを申し込むという方も多いと思います。

結論から言うとdカードGOLDは携帯端末料金のすべての料金が10%還元の対象でないので、このようなことが起こってしまうようです。

悪い口コミも見られますが、dカードGOLDが向いている方からすれば確実に元は取ることができます。

dカードGOLDが騙された・最悪・詐欺と言われる理由と、本当にdカードGOLDが向いている人の特徴を紹介します。

Twitter上で「dカードGOLD騙された」の口コミが多数

Twitter上で「dカードGOLD 騙された」と検索すると、悪い口コミが出てくるわ出てくるわ…

悪い評判の一部を紹介します。

dカードGOLDの「10%還元」の仕組みをよく知らないまま、騙された!思っていたのと違う!と口コミが殺到しているようです。

dカードGOLD(ゴールド)の10%還元サービスとは?

そもそもdカードGOLDの10%還元とはどんなサービスなのか解説します。

簡単に言うと、「dカードGOLDを持っていると、ドコモ関連の支払いで毎月10%のポイントが貯まる」っというもの。

ドコモ関連の支払いで、という風に書きましたが具体的に言うと以下の2つの支払い分にポイントが付きます。

  • ドコモで契約している携帯料金
  • ドコモ光(ドコモのインターネット回線)の利用料金

dカードGOLDは年会費が1万円かかってしまいますが、この10%還元を上手く使えれば実質年会費無料になる、とドコモや色々なサイトで進められています。

dカードGOLDでポイントが10%還元されない原因は対象外のものがあるから

「dカードGOLDで思ったより10%還元がされていなくて騙された…」

その原因はずばり、10%還元の対象外の項目があるからです。ドコモの公式サイトには以下のように記してあります。

dカードGOLD 

ご注意事項

  • ご利用携帯電話番号の登録が必要です。
  • ご利用携帯電話番号は、カード1契約につき、1回線ご登録いただけます。
  • ご利用携帯電話番号が一括請求サービスをご利用の場合、ご利用携帯電話番号として登録した回線が、特典の対象となります。ドコモのケータイ/「ドコモ光」のご利用金額1,000円(税抜)につき進呈するポイントです。各種割引サービス適用後の基本使用料、通話・通信料、付加機能使用料の金額となります(ただし、FOMAサービスの利用金額のうちFOMA位置情報/FOMAユビキタスサービスにかかる基本使用料および通信料は除きます)。各種手数料、電報料、コンテンツ使用料/iモード情報料、コレクトコール通話料、ケータイのご購入代金分割支払金/分割払金、ドコモ口座による利用代金(送金依頼額および利用料)、消費税、「ケータイ補償サービス」「ケータイ補償 お届けサービス」ご利用時のお客さまご負担金、「ドコモ光」事務手数料・工事料および光訪問サポート利用料など1回ごとにお申込みが必要となるサービスなどはdポイント進呈の対象外となります。

    少々分かりにくいですね…大まかにいうと、10%還元の対象外の項目がありますということです。以下の項目が10%還元の対象外商品です。

    • 各種手数料
    • 電報料
    • コンテンツ使用料
    • iモード情報料
    • コレクトコール通話料
    • ケータイのご購入代金分割支払金
    • 分割払金、ドコモ口座による利用代金(送金依頼額および利用料)
    • 消費税
    • 「ケータイ補償サービス」「ケータイ補償 お届けサービス」ご利用時のお客さまご負担金
    • 「ドコモ光」事務手数料・工事料

    月々のサポート額は10%還元の対象にならないので注意しましょうね。

    dカードGOLDの10%還元が適応されるのは基本料金・通話料・不可付加機能使用料のみ

    dカードGOLDの10%還元が対象になるのは、以下の項目のみです。

    • 基本使用料(各種割引サービス適用後)
    • 通話(各種割引サービス適用後)
    • 通信料(各種割引サービス適用後)
    • 付加機能使用料(各種割引サービス適用後)

    基本料金や通話料・パケホーダイなどの項目が10%還元される項目です。

    その他のドコモ携帯本体料金・消費税や各種のサービスについて、ポイントは付与されません。

    「ケータイ補償サービス」「ケータイ補償 お届けサービス」に入っている方も多いと思いますが、負担金も10%還元の対象外です。

    そのため実際に明細を見てみると、「月々に支払っている料金の割にポイントが全然付与されていない!」という風に感じるのですね。

    dカードGOLDの10%還元の注意点

    • 10%還元は1000円未満は切り捨てられてしまう
    • 家族カードを発行しないと家族分の携帯料金は10%還元に反映されない
    • dカードGOLDで携帯料金を支払ってもポイント0円
    • dカードGOLDを持っていてもdポイントクラブの最上級ステージにならない

    10%還元は1000円未満は切り捨てられてしまう

    ドコモの公式サイトでは1000円(税抜)につき100円のポイントが付与されると明記しています。

    ドコモのケータイ/「ドコモ光」のご利用金額1,000円(税抜)につき進呈するポイントです。

    1000円につき付与…ということは999円以下はすべて切り捨てられて、ポイントに反映されません。

    例えば、6000円だと600ポイントが付与されますが、6999円でもポイントは600ポイントしかもらえません。

    翌月に繰り越し…とかもないので、999円以下はもったいないですね…。ポイントを支払っているのに全然貯まらないように感じる原因の一つです。

    家族カードを発行しないと家族分の携帯料金は10%還元に反映されない

    dカードGOLDでまとめて家族の携帯料金を支払っているのに全然ポイントが貯まらない…と感じるのは、本人分のポイントしか還元されていないからです。

    dカードGOLD1枚につき10%還元がされるのは、本人の利用分のみです。家族がドコモの方でも還元対象にはならないので注意しましょう。

    家族カードを作ればポイントが還元される

    dカードGOLDでまとめて家族の携帯料金を支払っても還元対象にはなりませんが、家族カードを発行した場合は10%還元の対象になります。

    1つの端末につき、1枚のカードが必要だと覚えておきましょう。

    dカードGOLDで家族カードを作るときの注意

    • 18歳にみたない方は家族カードを発行できない
    • 2枚目からは年会費1000円がかかる

    dカードGOLDの家族カード1枚名は無料ですが、2枚目からは1000円+税が必要です。

    配偶者の家族カードを発行する場合は年会費はかかりませんが、子どもの分も家族カードを発行するときには年会費がかかるので注意しましょう。

    また、18歳以下の方は家族カードを発行できないため、10%還元も対象外です。

    dカードGOLDで携帯料金を支払ってもポイント0円

    これは衝撃的な事実なのですが…dカードGOLDで携帯料金やドコモ光の基本料金を支払っても、ポイントが1ポイントも貯まりません。

    10%還元を受ける条件として「dカードGOLDでドコモの料金を支払うこと」の記載はありません。

    • ご利用携帯電話番号は、カード1契約につき、1回線ご登録いただけます。

    dカードGOLDとdアカウントが紐ついていれば、10%還元が受けられるんですね。反対に携帯料金をdカードGOLDで支払ってしまうと損をしてしまいます。

    ドコモ公式サイトの「ポイント進呈対象一覧」にも、ドコモの携帯電話利用料金ではポイントが貯まらないと明記されています。(分かりにくい…)

    dカード ゴールド

    またドコモの端末料金の分割払いでもポイントは貯まりません。

    通常だったら還元率1.0%のdカードGOLDも全く意味がなくなってしまうので、楽天カードやJCB CARD Wなど還元率がいい他のカードで支払った方がいいですよ。

    楽天カード

    楽天カード
    カード年会費 永年無料
    ETC年会費 540円
    ETC発行手数料 無料
    還元率 1.0%
    電子マネー
    申し込み資格 満18歳以上
    • 還元率が常に1.0%以上
    • 楽天市場でポイント還元率3.0%以上
    • カード年会費無料

    dカードGOLDを持っていてもdポイントクラブの最上級ステージにならない

    dカードGOLDを持っていれば、dポイントクラブの最上級会員になれる…と思っている方は衝撃かもしれません。

    過去はdカードGOLDを持っている方は、無条件でdポイントクラブのステージ最上級のプラチナステージになれたのですが、2018年5月に改悪されました…。

    現在ではドコモのケータイを15年以上利用する、または6ヵ月でdポイントを1万ポイントを獲得しないとプラチナステージに行けません…。

    プラチナステージになればパケット料金が安くなったりしたのですが、現在のdカードGOLDではそういったこともなくなってしまいました。

    dカードとdカードGOLDの違い

    分かりにくい、月に9000円以上使わないから年会費分は回収できない…そんな方は年会費無料のdカードでに申し込みましょう。

    ケータイ補償の補償額は少なくなり、10%還元も受けられなくなってしまいますが、ドコモだけで1万円近くも使わない方は断然通常のdカードがおすすめです。

    dカードとdカードGOLDの違いを簡単にまとめてみました。

    dカード

    dカード

    dカードGOLD

    dカード GOLD

    年会費 無料 10,000円+税
    通常還元率 1.0% 1.0%
    ドコモ利用での還元率 1.0% 10.0%
    ケータイ補償の最高補償額 10,000円 100,000円
    海外旅行保険 × 最高5000万円
    空港ラウンジ × 国内+ハワイラウンジ

    主な違いは年会費と付帯しているサービス内容ですね。

    dカードGOLDは年会費が1万円かかりますが、空港ラウンジが使えて海外旅行保険も自動付帯でついています。

    年会費無料のdカードもおすすめ

    dカードはサービス面ではdカードGOLDには劣るものの、通常還元率1.0%でローソンで常に5%お得になるカードです。

    年会費無料の中でもお得に使えて人気も高いオススメのカードではあります。電子マネーiDに付帯していたり、d払いでポイントの2重取りもできるので「ゴールドの年会費を払うのに抵抗が…」という方はdカードでも十分です。

    dカード

    dカード
    カード年会費 無料
    年1回の利用で2年目以降も無料
    ETC年会費 無料
    ETC発行手数料 無料
    還元率 1.0%
    電子マネー
    申し込み資格 満20歳以上

     

    • 還元率が常に1.0%以上
    • 年1回の利用で年会費無料
    • ローソンでの利用で自動的に3%OFF

    dカードGOLDを発行するメリットはある?

    dカードGOLDって使えないなぁ…

    もしかしたらそう感じてしまった方もいるかもしれませんが、dカードGOLDを発行するメリットは10%還元の他にもあります。

    • 海外旅行保険が自動付帯で最高5000万円付帯
    • 国内旅行保険も最高5000万円利用付帯している
    • 全国の空港ラウンジ+ハワイのホノルル空港ラウンジが使える
    • 購入から3年間・最大10万円までの「ケータイ補償がある」

    ここに、ドコモで毎月1万円以上支払っている方なら10%還元が受けられるので、年会費の元は取れそうですね。

    ドコモの携帯料金・ドコモ光を利用していて、還元対象の項目で(ここ大事!)9000円以上支払っている方はゴールドカードを検討してみましょう。

    dカードGOLDをが向いている人の特徴

    • ドコモ光を契約している方
    • 家族でドコモを使っている方

    dカードよりもdカードGOLDを申し込んだ方がいい方は、10%還元の対象内につき9000円以上の出費がある方です。

    dカードGOLDは年会費が税込み10,000円です。元を取るためには月に900ポイント以上獲得できればOKです。

    1万円÷12か月=月900ポイント=月9000円以上

    1万円以上をドコモの還元対象内で使っている方は年会費上の元が取れます。

    「ひとりで月9000円は厳しい…」という方は家族カードを発行してドコモ携帯料金を支払えばポイントが還元されます。

    家族カードは2枚目から有料になってしまうものの、2枚目からは発行に1000円かかってしまうので注意が必要です。

    dカードGOLDは注意点が多い!説明書きをよく読んでデメリットも理解して申し込もう

    dカードGOLDの悪い口コミから、dカードGOLDの10%還元の注意点について解説しました。

    もう一度、dカードGOLDの10%還元の注意点を確認しましょう。

    • 10%還元の対象外のものもある
    • 10%還元は1000円未満は切り捨てられてしまう
    • 家族カードを発行しないと家族分の携帯料金は10%還元に反映されない
    • dカードGOLDで携帯料金を支払ってもポイント0円

    どれか1つだけでも…と言いたいところですが、4つすべてdカードGOLDを申し込む際に覚えておきたい項目です。

    この4つの項目を知っていて、10%還元対象内でドコモを月9000円以上支払っている方はdカードGOLDを申し込んでも損をしません。

    dカードGOLDを申し込むときは、ドコモでの自分の利用額がどのくらいなのか確認してから申し込みましょう。

    タイトルとURLをコピーしました