dカード審査落ち…ドコモショップで進められても落ちてしまう原因と対策とは

dカード審査落ち…ドコモショップで進められても落ちてしまう原因と対策とは dカード

dカードはドコモの携帯電話を使っている方が特にお得になるカードです。

ドコモショップで進められて申し込んだ方も多いのではないでしょうか。

しかしドコモの店頭で進められても審査落ちしてしまうことがあります…。ここではdカードの審査に落ちてしまった場合の原因や、その対策についてまとめました。

dカードの審査は三井住友が行っている=嘘!

dカードの審査は三井住友が行っていると言われていますが、現在dカードの審査はdocomo独自で行っています。

三井住友が審査をしていると言われていたのは、dカードの全身のDCMXをdocomoと三井住友が共同で発行していたためであると考えられます。

実際に他のクレジットカードでは三井住友が審査しているものもありますが、dカードに関してはdocomoが審査をしています。

審査が厳しいと言われている三井住友の審査ではなくdocomo独自の審査であるため、三井住友の審査レビューはdカードにおいて当てにならないということを考慮に入れる必要があります。

dカードの審査基準と申し込み資格をおさらい

dカードはの申し込み資格は以下の4つです。

  • 個人名義
  • 満18歳以上
  • 本人名義の口座を支払い口座として設定
  • その他NTTdocomoが定める条件を満たしている

特に安定した収入があると記載されているわけでは無いため、正社員でなくとも申し込むことは可能です。

その他NTTdocomoが定める条件を満たしているという項目ですが、あまり気にしなくとも良いです。

それよりも、支払口座を配偶者のものにするなど普段やりがちなことをしないようにしましょう。

dカードの審査はドコモユーザーでなくても通過できる

dカードはdocomoの発行するクレジットカードなのでdocomoユーザーでなければ発行できないと思われがちですが、実際はソフトバンクやauユーザーでも審査通過可能です。

なので、利用している携帯電話のキャリアと審査については関係ありません。

信用情報の確認資料が増えるため、docomoユーザーの方が多少有利にはなりますが、特に優遇されるということはありません。

dカードの審査落ちの原因とは

dカードの審査に落ちる主な原因は大きく4つあります。

  • 過去のクレジットヒストリーに傷があった
  • クレジットカードの利用履歴がないスーパーホワイト
  • 同時期に複数枚のクレジットカードを申し込んだ
  • 収入や年齢などdカードの審査基準を満たしていなかった

過去のクレジットヒストリーに傷があった

dカードだけでなく、他のクレジットカード発行にも関連しますが、クレジットヒストリーに事故があればほぼ審査落ちします。

クレジットヒストリーとは、過去のクレジットカードなどの支払い履歴です。クレジットカード会社はしっかりと支払い日に支払われているか、滞りなく返済しているかという点を見ます。

クレジットヒストリーは信用情報の履歴であるため、クレジットカードだけのものではありません。

例えば、携帯電話の分割払いやキャッシング・消費者金融の返済などの情報も記載されます。これらの返済で事故があった場合も同様に審査落ちしやすくなります。

いわゆるブラックリスト入りですが、この期間中は新規のクレジットカード審査に受かりません。5年~10年間続くため、ブラックリスト期間が過ぎるまで待つ必要があります。

クレジットカードの利用履歴がないスーパーホワイト

クレジットカードの利用履歴がないスーパーホワイトの場合、信用情報がないため審査落ちすることがあります。

dカードの場合、スーパーホワイトで審査落ちすることはあまりありませんが、もし今まで1枚もクレジットカードを発行したことが無いという場合は、より審査が簡単なクレジットカードを作り、クレジットヒストリーを築くのがおすすめです。

同時期に複数枚のクレジットカードを申し込んだ

短いスパンでクレジットカードを申し込むと審査落ちしやすくなります。なぜなら、クレジットカード会社は申し込みだけして、クレジットカードを使ってくれないのではないかと思うからです。

クレジットカードには入会キャンペーンがあり、条件を満たすとポイントが貰えたり優待があったりします。

それ目当てで申し込み、ポイントだけ貰ってすぐ退会されるのであればクレジットカード会社は大きな損失を被ることになります。

通常の利用であれば、クレジットカードはそこまで枚数を必要とするものではありません。

もし同時期に複数枚のクレジットカードを申し込んだことに心当たりがあるのであれば、ある程度期間を置いて再度申し込むことをおすすめします。

収入や年齢などdカードの審査基準を満たしていなかった

収入や年齢などdカードの審査基準を満たしていなかったということについては、ほとんどの場合事前に弾かれますが、そのまま手続きが進行してしまうこともあります。

その場合はもちろん審査落ちします。先述の審査基準・申し込み資格を確認し、満たしている場合のみ申し込むようにしましょう。

dカードの申し込み資格をおさらい

dカードはの申し込み資格をおさらいします。

  • 個人名義
  • 満18歳以上
  • 本人名義の口座を支払い口座として設定
  • その他NTTdocomoが定める条件を満たしている

審査はともかく申し込み資格自体はほぼ全員にあるようなものなので、引っ掛かることはほぼありませんが、よく読んで確認しましょう。

dカード審査落ち…再申し込みに通るコツとは

再申し込みに通るコツとしては、3つあります。

  • 審査落ち後は6ヶ月間カードの申し込みをしない
  • カードの支払いや借入が残っている場合は解消する
  • 審査の甘い別のカードに申し込んでクレヒスを積む

審査落ち後は6ヶ月間カードの申し込みをしない

まず、審査落ち後は6ヶ月間カードの申し込みをしないということです。クレジットカードの審査履歴は半年間残ります。

その期間に再度申し込みをすると、前回の結果を参照されてまた落とされやすくなります。

同じクレジットカードだけでなく他のものを発行する場合も、落ちたら半年は待つようにしましょう。

カードの支払いや借入が残っている場合は解消する

クレジットカードに落ちた原因とも関連しますが、カードの支払いや借入が残っている場合は解消するようにしましょう。

カードの支払いは、具体的に言うと分割払いやリボ払いです。とくにリボ払いなのですが、返済期間や1ヶ月の返済額を短く、多めに設定することで支払いがすぐに終わります。

いつまでも返済を続けている人とすぐに返済が終わる人、どちらにより信用があるかは明らかです。

リボ払いは手数料がかかるというデメリットを指摘されがちですが、信用の面においてもデメリットがあることについて留意して下さい。

借り入れは消費者金融やクレジットカードのキャッシングですが、こちらも返済する前は借金を抱えている状態になるため審査に響きます。なるべく早めに返済しましょう。

審査の甘い別のカードに申し込んでクレヒスを積む

dカードもそこまで審査が厳しいクレジットカードではありませんが、より通りやすいクレジットカードがあります。

良好なクレジットヒストリーを作ることは自分の信用度を上げることに繋がるため、まずは審査に通りやすいクレジットカードを発行しましょう。おすすめのものは後述します。

dカードの審査落ちしたらこのカードに申し込む!

dカードの審査に落ちた場合、クレジットヒストリーを積み上げるクレジットカードとしておすすめなのは以下の3つです。

  • 楽天カード
  • ヤフーカード
  • アコムACマスターカード

楽天市場で還元率1.0%!楽天カード

楽天カード

言わずもがな知られている、年会費無料のクレジットカードです。楽天カードは審査がすぐに終わる上にかなり発行しやすいです。

どのお店で利用しても還元率1%とかなり高く、メインカードとしても性能の高いクレジットカードです。

楽天スーパーポイントを貯めている場合、まず最初に作りたいクレジットカード筆頭になるため楽天ユーザーは発行することをおすすめします。

Yahoo!ショッピングでポイント3倍!ヤフーカード

ヤフーカード

ヤフーカードはTポイントが貯まる年会費無料のクレジットカードです。TSUTAYAが発行しているTカードプラスは還元率0.5%とあまり高くはないですが、ヤフーカードは1%です。

Tポイントが貯まるクレジットカードとしては最強クラスの還元率であるため、Tポイントを利用する機会の多い方にはおすすめです。

イメージとしては楽天カードのTポイントが貯まる版と考えて頂いて差し支えありません。

独自の審査基準!アコムACマスターカード

アコムACマスターカード

アコムACマスターカードは消費者金融のアコムが発行しているクレジットカードです。最大の特徴は即日発行ができる点です。

一般的なクレジットカードは申し込みから使えるようになるまで数日かかりますが、アコムACマスターカードの場合は全国にある自動契約機を使い、その場で発行することができます。

ポイント還元はありませんが、すぐにクレジットカードを使いたいという方にはおすすめです。

dカードの審査に落ちても慌てない!

クレジットカードの審査に落ちたとしても慌てる必要はありません。もし支払い事故を起こしていたのであれば話は別ですが、そう簡単にブラックリスト入りすることはありません。

初めてのクレジットカードで落ちた場合はより審査に受かりやすいクレジットカードを発行すればいいだけですし、複数のクレジットカードを申し込んで落ちた場合は期間を空ければいいだけです。

クレジットヒストリーを作る用のクレジットカードを検討したり、借り入れ状況を確認したりするなど、今できることはしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました