無職でもdカードは作れる?審査基準や審査に通る方法を解説

無職でもdカードは作れる?審査基準やカードに通る方法を解説 dカード

「無職だけどクレジットカードが欲しい」
「無職でも審査に通るのはどのカード?」

クレジットカード申し込みにおいて無職が有利になることはありませんが、だからといって審査が絶対否決になる訳ではありません。

この記事は無職の人がdカードに申し込みをする時の基準や抑えておくべきポイントについて解説します。

結論:無職でもdカードを作る方法はある

結論を先にお伝えすると、無職であってもdカードの所有は可能です。

クレジットカードの審査難易度は難しい順に、銀行系・交通系・信販系・流通系・消費者金融系と並びます。

「銀行系に属するdカードは審査が厳しいのでは?」と思われるかもしれませんが、銀行系だからといって一概に審査が厳しいことはありません。

銀行系の中でも審査難易度には幅があり、dカードに求められる条件のクリアや過去の履歴に問題がなければ、無職でも十分審査に通過する可能性はあります。

dカードの審査通過の最低基準

dカードの審査に通過するためには、以下2点をクリアしている必要があります。

  • dカードの申し込み条件を満たしている
  • 過去のクレジットヒストリーにブラック情報がない

では、それぞれの詳しい内容を見ていきましょう。

dカードの申し込み条件を満たしている

dカードの入会申し込み条件は以下の4点です。

  • 高校生を除く満18歳以上
  • 個人名義でつくること
  • 支払い口座は契約者本人のものであること
  • ドコモの定める条件を満たしていること

以上のようにdカードの申し込み条件は、年齢基準と個人契約で本人名義の支払い口座を利用するのが必須というだけで、特別な条件はありません。

dカードよりもワンランク上の「dカードGOLD」の申し込み条件では「学生を除く満20歳以上かつ安定した継続収入があること」を条件としていますが、dカードでは無職にはない安定した継続収入は求められません。

またdカードGOLDに比べて年齢の設定も低く、申し込み条件としては敷居の低いクレジットカードと考えられます。

過去にクレヒス(クレジットカード履歴)にブラック情報がない

クレジットヒストリーのブラック情報とは次のようなものを指します。

  • 自己破産
  • 債務整理
  • 代位弁済
  • 強制解約
  • 2~3ヶ月の延滞
  • 携帯電話(端末代)の延滞

クレジットカードの種類や会社によっては、ブラック履歴のある申込者でも審査を通過させるところがあります。

しかし、多くのクレジットカード会社の審査においてブラックは最も懸念される情報です。特に注意したいのが携帯電話の支払いが遅れた場合。

高額なスマートフォン代を月々分割して支払う契約にして遅延が発生させると、信用情報機関に遅延情報が登録されてしまいます。

ブラック情報は収入の有無や年収の高い低いに全く関係なく、審査に大きな影響を与えます。

無職でもdカードの審査に通過するパターン

ここでは無職でもdカードの審査に合格するパターンにはどのようなものがあるのか、解説します。

そもそも無職に該当していなかった

無職は「仕事をしていない・定まったところから給与を得ていない・社員に属していない」などが一般的な解釈のため、フリーターなどは世間から無職と見なされる場合があります。

しかしクレジットカードの審査においては、フリーターやアルバイト、パートタイマーなど何らかの形で収入を得ている人を無職と見なしません。

つまり審査における無職とは「仕事を全くしていない人で収入が0の人」です。

よって、アルバイトやパートタイマーなどで今まで「自分は無職」と思い込んでいた人も「そもそも無職ではなかった」というパターンにあてはまります。

生計維持者が別にいる

申込者が無職の人の審査では、同一家族に生計維持者がいるかどうかが審査ポイントの一つになります。

多いと考えられるパターンに専業主婦のdカード申し込みがありますが、配偶者にきちんとした収入があると審査が通りやすくなります。

きちんとした収入とは「安定した定期的な収入」のこと。年収の高低には重点は特に置かれませんが、配偶者の収入が高い方がいいに越したことはないでしょう。

収入のない専業主婦の審査では、「配偶者が生活費の支払いをし、保険等を扶養に入れて生計を立て、クレジットカードの支払いも配偶者がおこなっている」と予想されるため、配偶者の収入の安定感や高さが信頼の基準になります。

無職の方がdカードの審査に通過するコツ

無職の人が審査に通過するためには、いくつかのコツがありますのでご紹介しましょう。

申し込み欄を無職にしない

無職でもdカード審査に通過する可能性が十分にあるといっても、無職ではない方が審査で有利なのは事実です。

全く職についておらず収入が無い状態以外であれば「自分は無職にあてはまるかどうか」という点をもう一度考えてみましょう。

例えば、不動産収入・アフィリエイト・株やFXなどのトレーダーなどは個人事業主や自営業として無職に該当しません。

「会社勤めをしていない=無職」という考えは捨て、収入源を持っているなら申し込み時に無職で申請はおこなわないようにしましょう。

キャッシング枠を0円にする

dカードの申し込み画面では、キャッシングの希望金額を問われる場面があります。

キャッシング枠の選択肢は「入会後検討・30万・40万・50万」の4つ。dカードを無職で申し込むなら「入会後検討」を選択しましょう。キャッシングはカード利用者が現金を借り入れする行為です。

キャッシング枠を希望すると、ショッピング枠とは別の審査が必要になり、審査難易度もアップします。

また、無職でキャッシング枠を希望すると「お金に困っているのでは?」と判断され、ショッピング枠だけなら通過した審査も落ちてしまう可能性が高くなります。

無職を含め申請する個人属性に強みがない場合は、キャッシング枠0円で申請しましょう。

同一生計の人がいれば必ず記入

dカードの申し込み画面には家族や住まい状況について以下のような入力欄があります。

  • 本人が世帯主か非世帯主かの選択
  • 別居を含む生計を同一とする家族の有無
  • 誰によって生計を維持しているのか
  • 配偶者や子どもの有無

クレジットカードの審査は基本的に申込者本人の支払い能力をはかり結果を出しますが、無職の場合は家族構成や生活が誰によって成り立っているのか、ということにも焦点が当てられます。

家族の情報は審査に関係ないと思われがちですが、無職で申請するなら必ず世帯情報をきちんと記入して提出しましょう。

クレヒスがない人はクレヒスを積む

クレジットヒストリー(金融商品の利用履歴)の全くない人を「スーパーホワイト」といいます。

年齢が上がれば上がるほど、特に30歳以降のスーパーホワイトは審査に通りづらくなります。

というのは、スーパーホワイトの中には金融事故あけで記録が白紙に戻った状態にある「ホワイト」の人が含まれている可能性があるからです。

審査担当者はクレジットヒストリーを見てもスーパーホワイトとホワイトの見分けがつかないため、判断材料がないとすんなり審査OKにはしづらいのです。

スーパーホワイトの人は完済実績を増やしたり、遅れない支払いを続けたりしてクレヒスを作り、dカード審査に通過する可能性を高める努力が大切です。

何らかのローンを組む

既述の「クレジットヒストリーを積む」にも似ていますが、何らかのローンを組んで支払い能力がある証明ができれば、無職でも審査に通過しやすくなります。

ローンと聞けば住宅ローンや車のローンなど高額商品を思い浮かべる方も多いと思いますが、以下のような低額なローンを組んで実績をアピールするのも可能です。

  • 車検代・携帯電話(端末代)料金
  • エステや医療脱毛の料金代
  • 各種スクール受講代金
  • 家電代

クレジットヒストリーはクレジットカードでの支払いや高額ローンだけが実績になる訳ではありません。

割賦で支払いが可能なこれらの商品でローンを組むことによって実績を積み上げていきましょう。

申し込み欄をできるだけ埋める

dカードの申し込み記入欄には、必ず入力を求められる欄とそうでない任意入力の欄があります。

自分では「審査に有益な情報ではない」と思っていることでも、審査担当者には良い情報として扱われる場合があります。

少しでも審査通過の可能性を上げるなら、任意入力の欄も可能な限り埋めるようにしましょう。

固定電話があれば電話番号を記入する

現代では固定電話を持たずに携帯電話だけで生活する人口が増えたため、以前よりは固定電話の有無が審査に与える影響は少なくなりました。

とは言っても、固定電話があった方が「料金を毎月支払う能力がある」と判断されるため、持っていないよりはプラスになるのは間違いありません。

よって、固定電話があるなら必ず記入欄に入力することをおすすめします。

dカード×無職に関するよくある質問

この章では、dカードと無職に関係するよくある質問にお答えします。是非参考にしてください。

審査が不安だから年収や借入額を偽ってもOK?

クレジットカードの申し込みで虚偽の申請はNGです。

年収や借入金額の端数の切り上げや切り下げ程度ではさほど問題にはなりませんが、自分をよく見せようとするために実際とは大きく異なる金額の入力は厳禁です。

年収を少しぐらい水増ししてもいい?

年収の水増し申請もNGです。

少額の水増しなら見つかる可能性は低いと考えられますが、虚偽申請をすると正しい審査ができません。

正直にありのままの真実を入力しましょう。

他社からの借入額の虚偽申請もすぐにわかる

「借入金額を少なく入力すれば審査に通る可能性が高くなる」と考えて借入額を少なく申請するのもいけません。クレジットヒストリーには現在借入している金額が記載されています。

嘘の申請をしても審査担当者にはすぐにバレてしまうので嘘をついても意味がありません。

dカードを使っている途中で無職になってしまった場合は?

dカードを利用している最中に退職、出産育児、病気や介護休業などで無職になる場合もあるかと思います。その場合、カード利用者はその旨を伝えなければいけない決まりはありません。

クレジットカード会社は「途上与信」といって定期的に利用者の意思に関係なく、支払い状況やキャッシングの有無などの利用状況をチェックしています。

遅延や延滞を起こして支払い能力が低いと判断されると、カードの利用停止の措置をとられることがありますが、支払いをきちんとしていればそのまま継続して利用ができます。

無職でも増額審査は通る?

全く可能性がないと言えば嘘になりますが、無職で増額審査の通過はかなり厳しいと考えてよいでしょう。

増額審査申請時に延滞等を起こしていると、増額どころかカード利用停止になる場合もあります。十分考慮して申請しましょう。

株・アフィリエイト収入があっても無職になる?

株やアフィリエイト収入がある人は無職に該当せず「自営業」の枠に当てはまります。

無職とは職につかず全く収入のない人を指します。何らかの形で収入のある場合は有職者として申請をしましょう。

無職でもdカードを作った方の口コミ

無職でもdカードが作れた人の口コミをチェックしました。

それぞれの詳しい属性やクレジットヒストリーは分かりませんが、無職でもdカードの審査に通過しているようですね。

無職でもdカードを作る方法はある!

dカードの審査では無職であることは有利になりませんが、他にアピールできる条件があれば十分審査に通過する可能性があります。

  • 自分が無職に該当するか確認する
  • キャッシング枠は申し込まない
  • 同一生計の人がいれば申請する
  • アピールできるクレジットヒストリーを積んでおく
  • 申し込み欄はできる限り埋める

無職の方は以上の事柄をポイントにしてdカード審査を受けましょう。

タイトルとURLをコピーしました