dカードプリペイドのメリット!チャージ方法や使える場所は?

プラチナカード・ブラックカードの保有率は?各カードの保有率はどれくらい? dカード

dカードプリペイドカードはdポイントをチャージして実店舗はもちろん、MasterCardの加盟店でクレカ同然に使うことができます。

クレカ同様に利用できるので、Amazonギフト券を購入することもできますし、SuicaはapplePayへのチャージもできます。

dポイントを持て余している方に非常におすすめです。dカードを使っていてポイントの使い道に悩んでいる方も是非参考にしてみてください。

dカードプリペイドカードとは

dカードプリペイドとは、ドコモと三井住友カードが提携して発行しているプリペイドカードです。

ドコモ提携のプリペイドカードですが、携帯キャリアがドコモでなくても12歳(中学生)以上で、dアカウントを持っていれば誰でも発行が可能です。

申込条件 12歳以上(中学生以上)でdアカウントを持っている方
還元率 0.5%
カード上限残高 30万円
チャージ方法 ・dポイント (通常ポイントのみ10,000pt/月まで)
・電話料金合算(ドコモユーザーのみ)
・dカードdカード GOLD(還元対象外)
・VJA各社発行クレジットカード(還元対象外)
・その他VISA、MasterCard
・インターネットバンキング
・現金(ローソン店頭、セブンATM)

プリペイドカードなので、事前にカードの入金(チャージ)してから利用します。

使う分だけチャージすれば、使いすぎる心配もありません。

dカードプリペイドのメリット

MasterCardブランド加盟店で利用できる

dカードプリペイドはMasterCardブランドが付帯しているため、利用できる店舗が多いです。

世界シェアNO.2のMasterCardなら、利用可能店舗が多いため、日本はもちろん、海外でも利用できます。

電子マネー「iD」が利用できる

dカードプリペイドには電子マネー「iD」が付帯しています。

iDは加盟店数が多いため、コンビニ・飲食店はもちろん、タクシーやホテルでも利用できます。

チャージ時にiDクレジットを利用すればチャージ手数料は無料です。

ローソン・マクドナルドで還元率が4.5%になる

dカードプリペイドの通常還元率は0.5%ですが、ローソンやマクドナルドでは最大4.5%の還元が受けられます。

  • dカードプリペイド提示…1.0%
  • dカードプリペイド決済…0.5%
  • チャージ金額による還元…3.0%

日常的にマクドナルドやローソンを利用する方におすすめです。

ローソン・マクドナルドでdカードプリペイドを利用すると1回の買い物につき3%の金額が買い物翌月にキャッシュバックとして返ってきます。

dカードの特約店も一部利用可能

dカードプリペイドは「dカード特約店」も一部利用できます。

特約店を利用すれば、通常よりポイントがアップされます。ローソンもdカード特約店の一部ですが、その他にも、高島屋・マツモトキヨシ・丸善ジュンク堂などの特約店の一部です。

マツモトキヨシでは、dカードプリペイドの提示+支払いの還元(200円で1ポイント)で合計3.5%も付与されます。

dカードプリペイドのチャージ方法

プリペイドカードの中には、特定の方法でしかチャージができず不便なカードもありますが、dカードプリペイドはチャージ方法が多彩です。

  • ローソン店頭でチャージする
  • セブン銀行ATMでチャージする
  • dポイントからチャージする
  • クレジットカードからチャージする
  • インターネットバンキングでチャージする
  • ドコモ電話料金合算

クレジットカードからチャージできるのはもちろん、dポイントからチャージもできるので、余ったポイントを使うにもぴったり。

dカードプリペイドへのチャージ上限は30万円で、1日のチャージ額の上限も30万円です。

ローソン店頭でチャージする

ローソンのレジで直接現金をチャージできます。

店員さんにチャージしたい額を申告して、現金を渡せばチャージが完了します。

1000円~49,000円の範囲内なら1円単位でチャージが可能です。手数料も無料で手軽にチャージできます。

セブン銀行ATMでチャージする

セブン銀行ATMでも現金チャージが可能です。

1000円単位からチャージから可能で、手数料もかかりません。

セブン銀行ATMにdカードプリペイドを挿入し、チャージしたい金額を投入すればチャージ完了です。

ただし、ATMに投入した金額はすべてチャージされてしまうのでお釣りはでません。注意しましょう。

dポイントからチャージする

dポイントを1ポイント=1円分としてチャージできます。

ポイントを実店舗で使えて手数料がかからないため、おすすめのチャージ方法です。

500円~10,000円の範囲で、1円単位でチャージが可能です。ただし、ポイントは月に最大1万円までしかチャージできないので、細めにチャージしておきましょう。

ただし、チャージできるポイントは通常ポイントに限られます。期間限定ポイントや用途限定ポイントのチャージはできません。

クレジットカードからチャージする

VISA・MasterCardのクレジットカードから500円~50,000円の範囲で1円単位からチャージできます。

ただし、チャージできるクレジットカードが限られるのと、カードによってはチャージ手数料がかかるので注意しましょう。

チャージ手数料がかからないカードは、dカード・VJA・三井住友カードなどで、それ以外のカードからチャージをする場合は、1回のチャージに200円かかります。

また、3Dセキュアに対応していないクレジットカードや、VISA・MasterCard以外のブランドからはチャージができません。

チャージ手数料が無料のクレジットカードを持っている場合はいいですが、手数料がかかるカードの場合は他のチャージ方法をチャージをおすすめします。

dカードからのチャージはポイント対象外

dカードは通常還元率が1.0%の高還元率カードですが、dカードプリペイドにチャージしてもポイントは貯まりません。

手数料は無料なのはメリットですが、チャージによってポイントの2重取りができるわけではないので注意しましょう。

ドコモ電話料金に合算する

ドコモユーザーでdカードで携帯電話料金を支払っている場合、ドコモ通信料と合算して後日請求ができます。

dカードで支払っていない場合も、携帯電話料金を口座振替にしていれば、合算して後日支払いができます。

インターネットバンキングでチャージする

インターネットバンキングからのチャージが可能です。

500円~50,000円の範囲内で1円単位でチャージができますが、1回のチャージにつき手数料が200円かかるのでおすすめしません。

チャージに対応しているのは、みずほ銀行・三菱UFJ銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行などのネット銀行・その他の地方銀行などが対応しています。

d払いを利用するならdカードプリペイドカードからがおすすめ

スマホ決済のd払いは、定期的にキャンペーンを行っているので気になっている方も多いと思います。

d払いにはdポイントをチャージして利用する機能がありますが、実はdポイントを充当してしまうと還元対象外になってしまいます。

特にお得なキャンペーン期間中は、対象外になってしまってはもったいないです。

しかし、dカードプリペイドにポイントチャージ上で、d払いの支払いをすれば、ポイント還元対象にもなり、プリペイド利用の0.5%のポイントが貯まります。

  • dポイントをそのままd払いに充当→すべての還元が対象外
  • dポイントをプリペイドカードにチャージしてd払い→プリペイド利用0.5%+d払い利用分の0.5%で還元率が1.0%になる

d払いのキャンペーンはだんだんポイント獲得条件が厳しくなっていますが、dカードとdカードプリペイドは同じ扱いをされるため還元対象になります。

dポイントスーパー還元プログラムは対象外

「dポイントスーパー還元プログラム」とは、条件達成をして対象をお店でd払いやdカードでのiD払いを利用すると、還元率が最大+7%になるプログラムです。

還元率は飛躍的に上がるdポイントスーパー還元プログラムですが、dカードプリペイドは対象外になっています。

d払いもiD払いもdカードに紐付いていることが条件なので注意しましょう。

dカードプリペイドはApplePayに対応している

dカードプリペイドは2017年11月からApplePayへの登録も可能になりました。

これによって、ApplePayのSuicaチャージにも対応しています。なお、Suicaへのチャージはポイント付与対象外です。

ApplePayへの設定方法は以下の通りです。

  1. iPhoneでWalletアプリを開く
  2. カードを追加(または右上の+マーク)をタップ
  3. dカードプリペイドの情報をカメラで読み取る
  4. dカードプリペイドがWalletアプリに追加されていることを確認し次へをタップ
  5. SMSが届く

SMSが届くと、認証番号が自動で入力され、次画面に自動的に切り替わります。

自動切換えが終わると設定完了です。

dカードプリペイドのまとめ

申込条件 12歳以上(中学生以上)でdアカウントを持っている方
還元率 0.5%
カード上限残高 30万円
チャージ方法 ・dポイント (通常ポイントのみ10,000pt/月まで)
・電話料金合算(ドコモユーザーのみ)
・dカードdカード GOLD(還元対象外)
・VJA各社発行クレジットカード(還元対象外)
・その他VISA、MasterCard
・インターネットバンキング
・現金(ローソン店頭、セブンATM)

dカードプリペイドは、MasterCardブランドのカードで、電子マネーiDが利用できるため、利用できる店舗が非常に多いです。

チャージできる場所も多く、現金チャージはもちろんポイントチャージもできるのがうれしいですね。

dカードからチャージしてもポイント還元はされないため、ポイントの2重取りはできませんが、プリペイドカードとして使うには申し分ないでしょう。

dアカウント(無料)を持っていれば、12歳以上から申し込めます。

クレジットカードがまだ持てない年齢の方や、クレジットカードの審査になかなか通らない方におすすめです。

タイトルとURLをコピーしました