dカードのETCカードを解約する方法!スムーズに解約する流れを解説

dカードのETCカードを解約する方法!スムーズに解約する流れを解説 dカード

高速道路をスムーズでお得に利用するためにはETCの利用が必須ともいえる時代です。このETCを利用するためには、クレジットカードと連携させたETCカードが必要です。

ただ、ETCカードには年会費が必要なものもあります。そのため、複数のETCカードを持っている場合には不必要なものを解約したいと考えることもあるでしょう。それがdカードで発行したETCカードであることも考えられます。

TCカードの解約は難しい手続きではありません。

ただ、解約を忘れていると利用していないETCカードの年会費が毎年発生してしまうことも考えられます。

今回はそのようなことを避けるためにも、dカードで発行したETCカードを解約するための方法について解説します。

ETCカードを解約したい時とは

ETCカードを解約したいときどはどのような場面が考えられるのでしょうか。

自動車やバイクを利用しなくなった

最初に考えられることは自動車やバイクを全く利用しなくなったときです。自家用車を手放してしまった場合や転勤して自家用車を利用する機会がなくなってしまった場合などが考えられます。

ただ、レンタカーでもETCカードを挿入すればETCは利用できます。そのため、自動車やバイクを手放してしまったら必ずETCカードを解約しなければならないことは無いでしょう。

なお、ETCカードを全て解約した場合にはETCカード自体をレンタカー業者でレンタルすることも可能です。

新しく別のETCカードを発行した

続いて考えられることは新しくETCカードを発行した場合です。ETCカードの機能自体はどれを利用しても同じです。

ただ、発行するクレジットカード会社によってポイントの貯まり方が異なるなどの特徴もあります。還元率の高いクレジットカードを発行したのであれば、そちらで新しくETCカードを発行することもあるでしょう。

1台の車に1枚のETCカードがあればよいので、基本的には複数のETCカードを持つ必要はなく解約が必要となります。

また、現在利用しているETCカードは年会費が必要になるからとの理由で解約することもあるでしょう。

ETCカードには年会費完全無料のものや条件付き無料のもの、有料のものなど様々なパターンがあります。

利用者からすると可能な限りETCカードの年会費は完全無料が嬉しいものです。年会費完全無料でETCカードを発行できるのであれば、今まで利用していた年会費が有料のETCカードは解約することでしょう。

ETCカードを解約する場面というのはパッとは思いつかないかもしれません。

しかし、上記のように解約するタイミングはありますので、場合によっては解約も視野に入れるようにしましょう。

dカードETCカードを解約する方法

dカードで発行したETCカードを解約するにはどうすればよいのでしょうか。

以下では具体的にETCカードの解約方法についてご説明します。

解約の申込先

ETCカードを解約するためにはdカードの受付窓口に連絡をしなければなりません。

勝手に解約したいと考えていても対応してもらえるはずはありませんので、自分から解約したいことを申し込みすることが必要です。

解約手続きは専用の電話番号に連絡をして電話で進める場合と書面を送付して進める場合があります。書面の送付は必須ではありませんので、電話連絡をしたほうがスムーズに解約が可能です。特にこだわりがないのであれば電話連絡をしましょう。

dのETCカードを解約する場合の受付番号は以下のとおりです。

dカードセンター 0120-300-360

受付時間は午前10時から午後8時までです。年中無休ですの土日などでも対応してもらえます。ただ、年末年始など例外的にお休みとなっている日もあります。

営業時間については公式サイトなどで再確認するようにしてください。

なお、ETCカードの解約に関する専用の電話番号ではありません。電話をすることで音声ガイダンスが流れますので、「解約に関するお問い合わせ」を選択してETCカードの解約手続きの担当者に繋げる必要があります。

dカードETCカードを解約するまでの流れ

上記の電話番号に連絡をして手続きをすれば簡単にETCカードの解約が可能です。書面の場合にはスムーズに進みませんが、電話の場合にはスムーズに進みますので安心です。

音声ガイダンスからETCカードの解約担当者に繋がれたあとは、担当者から解約に関する説明を受けます。

難しいことは問われませんので、担当者の指示に従って質問に答えるなどすればETCカードの解約手続きが完了します。

質問される内容は電話をするタイミングによって微妙に異なることがあります。ただ、氏名や生年月日などの本人確認に関連すること、ETCカードの番号など解約にあたり必要なことだけが確認されます。

年会費が発生してしまう場合にはこれらに同意するかなども問われることがありますが、これは必ず発生する質問ではありません。

dカードETCカードの解約に必要なこと

ETCカードの解約時にはETCカードの番号が確認されます。

そのため、ETCカードを日ごろから利用しているのであれば、車載器から取り出して番号が確認できるようにしておきましょう。電話連絡をしてからETCカードを手元に用意することは無いようにすべきです。

また、クレジットカードであるdカードの番号などが問われることはほぼありません。ETCカードの解約はETCカードの番号と本人確認だけで完了します。

ただ、何かしらの理由でdカードの番号などが確認される可能性はあります。万が一に備えてdカードも手元に用意しておくと安心です。

なお、ETCカードは解約した瞬間から利用できなくなります。期日が来た段階で利用できなくなる仕組みではありません。そのため、解約が完了したのであればハサミなどでETCカードを裁断して廃棄することをおすすめします。

裁断しなくともETCカードの利用はできませんが、個人情報が含まれる部分ですので裁断しておいたほうが安心です。ETCカードをクレジットカード会社に返却する必要はありませんので、その点は安心して裁断してしまいましょう。

dカードETCカードを解約する際の注意点

上記の通りdカードETCカードを解約するのは難しいことではありません。ただ、解約するにあたり注意点もありますのでご説明します。

まず、dカードETCカードを解約したとしても、ETCカードの利用残高があればdカードに請求されることには変わりありません。

時々ETCカードを解約すれば支払いがなくなるのではないかと考える人が居ますがそんなことはありません。自分が利用したETCの利用金額は責任をもって支払いしなければなりません。

ETCカードだけを解約してdカードの利用を続けているのであれば、解約前と同様に請求が来るだけです。

また、ETCカードもdカードも解約したいという場合にはETCカードの解約手続きをする必要はありません。この場合にはdカードの解約手続きだけをするようにしましょう。

ETCカードは追加カードと呼ばれるカード類であり、元となるクレジットカードが有効でなければ利用できないものです。

つまり、dカードを利用してETCカードを発行したのであれば、dカードが有効でなければETCカードも有効にならないのです。dカードを解約してしまえば自動的にETCカードも解約した状態となります。

勘違いしてはいけないのはETCカードを利用するためにはdカードが必要ということです。dカードETCカードだけを残して、dカードを解約することは不可能です。

dカードを解約してしまうと全ての追加カードが解約されてしまいます。

解約する前に本当に解約していいのか確認しよう

dカードETCカードの解約方法についてご説明しました。解約方法は簡単ですので不要であればdカードETCカードは解約してしまってもよいでしょう。

理由が明確な状態でETCカードを解約する場合は特段問題ありません。ただ、なんとなくdカードETCカードは利用しないだろうと考えて解約してしまうと後悔してしまうこともあります。

dカードETCカードを再発行するだけで解決しないこともあります。

そのため、dカードETCカードを解約するときには本当に解約しても後悔しないのかをよく考えておくべきです。特に以下の点について考えてからdカードETCカードを解約するかどうかを決定しましょう。

ETCマイレージポイントを使い切る

ETCマイレージポイントはETCの利用者が登録できるサービスです。ETCを利用することでポイントを獲得できるようになっていて、貯まったポイントは高速道路の料金支払いなどに利用できます。

クレジットカードの利用でポイントが貯まるのと同じようなものです。

ETCマイレージポイントを保有している状態でdカードETCカードを解約してしまうと、せっかく貯まっているポイントは消失してしまいます。ETCマイレージポイントは複数のETCカードで合算ができませんので、ETCカードの解約とともに消滅してしまう仕組みです。

ポイントを保有している状態であれば、可能な限りポイントを使い切ってから解約するべきです。

無理にポイントを使い切ろうとして無駄な交通費が発生するのは望ましくありません。どの程度のポイントが貯まっているのかを確認し、必要に応じて検討することが重要です。

年会費の更新月

dカードETCカードは場合によっては年会費が発生することがあります。特にdカードGOLDではなくdカードを利用している場合には年会費が発生することがありますので注意が必要です。

場合によってはdカードETCカードを解約しても、ETCカードの年会費が発生してしまうことがあります。また、dカードETCカードの年会費を支払ってすぐのタイミングで解約してしまっていることもあります。

年会費は発生してしまうと取り戻すことは不可能です。

事前に年会費が発生するタイミングを確認して、無駄に支払いをすることが無いように注意しましょう。

dカードの解約は簡単

dカードETCカードの解約方法は難しいものではありません。簡単な電話連絡で解約が可能です。

ただ、解約してしまうとdカードETCカードが再び必要な時に再申し込みをしなければなりません。解約したETCカードを再度利用できる仕組みではありません。

そのため、dカードETCカードを解約する前には、本当に解約してもよいのかをよく考えてから手続きするようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました