学生におすすめのクレジットカードを利用シーンごとに紹介!学生のうちにカードを作るといい理由とは?

初めてのクレジットカードを持つのは怖いし、どんなカードを選んだらいいのか分からないですよね。

お金が絡むことなので、不安に思って当然です。

しかし、クレジットカードをもつことで、安全に海外旅行ができたり、日々の買い物やコンビニでの支払いで手数料がかからないなど、メリットもたくさんあります。

大切なのは「自分のライフスタイルに合わせた」クレジットカードを作成すること。

いろいろなサイトで学生専用クレジットカードを紹介していますが、学生だから学生専用のクレジットカードを作ればお得かと言われれば、一概にそうではありません。

1枚学生カードをもっておき、利用シーンに合わせて2枚目を持つのがおすすめです。

あなたにピッタリなクレジットカードが分かるように、さまざまな利用シーンに合わせたクレジットカードを紹介していきます。

  1. 学生がクレジットカードを持つ意義とは?
    1. アルバイト収入0円でも学生が審査に通る
      1. 年会費も発行手数料も無料のクレジットカードが多い
    2. 海外旅行にはクレジットカードがかかせない
      1. 現金だと盗難のリスクが高まる
      2. 学生カードには海外保険が付帯しているカードが多い
    3. 社会人になってからグレードアップが狙える!
  2. 学生がクレジットカードを選ぶときの注意点
    1. 金銭感覚が狂わないように注意しよう
    2. リボ払いは絶対にしない!
      1. クレジットカードの支払い方法
    3. 未成年は親の同意が必要
    4. 学生のクレジットカードは限度額10万円と低め
      1. 発行枚数が増えると審査は厳しくなる
  3. 学生はどんなクレジットカードを選ぶべき?
    1. お得なカードしか持たなくていい!1枚目はバランスのいいクレジットカードを選ぶ
    2. 1枚しか持てないわけではない!併用もおすすめ
    3. 自分の生活シーンに合わせたクレジットカードを選ぶ
  4. 学生限定で持てる!おすすめのクレジットカード
    1. 三井住友VISAデビュープラスカード
      1. 30歳までカードを持っていると自動的にゴールドカードになる
    2. JCB CARD W
      1. 年会費無料なのにデザインがスタイリッシュ!さらに海外保険も付帯
    3. 学生専用ライフカード
  5. ポイント還元率重視の学生におすすめのクレジットカード
    1. 楽天カード
    2. オリコ・ザ・ポイントカード
  6. 利用シーンに合わせたおすすめクレジットカード
    1. エポスカード
    2. ルミネカード
  7. マイルを貯めている学生におすすめのクレジットカード
    1. ANA  JCBカード(学生専用)
    2. JALカード navi
  8. よくネットショッピングをする学生におすすめのクレジットカード
    1. 楽天でのショッピングで還元率2.0%の楽天カード
    2. Yahoo!JAPANカード
  9. 海外旅行におすすめのクレジットカード
    1. 保険充実+誕生月ポイント3倍の学生専用ライフカード
    2. 海外保険+ステータス性抜群!セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード
    3. MUFGイニシャルカード
  10. 一番大切なのは、自分の生活スタイルにあったクレジットカードを選ぶこと

学生がクレジットカードを持つ意義とは?

アルバイト収入0円でも学生が審査に通る

学生はクレジットカードの審査が社会人に比べて易しいです。

現在、日本では、2億5千枚以上のクレジットカードを発行しています。

こんなに多くクレジットカードが発行されていると、学生のうちから顧客になって自社のカードを作ってもらいたいと考えているため審査が比較的甘くなっています。

クレジットカード会社側としては、若いうちに自社のカードをつくって長く使ってもらえた方が自社の利益になるんですね。

また、学生のうちは親の扶養に入っているため、もし支払いが間に合わなかったとしても、親が払ってくれるという安心感があるのですね。

年会費も発行手数料も無料のクレジットカードが多い

学生専用のクレジットカードは、年会費も発行手数料もかからないクレジットカードが多いです。

一般の方が申し込むと年会費がかかるカードも、学生が申し込むことで在学中は無料になります。

審査に通りやすいだけでなくカードの年会費がかからないのも、学生からクレジットカードを持つメリットです。

海外旅行にはクレジットカードがかかせない

大学生になると、長期休みに友達で海外に旅行に行く機会もあるでしょう。
特に卒業旅行に、海外なんていいでよすね。

海外旅行にはクレジットカードがかかせません。

もちろん現地で現金で支払うことも可能ですが、現金を多額に持ち歩くのは盗難の危険が高まります。海外で現金を盗まれたら何もできませんよね…。

そんなときにクレジットカードを持っていれば、海外でも簡単に支払うことができます。

国際ブランドはJCBが使えないお店もありますので、海外に行く方はVISAかMaster Cardを選択しましょう。

現金だと盗難のリスクが高まる

実は盗難の損害は、現金よりクレジットカードの方が少ないです。

財布を落とした時に、現金だと取られて終わりです。追跡することもできませんし、盗んだ人がお金を使うのを止めることはできません。

クレジットカードなら、不正に使用されても、補償してくれます。

ただし、盗難届は申請できる期間が決まっています。
盗難・紛失にあったと思ったら、早めにクレジットカード会社に連絡しましょう。

学生カードには海外保険が付帯しているカードが多い

学生カードには海外旅行保険が付帯してるカードが多いです。
海外ではどんなトラブルがあるか分かりません。

  • 世界遺産を見に行ったときに、落下して怪我をしてしまう
  • 止まったホテルで高級な食器を割ってしまった
  • 現地の料理や水が合わなくて、お腹を壊してしまった
  • 現地で携帯電話を取られてしまった

海外でトラブルにあったときに、全額負担するのはあまりに額が高額すぎます。

日本であれば、保険料は保険証を見せれば3割負担で済みますが、海外でが全額負担になってしまいます…。

海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを申し込めば、トラブルに遭ったときのお金をクレジットカード会社が負担してくれます。

学生は無料で海外旅行保険が使えるカードが多いので、例え使わなくてもお守り替わりにもっていてもいいでしょう。

社会人になってからグレードアップが狙える!

学生のうちからクレジットカードを持つことで、社会人になってからのグレードアップを狙えるカードもあります。

例えば、三井住友VISAデビュープラスは学生のうちに申し込めば、自動的に30歳から、ゴールドカードになります。

クレジットカードが作成しやすい学生のうちだからこそ、カードを作ってクレヒスを積むとよいでししょう。

学生がクレジットカードを選ぶときの注意点

金銭感覚が狂わないように注意しよう

学生がクレジットカードを持ったときに一番怖いのが、カードの使い過ぎではないでしょうか。

たしかに、クレジットカードはお金を使っている感覚が薄くなりがちなので、使うときには注意が必要です。

使い過ぎが心配な方は、こまめに利用明細を確認するようにしましょう。WEB明細ならば、いつ何にお金を使ったかが、簡単に確認できます。

今はカードの履歴をアプリで確認することもできるので、家計簿変わりにインストールするのもおすすめです。

リボ払いは絶対にしない!

クレジットカードを持つ際、支払方法でリボ払いを選択しないようにしてください。

リボ払いとは、月々の利用額によって、月の支払いが決まる支払い方法のことです。

例えば、6万円の一眼レフカメラを買ったとします。

一括払いだと、支払日に6万円が引き落とされますが、リボ払いだと月々5000円の引き落としで済みます。

月々の負担は減りますが、その分完済に時間がかかり手数料が大きくなります。

リボ払いは借金と同じなので、特別な理由がない限りは使わないようにしましょう。

クレジットカードの支払い方法

クレジットカードの支払い方法は以下の5つです。

  • 1回払い
  • 2回払い
  • 分割払い(3回以上)
  • ボーナス払い
  • リボ払い

このうち手数料がかからない支払い方は、1回払いと2回払いのみです。

3回以上に分けて支払う分割払いでも手数料がかかってしまうので注意しましょう。

時々リボ払いの仕組みが分からないまま、「いくら使ってもお金が減らない!」とリボで支払っている学生も見かけます。

正しい知識を身に付けて利用しましょう。

何度の言いますが、リボ払い=借金です!!

未成年は親の同意が必要

高校生でなければ、18歳・19歳の学生でもクレジットカードを作ることはできますが、未成年は親の同意が必要になります。

法律で「未成年は親の同意が必要」と定められているため、親に内緒で作成はできません。

20歳になれば、クレジットカードを親の同意なしの作成が可能です。

学生のクレジットカードは限度額10万円と低め

学生が持てるクレジットカードの特徴として、限度額が低いことがあげられます。

安定した収入が約束されているわけではないので、限度額を上げるのも至難の業です。

親の扶養から外れるほどアルバイト収入を得るか(年間120万円以上)、何年も同じクレジットカードを使いつづけ、信用を得るしかクレジットカードの限度額を引き上げる方法はありません

しかも、限度額を引き上げるかどうかは完全にクレジットカード会社の判断によるもののため、学生自身で引き上げはできません。

そのため、もし限度額が足りない場合は、2枚目のクレジットカードを申し込みましょう。

発行枚数が増えると審査は厳しくなる

2枚目、3枚目のクレジットカードの審査は1枚目の審査よりも厳しくなります。
特に3枚目以上のカードを発行するとなると支払い能力とこれまでのクレジットカード利用歴を厳しく審査されるでしょう…。

学生には十分な収入がないため、返済能力がないと判断されて審査に落ちてしまう可能性があります。

学生はどんなクレジットカードを選ぶべき?

お得なカードしか持たなくていい!1枚目はバランスのいいクレジットカードを選ぶ

年会費無料でもメリットがないクレジットカードを持つ必要は全くありません。

以下のようなカードは学生が持つメリットはないので、候補から外しましょう。

  • 年会費が高く元を取れそうにない
  • 通常還元率が1.0%
  • 使える電子マネーが少ない
  • セキュリティが低い・保険が付帯していない
  • (ステータスが低い)

学生のうちしかもてないカードを申し込むのもいいですが、自分にメリットのあるカードを申し込んで使っていくことが大切です。

総合力がよく、学生の今しか作れないカードを持ちたい方は、「三井住友VISAデビュープラスカード」や「JCB CARD W」などバランスのいいカードを選びましょう。

1枚しか持てないわけではない!併用もおすすめ

学生だから、クレジットカードは1枚以上持てない決まりはありません。

おすすめは、1枚目のメインカードをバランスのいいカードを選び、2枚目に自分の利用使途に合わせたクレジットカードを作成することです。

自分の生活シーンに合わせたクレジットカードを選ぶ

2枚目・3枚目に選ぶべきカードは、ずばり自分の生活シーンにあったクレジットカード。

例えば、このように自分のライフスタイルに合わせてクレジットカードを選んだ方が、ポイントも貯まりやすく、貯まったポイントも使いやすいです。

  • よくネットショッピングを利用する方はネットでお得にポイントが貯まるカード
  • よく海外旅行に行く方は、海外旅行保険が付帯されたカード
  • よくいくショッピングモールがある方は、特定のショッピングモールでの買い物がお得になるカード

私は、1枚目のカードとしてJCB CARD Wを、2枚目のカードをしてルミネカードを選びました。

学生だから、学生専用カードをたくさん作ればお得なわけではありません。

自分のライフスタイルにあったクレジットカードを選びましょうね!

学生限定で持てる!おすすめのクレジットカード

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

年会費 無料

2年目は年1回の利用で無料

通常ポイント還元率 1.0%
国際ブランド VISA・Master Card
電子マネー WAON・ID

三井住友VISAデビュープラスカードは、有名なブランド力でセキュリティーに安心感があります。

通常還元率は1.0%なのに、さらに入会から3ヵ月間は還元率2.5%になります。

30歳までカードを持っていると自動的にゴールドカードになる

三井住友デビュープラスカードは、30歳になると自動的にゴールドカードに切り替わります。

社会人になって、憧れのゴールドカードを持つことができるので、まわりとステータスで差をつけたい!そんな学生の方にぴったりのカードです。

JCB CARD W

JCBカードW

年会費無料 無料(18~39歳まで)
基本ポイント還元率 1.0%
国際ブランド JCB
電子マネー QUICPay・ApplePay

JCB CARD Wは2017年に登場したネット入会限定のクレジットカードです。
年会費が永久に無料なのに、ポイント還元率は常に1.0%

さらに、セブンイレブンで2.0%、Amazonで2.0%・スターバックスで5.0%の還元率を誇ります。

年会費無料なのにデザインがスタイリッシュ!さらに海外保険も付帯

JCB CARD Wなんといってもデザインがスタイリッシュ。JCBのプロパーカードだけあって、基本還元率1.0%の高還元率です。

利用付帯ですが海外保険もついていて、総合的にみてバランスがいいです。

しかし国際ブランドはJCBのみのため、使えないお店もあるので、2枚目のカードを作る際はJCB以外のブランドを作成するといいでしょう。

学生専用ライフカード

学生用ライフカード

年会費 無料
基本ポイント還元率 0.5%
国際ブランド VISA・Master Card・JCB
電子マネー Edy・ID

学生専用ライフカードは年会費が無料でありながら、海外保険が自動付帯、さらに誕生月にはポイントが3倍なります。

一般の方が持てるカードは、年会費無料・誕生月にポイント3倍な点は同じですが、海外保険が付帯していません。

一般のライフカードでは保険をつけることはできないため、年会費有料のカードに申し込まなければいけませんが、学生専用ライフカードなら海外保険もついています。

ポイント還元率重視の学生におすすめのクレジットカード

楽天カード

楽天カード

年会費 無料
基本ポイント還元率 1.0%~10.0%
国際ブランド VISA・Master Card・JCB・AMEX
電子マネー Edy

学生だけでなく、一般の方にも人気のカードです。人気の秘密は通常還元率1.0%という高還元率な点。

さらに、審査も比較的易しいので、学生の方た主婦でも簡単に作ることができます。

基本還元率も特定の買い物の還元率も高く、バランスがいいです。

オリコ・ザ・ポイントカード

年会費 無料
ポイント還元率 1.0%~3.0%
国際ブランド JCB・masterCard
電子マネー ID QUICPay

オリコ・ザ・ポイントカードはその名の通り、ポイント還元率に特化したクレジットカードです。

学生専用カードではありませんが、基本還元率が1.0%で入会から半年間はポイントが2倍です。

さらに、Amazonでの買い物でポイント還元率が2.0%アップなので、普段Amazonでショッピングする学生の方におすすめです。

利用シーンに合わせたおすすめクレジットカード

エポスカード

エポスカード

年会費 無料
ポイント還元率 0.5~2.5%
国際ブランド VISA
電子マネー Edy・Suica

エポスカードは年会費無料ながら海外旅行保険が自動で付帯しているため、学生でもおすすめです。

さらに、年4回マルイでの買い物が10%になるので、よくマルイで買い物をする学生におすすめです。

ルミネカード

年会費 初年度無料

2年目 953円(税抜き)

基本ポイント還元率 0.5%
国際ブランド VISA・Master Card・JCB
電子マネー Suica

ルミネカードは全国のルミネでお会計が常に5%OFFになるカードです。
さらに年に4回は10%OFFセールになります。

2年目以降は年会費がかかってしまいますが、ショッピングが好きで、よくルミネを利用する学生はすぐに年会費の元をとることが可能です。

マイルを貯めている学生におすすめのクレジットカード

ANA  JCBカード(学生専用)

年会費 在学中無料
ポイント還元率 0.3%~1.0%
マイル還元率(最大) .0%
国際ブランド JCB
電子マネー QUICPay・Edy

ANA JCBカードは航空会社ANAが発行している学生専用のカードで、学生ボーナスマイルが貯まる点が魅力的です。

さらにマイル還元率は1.0%で、マイル移行の手数料は無料

普段ANAのマイルを貯めている学生の方におすすめです。

JALかANAか、自分がのる機会が多い方を選ぶといいでしょう。

JALカード navi

年会費 在学中無料
ポイント還元率 1.0%
マイル還元率 1.0%
国際ブランド VISA・Master Card
電子マネー Edy・Suica・WAON

航空会社JALが発行している、マイルが貯まる学生専用カードです。

マイルが直接たまり、機内販売や空港店舗の商品が割引になるため、よくJALの飛行機を利用する方におすすめです。

さらに、海外旅行保険が自動で付帯していて、最大1000万円まで補償してくれます。

よくネットショッピングをする学生におすすめのクレジットカード

楽天でのショッピングで還元率2.0%の楽天カード

楽天カード

年会費 無料
基本ポイント還元率 1.0%~10.0%
国際ブランド VISA・Master Card・JCB・AMEX
電子マネー Edy

さきほども紹介しましたが、楽天カードは「楽天市場での買い物ではポイントが2倍・還元率は2.0%」になり、さらに週末は楽天感謝デーとしてポイントが3倍になります。

月に1回以上楽天サービスを使う学生の方はポイントも貯めやすく、おすすめです。

Yahoo!JAPANカード

年会費 無料
ポイント還元率 1.0~3.0%
国際ブランド VISA・Master Card・JCB
電子マネー Suica

Yahoo!カードは年会費無料のカードなのに、通常還元率が1.0%・Yahoo!ショッピングでの買い物での買い物が3%のカードです。

「いつも楽天じゃなくてYahoo!で買い物をする」学生さんは、Yahoo!カードを選ぶといいでしょう。

また、Tポイントが貯まる店舗でTマネーを使うこともできます。

すでに貯めているTポイントと合算することもできますので、Tポイントを貯めている学生、Yahoo!ショッピングをよく利用する学生におすすめです。

海外旅行におすすめのクレジットカード

保険充実+誕生月ポイント3倍の学生専用ライフカード

学生用ライフカード

学生専用ライフカードは海旅行保険が自動で付帯しています。

保険の自動付帯という点では、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスと変わりませんが、ライフカードの場合、VISA・Master Card・JCBの3種類から選ぶことができます。

さらに学生専用ライフカードは、社会人になると自動的にライフカード(通常版)に切り替わりますが、この切り替わったあとのライフカードの年会費も無料です。

海外旅行に用に作っておいて損はない1枚ですよ。

海外保険+ステータス性抜群!セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード

年会費 在学中無料
基本ポイント還元率 0.5%
国際ブランド AMEX
電子マネー Edy・ID・QUICPay

アメックスと言えばステータス性の高いカードで、特に海外旅行の保険のサービスが充実しているため、年会費が通常のカードよりかかり、経営者や高収入の方が持っている方が多いです。

そんなステータス性の高いアメックスのカードを「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード」なら学生でも持つことができるんです。

26歳までは年会費無料で海外旅行保険は自動付帯、補償額は最大3000万円なので、クレジットカードにステータス性を求める方、よく海外旅行に行く学生におすすめです。

MUFGイニシャルカード

MUFGカード(スマート)

年会費 在学中無料
ポイント還元率 0.5%~1.5%
国際ブランド VISA・アメックス
電子マネー nanaco・Suica・Edy・SMART ICOCA

MUFGイニシャルカードは18歳~29歳の方が作成可能なカードです。

基本の還元率は0.5%ですが、入会から3ヵ月は還元率が3倍になります。

こちらのカードが学生におすすめの理由は、海外旅行保険が自動付帯な点。

最短翌日に発行できるため、カードの作成を急いでいる方におすすめです。

また、学生のうちからMUFGイニシャルカードをもっていると、卒業後すぐにゴールドカードに切り替えることができます。

一番大切なのは、自分の生活スタイルにあったクレジットカードを選ぶこと

いろいろなサイトで学生専用クレジットカードを紹介していますが、大切なのは自分のライフスタイルに合わせたクレジットカードを作成することです。

学生だから、学生専用のクレジットカードを作ればお得かと言われれば、一概にそうではありません。

例えば、ネットショッピングをよくする方は、ネットショッピングでポイントが貯まりやすいカードをえらんだ方がお得です。

もちろん、学生の間しか作成できないクレジットカードや、学生のころから持っておけば将来のステータスもばっちりなカードも捨てがたい気持ちも分かります。

そんなときは1枚学生カードをもっておき、利用シーンに合わせて2枚目を持つのがおすすめです。

自分にピッタリのクレジットカードを見つけましょうね!

タイトルとURLをコピーしました