事実婚でも家族カードを発行できる!家族カードの「家族」はどこまで?

事実婚でも家族カードを発行できる!家族カードの「家族」はどこまで? クレジットカード

クレジットカードの家族カードとは、本会員の家族であることが条件で発行されるカードです。

しかし、現代では「事実婚」や「同性婚」など、さまざまな家族の形があります。

事実婚や同性婚であっても家族は家族ですが、クレジットカード会社の指す「家族」がどこまでの範囲になるかは、実はカード会社によってまちまちです。

ポイントをまとめたり、支払い口座が一緒になる家族カードは何かと便利なので、発行したいと考えている方も多いと思います。

現在一部のクレジットカードは事実婚や同性婚でも家族カードが発行できます。

ここでは、事実婚や同性婚でも家族カードを発行できるクレジットカードを紹介していきます。

家族カードの「家族」の定義はカード会社によって異なる

家族カードの定義は法律で決められているわけではないので、カード会社の判断にゆだねられています。

そのため事実婚・同性婚の方に家族カードを発行できるかどうかは、カード会社によってまちまちです。

一般的には家族カードに求める条件として以下の条件が上げられています。

本会員と生計を同一にする配偶者・ご両親・18歳以上のお子さま

カード会社によっては、この条件に「同居していること」「同姓であること」などの条件が追加されているカードもあります。

セゾンカードの公式サイトでは実際に同居していることが条件になっています。

家族カードのお申込み対象

本会員様と生計をともにする、18歳以上(高校生を除く)の同姓のご家族の方。

ー引用:セゾンカード公式サイト

JALカードのように事実婚や同性婚についての記載がないクレジットカードもありますが、ほとんどの場合戸籍上婚姻関係にないパートナー同士は家族カードを持てません。

記載がないカードについては一度カード会社に確かめてみてください。

事実婚・同性婚でも家族カードが発行できるクレジットカード

基本的に家族カードは戸籍上家族であることが発行の条件になっていますが、中には事実婚・同性婚でも家族カードが発行できるクレジットカードもあります。

戸籍上家族になっていなくても家族カードを発行できる「アメックスカード」と「楽天カード」を紹介していきます。

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード
カード年会費 12000円+税
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 850円+税
還元率 0.5%
電子マネー
  • 独自の審査基準!
  • 空港ラウンジが同伴者1名も無料
  • 海外旅行保険・国内旅行保険も付帯

外資系のクレジットカードであるアメリカン・エキスプレスカードは事実婚・同性婚にも寛容で、家族カードを発行しています。

家族カードの年会費は1枚6000円(税別)です。

アメックスの家族カードは「家族」の定義がとても広く、配偶者、両親、18歳以上のご子息・ご令嬢はもちろん、婚約者・内縁関係でも家族カードを発行できます。

自分が家族を思う相手なら誰でも家族カードを申し込める可能性が高いです。

ただし、WEB上で家族カードを申し込んでしまうとアメックス側が家族と認識できないため、審査落ちするケースがあります。

事実婚・同性婚で家族カードを発行したい方は、専用デスクに電話して申し込みましょう。

電話番号は0120-020-120で、営業時間は9:00~17:00です。土日祝日は休みなので会社のお昼休みを使って電話してみてください。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
カード年会費 29,000円+税
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 0.5%
電子マネー
  • 国内外の空港ラウンジ無料!同伴者1名も無料
  • 提携レストラン2名以上の利用で1名無料
  • プライオリティパスが年に2回無料

アメックスゴールドもアメリカン・エキスプレス・カードと同様に、事実婚・同性婚にも家族カードを発行できます。

家族カードは1枚まで年会費無料で、2枚目以降は1枚あたり12,000円(税抜)の年会費がかかります。

アメックスカードに比べて年会費は高めですが、特典内容が充実しています。

  • 2名以上のコース予約で1名無料になるゴールド・ダイニング by 招待日和
  • 同伴者も1名無料の空港ラウンジ
  • プライオリティパスが年に2回無料(家族カード会員にも付帯)
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険

海外旅行によく行く方や、レストランに行く機会が多い方におすすめのゴールドカードです。

楽天カード

楽天カード

楽天カード
カード年会費 永年無料
ETC年会費 540円
ETC発行手数料 無料
還元率 1.0%
電子マネー
申し込み資格 満18歳以上
  • 還元率が常に1.0%以上
  • 楽天市場でポイント還元率3.0%以上
  • カード年会費無料

楽天カードも家族の多様性を応援しているカードです。

内縁の妻への家族カード発行は難しいですが、同性パートナーで生計を共にしていれば、WEB上から家族カードが発行可能です。

Q. 同性パートナー(LGBT)も家族カードの申し込みはできますか?

A. 生計を同一にする同性パートナー様であれば、お申し込みが可能です。
新規ご入会時に家族カードをお申し込みいただく場合は、続き柄「配偶者」をご選択ください

ー引用:楽天カードよくある質問

同性であってもWEB上で続柄を「配偶者」にするだけでOK、アメックスのように電話で手続きをする必要がありません。

家族カードを追加で申し込む場合は楽天e-NAVIへログインし、各種お申し込みメニューの「家族カードのお申込み」から手続きします。

楽天カードの家族カードは年会費完全無料です。

ANAカード

ANA JCBカード(一般)

ANA JCBカード(一般)
カード年会費 初年度無料
2年目以降2000円+税
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 0.5%
電子マネー
  • マイル付与率0.5~1.06%
  • 家族カードのマイルが合算可能
  • 機内販売・ANAフェスタの買い物が10%OFF

ANAカードは家族カードを同性パートナーに発行することはできません。

しかし、その代わり、ANAカードファミリーマイルの家族会員として登録することが可能です。ANAカードファミリーマイルはそれぞれが貯めたマイルを合算できるので非常に便利です。

ANAの公式サイトでは以下のように示されています。

Q. 同性パートナー(LGBT)をANAカードファミリーマイルや特典利用者に登録できますか。

A. はい。2016年7月1日より、以下のサービスにおいて同性パートナーの登録ができます。

①「ANAカードファミリーマイル」の「ファミリー会員」登録
申し込み時に住民票もしくは自治体が発行する同性パートナーシップを証明する書類が必要です。

②特典利用者登録
特に提出書類は必要なく、登録できます。

③ANA マイレージクラブ ファミリーアカウントサービス(AFA)(海外在住会員向け)
特に提出書類は必要なく、登録できます。

ー引用:ANAよくある質問

支払いを1つにまとめることはできませんが、マイルを合算して貯めたい方には嬉しいサービスですね。

また、JALカードはマイルを合算することはできませんが、マイルを特典に変えた際の特典には交換可能です。

特典をご利用いただける方

会員ご本人、会員の配偶者(同性パートナーを含む)、会員の二親等以内の親族の方、義兄弟姉妹の配偶者となります。

※会員と名字が異なる方のご利用にあたっては、会員との間柄を示す証明書類の提出をお願いする場合があります。

ー引用:JALカード マイルを特典に換える際のご注意・ご案内

事実婚・同性婚は家族カード発行不可のクレジットカード

事実婚・同性婚でも家族カードの発行ができるクレジットカードもある一方、日本の企業が発行するクレジットカードは、戸籍上家族でない方へのカード発行を行っていない企業も多いです。

JCBカード

JCB一般カード

JCB一般カード
カード年会費 1250円※条件付き無料
初年度無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 0.5%
電子マネー
  • 最短即日発行で翌日お届け
  • 通常還元率1.0%
  • スターバックス・セブンイレブンでポイント還元率アップ

JCBは日本国内のブランドで、事実婚姻や夫同性婚の場合は家族カードを発行することができません。

戸籍上家族であっても、夫婦別姓だと申し込みができないため、家族カードの「家族」の制限は厳しめです。

セゾンカード

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル
カード年会費 無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 0.5%
電子マネー
  • 最短即日発行!
  • 年会費・ETC年会費無料
  • ポイント有効期限なし!

セゾンカードは、公式サイトで家族カードの申し込み条件を「本会員様と生計をともにする、18歳以上(高校生を除く)の同姓のご家族の方」としています。

JCBカードと同様に夫婦別姓や事実婚・同姓婚の家族カードの発行には対応していません。

事実婚・同性婚でも家族カードを発行できるカードはある

事実婚・同姓婚でも家族カードを発行できるカードとして「アメックスカード」と「楽天カード」を紹介しました。

家族カードが必要な方はこの2枚のうちのどちらかに申し込みましょう。

年会費無料でポイントが貯まるのを重視するなら楽天カード、特典やステータスを重視するならアメックスカードがおすすめです。

まだまだ、日本では家族の多様性に対応していないクレジットカード会社が多いです。

これからの進展に期待…ですね。

タイトルとURLをコピーしました