学生なのにクレジットカード審査落ち…原因と審査通過のコツは?

学生なのにクレジットカード審査落ち…原因と審査通過のコツは? 学生カード

大学生・専門学生・大学院生などの学生のみなさん。

「学生だから審査に通るの…?」
「アルバイトもしてないから審査に通るか不安…。」

そんな風に考えている方も多いと思います。しかし、学生はあらゆる年代の中で一番クレジットカードの審査に通りやすい時期です。

なぜ学生は審査に通りやすいのか、学生がカードの審査で見られているポイントは何なのかを紹介します。

同時に審査に通りやすい学生の時期なのに審査通らなかった…そんな方に向けて審査に通らなかった理由も説明していきます。

学生なのにクレジットカードの審査落ちした理由

申し込み対象が学生不可のカードだった

初めに確認しなければいけないことは、申し込んだクレジットカードの対象者に学生が含まれていたかどうかです。

年会費無料のカードや学生専用カードはほとんど学生でも申し込むことができます。

しかし、ステータス性の高いゴールドカードを申し込んだ場合は話が別です。
ゴールドカード以上のカードはほとんどのカードが「学生不可」であり、「本人に安定収入があること」が条件です。

ゴールドカードの毎月の利用限度額は200万円以上のものもあります。
学生でアルバイトをしているだけでは、返済できるだけの安定収入があると認められず、審査に落ちてしまいます。

短期間に複数枚のカードを申し込んだ

年会費無料でお得だから…。学生で審査に通るか不安だから…。あるいは、キャンペーンにつられて…。
このような理由で複数枚のクレジットカードに申し込んでいませんか?

たくさんのカードに申し込んでいるとカード会社からお金に困っている学生なのか、ちゃんと毎月返済できるのかな…。と不安が大きく、審査に通しにくくなります。

申し込む際はきちんと申し込み資格を確認しましょう。学生専用のクレジットカードは特に審査に通りやすいためおすすめです。

携帯電話本体料金の分割払いが遅れている

初めて作ったクレジットカードなのに審査落ちした…。そんな方はもしかしたら携帯電話料金の遅延をしたからかもしれません。

月々の料金の支払いは記録されないのですが、携帯電話の本体料金を分割払いにしていて支払いを遅延している場合、信用情報に傷がつき、審査に突破できない可能性が高いです。

クレジットカードを申し込んだり、ローン(分割払い)をすると個人信用情報機関に記録が残ります。

一度でも支払い遅れになると信用情報に傷がつき、審査に落ちてしまう可能性が高まります。

カードの信用情報に影響がある場合

クレジットカードの信用情報に影響がある場合をまとめました。

  • クレジットカードの利用状況・申し込み状況
  • 携帯電話料金(スマホ)の分割料金
  • 奨学金
  • 消費者金融からの借入
  • 脱毛のローン

クレジットカードだけでなく、いろいろな要素が信用情報に影響がでてくるのですね。

申し込み内容に不備があった

クレジットカードを申し込むときに申し込み内容が間違っている場合、審査に落とされる可能性が高くなります。

電話確認がある場合もありますが、明らかに申し込み内容が間違っている…と判断された場合、クレジットカードの審査に落ちてしまいます。

在籍確認の電話にでられなかった

アルバイト先にかかってくる、申し込みの確認がある…などで在籍確認の電話をカード会社が行う場合もあります。

あくまで本人確認ですのでたいしたことは聞かれないのですが、不審に思ったり、不注意で電話にでられないこともあるでしょう。

しかしカード会社側は確認事項があって電話をしています。そのため確認がとれないとカードを発行できません。

そのため、電話確認に出られないと審査に落ちてしまうのです。

実家にかかって場合、両親が断っている可能性も…

高校生はカードを作ることができませんが、大学生で未成年の場合はクレジットカード作成するのに親の同意が必要になります。

未成年がカードに申し込むと実家に必ず確認の電話が入りますが、その際に親が断ってしまうとカードの審査に落ちてしまいます。

「間違いかと思った」なのか「まだ子供にクレジットカードは必要ない」と判断しているのかは分かりませんが、親にはカードを申し込んでいることを伝え理解を得ておきましょう。

親の信用情報がない

クレジットカードの学生の審査に本人の年収や貯金の額、通っている学校やアルバイト先での収入などはあまり重視されません。

重視されるのは申し込み者(学生)よりも、親の返済能力です。よって親の信用情報に傷があった場合は審査に通過することはできません。

申し込み条件も満たしているし、申し込みの不備も携帯電話料金の遅延もなにもないのに…という場合は、親の信用情報に問題がある場合が多いです。

学生がクレジットカードの審査を突破する方法

別のカードでクレヒスを積む

クレジット履歴がなくて審査に落とされてしまった場合、別のカードを申し込んでクレヒスを積んで再チャレンジといいでしょう。

クレヒスを積むとは決してカードだけではありません。脱毛や奨学金の返済や携帯電話料金の未払いがある場合は、早めに完済するようにしましょう。

職業欄を学生にする

アルバイトやパートをしている学生の方も多いかもしれませんが、大学生の間は職業欄を学生にしましょう。

パート・アルバイトと記入したから審査に落ちる…というわけではありませんが、学生の方が圧倒的に審査に通りやすいです。

アルバイトでカードの審査に通るとすれば少なくても年収200万円ほどが目安でしょう。学生で学校の授業もあるなか、年収200万円はなかなか厳しいでしょう。

学生が審査に優遇されるのは「親の扶養内だから」です。例えカードを使えすぎて支払えなくなってしまっても最悪親が立て替えてくれると考えます。

審査が甘い学生専用のカードに申し込む

特に学生が優遇されるのが「学生専用のクレジットカード」「20代向けのクレジットカード」に申し込むことです。

カード会社はもともと収入のない学生向けにクレジットカードを発行しているので、通常のクレジットカードより審査基準が甘いです。

学生専用ライフカード・三井住友VISAデビュープラスカードなど学生専用のクレジットカードを発行しましょう。

タイトルとURLをコピーしました