海外で身分証明になる!海外でおすすめのハイステータスなクレジットカード

海外で身分証明になる!海外でおすすめのハイステータスなクレジットカード クレジットカード

クレジットカードに対する感覚は日本国内と海外で異なっています。

海外によくいく方は、クレジットカードをホテルマンに見せると笑顔になった経験がある方も多いのではないでしょうか。

日本国内ではクレジットカードのステータスは社会基準でしかありませんが、海外でクレジットカードは「その人自信の信用を表すもの」の認識が一般的です。

ここでは海外でのクレジットカードの重要さや、海外で強い信頼を得られるクレジットカードカードをご紹介します。

海外旅行・海外出張に行く方は是非参考にしてみてください。

海外ではクレジットカードは信頼の証

クレジットカードのcreditという単語は「信頼」を意味します。

日本でクレジットカードと言えば、後払いできてポイントの貯まる便利なカード…という認識が多いですが、海外では単なる会計手段ではなく、「社会的信用度を図るための会員証」の位置づけになります。

クレジットカードはもともと、誰でも簡単に作れるものではなく、カード会社に選ばれた富裕層しか持てなかったカードでした。

そのため、海外では今でもクレジットカードでしか決済できないお店があったり、現金払いだとサービスを断られることがあります。

もちろん行く国にもよりますが、日本と海外ではクレジットカードに対する認識が異なると覚えておきましょう。

海外でのホテルチェックインで必要

海外でクレジットカードは信用を示す、いわば身分証明書のようなものです。

海外のホテルではクレジットカードが「宿泊料金を支払えることの証明」になるため、グレードの高い補綴であればあるほど、クレジットカードは必須です。

クレジットカードを持っていないと宿泊できないか、宿泊できたとしても高額なデポジット金(保証金)を求められます。

デポジットはチェックアウトする際に返してもらえますが、一時的とはいえ、高額な現金をホテルに預けておくのは怖いですよね…。

海外でクレジットカードは重要な身分証明書になるので、宿泊の際は持っておいた方がいいでしょう。

レンタカーはクレジットカードがないと借りれない

クレジットカードがないとサービスを受けられないのはホテルだけではありません。

海外のレンタカーは現金では借りることができません。

日本で予約するにしても、クレジットカードが必要なので、どちらにしても車を借りるならクレジットカードは必須。

もし仮に現金でレンタカーを借りられる場所があったとしても、「クレジットカードがないので現金で払いたい」と外国語で話す必要があります。

英語が話せる方なら言語に困ることはありませんが、不安な方には少々ハードルが高いです。

そもそも海外で現金払いは盗難などのリスクがある

海外では日本以上に盗難・スリ・窃盗などの犯罪が多いです。

日本で財布や携帯電話を落としたら、誰かが交番に届けてくれて手元に戻ってくる可能性がありますが、海外だとまず財布は戻ってこないでしょう。

そんな海外で多額の現金を持ち歩くのはかなりリスキーです。お金を盗まれてしまうと楽しい旅行どころではなくなってしまいます。

クレジットカードなら多額の現金を持ち歩かずに済みますし、万が一盗難にあってもカード会社に電話をすれば利用を止められます。

不正利用にあってもカードの盗難補償によって被害額を支払わずに済みます。

身分証明書になるのももちろんですが、自分の大切な資産を守る、という意味でもクレジットカードを持っておいた方がいいでしょう。

海外で活躍するクレジットカードの特典

クレジットカードが海外で活躍するのは身分証明書だけではありません。

クレジットカードの魅力である付帯保険や優待特典も海外で活躍します。

グレードの高いカードになればなるほど、サービスが充実しています。

海外旅行保険付帯で万が一でも安心

海外では日本の保険証が使えません。

そのため医療費が全額負担になってしまい、非常に高額になります。

海外に行く際に保険に入ろうか迷っている方も多いと思いますが、掛け捨てになってしまうので高い金額を払うのに抵抗がある…という方も多いのではないでしょうか。

クレジットカードには海外旅行保険が付帯しているため、万が一のときに役立ちます。クレジットカードの海外旅行保険に含まれている補償内容は以下の通りです。

  • 傷害死亡・後遺障害補償
  • 傷害疾病治療補償
  • 賠償責任補償
  • 携行品損害補償
  • 救済者費用補償

この中で1番重要なのが「傷害疾病補償」です。傷害死亡や後遺障害補償は生命保険と同じ扱いで、いざというときにか役立ちませんが、「傷害疾病補償」は例えば以下のような場合に役立ちます。

  • 現地を旅行中に足を滑らせてケガをした
  • 現地の水を飲んで激しい腹痛に襲われた

ケガ・病気・事故などで病院に入った際に役に立つ補償です。できるだけ旅行中にケガはしたくないですが、万が一の場合は安心ですね。

すべてのクレジットカードに付帯しているわけでなく、補償額もカードごとに異なるのでよく確認しておきましょう。

コンシェルジュサービスで旅行をもっと楽しく

プラチナカードになると多くのクレジットカードにコンシェルジュサービスが付帯します。

コンシェルジュは24時間365日対応してくれる秘書のようなものです。旅行中に困ったことがあったらいつでも尋ねることができますよ。

  • 航空券の手配
  • 宿泊ホテルの手配
  • 現在地から近い評判のいいレストラン

海外では道がよく分からなかったり、予約が大変だったりしますが、コンシェルジュサービスを利用すれば簡単に解決します。

海外キャッシングは現地両替より手数料が安い

海外旅行をしていれば、現金が必要な場面もでてくるでしょう。小さい個人のお店や路面店の支払いはクレジットカード決済ができないこともあります。

そんなとき日本円を海外円に両替すると思いますが、両替には手数料がかかります。

クレジットカードの海外キャッシングを利用すれば、両替より手数料が安く済みます。

日本に帰国するのは遅くなってしまう場合は、利子がついていまいますが、ATMやネット上から繰り上げ返済すれば、キャッシング手数料を安く済ませられます。

海外キャッシングようのカードとして、アコムACマスタカードなどキャッシング手数料がやすいクレジットカードを持っておくのがおすすめです。

空港ラウンジでフライトまでの時間を優雅に

ゴールドカード以上のクレジットカードには、空港でラウンジが使えるサービスが付帯しています。

国際線は得にフライト前に時間があくので、時間を持て余してしまう方も多いのではないでしょうか。

空港ラウンジを利用すれば以下のようなサービスを受けられます。

  • 軽食・飲み物サービス
  • 無料Wi-Fi
  • 雑誌・新聞サービス

また、ステータス性の高いクレジットカードを持っていれば、世界1300ヵ所以上でVIPなラウンジが使える「プライオリティ・パス」が利用できます。

プライオリティ・パスは、アルコールサービス・シャワールーム利用可能などの特典があります。

海外旅行に行く際はプライオリティ・パスつきのクレジットカードを持っておくと、フライトまでの待ち時間を楽しく過ごせますよ。

海外で信用の証になるクレジットカードはゴールドカード以上

海外でクレジットカードは信用の証であり、身分証明書の代わりになると説明しましたが、クレジットカードであればなんでも信用の証になるわけではありません。

海外でクレジットカードのステータスは入会基準、つまり入会の難しさに比例します。

日本では年会費が高いとステータスの高いカードとして認識される傾向にありますが、海外でのカードのステータスは年会費ではなく入会基準なので注意してください。

一般カード(クラシックカード)は信用の証にはならない

クレジットカードのランクは一般カード・ゴールドカード・プラチナカード・ブラックカードと高くなっていきますが、このうち一般カード(クラシックカード)にはほどステータスはなく、信用の証とするには物足りません。

クレジットカード格付け

一般カードは入会基準が難しくなく、学生やアルバイト・パートの方も審査通過できるカードです。

海外で信用を得るには一般カードでは不十分です。

アメックスとダイナースブランド

クレジットカードには国際ブランドがありますが、そのうちアメックスとダイナースクラブはステータスの高いクレジットカードとして知られています。

国際ブランドには他にも

  • VISA
  • MasterCard(マスターカード)
  • JCB
  • 銀聯
  • discover(ディスカバー)

がありますが、アメックスとダイナースは大衆向けではなく、富裕層をターゲットに高級路線のクレジットカードを発行しています。

入会難易度も年齢制限がある、高い年収が求められます。

特にダイナースクラブは他社と提携した「提携カード」を発行をしておらず、自社でのみカードを発行しているため、海外で信用が得られるカードです。

(アメックスはセゾンと提携したセゾンアメックスや学生向けのカードも発行しているため)

海外で信用力のあるクレジットカードが欲しい方は、アメックスかダイナースクラブのカードを申し込むといいでしょう。

銀行系のプラチナカードも海外で評価される

アメックス・ダイナースクラブブランドの他に信用力があるクレジットカードは、世界的に有名な銀行のクレジットカードです。

三井住友銀行や東京三菱UFJなどは海外にも多数支店を持っているため、海外でも認知している方は多いです。

だたし、銀行系のカードであっても一般カードは信用の証としては不十分です。

銀行系のクレジットカードならゴールドカード以上は欲しいところ。プラチナカードであれば、スタータスカードとして十分通用します。

三井住友カードゴールドは国際ブランドがVISAとMaster Cardブランドから選択できます。

VISA・Master Cardは世界での加盟店数がNO.1とNO.2の国際ブランドなので、海外にいっても決済場所に困ることは少ないでしょう。

海外でステータスになるおすすめクレジットカード

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード
カード年会費 22,000円+税
ETC年会費 無料
家族カード年会費 4枚まで無料
還元率 0.4~1.0%
  • 利用金額に一律の制限なし
  • ポイントの有効期限が無期限
  • 海外旅行保険が最高5000万円自動付帯+空港ラウンジ無料

ダイナースクラブカードは入会資格が27歳であることがまず条件になっています。

利用限度額は一律の制限を設けない(利用者によって限度額を個別に設定)としており、ステータス性の高いクレジットカードとして海外で活躍します。

ダイナースという名の通り、特にグルメ関連のサービスが多いです。

「ダイナースクラブ・サインレス・スタイル」では、対象レストランをコンシェルジュが代行予約し、当日は会計処理なし(ツケ払い)でお店を出ることができます。

2016年に発行会社が三井住友信託グループになってから、審査基準が若干易しくなったと言われています。

ダイナースクラブカードの上位カードにはダイナースクラブプレミアムカードがあります。(招待制)

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
カード年会費 29,000円+税
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 935円(税込)
還元率 1.0%
電子マネー
  • 国内外の空港ラウンジ無料!同伴者1名も無料
  • 提携レストラン2名以上の利用で1名無料
  • プライオリティパスのスタンダード会員が無料付帯

ハイステータスカードの王道といえば、アメックスが発行するアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードです。

アメックスブランドというだけでも十分な信用の証明になりますが、ゴールドカード以上となれば世界中でスタータスを証明できるでしょう。

アメックス・ゴールドはプラチナカードレベルの特典が付帯しており、特に海外旅行に関する特典が多くなっています。

付帯する海外旅行保険や同伴者の家族も補償してくれる家族特約が付帯し、空港ラウンジも1名無料で利用できます。

さらにスタータスが上位のアメックス・プラチナ・カードや、世界最高峰のステータスを誇るアメックスのブラックカード、センチュリオンカードも目指せます。

ラグジュアリーカードTitanium

ラグジュアリーカード・チタン

TitaniumCard(ラグジュアリーカード)
カード年会費 50,000円+税
ETC年会費 無料
家族カード年会費 15,000円+税
還元率 1.0%
  • 金属製のカード
  • プライオリティパス付帯
  • TOHOシネマズで毎月1回無料

アメックス・ダイナースクラブとならんでハイステータスカードとして知られるのが、新生銀行が発行する「ラグジュアリーカード」です。

Master Cardブランドなのになぜ?と思う方も多いと思いますが、ラグジュアリーカードはMaster Cardブランドの最高ランクにあたります。実質ブラックカードです。

ラグジュアリーカードはMaster Cardの最高ランクの「ワールドエリート」の資格を得ているため、海外でも信頼の証になります。

ラグジュアリーカードは申し込みで持てる唯一のブラックカードになります。

ラグジュアリーカードBLACK

LUXURY CARD BLACK CARD

BLACK CARD(ラグジュアリーカード)
カード年会費 100,000円+税
家族カード年会費 50,000円+税
ETC発行手数料 無料
還元率 1.25%
電子マネー
  • 重厚感のある金属製のカード
  • 空港やダイニングまでのリムジン送迎が無料
  • プライオリティパス無料付帯

ラグジュアリーカードには3つのランクがあり、下から順に「ラグジュアリーカードTitanium」「ラグジュアリーカードBLACK」「ラグジュアリーカードGOLD」になっています。

このうちラグジュアリーカードGOLDは完全招待制になっているため、ラグジュアリーカードBLACKは申し込みで持てる最高ランクのブラックカードという位置づけになります。

ラグジュアリーカードBLACKは指定レストランから片道リムジン送迎ができます。他のクレジットカードでは味わえないサービスです。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカード

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
カード年会費 20,000円+税
ETC年会費 無料
家族カード年会費 1枚無料
2枚目以降3,000円+税
還元率 0.3%~
  • プライオリティパス無料!家族も利用可能
  • 国内外の空港ラウンジ無料!同伴者1名も無料
  • 海外旅行保険が自動付帯で最高1億円

MUFGカード・プラチナ・アメックスは三菱UFJニコスとアメックスが提携したカードで、日本の銀行系カードの中で最高峰のクレジットカードです。

プラチナカードながら、年会費は2万円+税と格安です。直接申し込みで入手ができます。

プラチナカードにしては格安の年会費ですが、コンシェルジュやプライオリティパスなどの特典は多数付帯しています。

MUFGカード・プラチナ・アメックスは家族カードが1枚無料で、家族カードでもプライオリティ・パスを発行できます。

海外でステータス性の高いクレジットカードを持っていると便利

クレジットカードは海外で身分証明書・信用の証として使うことができます。

サービス・ステータス面で充実カードが欲しい方は「アメックスカード」「ダイナースカード」「ラグジュアリーカード」の3つがおすすめです。

スタータスの高いカードは年会費が高い分、サービス面も充実しています。

  • 海外旅行傷害保険
  • 手荷物無料宅配サービス
  • コンシェルジュサービス
  • 空港ラウンジサービス

その他にもグルメ特典や割引サービスなど、特典が充実しています。

海外旅行に行く方は、ステータスの高いカードを1枚持っておくと便利ですよ。

ハイステータスなクレジットカード格付けランキング2020年!ステータスカードの選び方とは?
ゴールドカードは今や簡単に手に入る時代となりました。ゴールドカードの上のランク、プラチナカードも招待制ではなく、直接申し込みができるようになり、本当の意味でのステータスカードは限られてきています。そこで今回はプラチナカードのさらに上をいく、本当のステータスカードのランキングを4つの項目に分けて紹介していきます。
タイトルとURLをコピーしました