クレジットカードのショッピング枠とは?キャッシング枠との違いと利用の注意点

クレジットカードのショッピング枠とは?キャッシング枠との違いと利用の注意点 クレジットカード

クレジットカードにはショッピング枠とキャシング枠の2つがあり、それぞれに違えば、支払にかかる手数料もい違います。

ショッピング枠も支払い方法によっては金利がかかり、損をしてしまう可能性大です。

また、限度額とショッピング枠、キャシング枠の関係を知らないと「カードが限度額オーバーで使えなかった…」と苦い体験をすることにも繋がりません。

ここではクレジットカードの基礎知識である「ショッピング枠とキャッシング枠」について説明していきます。

クレジットカードのショッピング枠とは

クレジットカードのショッピング枠とは「クレジットカードで買い物ができる金額」のことです。

枠はカードの限度額内で設定されています。例えばカードの限度額が50万円でキャッシング枠をつけていなかった場合、利用できるショッピング枠は50万円になります。

通常、ショッピング枠は310万円~50万円に設定されています。学生や専業主婦の方は10万円程度が多いです。

キャシング枠との違い

クレジットカードにはショッピング枠のほかにキャッシング枠があります。

「キャシング枠」とはキャッシング=つまりお金を借りるための枠です。

「給料日前でお金が必要」「どうしても手元にお金がない…」そんなときにクレジットカードをATMに差し込めばお金が借りられるサービスです。

  • ショッピング枠…買い物をするための枠
  • キャッシング枠…お金を借りる(借金する)ための枠

キャッシング枠は利用限度額の中で自由に設置する

ショッピング枠とキャッシング枠は別々に存在していません。カードの利用限度額内でお互いに自由に設定します。

例えば、利用限度額が20万円のクレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠を考えます。

  • 利用限度額が20万円でキャッシング枠を0円に設定した場合、ショッピング枠は20万円
  • 利用限度額が20万円でキャッシング枠を10万円に設定した場合、ショッピング枠は10万円

このように利用限度額からキャッシング枠を引いた金額が、ショッピング枠で利用できる金額になります。

カードの利用限度額を上げる方法

クレジットカードの利用限度額は自分で設定ができません。

利用限度額は審査の際に利用者の「年収」「勤続年数」「クレジットカードの利用情報」「配偶者の有無」などを総合的に判断して、枠を決定します。

カード会社が枠を設定するため、利用者は設定されたカード利用限度額を超えてカード決済ができません。

しかし一生枠を超えて利用できないわけではありません。利用限度額を上げる方法を見てみましょう。

  • カード会社に増額申請をする
  • カードをゴールドカードなど、ランクが上のカードにレベルアップする
  • クレヒスを積んで地道に待つ

カード会社に増額申請をする

カード会社に電話連絡をすれば増額を認めてくれることもあります。

しかし、限度額はあくまでカード会社が設定するものです。増額するにしても再審査が行われます。

利用履歴に問題がると増額できないだけでなく、カード自体使えなくなる可能性もあるため気を付けましょう。

学生は増額に対応できないことも…

カードによっては学生のカード増額申請は受け付けてくれないところもあります。
多くの学生クレジットカードは利用限度額が10万円に設定されており、長期旅行があると限度額オーバーで使えないかもしれません。
その際は他のカードに申しむか現金で支払いましょう。

カードをアップグレードする

一般カードの利用限度額は平均10万円~50万円です。大きな出費でカードが切れない場合は、ゴールドカードへのアップグレードを検討してもいいでしょう。

ゴールドカードの利用限度額は利用実績によって違いますが、平均的には100万円~500万円です。

一般カードを数十万増額したぐらいで足りない場合は上位カードへのランクアップを検討してもいいでしょう。

地道にクレヒスを積む

地味な方法ではありますが、確実に限度額を上げる方法は「クレジットカードを地道に使い、信用を積み上げること」です。
初期のカード利用限度額はカード会社に審査に決定しますが、それ以降は利用者のカード利用状況で増額がされます。
増額された際は連絡も何もないため、少々分かりずらいですが…。いつの間にか限度額が増えているケースはよくあります。
毎月送られているカード利用明細、またはカードの会員サイトで限度額を確認してみましょう。

ショッピング枠利用時の支払い方法

クレジットカードで物を買ったとき…つまりショッピング枠を使った場合の支払い方法は自分で選べます。

しかし、支払方法によっては手数料がかかり、結果的に損をしてしまうので気を付けましょう。

支払い方法 手数料
一括払い 不要
2回払い 不要
分割払い かかる
リボ払い かかる
ボーナス一括払い 不要

3回以上の分割払いとリボ払いは手数料(金利)がかかってしまいます。

リボ払いは特に金利(手数料)がかかる

ショッピング枠を利用する際に極力避けて欲しいのが「リボ払い」です。

リボ払いとは利用金額に応じて毎月の支払金額が変わる支払い方法のため、一見すると「いくら使っても支払い金額が増えない!」と思ってしまいます。

しかしリボ払いには金利がかかるため、毎月リボ払いにしていると「いくら使っても支払いが終わらないリボ地獄」に陥ってしまいます。

極力リボ払いはしないようにしましょう。

リボ払いにするとキャンペーンを行っているカードも多いですが、ポイントにつられてリボ払いコースを設定しないようにしましょう。

キャッシング枠を利用すると支払いが2重になる

キャッシング枠を設定するとショッピング枠で使った金額と、キャッシング枠で使った金額の支払いがまとめて請求されます。

キャッシング枠を利用するともちろん借りたお金を返さなくてはいけません。

その月にショッピング枠で1万円、キャッシング枠で1万円を使った場合、支払い日には2万円+金利が発生するので注意してください。

ショッピング枠の現金化はペナルティを受ける

「カードではなく5万円必要だ…。ショッピング枠は残り5万円あるから現金化したいな…」そんなシチュエーションもあるかもしれません。

しかし各カード会社は、ショッピング枠の現金化を禁じています。広告や勧誘があっても誘いに乗らないようにしましょう。

カードの換金は絶対に行わないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました