専業主婦がクレジットカードの審査に通らない原因とは?配偶者の信用情報が審査通過のポイントです

専業主婦がクレジットカードの審査に通らない原因とは?配偶者の信用情報が審査通過のポイントです クレジットカード審査

主婦の方は会社勤めの方と比べると収入が安定してないため審査に通りにくいです。

しかし、毎日の食品の買い物やネットショッピングではクレジットカードが欠かせない場面が出てきます。ポイント還元率が高いカードを選べば家計の節約にもなるので、是非クレジットカードを持ちたいですよね。

ここでは主婦の方のために審査通過するポイントと審査基準を解説します。

主婦の方がクレジットカードの審査に通らない原因

主婦の方がクレジットカードの審査落ちする理由は大きく分けて2つです。

  • 自分や配偶者の信用情報に傷があった
  • 申し込み資格を満たしていなかった

まずはこの2つに自分が該当していないかチェックしましょう。その他にもカードの審査落ちに繋がる原因を詳しく解説していきます。

本人に収入がないと審査通過が難しいカードに申し込んだ

クレジットカードはそれぞれ狙っているターゲット層が違うので、主婦の方をターゲットにしていないカードに申し込んで審査落ちしてしまった可能があります。

申し込み資格の欄に「本人に安定した収入がある方」と記載しているカードに申し込んでいませんか?

専業主婦の方は本人に安定した収入がないので、配偶者の信用情報を元に審査が行われます。

楽天カードやイオンカードのように「18歳以上で安定した収入がある方」としか書いていないカードは、専業主婦も可能ですが、「本人に」と文言が入っているカードには注意しましょう。

短期間に複数のカードに申し込んだ

「主婦で審査が不安だから」「どのカードに申し込んでいいか分からないからとりあえず」

このように短期間で複数枚のクレジットカードに申し込むと、カード会社からお金に困っている人、キャンペーン目的で申し込んだ人と判断され審査落ちの可能性が高まります。

また収入のない主婦に複数のカードを発行すると貸し倒れのリスクがあると判断します。

キャッシング枠を申請してしまった

クレジットカードによってはキャッシング枠を設定するとポイントがもらえるカードもあります。

楽天カード キャッシング枠

ポイントにつられて、ついついキャッシング枠を申し込みませんでしたか?

キャッシング枠を申請すると、カードのショッピング枠の審査とは別に審査が行われます。2重に審査が行われるので、収入の安定していない主婦の方は審査落ちしやすいです。

使う予定がなくても、キャッシング枠を申し込む人=お金に困っている人という印象を持たれてしまいます。

記入ミスをしてしまった

意外と多いのが申し込み用紙の記入ミスです。インターネット申し込みでは記入漏れがないように機械がチェックしてくれますが、郵送で申し込んだ場合ミスに気づきにくいです。

申し込み用紙に記入ミスがあると、カード会社は正しい審査ができません。過去の申し込み者の状況と申し込みの状況に明らかな差異があると審査落ちしてしまいます。

申し込み者本人はだたのミスだったとしても、カード会社側は虚偽申請をしていると判断しまうためです。

配偶者の信用情報に問題があった

専業主婦の方は配偶者の信用情報を元に審査が行われます。アルバイトやパートをしていたとしても雇用が安定していないためです。

そのため、配偶者が過去にクレジットカードを延滞・遅延した、ブラックリストにのってしまっていた場合、審査落ちしてしまいます。

クレジットカードを申し込むと、個人信用情報機関に申しこみの記録やこれまでの支払い状況が記録されます。主婦の方は配偶者の収入でカードの支払いをしている状態なので、配偶者の過去の信用情報に問題がある方は審査に通過できません。

主婦の方が過去にクレジットカードで遅延・延滞をした

配偶者が

 

主婦の方のクレジットカードの審査基準

専業主婦でも配偶者に安定収入があれば審査通過できる

主婦といっても完全に収入がない「専業主婦」と「兼業主婦」の2つの場合が考えられます。

兼業主婦とはパートやアルバイトで収入を得ながら主婦をしている方の事です。クレジットカードの審査を受ける上で評価が高いのはどちらかと言うと収入がある兼業主婦でしょう。

兼業主婦で年間100万円程度の収入があれば、世帯年収を記入しなくても審査に通る可能性もあります。

しかし、専業主婦が審査通過できないかと言われればそういうわけでもありません。収入のない専業主婦の方であっても配偶者に安定した収入があれば、審査通過が可能です。

兼業主婦・パート収入は100万円が目安

厚生労働省がは発表した調査によれば、パートの方が年間で貰っている金額は約114万円です。パートをしている主婦の方は「収入の壁」があります。

具体的にいうと、年間100万円以上で住民税がかかり、年間103万円で所得税がかかってきます。また、年間141万円以上で配偶者の特別控除からはずされてしまう、など稼げば稼ぐほど税金がかかってくる問題があります。

そんな問題はあるものの、クレジットカード業界の中では主婦でパート=年収100万円程度の収入とみつもっています。

そのため勤続年収100万円以上、勤続年数1年以上というのが兼業主婦でパート・アルバイトをしている方の収入の目安です。

主婦の方がクレジットカードの審査を突破するコツ

カードの申し込み資格が細かくチェックする

カードを申し込む際の基本になりますが、カードの申し込み状況は細かくチェックしましょう。

自分や配偶者の過去や現在の支払い状況に何の問題がなくても、申し込み資格を満たしていなければアウトです。

申し込み資格に「本人に安定した収入があること」を書いてあるカードは避けましょう。

審査に有利なスコアを知る

クレジットカードの審査は記入項目を総合的に審査したスコアリングが行われます。

そのため、申し込み用紙はできるだけ項目を埋めるように心がけましょう。自分が重要視していない項目も審査でプラスになるかもしれません。

スコアリングでプラスになるポイントは以下の通りです。

  • 勤続年数を多めに設定する
  • 副収入があるなら申し込み欄は自営業でも可
  • 年収は10%ぐらいなら持っても許容
  • 固定電話があるなら番号を記入
  • 嘘は記入しない
勤続年数を多めに設定する

パートやアルバイトをしている場合、勤続年数は多い方が審査に有利になります。勤続年数が長い=収入が安定していると判断されるためです。

まだパートやアルバイトを始めて半年ちょっとしかたっていない場合もあると思いますが、1年と申告する分には許容範囲です。

しかし、働いていないのに勤続年数1年と記入するのは明らかな嘘になり、勤務先に在籍確認の連絡があったときにバレてしまうのでおすすめしません。

副収入があるなら申し込み欄は自営業でも可

クラウドワークス・フリマアプリ・株などの副業で十分な収入がある場合は、無職と記入せず自営業となのっても構いません。

一番やってはいけないのが「無職」と記入することです。結婚をしていなくて収入がない方(貯金で生活していない方)は無職になりますが、主婦は無職になりません。

無職と記入してしまうと審査通過率ががくっと落ちてしまうので、記入の際には「主婦・パート・アルバイト」または「自営業」と記入しましょう。

年収は10%ぐらいなら盛っても許容

明らかな年収を書いてしまうとさすがにアウトですが、10%程度なら許容範囲です。例えば年収が90万円の場合、100万円と記入してしまっても問題はありません。

ただし、アルバイト収入が120万円なのに250万円…など2倍以上の金額を記入してしまうと不審がられるので注意しましょう。

固定電話があるなら番号を記入

家に固定電話があるのなら、そちらの番号も記入しましょう。記入していないからマイナスになることはありませんが、記入してあるとプラスに働きます。

固定電話を引いていると「毎月の電話料金をきちんと支払えている人」「住所身元がはっきりしている人」と信用が高まります。

嘘は記入しない

スコアリングでプラスに働く方法を説明しましたが、明らかな嘘はやめましょう。

借入額や年収は個人信用情報機関や在籍確認があるとバレやすいことろでもあります。虚偽の申請をしたことが分かると、カードの審査に落ちるだけではなく、その同じカード会社での審査に一切通過できないこともあります。

社内ブラックになると今後のカード作りに影響するので、明らかな上乗せはやめましょうね。

キャッシング枠は0円に設定する

収入のない主婦の方はキャッシング枠は0円で申し込むするのが基本です。

キャッシング枠を申し込む=借金する恐れがある、とカード会社は判断します。流通系のカードには一部ショッピング枠とキャッシング枠が一体型になっていて、キャッシング枠を0円にできないカードもありますが、そうでない場合は申し込まないようにしましょう。

流通系・信販系のクレジットカードを選ぶ

流通系のカードとは、ショッピングモールや小売業者が発行元になっているクレジットカードです。代表的なカードにイオンカード・楽天カード・エムアイカードなどが上げられます。

イオンカードセレクト

 イオンカード
カード年会費 無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 0.5%
電子マネー
  • イオングループでときめきポイントがいつでも2倍!
  • WAONのオートチャージでも200円につき1ポイント貯まる
  • イオン銀行の普通預金金利が年に最大0.15%

イオンカードセレクトはイオンで買い物をする主婦の方に特におすすめです。流通系のカードであり、イオンは主婦をメインターゲットにしているカードなので主婦の方でも審査通過がしやすいです。

通常還元率は0.5%ですが、イオンでは常に2倍のときめきポイントが貯まります。イオン外でのポイント還元率は低いのでイオンを使わない方にはおすすめできませんが、近くにイオンがある方ならお得な特典を受けられますよ。

毎月20日30日に5%OFFになる他、イオンシネマ料金が安くなったり、電子マネーのチャージでもポイントが貯まるのが特徴です。

イオンカード会員限定のシークレットクーポンもあるので、イオン利用が多い主婦の方はチェックしてみてください。

楽天カード

楽天カード
カード年会費 永年無料
ETC年会費 540円
ETC発行手数料 無料
還元率 1.0%
電子マネー
申し込み資格 満18歳以上
  • 還元率が常に1.0%以上
  • 楽天市場でポイント還元率3.0%以上
  • カード年会費無料

楽天カードは自社に楽天トラベル・楽天ブックス・楽天市場などの市場があり、積極的に利用者を増やしたいと考えているため審査は甘めに設定されています。

アルバイトと収入だけで生活をしているアルバイトの方でも審査通過ができるので、主婦の方も審査通過も難しくないでしょう。

楽天カードは100円で1ポイント貯まる還元率1.0%の高還元率カードです。楽天市場では常にポイントが3倍になるので、楽天市場・楽天トラベルを利用する主婦に特におすすめです。

貯まったポイントはカードの支払いに充てられるので、ポイントの使い道に悩むこともありませんよ。

 

流通系のカードのメインターゲットは主婦の方です。メインの層にはカードをたくさん使ってくれるとカード会社は思っているため審査通過がしやすいです。

流通系のカードは、主婦に向けてスーパーでのお得な割引を行っているカードなので、サービス面でもお得ですよ。

再申し込みは6ヵ月間の期間を開ける

もし、カードの審査に落ちてしまったら再申し込みまでの期間は半年開けるようにしましょう。

カードを申し込みすると、個人信用情報機関に申し込み情報が登録されます。登録された情報は6ヵ月後に削除されます。

多重申し込みをすると審査落ちに繋がるため、再申し込みには半年間の期間を開けましょう。

審査が難しいならデビットカードや家族カードも視野に入れる

自分や配偶者の過去の信用情報に傷があってどうしてもクレジットカードを作れない主婦の方は、デビットカードや家族カードも検討してみましょう。

審査不要!デビットカード

デビットカードとは、支払いに使用した金額がその場で引き落とされるカードです。クレジットカードのようにあとから引き落としにならないので、信用が必要ありません。

審査不要で申し込めるので専業主婦の方でも持つことができます。

デビットカードの3つのデメリット

審査不要で持てるデビットカードですが、以下の3つのデメリットがあります。

  • 携帯電話・高速道路・ガソリンスタンドの支払いができない
  • 銀行に残高がないと支払いができない
  • クレヒスが積めない

携帯電話の料金やガソリンスタンドの料金は毎月の固定費である程度の出費があるので、カードで支払ってポイントを払えないのは大きなデメリットです。

また、デビットカードは審査が不要な代わりに個人信用情報機関にも登録されないので、クレヒスが積めません。

クレジットカードの審査を受ける際にクレヒスがないと不利になってしまいます。クレヒスを積みたい方はデビットカードではなく審査の甘いクレジットカードに申し込みましょう。

家族カード

配偶者がクレジットカードを持っているなら家族カードが審査不要で持つことができます。

家族カードは本会員(配偶者)の信用情報を元に審査されるので、主婦の方の収入や過去のクレヒスは問題になりません。

家族カードの引き落としは配偶者の本カードと一緒に行われるため、家計をまとめることもできますよ。

家族カードの2つのデメリット
  • 利用明細が配偶者に筒抜け
  • クレヒスを積めない

クレヒスが積めないのはデビットカードと同じデメリットですが、もう一つのデメリットは「利用明細が配偶者に共有されてしまうこと」です。

家族カードで使用した料金は本カードの会員と合わせて請求されます。利用明細を見れば、何にいつどのくらい使ったのかがまるわかりです。

趣味やランチにある程度自由にお金を使いたい…という主婦の方には家族カードは向かないでしょう。

専業主婦も審査のポイントを抑えてクレジットカードを持とう!

デビットカードや家族カードは審査が不要な反面、クレヒスが積めない・配偶者に利用明細がすべて共有されてしまうというデメリットがあります。

「自分の好きなときに自由に買い物を楽しみたい」「クレヒスを積みたい」そんな専業主婦の方はやはりクレジットカードを申し込んだ方がいいでしょう。

主婦の方は審査の通りやすい流通系・信販系のクレジットカードがおすすめです。審査のポイント抑えてクレジットカードを作りましょう!

タイトルとURLをコピーしました