浪人生はクレジットカード審査通過が難しい!浪人生でもクレジットカードを作る方法は?

浪人生はクレジットカード審査通過が難しい!浪人生でもクレジットカードを作る方法は? クレジットカード審査

 

浪人生です。

予備校に通っているのですが、クレジットカードは作れますか?

 

浪人生でもクレジットカードを申し込むことはできます。

しかし、まだ学生になっていない浪人生は一般カードに申し込まないといけません。審査は厳しめです。

 

浪人生であっても息抜きにお出かけしたり、まとまった出費があり現金を持ち歩きたくない…という方も多いでしょう。

浪人生は各クレジットカード会社の年齢の条件を満たしていれば、申し込み自体は可能です。

しかし、申し込むときの職業欄が「無職」扱いになってしまうため、審査に通るのは難しくなります。

ここでは浪人生がクレジットカードの審査が難しい理由と、浪人生でも作れるクレジットカードを紹介していきます。

浪人生は「フリーター」「無職」扱いになるので審査通過が難しい

クレジットカードを申し込むときには、申し込みの項目欄に職業区分を入力します。

大学生、専門学生なら職業区分は「学生」と入力できるのですが、浪人生は学生には該当しません。

浪人生は学生でなく、高校生でもないので、職業区分は「無職」と記入することになります。

クレジットカードを利用して利用代金を支払うには、毎月の安定した収入が必要になります。

無職だとクレジットカード会社は「クレジットカードの利用料金を支払えない」と判断するため、浪人生の審査通過は難しくなってしまうのです。

浪人生は学生専用クレジットカードを作れない

大学生には各クレジットカード会社から「学生専用クレジットカード」が発行されています。

学生は以下のような理由からカード会社に将来の優良顧客です。

  • 学生は最初に発行したクレジットカードを使い続ける傾向にある
  • 親の扶養に入っているため、最悪両親が利用料金を支払ってくれる
  • 大学に進学できる経済能力がある

将来の優良顧客の囲い込みのため、学生専用クレジットカードは年会費無料で通常のカードよりも特典内容が充実しています。

そんな学生専用カードを浪人生も作りたいところですが、浪人生は学生専用クレジットカードに申し込むことができません。

また、浪人生専用カードはどこのクレジットカード会社も発行していません。

浪人生は進学先も決まっておらず、高校生と生活状況も変わっていないため、クレジットカードの審査に通りにくいです。

予備校に通っていても学生扱いにはならない

河合塾に通っているから「学生」扱いになるのでは?

と思う浪人生の方もいるかと思いますが、河合塾のように学校法人が運営している予備校に通っていても学生とはみなされません。

クレジットカードが定める学生とは「大学生・大学院生・専門学校生・短期大学生」です。

三井住友カードの公式ホームページには、予備校生は申し込むことはできないと明記されています。

三井住友デビュープラスカード(学生)の申し込み対象

満18歳~25歳までの学生の方(高校生は除く)

※研究生・聴講生・科目履修生・語学学校生・予備学校生・認可校以外の専門学校生の方は、「学生の方」としてはお申し込みになれません。
※未成年の方は親権者の同意が必要です。
浪人生の方は、予備校に通っていても学生とは認められないので注意しましょう。

浪人生がクレジットカードの審査に通過する方法

浪人生の方は学生としてクレジットカードを申し込めず、また就職している会社員でもないので、「無職」または「フリーター」として申し込む必要があります。

無職は全く収入を得ていない状態なので、クレジットカードの審査に通ることはほぼ不可能です。

収入がないとクレジットカードの利用料金を支払えないとカード会社は判断します。

そうなると、浪人生の方は「フリーター」として申し込むしか審査通過の道はありません。

アルバイトで毎月安定した収入を得る

浪人生であってもアルバイトをして毎月安定した収入を得れば、カード会社から返済能力があると判断されます。

学生カードでなく、一般カードに申し込むので毎月の安定収入があることが審査通過の絶対条件です。

アルバイト代だけでクレジットカードを作れるの!?と思う方も多いと思いますが、正社員でないアルバイトでもカードを作ることは可能です。

しかし、「週に1回しか働いていない」「月の稼ぎが2~3万円程度」など、収入が少なければ「返済能力なし」と判断するため審査通過が厳しくなります。

アルバイトで十分な収入があると判断されるのは、年収200万円程度の場合です。

年収200万円は1か月16万円以上稼ぐという計算になります。

不可能ではないですが、勉強に本腰をいれている浪人生の方には少々難しい額かもしれませんね…。

虚偽申告は絶対に行わない

申し込みの職業欄を学生にすれば、各段に審査に通りやすくなります。

もう少しで大学生になるからいいのでは…?と思うかもしれませんが、学生証の提出を求められれば一発でバレてしまいます。

虚偽の申告をしていると「社内ブラック」になってしまいます。

社内ブラックの情報は各カード会社のデータベースに半永久的に保存されます。一度社内ブラックになってしまうと、その会社で今後クレジットカードを作ることができなくなってしまします。

故意ではなく、謝って学生と記入してしまった場合も虚偽申告と判断されます。

カード会社はわざと学生と書いたのか、間違っただけなのか見分けがつかないためです。

社内ブラックになったために、学生や社会人になってからも欲しいカードが手に入らない可能性があるので、間違っても学生と記入しないようにしましょう。

浪人生でも審査に通るクレジットカード

浪人生はアルバイト・フリーターとしてクレジットカードを申し込むことになります。

そのため、収入の基準が厳しいクレジットカードに申し込んでしまうと審査落ちしてしまいます。ここではアルバイト収入でもクレジットカードの審査に通る可能性のあるクレジットカードを紹介します。

楽天カード

楽天カード

楽天カード
カード年会費 永年無料
ETC年会費 540円
ETC発行手数料 無料
還元率 1.0%
電子マネー
申し込み資格 満18歳以上
  • 還元率が常に1.0%以上
  • 楽天市場でポイント還元率3.0%以上
  • カード年会費無料

楽天カードは3人に1人が楽天カードを持っていると言われるほど、発行枚数が多いクレイジットカードです。

楽天カードの申し込み資格は「18歳以上の方」という文言のみなので、未成年の浪人生の方でも申し込みができます。

収入に対しての条件もなく、アルバイト・パート専業主婦でも発行しやすいカードです。浪人生の方でも年間に200万円程度の収入があれば楽天カードの審査に通るでしょう。

楽天カードはポイント還元率がよく、特に楽天市場で還元率3.0%以上で買い物できるのが魅力です。

ネット通販で本を買いたい浪人生の方におすすめです。

アコムACマスターカード

アコムACマスターカード

アコムACマスターカード
カード年会費 永年無料
ETC年会費
ETC発行手数料
還元率
電子マネー
  • 消費者金融アコムの独自審査
  • オンライン申し込みで30分審査可能
  • 無人契約機「むじんくん」で最短1時間でカードを受けとれる

ACマスターカードは消費者金融アコムが発行するクレジットカードです。

消費者金融のクレジットカードのため、通常のカードの審査と審査基準が多少ことなります。通常は過去の信用情報と現在の支払い能力のどちらにも重きをおいて審査しますが、アコムACマスターカードは「過去の信用実績よりも現在の支払い能力」を重視しています。

そのため、過去にクレジットカードの使用経験がない浪人生の方でも発行することが可能です。

ただし、毎月の支払い能力があることが前提なので、アルバイト収入のない方は審査資格がありません。また、消費者金融のクレジットカードだけあって申し込み年齢が「20歳以上69才以下」になっています。

未成年の浪人生の方は申し込めないので注意してください。

ACマスターカードはリボ専用カード

アコムACマスターカードはリボ払い専用のカードになります。

そのためお店で一括払いと伝えても、支払方法が自動的にリボ払いになってしまい、リボ手数料を別に支払うことになります。

リボ払いを計画的に使わないと、手数料が膨れ上がり返済不能になってしまうので十分に気を付けましょう。

一括払いにする方法もあるのですが、自力で設定する必要があります。

浪人生はクレジットカード以外を検討するのも手

アルバイト収入があれば、浪人生でもクレジットカードを発行できます。

しかし、フリーターとしてクレジットカードの審査に通過するには年収200万円程度が必要になります。

勉強して大学合格を目指している浪人生にとって、アルバイトを週に何時間もするのは難しいのではないでしょうか。

勉強に集中するためにも、アルバイトなしで現金を持ちあるかない方法を検討してみることをおすすめしあす。

家族カードを発行する

両親がクレジットカードを持っているなら、そのカードを親カードとして家族カードを発行できます。

家族カードは、れっきとしたクレジットカードなので、カード1枚であらゆる決済ができますし、料金も後払いです。

家族カードの審査は親カード会員が対象になるため、家族カードを持つのが浪人生であっても問題ありません。

家族カードは使った金額が親にバレる

家族カードは親カードと紐ついており、支払いは本カードと一緒に行われます。

そのため、家族カードの請求がくるのも明細がくるのも両親のクレジットカードです。

明細をみれば自分が何にどれくらいカードを使っているのかばバレてしまいます。

「自分の使った金額がばれたくない…」と思う浪人生には家族カードは向きません。

デビットカードなら審査不要で親にバレる心配もなし!

「親に使った金額がバレたくない」「でも現金を持ち歩きたくない」

そんな浪人生にはデビットカードがおすすめです。デビットカードは使った金額が指定した銀行口座から引き落とされるカードです。

その場で利用代金が引き落とされるため、審査不要で申し込むことができます。

引き落とし先は自分の銀行口座なので、親に利用した金額がバレることもありません。16歳から申し込めるデビットカードもあるので、未成年の浪人生でも申し込めますよ。

大学に合格してからクレジットカードを申し込むのがおすすめ

浪人生はアルバイトをして毎月安定収入を得ればクレジットカードを作ることができます。

しかし、フリーターとして審査に通過するにはお小遣い程度の収入では足りません。収入を増やそうとすれば、勉強時間を削るしかなくなってくるでしょう。

クレジットカードの審査を通過するには月に16万円程度の収入が必要になります。月16万円アルバイトで稼ごうとするとフルタイムでアルバイトをしなくてはいけません。

フルタイムでアルバイトをすると、勉強する時間はなくなってしまいます。

大学に入るために浪人しているのに、アルバイトに明け暮れて受験に失敗してしまっては元も子もありません。

そう考えると、大学に合格するまでクレジットカードを我慢するか、デビットカードや家族カードが選択肢にあがるでしょう。

一般のカードより学生専用カードの方がサービスが充実しているので、大学生になるために今は勉強して、晴れて合格してから学生専用カードに申し込んだ方がメリットがあります。

どうしても現金を持ち歩きたくない方は審査不要で浪人生でも作れる家族カードやデビットカードを検討してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました