クレジットカードの審査に落ちたら…再申し込みにはどのくらい期間を開けるのが正解?

クレジットカードの審査に落ちたら…再申し込みにはどのくらい期間を開けるのが正解? クレジットカード

「クレジットカードの審査に一度落ちてしまったけど、カードの取得を諦められない!」

という方も多いと思います。

しかし、審査落ちしてしまってからすぐに再申し込みをしても、審査に通るわけではありません。

個人信用情報機関の記録機関を考えると、「少なくても半年」は期間を開けて申し込むべきです。

ただ、半年開けて申し込んだだけでは審査に通りません。

審査落ちには必ず理由があるので、その理由を改善して審査に臨む必要があります。

ここでは、一度審査に落ちてしまった方が、再申し込みで審査に通るためのポイントや審査落ち理由の改善方法について解説します。

クレジットカードの審査に落ちたら半年間の機会をあけよう

クレジットカードの審査に落ちても、すぐに再申し込みをすることは可能です。

しかし申し込むことはできても、また審査に落ちてしまう可能性が高いためおすすめできません。

なぜ前のカードの審査落ちが、他のカードの審査結果に影響を与えていまうのか?

その理由はカード会社が審査の際に、申し込み者の信用情報を元に審査を行うためです。

クレジットカードの審査は信用情報を元に行われる

クレジットカード会社は、申し込み者の個人信用情報機関に登録されている「信用情報」を元に審査を行います。

個人情報機関には、これまでの金融に関する取引が記録されています。

  • クレジットカードの申し込み時期・どのカードに申し込んだが
  • クレジットカードの支払い状況
  • カードローンの申し込み・支払い状況
  • 住宅ローン・ショッピングローンの有無

ショッピングローンには、携帯電話の本体料金の分割料金や美容・エステ代の分割払いも含まれます。

個人信用情報を見れば、カードの申し込み状況だけでなく「申し込んだカードの審査に通ったのか・落ちたのか」も1目で分かります。

カードの審査に通った場合、個人信用情報に「成約情報」が残りますが、審査落ちした場合は成約情報が記録されません。

そのためカード会社は、他社のカードであっても申し込んだカードが審査落ちしたことが分かります。

再申し込みのタイミングは審査落ちから6ヵ月間

クレジットカードに申し込むと、申し込み状況と審査落ちの記録が残ります。

審査落ちの記録があると、カード会社は「お金に困っている人なのか」「クレジットカードを持てれば何でもいいのか」と判断してしまうため、審査でマイナスになってしまいます。

ただし、いつまでも記録が残るわけではありません。

申し込み状況の保存期間は6ヵ月間のため、半年を過ぎると審査落ちの記録が消去されます。

審査落ちから6ヵ月後に再申し込みをすれば、カード会社に審査落ちしたことが知られないので、審査に通りやすくなります。

半年間で審査落ち理由を改善することが大切

クレジットカードの再申し込みは半年の期間をあることが必要ですが、期間を開ければだれでも審査に通るわけではありません。

前回カードが審査落ちしてしまったのには理由があります。

クレジットカードの審査に落ちる理由として考えられるのは、主に以下の5つです。

  • クレジットカードの支払い遅延・延滞を起こしていた
  • 他社からの借入が多かった
  • キャッシング枠を申し込んでいた
  • カードを複数枚申し込んだ
  • 年収基準がカード会社の基準を満たしていなかった

同じカードに申し込む場合、期間を半年間あけても審査落ちの理由が改善されなれば、審査通過は難しいでしょう。

クレジットカードの支払い遅延・延滞で審査落ちしてしまった方は、まず未払いをなくすように努めましょう。

他社からの借入がある場合も極力減らした方が、審査に通る確率が高くなります。

クレジットカードの審査落ちの原因と改善策について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

同じ会社のカードへの再申し込みは審査落ちしやすい

同じ会社のカードへの再申し込みは、半年期間を開けても審査落ちしやすいため、注意が必要です。

信用情報機関に残っている審査落ちの記録(成約していない記録)は半年たてば消えますが、カード会社のデーターベースには審査落ちの記録が半永久的に残っている可能性が高いためです。

そのため、半年間あけて審査にチャレンジする際は、同じ会社のカードではなく、別会社の異なるカードへ申し込むするのが安全です。

もちろん、再申し込みまでの間に年収が上がった・勤続年数が長くなった…など属性に良い変化があれば、審査通過の可能性はあります。

しかし、属性が改善されても過去に審査落ちしたネガティブ情報は残っています。

そのため、同じカードに申し込むよりも、異なるクレジットカードに申し込んだ方が審査通過率が上がります。

審査の甘めのカードへ申し込むのがおすすめ

一度カードの審査落ちしてしまったけど再申し込みをしたい方は、以前申し込んだカードより審査難易度が低いカードに申し込みましょう。

クレジットカードは発行元によって審査難易度が異なる傾向にあります。1番審査が難しいと言われているのは銀行が発行するクレジットカードです。

クレジットカードの種類 発行元 カード例 審査難易度
銀行系クレジットカード 銀行 三井住友VISAカード 難しめ
交通系クレジットカード 鉄道や航空会社などの交通機関 ANAカード・ビューカード 普通
信販系クレジットカード 信販会社 オリコカード・ライフカード 普通~易しい
流通系クレジットカード ショッピングモールやコンビニ・ネット イオンカード・エポスカード・楽天カード 易しい
消費者金融系クレジットカード 消費者金融 アコムACマスターカード 独自基準

そのため、再申し込みをする際には以前申し込んだカードのランクを1つ落とすと審査通過率が高まります。

例えば、銀行系クレジットカードの審査に落ちてしまったら、次は交通系や信販系のカード、流通系のカードに申し込むとよいでしょう。

楽天カード

楽天カード
カード年会費 永年無料
ETC年会費 540円
ETC発行手数料 無料
還元率 1.0%
電子マネー
申し込み資格 満18歳以上
  • 還元率が常に1.0%以上
  • 楽天市場でポイント還元率3.0%以上
  • カード年会費無料

楽天カードは、申し込み資格が「満18歳以上」と広く、アルバイト・パートなどで審査が不安な方でも審査に通過しやすいクレジットカードです。

年収に自信がない方が再申し込みするカードとしておすすめです。

楽天カードは通常還元率が1.0%で、楽天市場で常に3.0%になる高還元率カードのため、メインカードとしてもおすすめです。

アコムACマスターカード

アコムACマスターカード
カード年会費 永年無料
ETC年会費
ETC発行手数料
還元率
電子マネー
  • 消費者金融アコムの独自審査
  • オンライン申し込みで30分審査可能
  • 無人契約機「むじんくん」で最短1時間でカードを受けとれる

アコムACマスターカードは消費者金融アコムが発行しているクレジットカードです。

消費者金融の審査を採用しているため、信用情報よりも現在の返済能力に重点をおいた審査になっています。

そのため、過去にクレジットカードで遅延・延滞を起こした方でも、審査に通過する可能性があります。

オンライン申込によって最短当日にカードを受け取ることも可能です。

しかし、アコムACマスターカードはリボ払い専用カードため、支払いに対してリボ手数料がかかります。

リボ手数料が膨れ上がると返済不能になる可能性もあるので、注意しましょう。

自分の信用情報は開示請求できる

自分の信用情報に傷がついているのか確認したい方は、開示請求を行いましょう。

審査落ちの情報が消えたかどうかも確認することができます。

窓口・インターネット・郵送で請求可能です。開示方法について詳しくはこちらをご覧ください。

クレジットカードの再申し込みまとめ

クレジットカードの審査の審査に落ちてしまったら、信用情報への記録が残っている半年間は再申し込みは控えましょう。

半年間たてば信用情報に記録されている情報が消えるので、審査に対するマイナス要素が少なくなります。

しかしただ半年待てば審査に通過できるわけではありません。審査通過確率を上げるために、審査落ちの原因を改善して審査を受けるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました