クレジットカード審査難易度を10段階でランキング!年会費・難易度・特徴を徹底比較

クレジットカード審査難易度を10段階でランキング!年会費・難易度・特徴を徹底比較 クレジットカード審査

クレジットカードを申し込みに避けて通れないのがクレジットカードの審査です。

審査難易度はカードごとに違うので「自分が申し込めるランクを知りたい」「自分の興味があるカードはどのランクか」気になりますよね。

ここではクレジットカードの審査難易度を10段階に分けて一覧で紹介します。

自分が申し込みたいカードはどのランクにあるのか確認してみてください。

  1. クレジットカードの審査難易度はどうやって決まる?
    1. クレジットカードの発行元で審査難易度が異なる
    2. クレジットカードのランクが上がれば審査難易度があがる
    3. 申し込み可能年齢が上がるほど審査難易度があがる
    4. 年会費が上がるほど審査難易度があがる
  2. クレジットカードの審査難易度!ランクを10段階で紹介
    1. 審査難易度レベル1:過去に問題があった人でも審査通過の可能性があるカード
      1. ライフカードch(有料)…公式サイトで審査について言及している唯一のカード
      2. アコムACマスターカード…独自審査で現在の返済能力を審査
    2. 審査難易度レベル2:フリーターや年収に自信がない人向けのクレジットカード
      1. 流通系×年会費無料で審査が甘め
        1. 楽天カード…楽天サービスの拡大のため審査が甘い
        2. イオンカード…ターゲット層が主婦のため審査が甘め
        3. イオンカードセレクト
        4. エポスカード…若い年齢がターゲットで学生や20代の方も審査通過しやすい
      2. コンビニ系のクレジットカードも審査が甘め
        1. セブンカード・プラス
        2. ファミマTカード
      3. 学生向けのカード…学生は収入がなくても大丈夫
        1. 三井住友VISAデビュープラスカード
        2. JCB CARD EXTAGE
        3. JCB CARD W
        4. 学生専用ライフカード
    3. 審査難易度レベル3:カード難易度は高くないが無職の方は厳しい
      1. ネット系のクレジットカード
        1. オリコカード・ザ・ポイント
        2. ヤフーカード
      2. ショッピングモールのクレジットカード
        1. ルミネカード
      3. 即日発行が可能なカード
        1. セゾンパール・アメックス
    4. 審査難易度レベル4:年収100万円程度で発行可能なクレジットカード
        1. 三井住友VISAクラシックカード
        2. JCB一般カード
      1. 航空・電車など交通系のクレジットカード
        1. ANA To Me CARD PASMO JCB
        2. ビックカメラSuicaカード
    5. 審査難易度レベル5:格安ゴールド・ヤングゴールド
      1. 格安ゴールドカード
        1. 楽天ゴールドカード
        2. MUFGゴールドカード
        3. エポスゴールドカード
        4. Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD
      2. 若者向けのヤングゴールドカード
        1. JCB GOLD EXTAGE CARD
        2. 三井住友VISAプライムゴールド
    6. 審査難易度レベル6:年収300万円程度で審査通過が可能なカード
      1. アメックス系カード
        1. アメリカン・エキスプレスカード
        2. アメックス・スカイトラベラーカード
      2. 年会費1万円程度のゴールドカード
        1. dカードGOLD
        2. 楽天プレミアムカード
    7. 審査難易度レベル7:年収350万円以上+勤続年数3年以上で安定した収入がある
      1. 大手発行でステータスの高いゴールドカード
        1. 三井住友VISAゴールドカード
        2. JCBゴールドカード
      2. アメックス×航空会社のゴールドカード
        1. デルタ・スカイマイル・アメックスゴールド
        2. ANAワイドゴールド
        3. JALアメックスゴールド
        4. SPGアメックスカード
    8. 審査難易度レベル8:ゴールドカードの中でも審査が厳しめ+直接申し込み可能なプラチナカード
      1. アメックスブランドのゴールドカード
        1. アメックス・ゴールド
        2. ANAアメックスゴールド
        3. ダイナースクラブカード
      2. 年会費安め+直接申し込み可能なプラチナカード
        1. MUFGカード・プラチナ・アメックス
        2. セゾン・プラチナ・ビジネス・アメックス
    9. 審査難易度レベル9:ステータス性の高いプラチナカード
        1. JCBプラチナカード
        2. 三井住友VISAプラチナカード
        3. 楽天ブラックカード
    10. 審査難易度レベル10:直接申し込み不可のブラックカード
        1. JCBザ・クラス
        2. ラグジュアリーカードゴールド
        3. ダイナースクラブプレミアムカード
    11. 審査難易度レベル最高峰:最難関のアメックスセンチュリオン
  3. クレジットカードの審査で重視されるポイントは?
    1. 申し込み者の属性(職業・年齢・勤続年数・収入・配偶者の有無など)
    2. 申し込み者の信用情報
    3. ブラックリスト入りしていると審査に通らない
  4. 審査難易度を確認してカードを申し込もう

クレジットカードの審査難易度はどうやって決まる?

クレジットカードの発行元で審査難易度が異なる

クレジットカードにはどの系統の会社が発行しているかによって審査難易度が異なってきます。

カードを発行している会社の系統は主に5通りです。

カードの種類 発行している機関 主なクレジットカード 審査難易度
銀行系クレジットカード 銀行 三井住友VISAカード 高い
交通系クレジットカード 航空会社・JRなど ANAカード・ビューカード やや高め
信販系クレジットカード 信販会社(オリコ・ジャックスなど) オリコカード・REXカード 普通
流通系クレジットカード 小売業者・ネット流通系 イオンカード・楽天カード 易しい
消費者金融系クレジットカード 消費者金融 アコムACマスターカード 独自基準

一般的に銀行系のクレジットカードの審査は厳しく、流通系や消費者金融系のクレジットカードの審査難易度は高い傾向にあります。

流通系会社は「カードを発行して自社の商品を買って欲しい」と思っています。イオンカード所有者が毎月20日と30日に5%OFFになったり、ルミネカードで常に5%OFFで買えたりするのもこのためですね。

楽天カードやYahoo!JAPANカードなども流通系のカードに分類されます。審査が易しいカードを探している方は流通系のクレジットカードを探してみるといいでしょう

クレジットカードのランクが上がれば審査難易度があがる

クレジットカードがランクが分かれています。

上から順にブラックカード・プラチナカード・ゴールドカード・一般カードです。カードのランクが上がるにつれて利用限度額も高額になってきます。

例えば一般カードの利用限度額は10万円~80万円程度ですが、ゴールドカードの利用限度額は50万円~80万円です。

利用できるお金が多いということは、返済時もリスクも高まるということ。

カード会社としては貸し倒れのリスクをなくしたいので、カードのランクがあがり利用限度額が高いカードほど審査が厳しくなるのです。

申し込み可能年齢が上がるほど審査難易度があがる

一般的にクレジットカードの申し込める年齢が上がるほど審査難易度は高くなります。

三井住友VISAカードには大学生が申し込める「三井住友VISAデビュープラスカード」と「三井住友VISAゴールドカード」例にして考えます。

  • 大学生が申し込める三井住友VISAデビュープラスカードの申し込み資格は「20歳以上の方」
  • 三井住友VISAゴールドカードの申し込み資格は「満30歳以上で、本人に安定した収入がある方」

このように申し込み可能年齢が上がるほど審査難易度はあがります。

年会費が上がるほど審査難易度があがる

あくまで一種の傾向ですが、年会費が高いほど審査難易度が上がります。

年会費=審査難易度ではありませんが、年会費が高い→カードの特典が充実していてカードのランクが高い→審査難易度が高い

このような仕組みです。

クレジットカードの審査難易度!ランクを10段階で紹介

ここからはクレジットカードの審査難易度をランキングします。

あくまで当サイトが判断した難易度であり、実際の難易度とは異なる場合があるので注意してください。

審査難易度レベル カード名 カードの種類 年会費 カードの特徴

1

過去のクレヒスに問題ありでも審査通過の可能性あり

ライフカードch(有料)

学生専用ライフカード

信販系(特殊) 5400円

10800円

公式サイトで審査が不安な方でも大丈夫と名言しているカード
アコムACマスターカード

アコムACマスターカード

消費者金融系 無料 独自審査

最短30分カード発行

リボ専用カード

2…フリーター・年収に自信がない人向け 楽天カード

楽天カード

流通系 無料 日本で最も発行されている高還元カード
イオンカード

イオンカード

流通系 無料 主婦ターゲットで審査が甘め
イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

流通系 無料 キャッシュカードと一体型
エポスカード

エポスカード

流通系 無料 マルイで10%OFF

最短当日発行

セブンカード・プラス

セブンカード・プラス

流通系 無料 nanaco一体型でオートチャージ可能
ファミマTカード

ファミマTカード

流通系 無料 Tポイントが貯まる
 学生向け  三井住友VISAデビュープラス

三井住友VISAデビュープラスカード(学生)

 銀行系  無料  学生向けカード
JCB CARD EXTAGE

JCB CARD EXTAGE

 プロパー  無料  29歳以下限定カード
JCB CARD W

JCBCARDW

プロパー  無料  39歳以下限定JCB NO.1還元率カード
 学生専用ライフカード

学生専用ライフカード

 信販系  無料  18歳~25歳限定誕生日にポイント3倍
3

難易度は低めだが無職は厳しい

 オリコカード・ザ・ポイント

オリコカード

 信販系  無料  Amazonでお得な高還元率カード
 ヤフーカード

ヤフーカード

 流通系  無料  Yahoo!でお得

審査時間が短い

 ルミネカード

ルミネカード

 流通・交通系 初年度無料

次年度953円+税

 ルミネでいつでも5%OFF

Suica付き

 セゾンパールアメックス

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

 信販系  初年度無料

次年度1000円

 最短当日発行
 4

年収100万円程度で発行可能

 三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード

 銀行系  1620円  三井住友のベーシックな一枚
 JCB 一般カード

JCB一般カード

 プロパーカード  1350円  JCBオリジナルシリーズのベーシックな一枚
ANA To Me CARD PASMO JCB

ANA To ME CARD PASOMO JCB(ANAソラチカカード)

 交通系 2,000円 陸で最強にマイルが貯まるカード
 ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード

 交通系  実質無料  通常還元率1.0%+Suica一帯型カード

格安ゴールド

 

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード

流通系 2,000円 楽天市場で還元率5.0%
MUFGカードゴールド

MUFGカード ゴールド

銀行系 2,057円 18歳以上が申し込めるカード
エポスゴールドカード

エポスゴールドカード

流通系 条件付き無料 直接申し込み不可

空港ラウンジ利用可能

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

流通系 1,950円 電子マネーチャージでもポイントが貯まる
ヤングゴールドカード JCB GOLD EXTAGE CARD

JCB GOLD EXTAGE

プロパー 3,000円 入会から5年後にJCBゴールドカードに
三井住友VISAプライムゴールド

三井住友VISAプライムゴールドカード

銀行系 5,400円 30歳からは三井住友VISAプライムゴールド
 6

年収300万円程度で審査突破可能

アメリカン・エキスプレスカード

アメリカン・エキスプレス・カード

 プロパー 12,960円  外資系のため独自審査
アメックス・スカイトラベラーカード

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

 交通系 10,800円  ANAマイルが貯まる
dカードGOLD

dカード GOLD

 流通系 10,800円  通常還元率1.0%

ドコモ利用者ならさらにお得

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード

 流通系 10,800円  空港ラウンジ利用可能
 7

年収350万円以上+勤続年数3年以上

 三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード

 銀行系 10,800円  ステータス性の銀行系ゴールドカード
 JCBゴールドカード

JCBゴールド法人カード

 プロパー 10,800円  JCBオリジナルゴールドカード
デルタ・スカイマイル・アメックスゴールド

デルタ・スカイマイル ・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

 交通系 28,080円  スカイマイルが貯まるアメックスカード
 ANAワイドゴールドカード

ANA VISAワイドゴールドカード

 交通系 15,120円  ANAマイルが貯まるカード
JALアメックスゴールド

JALアメリカン・エキスプレス club-A-ゴールド

 交通系 20,250円  JALマイルが貯まるアメックスカード
SPGアメックスカード

スターウッド プリファード ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード

 プロパー 31,000円  持っているだけで高級ホテル上級会員資格
 8

年収400万円程度必要なゴールドカード+格安プラチナカード

アメックス・ゴールド

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

 プロパー 29,000円  特典・ステータスはプラチナカード並み
ANAアメックスゴールド

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

プロパー 31,000円  ANAマイルがかなり貯まる
ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード

 プロパー 22,000円  審査基準が下がってきている
MUFGカード・プラチナ・アメックス

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

銀行 20,000円  コスパ最強のプラチナカード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス

流通系 20,000円  個人でも申し込み可能

コスパプラチナカード

 9

ステータス性の高いプラチナカード

JCBプラチナカード

JCBプラチナ

 プロパー 25,000円  25歳以上直接申し込み可能
三井住友VISAプラチナカード

三井住友プラチナカード for Owners

 銀行系 50,000円  30歳以上申し込み可能
楽天ブラックカード  流通系 30,000円  ランクはプラチナカード並み
 10

直接申し込み不可のブラックカード

JCBザ・クラス

 プロパー 50,000円  JCB最高峰で審査厳しめ
ラグジュアリーカードゴールド

GOLD CARD(ラグジュアリーカード)

 銀行 155,000円  Master Cardランクのブラックカード
ダイナースクラブプレミアムカード

ダイナースクラブプレミアムカード

プロパー 130,000円 ダイナースのブラックカード

審査難易度低下気味

 最高峰  アメックス・センチュリオン

アメックス・センチュリオン

プロパー 350,000円 入手最難関ブラックカード

審査難易度レベル1:過去に問題があった人でも審査通過の可能性があるカード

ライフカードch(有料)…公式サイトで審査について言及している唯一のカード

ライフカードch(有料)

ライフカードch(有料)はライフカード公式サイトで「過去に支払い遅延などで審査が不安でももてるカード」と謳われている珍しいカードです。

年会費は5,400円(ゴールドカードなら10,800円)かかり、郵送で受け取る際に年会費を支払うことでカードをゲットできます。

ライフカードch(有料)は独自の審査基準を採用してり「過去に延滞がある方」「初めてクレジットカードを作る方」「審査が不安」な方でも大丈夫としているカードです。過去のクレヒスに問題があった人でも一人ずつ審査します。

通常のライフカードと全く同じ見た目のため、有料のライフカードだとバレる心配もありません。

アコムACマスターカード…独自審査で現在の返済能力を審査

アコムACマスターカード
アコムACマスターカードは消費者金融のアコムが発行するクレジットカードです。申し込み資格は「20歳以上で本人に安定した収入があること」です。

そのため無職の方や学生の方は発行できません。しかし、審査が比較的甘いと言われているのはアコムACマスターカードの審査基準が独自審査だという点です。

独自審査のクレジットカードは過去の支払い状況ではなく現在の返済能力を審査します。そのため過去の支払いに遅延や延滞があった方でも、現在安定した収入を得ており返済能力があると認められればカードの審査に通る可能性があります。

ただし、アコムACマスターカードはクレジットカードの支払いでポイントが付かないので注意しましょう。

その他「過去にブラックリストにのった経験がありカードの審査が心配…」そんな方は外資系クレジットカードや独自審査のクレジットカードがおすすめです。

審査難易度レベル2:フリーターや年収に自信がない人向けのクレジットカード

消費者金融系のクレジットカードの次に審査難易度が低いのは流通系のクレジットカードです。

流通系クレジットカードの中でも、特に年会費無料のものはカードの審査が易しめです。

フリーランスで活動している方、学生・主婦・パート・アルバイトの方でも審査に通りやすく、必要年収は100万円ほどです。また、結婚している場合は本人に安定収入がなくても配偶者に安定収入があればOKです。

流通系×年会費無料で審査が甘め

楽天カード…楽天サービスの拡大のため審査が甘い
楽天カード

楽天カードは現在日本で最も発行されており使われているカードではないでしょうか…。楽天カードの敷居が低く、カードが発行しやすい証拠ですね。

また楽天カードは楽天市場の他にも、楽天トラベル・楽天ブックス・楽天ブックス・楽天証券など様々な分野で自社のサービスを拡大しています。

楽天カード会社としても、多くの人にカードを発行してもらって楽天系サービスを浸透させるために審査難易度を下げています。

カードの審査が甘いだけでなく、通常還元率1.0%、楽天市場で還元率3.0%など機能面でもお得なカードです。

イオンカード…ターゲット層が主婦のため審査が甘め
イオンカード
イオンカードのメインターゲットは主婦です。特に専業主婦の方は働いていない方や、働いていてもパート・アルバイトで収入が少ない方も多いです。

そんな方でも審査に通るように審査難易度はあまり高くありません。

イオンカードセレクト
イオンカードセレクト
イオンカードセレクトはイオンカードとよく似たカードですが、イオン銀行のキャッシュカードと一体型になっている点が特徴です。
エポスカード…若い年齢がターゲットで学生や20代の方も審査通過しやすい
エポスカード
エポスカードはマルイが発行するクレジットカードです。マルイやモディで年に4回10%OFFで買い物できるだけでなく、カラオケ店で30%OFFなど様々な優待が付帯しています。
マイルは若者向けのショッピングモールのためエポスカードのターゲット層も比較的若い年齢です。そのため審査難易度は高くありません。

コンビニ系のクレジットカードも審査が甘め

流通系のクレジットカードにはコンビニのクレジットカードも含まれます。具体的には「セブンカード・プラス」や「ファミマTカード」「Ponta Premium Plus」などです。
セブンカード・プラス
セブンカード・プラス
セブンカード・プラスはnanaco一体型のクレジットカードで(nanaco別型も選べます)クレジットカードの中で唯一nanacoオートチャージができるカードです。
ファミマTカード
ファミマTカード
ファミマの商品が日替わりで割引になったり、ファミマで常に2倍、火曜日と土曜日は通常の5倍のポイント還元率を誇ります。
貯まるポイントはすべてTポイントなので管理もしやすいです。

学生向けのカード…学生は収入がなくても大丈夫

学生限定のクレジットカードを発行している会社もあります。学生のうちはアルバイトをしていても収入が少ないですよね。
でもクレジットカード会社も分かっています。むしろ収入が少ない学生でも将来的に優良顧客になる可能性があるので審査に優遇されやすいです。
三井住友VISAデビュープラスカード
三井住友VISAデビュープラスカード(学生)
三井住友VISAデビュープラスカードは三井住友が学生向けに発行しるカードです。大手の発行でありながら学生のうちはポイント還元率も高いです。
JCB CARD EXTAGE
JCB CARD EXTAGE
JCB CARD EXTAGEはJCBが発行している29歳以下限定のクレジットカードです。
通常のJCBカードのポイント還元率は0.5%ですが、JCB CARD EXTAGEは常に1.5倍の0.75%が貯まります。しかし、39歳以下限定のJCB CARD W(還元率1.0%)が登場してからは還元率で劣っているのでおすすめとはいえません。
JCB CARD W
JCBCARDW
JCB CARD Wは39歳以下の方なら誰でも申し込むことができるインターネット限定のクレジットカードです。
JCBで唯一完全に年会費が無料で、しかも通常還元率1.0%の高還元率カードです。楽天カードと違ってETC年会費も完全に無料です。
発行元がJCBのため楽天カードと比べると審査難易度は高めですが、学生の方であれば収入が0円でも審査通過が可能です。
学生専用ライフカード
学生専用ライフカード
学生専用ライフカードは18歳~25歳の方が申し込めるカードです。誕生月はポイント3倍卒業してからも年会費・ETC年会費が無料です。
学生専用にカードを発行してい点・卒業しても年会費が一切かからないことからも審査難易度は甘いと分かります。

審査難易度レベル3:カード難易度は高くないが無職の方は厳しい

インターネット系のクレジットカードや信販系のクレジットカードです。
流通系のクレジットカードが多いため、フリーターや主婦の方でも審査通過の可能性があります。難易度としては難しくないのですが、無職の方は審査落ちする可能性が高いです。

ネット系のクレジットカード

オリコカード・ザ・ポイント
オリコカード
オリコカードは流通系でなく信販系のクレジットカードです。カード会社自体が信用を取り扱う会社のためこれまでのカード履歴に問題がある方は審査落ちの可能性があります。
年収の審査は特に厳しくありませんが、これまでに支払いの遅延や延滞をしたことがある方は注意してください。
ヤフーカード
ヤフーカード
ヤフーカードは常に還元率が1.0%のカードで、Yahoo!での買い物がお得になるクレジットカードです。
SNS等の書き込みをみると「審査時間が短い」ことが特徴です。楽天カードに並んで審査の甘いカードと言えます。

ショッピングモールのクレジットカード

ルミネカード

ルミネカード

ルミネカードはルミネで常に5%OFFが実現できるカードです。ルミネカードのターゲット層は若い女性や主婦・学生のため、年収が多少すくなくても審査通過の可能性はあります。

しかし、ルミネカードはSuica一体型のクレジットカードです。交通系の審査は銀行系の次に厳しいため審査難易度は通常の流通系のカードに比べてやや高くなります。

即日発行が可能なカード

即日発行が可能なクレジットカードは、機械による簡単な審査を行っているため審査が甘めです。

セゾンパール・アメックス

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパールアメックスはセゾンカードとアメックスが提携したカードの中で最も年会費が安く、審査の敷居も低いカードです。
インターネットで申し込めば当日中にカードを手に入れられるので機械で審査を行っているのでしょう。簡単な審査のため審査難易度は高くありません。
なお、学生の方は25歳以下年会費無料で海外旅行保険が充実しているセゾンブルー・アメックスがおすすめです。
アメックスと聞くと審査基準が高そうに聞こえますが、審査を行うのはクレディセゾンです。

審査難易度レベル4:年収100万円程度で発行可能なクレジットカード

三井住友VISAクラシックカード
三井住友VISAクラシックカード
三井住友VISAクラシックカードは三井住友カードの中でもっとも年会費が安く、審査難易度が高くないカードです。
銀行系ゴールドカード「三井住友VISAゴールドカード」が欲しい方はまずここから申し込んでみるといいでしょう。
女性の方なら女性限定の三井住友VISAアミティエカードがおすすめです。
JCB一般カード
JCB一般カード
JCB一般カードはJCBオリジナルシリーズの中で最もポピュラーなカードです。審査の難易度としてはJCB CARD Wの次に易しいカードになります。
還元率ではJCB CARD Wに劣りますが、ゴールドカード、プラチナカードへのレベルアップができるのはJCB一般カードのみ。
特にJCBカードの審査ではこれまでの使用履歴や自社カードの利用歴が大きく関係してきます。

航空・電車など交通系のクレジットカード

航空・電車などの交通系のクレジットカードは銀行系カードについで審査難易度が高いです。しかし、ゴールドやプラチナカードでなく、一般のカードなら審査難易度はそこまで高くありません。

ANA To Me CARD PASMO JCB

ANA To ME CARD PASOMO JCB(ANAソラチカカード)

ANA To Me CARD PASMO JCBは陸でマイルを貯めるなら最強のカードです。東京メトロに乗車するたびにメトロポイントが貯まります。さらにPASMO定期券と一体型でオートチャージにも対応しているため、東京メトロを乗車する方なら申し込んでおきたいカードです。
PASMOと提携している交通系のクレジットカードですが、審査を行うのはJCBです。審査は厳しいというわけではありませんが、特別甘くもありません。
ただし、他にJCBブランドのカードを持っている場合は審査に通りやすくなります。
ビックカメラSuicaカード
ビックカメラSuicaカード
ビッグカメラSuicaカードはビッグカメラとビューカードが提携したカードです。
JRと提携したカードではありますが、ビックカメラの商品を買って欲しいという思いがあるため、審査難易度は低めです。

審査難易度レベル5:格安ゴールド・ヤングゴールド

一般カードの次に審査難易度が低いカードが、年会費格安でもてる格安ゴールドカードや、若者向けに発行しているヤングゴールドカードです。
安定収入が必要ですが、定職についており年収が200万円程度ある方なら審査通過が可能です。

格安ゴールドカード

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード

年会費無料の楽天カードの上位、楽天ゴールドカードは楽天市場での還元率が常に5.0%です。

年会費は2160円ですが、楽天サービスの利用が多い方なら楽天カードより楽天ゴールドカードの方がおすすめです。

本人に安定収入がない学生や主婦の方でも申し込み可能です。

MUFGゴールドカード

MUFGカード ゴールド

MUFGカードゴールドは申し込み資格が18歳以上のゴールドカードです。

通常ゴールドカードを申し込める年齢は20歳以上ですが、わざわざ下げていることを考えると収入が少ない若い方でも審査通過が可能です。

MUFGカードゴールドの国際ブランドがアメックスになった「MUFGアメックスゴールド」は海外旅行に行く方に特におすすめです。

エポスゴールドカード

エポスゴールドカード

エポスゴールドカードはエポスカードから申し込むと年会費になるカードです。

ゴールドカードのインビテーション基準は厳しくないため、短期間に20万円~50万円程度利用すれば招待状がもらえます。

半年たたないうちにゴールドカードの招待状が来た…という方も少なくないので、まずはエポスカードからクレヒスを積んでいきましょう。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

楽天カードと並んで高還元率系のゴールドカードである、オリコカード・ザ・ポイント・プレミアム・ゴールドです。

審査難易度は厳しくなく定職についていて年収200万円程度合えば審査通過が可能です。

若者向けのヤングゴールドカード

若者向けのゴールドカード(ヤングゴールドカード)は学生不可ですが、20代の方なら審査に通過しやすいです。

ヤングゴールドを持って何年か経つと自動的に通常のゴールドカードに切り替わるため、30代になるころにはステータス性のあるゴールドカードが欲しいと思っている20代の方におすすめです。

また、ヤングゴールドカードは格安の年会費ながら、通常のゴールドカードと遜色ない特典や還元率、あるいはそれ以上の特典が付帯しています。

JCB GOLD EXTAGE CARD

JCBゴールドカード

20代限定のカードです。還元率が通常のゴールドカードの1.5倍になっています。

年に関係なく、入会から5年後にJCBゴールドカードに自動切り替えになります。ただし、途中で解約する場合は解約料がかかるため注意しましょう。

三井住友VISAプライムゴールド
三井住友VISAプライムゴールドカード
三井住友VISAプライムゴールドカードは20代限定のゴールドカードです。30歳からは簡単な審査の上、自動的に三井住友VISAゴールドカードに切り替わります。
銀行系のクレジットカードは審査が厳しく通りずらいですが、プライムゴールドカードを持っていればかなり審査に有利です。

審査難易度レベル6:年収300万円程度で審査通過が可能なカード

ゴールドカードの中でも年会費1万円程度のものは、定職についており年収300万円以上ある方なら審査通過することができます。
ステータス性が高いアメックスの一般カード(アメックスグリーン)もランク的にはゴールドカードに分類されます。

アメックス系カード

アメリカン・エキスプレスカード

アメリカン・エキスプレス・カード

ステータス性の高いと言われているアメックスの一般カードです。お金持ちしか持てないイメージがありますが、必要な年収は300万円程度です。

また、アメックスは外資系のクレジットカードのため独自審査を行っています。そのため、過去のクレヒスではなく現在の支払い状況を重視しています。

コストパフォーマンスからするとアメックスゴールドの方がお得なため、将来的にはゴールドカードを視野にいれることをおすすめします。

アメックス・スカイトラベラーカード
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
ANAマイルが貯まるアメックスカードです。マイルが貯まるだけでなく、旅行関係の特典も充実しています。
審査難易度はアメックスと同じくらいの難易度です。

年会費1万円程度のゴールドカード

dカードGOLD

dカード GOLD

dカードGOLDは通常還元率1.0%のカードで、ドコモ利用者なら携帯料金や修理代がかなりお得になるカードです。

満20歳以上で安定した収入があることが申し込み条件です。学生の方は申し込めないですが、定職ついていて働いている方なら審査通過の可能性はあります。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードは楽天ゴールドカードと楽天ブラックカードの間に位置するカードです。

プラチナカードほどのステータスではないので、楽天ゴールドカードではなく実質楽天プレミアムカードがゴールドカードのランクと言えます。

審査には年収に加えて「楽天カード利用歴」も重視されます。

審査難易度レベル7:年収350万円以上+勤続年数3年以上で安定した収入がある

ステータス性の高い銀行系のクレジットカードや、交通系のゴールドカードの審査突破には年収350万円程度が必要です。
三井住友VISAゴールドカードのように申し込み資格が30歳以上のカードもあるため、申し込む前に確認しておきましょう。

大手発行でステータスの高いゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカードは銀行系のゴールドカードであり、老舗で伝統あるゴールドカードのため、審査難易度は高めです。

申し込み資格は30歳以上で本人に安定した収入があること。

JCBゴールドカード

JCBゴールドカード

カード会社の大手JCBが発行するゴールドカードです。審査難易度はやや厳しめですが、これまでの信用情報に問題がなければ大丈夫です。

特にJCBは自社のカードの信用履歴がある人を優遇します。審査が不安な方はJCB一般カードやJCB CARD GOLD EXTAGEからクレヒスを積みましょう。

アメックス×航空会社のゴールドカード

アメックスと提携している航空会社のクレジットカードはステータス性も高く、持っているだけでホテルや航空会社の上級資格を得ることができます。

その反面人気も高く、審査難易度もたた厳しめです。

デルタ・スカイマイル・アメックスゴールド

デルタ・スカイマイル ・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

デルタ・スカイマイル・アメックスゴールドは外資系のマイル、デルタ航空のスカイマイルが貯まるクレジットカードです。

アメックスプロパーのゴールドカード、アメックスゴールドよりは審査難易度は低いですが、アメックスグリーンよりは審査難易度が高いです。

ANAワイドゴールド

ANAマイルが貯まるゴールドカードです。交通系のゴールドカードのため、審査難易度は少し高めですが申し込み資格は20歳以上とそこまで高くありません。

少し年会費を払ってでもANAマイルを貯めたい方におすすめです。

JALアメックスゴールド

JALアメリカン・エキスプレス club-A-ゴールド

JALマイルが貯まるアメックスのカードです。提携先はアメックスですが、審査自体はJALが行います。

アメックスの他、JALマイルが貯まりやすい「JALカード CLUB-Aゴールドカード」もおすすめです。

SPGアメックスカード
スターウッド プリファード ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード
SPGアメックスは高級ホテルとアメックスが提携したカードです。
年会費は3万円程度少し高めな点と、持っているだけで高級ホテルの上級資格をゲットできるため、審査難易度は高めです。

審査難易度レベル8:ゴールドカードの中でも審査が厳しめ+直接申し込み可能なプラチナカード

アメックスブランドのゴールドカード

アメックス・ゴールド

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレスゴールドカードはアメックスが直接発行するプロパーのゴールドカードです。

ステータス性が高いため誰でも…とくわけにはいきませんが、外資系のクレジットカードのため過去の返済履歴より現在の支払い状況を重視します。

年会費は3万円ですが、特典内容はプラチナカード並みです。

ANAアメックスゴールド

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ANAアメックスゴールドカードは、アメックスよりもさらにANAマイルが貯まりやすいカードです。

審査するのはANAではなくアメックス社になります。

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードはアメックスに次いでステータス性の高いカードのイメージがあると思います。しかし、最近は審査基準が見直されており、富裕層でなくても審査に通過できます。

年会費安め+直接申し込み可能なプラチナカード

現在では直接申し込み可能なプラチナカードも増えてきました。その中でも年会費が安めで直接申し込みが可能なプラチナカードは比較的審査難易度が低めです。
MUFGカード・プラチナ・アメックス
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカード・プラチナ・アメックスは年会費2万円で持てるプラチナカードです。
年会費2万円ながらプライオリティパスが発行・海外旅行保険が最高5000万円自動付帯します。コストパフォーマンスを重視する方におすすめです。
セゾン・プラチナ・ビジネス・アメックス

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス

ビジネスアメックスという名称ですが、個人でも直接申し込み可能なプラチナカードです。こちらもMUFGプラチナアメックスと同様コスパがいいプラチナカードです。

審査難易度レベル9:ステータス性の高いプラチナカード

JCBや三井住友など、ステータス性の高いブランドプラチナカードは審査難易度が高めです。

直接申し込みができるカードではありますが、ある程度の属性や年収がなければ審査通過は難しいです。

JCBプラチナカード

JCBプラチナ

JCBが発行するプラチナカードです。直接申し込みは可能ですが、審査突破に必要な年収は600万円~700万円程度です。

申し込み資格は25歳以上で本人に安定収入があることです。JCBザ・クラスを目指したい方、コストパフォーマンスとステータス際がどちらも欲しい方におすすめです。

三井住友VISAプラチナカード

三井住友プラチナカード for Owners

三井住友VISAカードにはブラックカードが存在しないため、三井住友VISAプラチナカードは三井住友ブランドの最高峰と言えます。

三井住友VISAプラチナカードの申し込み資格は「満30歳以上で本人に安定した継続した収入がある方」です。

手に入れるためには三井住友VISAプラチナカードをいきなり申し込むか、あるいは三井住友VISAゴールドカードを使ってインビテーションを目指すかです。必要年収は700万円~800万円ほどになります。

楽天ブラックカード
ブラックカードという名前ですが、位置づけはプラチナカードのランクになります。
楽天ブラックカードを手に入れるには、楽天プレミアムカードを保有し楽天カードを利用することです。
さらをに支払った額はもちろんの事、楽天サービスをどのくらい利用しているか(楽天市場・楽天トラべルなど)もインビテーションの判断材料です。

審査難易度レベル10:直接申し込み不可のブラックカード

JCBザ・クラス

JCBザ・クラスはJCBの最高峰のカードです。ブラックカードにしては年会費が安いですが、審査難易度はかなり高く、年収1000万円以上、JCB歴は3年以上が目安になっています。

コンシェルジュの評判がいいです。

ラグジュアリーカードゴールド

GOLD CARD(ラグジュアリーカード)

あまり聞き馴染みのない方もいる方もしれませんが、海外でのステータスはアメックスと並ぶか、あるいはそれ以上です。

ゴールドカードという名前ですが、カードの内容はブラックカードです。ダイニングまでのリムジン送迎つき、コンシェルジュにメールで依頼できる点がメリットです。年会費は20万円です。

ラグユリーカードは全部で3つのランクがありますが、すべてのカードにMastercardの最高ランクである「Mastercardワールド・エリート」の資格が付きます。

ダイナースクラブプレミアムカード

ダイナースクラブプレミアムカード

ダイナースカードのブラックカード、「ダイナースクラブプレミアムカード」はアメックス・センチュリオンの次にステータスが高いカードです。

かつては医者か弁護士・経営者しか持てない…と思われがちでしたが、今では審査難易度は下がってきています。ただし下がってきていると言っても審査突破には年収1000万円ほどが欲しいところです。

審査難易度レベル最高峰:最難関のアメックスセンチュリオン

アメックス・センチュリオン

アメックスセンチュリオンカードはすべてのクレジットカードの中で最も年会費が高く、入手が難しいです。

年会費なんと35万円、入会金50万円と合わせると初年度にかかる費用は85万円…手に入れる方法はアメックスプラチナカードからのインビテーションのみ。

手に入れるには少なくともプラチナカードを5年以上保有し、5000万円~2億円ほど決済するとインビテーションが届くと言われていますが、もっと必要なケースもあります。

選ばれた方のみが持てる最高峰のカードです。

クレジットカードの審査で重視されるポイントは?

申し込み者の属性(職業・年齢・勤続年数・収入・配偶者の有無など)

申し込み者の職業・年齢・収入はダイレクトに審査に関わってきます。職業によって審査に優遇されやすい職とそうでない職に分かれます。
公務員や医師・弁護士などの職業は社会的信用も年収も高いため、審査に優遇されやすいですが、反対に無職の方は収入がないため、カードの審査に落ちやすくなってしまいます。
職業 信用度と審査難易度
公務員・医師・弁護士・税理士 高い・審査に優遇される
会社員・教員 高い・支払い能力があれば審査通過
学生・専業主婦 配偶者・親に安定収入があれば審査通過
個人事業主・契約社員・派遣社員・フリーター やや低い・難易度が低いカードなら審査通過可能
無職 低い・無収入で審査通過は難しい
学生や専業主婦の方は本人に安定した収入がなくても、親や配偶者に安定収入があれば審査通過が可能です。
しかし、ゴールドカードなど「申し込み資格に本人に安定した収入があること」と記載のカードは、申し込み資格を満たしていないため審査通過が難しいです。

申し込み者の信用情報

カード会社が属性と同じくらい重要視している項目が「申し込み者の信用情報です」

クレジットカードは支払ったお金をカード会社が一時的に立て替え、後日利用者が支払うことで成り立っています。

そのため利用者が使用した代金を返済できないリスクはカード会社からしたら避けたいです。リスクを避けるためにカードの審査に通す前に利用者が「信用に値する人物かどうか」「お金を貸すに値する人物かどうか」を審査します。

信用情報の確認で使われる資料は「個人信用情報機関」です。個人信用情報機関にはこれまでのカードの利用履歴だけでなく、以下の物も記録されています。

  • カードの申し込み状況(これまでどんなカードにいつ申し込んだか?)
  • カードの利用した額は期日に支払われているか
  • 消費者金融やクレジットカードのキャッシングをしてお金を借りていないか
  • 住宅ローン・車のローンは期日に支払われているか

カード会社が最も恐れるのはカード代金の「貸し倒れ」です。カードを発行して毎月利用額を返済できるかを重視して審査を行います。

ブラックリスト入りしていると審査に通らない

クレジットカードの支払いを3ヵ月以上延滞したり、自己破産していまうと個人信用情報にブラックの情報が載ります。
実際にブラックリストがあるわけではないのですが、一度金融事故を起こすと情報が5年~10年残り、この期間はカードの発行ができなくなります。
ブラック入りしているとかなりの確率で審査に通りません。ブラックの情報が消えるまで待つか、デビットカードやプリペイドカードなど審査のないカードに申し込みましょう。

審査難易度を確認してカードを申し込もう

クレジットカードの審査難易度を一覧でご紹介しました。
自分の申し込みたいクレジットカードはあったでしょうか?
カードを申し込むには審査は避けて通れません。審査難易度と申し込み資格をよく確認してクレジットカードを申し込みましょう。
タイトルとURLをコピーしました