高校生でも作れるクレジットカードはイオンカードのみ!クレジットカードの代わりになるデビットカードとは?

高校生でも作れるクレジットカードはイオンカードのみ!クレジットカードの代わりになるデビットカードとは? クレジットカード審査

原則、高校生の方はクレジットカードを持つことができません。

多くのクレジットカード会社が、申し込み資格を18歳以上(ただし高校生除く)としているためです。

しかし、イオンカードは条件付きで高校生のクレジットカード申し込みができます。条件付きなのですべての高校生がクレジットカードを持てるわけではありません。

クレジットカードを持ちたい高校生の方がクレジットカードを発行する方法と、クレジットカードが持てない高校生でも作れるデビットカードを紹介していきます。

現金を持ち歩きたくない高校生の方は是非参考にしてみてください。

【原則】高校性はクレジットカードを申し込めない

原則、高校生はクレジットカードの申し込みができません。

多くのクレジットカード会社がカードの申し込み資格を「高校生不可」としているからです。

三井住友VISAデビュープラスカードの申し込み資格

満18歳~25歳までの学生の方(高校生は除く)

ー三井住友公式サイトより引用

楽天カード・JCBカード・三井住友カードなど、申し込み資格が18歳以上になっていても高校生は申し込み対象外になっています。

法律で高校生がクレジットカードを作ることが禁止されているわけではありません。

あくまでクレジットカード会社が「高校生には支払い能力がないので申し込み不可」としているだけです。

クレジットカードは利用した代金を後払いする仕組みです。カード会社は「後からきちんと支払いますよ~」という信用がないと、お金を立て替えるのは不安なのです。

アルバイトをしていて収入がある高校の方もいるかもしれませんが、アルバイト収入だけでは十分な収入とはいえません。

高校生の方は収入面で不安があるため、クレジットカード申し込みができないのです。

【例外】高校生でのクレジットカードを持つ2つの手段

基本的に高校生の方はクレジットカードをもつことができませんが、例外として以下の場合にクレジットカードを発行することができます。

  • 留学のときに家族カードを発行する
  • 卒業年度の1月からイオンカードを申し込む

この2つの方法なら、高校生でもクレジットカードを持つことができます。

留学のときに家族カードを発行する

クレジットカードには「家族カード」というものが存在します。

親がクレジットカードを持っているなら、契約者である親の家族として家族カードを発行できるものです。

家族カードは本来なら高校生の方は発行ができません。

家族カードのお申込み資格

生計を共にする配偶者、満18歳以上のお子さま(高校生を除く)、ご両親

ー引用:三井住友公式ホームページより

しかし、留学するときのみ家族カードが発行できるようになります。

満18歳以上の子どもでも高校生は家族カードを申し込めないとしている三井住友カードも、海外留学をする高校生であれば、家族カードの申し込みができます。

Q海外留学する高校生の子供に家族カードを作ることはできますか?

家族カードのお申し込みは原則、高校生を除く満18歳以上のお子さまとなりますが、海外留学など海外でカードをご利用の場合は、中学生を除く満15歳~18歳のお子さまの家族カードをお申し込みいただけます。

※中学生を除く満15歳~18歳のお子さまの場合も国内でのみカードをご利用の場合はお申し込みの受付はしておりません。

ー引用:三井住友カード公式HPより

海外留学をする高校生の方なら、満15歳から申し込みができます。

もちろん帰国したあとは家族カードを使えなくなってしまいますが、「海外で現金を持ち歩くのが怖い…」というときに活躍します。

海外では現金を持ち歩くのは、盗難にあう可能性があり、リスクが多いのでカード会社も配慮してくれているんですね。

高校生でも海外留学のためなら家族カードの発行を許可しているカード会社は以下の通りです。

  • 三井住友カード
  • MUFGカード
  • JCBカード

現時点で公式サイトで「高校生でも留学目的なら家族カードOK」としているクレジットカード会社です。

留学予定のある高校生の方で、親が「三井住友カード」「MUFGカード」「JCBカード」のどれかを持っているなら、家族カードを発行できますよ。

卒業年度の1月からイオンカードを申し込む

イオンカードなら、留学予定がない高校生の方でも申し込みが可能になりました。

ご入会にあたって

18歳以上で電話連絡可能な方なら、お申込みいただけます(高校生は除きますが、卒業年度の1月1日以降であればお申込みいただけます)

ー引用:イオンカード公式サイト

しかし、高校生ならだれでもカードが作れるわけではありません。

  • 卒業年の1月1日以降
  • 18歳以上
  • 「内定先」「進学先」が決まっていること

卒業が決まっている18歳以上の方は、進路が決まっている必要があります(=浪人生は申し込み不可)

また、未成年の方はイオンカードを作る際に親権者の同意が必要になります。

条件をクリアすれば、条件が制限されることなくイオンカードを利用できます。(支払い能力の観点から限度額は低く設定されますが)

高校生の方がイオンカードを作るなら、イオンカード(ミニオンズデザイン)がおすすめです。

イオンカード(ミニオンズデザイン)

イオンカード(ミニオンズ)
カード年会費 無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 0.5%
電子マネー
  • イオンシネマの料金がいつでも1000円!
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでときめきポイントが10倍
  • 貯まったときめきポイントはミニオンズオリジナル商品に交換

ミニオンズデザインのカードは、イオンシネマの料金がいつでも1000円ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでときめきポイントが10倍など高校生に嬉しい特典が付帯しています。

また、通常のイオンカードの特典である「イオンでときめきポイント2倍」「毎月20日・30日のお客様感謝デーで5%OFF」の特典もしっかり付帯しています。

大学生になっても近くにイオンがあれば活躍するクレジットカードです。

高校生が使えるクレジットカードの代わりになるカードは?

「留学予定もないし、卒業年でもない…だけどクレジットカードが欲しい」と思う高校生の方も多いでしょう。

現時点で海外留学のために家族カードを持つ、卒業予定年にイオンカードに申し込む以外に高校生がクレジットカードを持つ方法はありません。

しかし、クレジットカードの代わりになるカードはあります。以下の3つの方法なら現金を使うことなく支払えます。

  • デビットカード
  • プリペイドカード
  • バンドルカード

デビットカード

デビットカードは、利用した代金がその場で銀行口座から引き落とされるカードです。

クレジットカードと似ていますが、クレジットカードが後払い式なのに対して、デビットカードはその場引き落としなので、銀行口座に入っている金額しか利用できません。

自分の所持金以上のお金を使えないので、使い過ぎる心配もありません。

デビットカードは国際ブランド(JCB・VISA・MasterCard)のマークのあるお店ならどこでも使えます。インターネットショッピングの支払いにも使えますよ。

楽天銀行デビットカードはポイントも貯まってお得

楽天銀行デビットカードは高還元率でお得なデビットカードです。100円の利用で1ポイントが貯まります。

楽天銀行ベーシックデビットカード

通常のデビットカードはクレジットカードに比べて還元率が低いのがデメリットですが、楽天銀行デビットカードは楽天カードと同じ還元率で利用ができます。

16歳から申し込み可能で高校生でも発行できます。年会費は永年無料です。

ポイント交換が面倒くさいなら三菱UFJデビット

「ポイント制度が難しい」「ポイントが貯まっても何に使えばいいか分からない」

そんな高校生の方には、三菱UFJデビットカードがおすすめです。高校生であれば15歳から申し込みが可能です。

三菱UFJデビットは年間利用額によって0.2%~0.5%の自動キャッシュバックが受けられます。

デビットカードで支払うだけで、使ったお金が自動キャッシュバックされるので便利です。貯まったポイントを失効することもありません。

しかし、24歳からは年間に10万円以上利用しなければ年会費がかかってしまうので注意しましょう。

プリペイドカード

プリペイドカードはあらかじめ自分がチャージした金額から利用した金額が支払われるカードです。

Suica・PASMO・nanacoやスターバックスカード・図書カードなどもプリペイドカードになります。

自分で事前にチャージ(入金)する必要があり、デビットカードより手間はかかってしまうかもしれません。

しかし、プリペイドカードにチャージしてある額しか利用できないので、使いすぎる心配がありません。

マルイが発行しているエポスVisaプリペイドカードはかわいいデザインのものもたくさんあるのでおすすめです。70以上のデザインから好きなものを選べますよ。

エポスプリペイドカード

 

エポスVISAプリペイドカード

バンドルカード

ネットショッピングして銀行振込やコンビニ払いが面倒…という方はバンドルカードをおすすめします。

バンドルカードは実店舗で使えるリアルカードと、ネット専用のバーチャルカードがあります。事前入金が必要なカードでプリペイドカードと似ていますが、異なるのはカードなくスマートフォンでも決済できる点。

バーチャルカードはカード自体が必要なく、決済ができます。バンドルカードへは以下の方法からチャージ可能です。

  • コンビニ
  • クレジットカード
  • ケータイ払い
  • ビットコイン
  • ネット銀行
  • 銀行ATM
  • ギフトコード

高校生に一番おすすめな支払いカードは「デビットカード」

クレジットカードが作れない高校生におすすめの支払い手段として、3つの方法を紹介しました。

  • デビットカード
  • プリペイドカード
  • バンドルカード

どれがいいか迷ったらデビットカードをおすすめします。

実はプリペイドカード、チャージ(入金)するたびにチャージ手数料がかかってしまうものもあります。

チャージするだけなのにいちいち手数料を取られるのはバカバカしいですよね。

残高がなくなるたびにチャージする手間もかかります。

そのため、高校生の方にはチャージ不要で手数料もかからないデビットカードをおすすめします。

もちろん、使い過ぎが心配な方や、チャージ手数料がかからないプリペイドカードであればそちらでも問題ありませんが、「できるだけ手間をかけたくない」のであればデビットカード一択です。

今は高校生でも将来的にはクレジットカードを持とう

高校生の方に向けてクレジットカード以外の支払い手段を解説していきました。

残念ながら高校生の方は原則クレジットカードを持てません。しかし、卒業して大学生(もしくは就職)すれば未成年でもクレジットカードを作れるようになります。

デビットカードやプリペイドカードを使えばたしかに現金を使わずに決済ができます。

しかし、防犯の面からいうと不安が残ります。盗難や紛失によってデビットカード・プリペイドカードが不正に使われる可能性があるからです。

半面、クレジットカードは決済時に暗証番号やサインが必要だったり、不正利用された際の全額補償がついているので安心です。

今は高校生でクレジットカードを作れなくても、卒業したら是非クレジットカードに申し込んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました