結婚して名字変更したらブラック情報はリセットされる?結婚後の審査の影響とは

結婚して名字変更したらブラック情報はリセットされる?結婚後の審査の影響とは クレジットカード審査

クレジットカードの支払いを延滞・遅延したり、自己破産・任意整理などの債務処理を行うと、個人信用情報機関にブラック情報として一定期間登録されます。

これを「ブラックリスト入り」といいますが、結婚して名字が変わったあともブラック情報は消えません。

ここでは結婚(または離婚)によって姓が変わると審査にどう影響するのかについて解説していきます。

結婚・離婚で名字が変わっても信用情報は引き継がれる

結婚・離婚によって名字が変わっても個人信用情報は引き継がれるため、ブラック情報は消えません。

個人信用情報機関では姓名だけでなく、生年月日や電話番号・運転免許証の番号まで細かく記録されています。

信用情報機関によっては氏名を姓・名に分けて本人を特定するので、名字が変わってもブラック情報から免がれることはできません。

以前は情報網が発達してしなかったため、旧姓がだれなのか調べることはできませんでしたが、情報脳が発達し、追跡ができるようになっているので特定されてしまいます。

改正しても旧姓がばれる理由

クレジットカード会社も悪質な申し込みを防ぐために、あらゆる手を使って旧姓を調べています。

  • 氏名・生年月日
  • 公的書類
  • 申し込み時に旧姓を記入する欄がある

氏名・生年月日

結婚しても下の名前や生年月日はそうそう変わりません。カード会社は旧姓で調べたあとに、下の名前と生年月日で検索をかけます。

そこから、住所・電話番号・勤務先で絞り込んでいき、旧姓にたどり着きます。

公的書類

クレジットカードの審査を受けるときに運転免許証や健康保険証などの本人確認書類を提出しますよね。

運転免許証・健康保険証には記号が記されており、結婚して名字が変わったときも変わりません。

そのため、免許証の番号が一致している情報を調べれば、旧姓にたどり着くことができるのです。

運転免許証でなく、健康保険証を提示した場合も同様です。健康保険証には保険証番号と記号番号が記載されているので、一致すれば旧姓にたどり着けます。

申し込み時に旧姓を記入する欄がある

カード会社や消費者金融によっては、カード申し込みの際に旧姓を記入する欄を設けるなどの対策をしています。

個人信用情報機関に情報がない場合は、審査の際に電話で名字が変わったか確認するケースもあるようです。

過去に反社会勢力が悪用したことがあった

カード会社はここまで旧姓を調べるのには理由があります。実は過去に反社会勢力が養子縁組を繰り返してクレジットカードを悪用する事例があったからです。

特に男性の場合は女性よりも、氏名が変わる確率が低いです。反社会勢力でないか確認するために、男性の方は運転免許証などの公的書類の提出を求められる可能性が高いです。

配偶者がブラックでも自分がブラックになることはない

配偶者がブラックリスト入りしていても、自分がブラックリスト入りすることはありません。

個人信用情報機関には申し込み者以外の情報は記録されないので、心配はしなくて大丈夫です。配偶者名義で利用しているカードがあったとしても、利用停止になることはありませんよ。

世帯年収で申し込む方は審査落ちの可能性あり

配偶者がブラックリストしていることで、自分もブラックリスト入りすることはありません。

しかし、配偶者がブラック入りしていることで、審査落ちする可能性はあります。審査落ちする方は以下のような方です。

  • 配偶者の世帯年収でカードを申し込んだ専業主婦
  • パートをしていても配偶者の世帯年収を記入した主婦

世帯年収を記入すると、申し込み者の信用情報ではなく、配偶者の信用情報が審査されます。配偶者のクレヒスや支払い能力に問題がなければ審査に通過できるのですが、反対に配偶者に問題があった場合の審査通過は難しいです。

つられてブラックリスト入りすることはありませんが、世帯年収を記入した場合は審査落ちすることがあると覚えておきましょう。

もし、配偶者が過去に金融事故を起こしていた場合、自分の収入を申告してカードを申しこむことをおすすめします。

結婚した後は再審査は行われない

結婚したあとはすぐにカード会社への届け出が必要です。

しかし、届け出たあとにカード会社からも再審査は行われません。結婚にともなって転職していたり、仕事を辞めている方も多いと思います。

転職先の規模が転職前より低かったり、年収がさがっていて審査が不安な気持ちも分かります。

しかし、クレジットカードの遅延や・延滞がなければ結婚した後に審査でカードを没収される心配はありませんよ。

途上与信審査で審査落ちするケースとは

クレジットカードの登録情報が変更されたタイミングでの審査はありません。

しかし、カード会社は契約途中で途上与信を行っており、ネガティブな情報があれば審査落ちしてしまいます。

金融事故はもちろんですが、クレジットカードの支払いを遅延・延滞している場合は、途上与信によって審査落ちしてしまうこともあります。

結婚後も信用情報は引き継がれる

クレジットカードの審査と結婚の関係について解説しました。

結婚(離婚)して名字が変わっても、個人信用情報はチェックされるので、ブラックリスト入りしている方はクレジットカードの審査に通過はできません。

どうしてもクレジットカードを作りたい方は、家族カードやデビットカードなど、審査のないクレジットカードがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました