クレジットカードの審査に通りにくい業種・通りやすい業種とは?どのくらい審査に影響する?

クレジットカードの審査に通りにくい業種・通りやすい業種とは?どのくらい審査に影響する? クレジットカード審査

クレジットカードを申し込む際には職業と記入しますが、業種によって審査に通りやすい(優遇される)業種と通りにくい業種があることをご存知ですか?

カード会社は貸し倒れを防ぐために申し込み者の支払い能力を審査しますが、そのときに収入が安定していない業種は「毎月の返済をきちんと行えるか不安」と思われるため、審査が厳しくなるのです。

でも、カードの審査は勤務先・職業・勤続年数などの総合評価で審査されているため「この業種だからカードの審査に通らない」ということはありません。

ここではクレジットカードの審査に通りにくい業種・通りやすい業種と、審査に通過しやすくなる方法について解説していきます。

クレジットカードの審査に業種は影響する?

クレジットカードの審査でカード会社は以下の項目を総合的に審査し、点数化して合否を出しています。(スコアリングといいます)

  • 勤務先の企業情報
  • 業種
  • 職業
  • 勤務形態
  • 居住形態
  • 過去のクレジットカード利用履歴

また、現在の借入状況や住宅ローン・車のローンの有無や配偶者の有無などの審査に関係してきます。

医師・弁護士・公務員・大学教授などは社会的信用度が高く、簡単に職がなくならないので属性として高く評価されます。反対に飲食・サービス業・介護など離職率が高く仕事内容が厳しい業界は良くないイメージを持たれてしまいます。

カード会社は「飲食業界だから、介護業界だから」といって安易に審査に落とすわけではありません。審査に重要なのは業種だけではないのですね。

しかし例えばAさんBさんの2人がいたとして、どちらの方が審査に通過しやすいでしょうか。

  • Aさん 28歳。地方公務員で年収300万円
  • Bさん 28歳。飲食店自営業で年収300万円

ふたりとも28歳で年収も同じですが、地方公務員と飲食店自営業の2つで比べた場合にはカード会社はAさんの方が「収入が毎月安定している」と判断します。

年収が高くでも同様です。

  • Cさん 28歳。地方公務員で年収300万円
  • Dさん 28歳。自営業(不動産投資)で年収600万円

Dさんの年収はCさんの倍ありますが、職業が自営業(不動産投資)です。収入だけみればDさんが有利なのですが、Dさんは投資という不安定な方法で収入を得ています。

カード会社からしたら毎月の収入が安定していないと判断するため審査に通りにくくなります。

審査に通りにくい業種とは

今から上げる業種は審査に必ず通らないわけではありませんが、「収入が安定していない」という理由から、審査によるスコアリングにおいての点数は低めになります。

芸能関係者

芸能関係の仕事は例えば以下のようなものが上げられます。

  • タレント
  • 歌手
  • 芸人
  • アニメーター
  • 俳優
  • ミュージシャン(音楽家)

歌手・タレント・芸人などはイメージしやすく、テレビ露出もあって収入もありそうなので審査にも通りやすそうですよね。

しかし、一口に歌手といっても大きな舞台でコンサートをする歌手から、地下アイドルとして歌を歌っているのでは収入にかなり差があります。

ミュージシャン・音楽家も同様です。

芸人はブレイクすれば安泰とは限りません。去年は流行語になった人でも年が変わると全然メディアで見ない…なんてことも珍しくありません。

クレジットカード会社は「毎月安定した継続収入がある職業」を優遇する傾向にあります。

芸能関係の仕事は華やかですが、先のことが分からず収入が安定していない、という理由から審査に通るのは難しくなってしまいます。

スポーツ選手(アスリート)

スポーツ選手も収入が安定しないという理由でクレジットカードの審査は厳しめです。

スポーツ選手は年俸制が多く、毎年の更新によって収入が大きく変わることもザラです。「野球選手が戦力外通告を受けて1億円収入が減る」反対に「ドラフト指名されたりして2億円収入アップ」というアップダウンも激しい世界です。

もちろん、毎月の収入が安定しているスポーツ選手もいますが、安定しない方の方が多いため、審査に通過するのは難しくなります。

風俗業

風俗や娯楽関係で働いている方も審査に通るのは難しいです。

収入や勤務先が安定しないのも理由ですが、それ以上に反社会的勢力が含まれる可能性があると考えるからです。

金融業界は反社会的勢力にお金を貸すと金融庁から業務停止命令がでてしまいます。

反社会的勢力に対する基本方針

三井住友カードは反社会的勢力に対する基本方針を以下の通り公表いたします。

反社会的勢力とは一切の関係を遮断します。
不当要求はこれを拒絶し、裏取引や資金提供を行いません。また、必要に応じ法的対応を行います。
反社会的勢力への対応は、外部専門機関と連携しつつ、組織全体として行います。

引用:三井住友カード公式ホームページ

反社会的勢力に対する基本方針
私たちは、暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団又は個人、(いわゆる反社会的勢力)による被害を防止するために、次の基本方針を宣言します。

1.私たちは、反社会的勢力との関係を一切持ちません。

2.私たちは、反社会的勢力による被害を防止するために、警察・暴力追放運動推進センター・弁護士等の外部専門機関と連携し、組織的かつ適正に対応します。

3.私たちは、反社会的勢力による不当要求には一切応じず、毅然として法的対応を行います。

4.私たちは、反社会的勢力への資金提供や裏取引を行いません。
5.私たちは、反社会的勢力の不当要求に対応する役職員の安全を確保します。
附則
この基本方針は、平成23年8月1日から実施する。

引用:楽天カード公式ホームページ

三井住友カードと楽天カードを例にあげましたが、クレジットカードだけでなく、カードローン含むすべての金融機関で反社会的勢力との一切の関わりを持たないと明記しています。

これは以前みずほ銀行が反社会的勢力に融資したことが発覚し、業務停止命令がでた事例があるからです。

風俗・娯楽業をしている方は必ず審査に通らないわけではありませんが、こういった背景から審査に通りにくくなっています。

介護・福祉関係

介護施設や福祉施設は施設自体がなくなる可能性があるので、審査が厳しくなる傾向にあります。しかし介護・福祉関係の方が悪いわけでは決してありません。

建築関係の会社や教育関係の会社が無計画に施設を作り、利益がだせずに潰れてしまう事例が多数あるからです。実際に働いている人からみれば全く迷惑極まりないですが。

そのため、ある程度大きな企業や毎月の安定した収入がないと審査に通過しにくいのが現状です。

コンサルタント

コンサルタントがカードの審査に通過しにくい理由は「何をやってるのかよくわからない」からです。

銀行・公務員・飲食業界などは、仕事内容のイメージが付きやすいですが、○○コンサルタントと記入してあると仕事のイメージが付きにくいです。

申し込み者の収入や信用情報に問題がなければ問題なくカードを発行できますが、スコアリングにおける業種の信用度は低めです。

自営業

自営業の方は毎月の収入が安定していない・何の仕事をしているのかよく分からないという理由で審査に通過しにくいです。

安定した収入を得ている人もいるでしょうが、毎月決められた日に給料が振り込まれる正社員にくらべるとどうしても不安定になってしまいます。

ブログ収入を得ている方や、フリーランスで収入を得ている方も来月の収入がいくらかなんて分かりませんよね。

そのため自営業の方は審査が厳しくなってしまいます。

審査に落ちやすい職業でも審査を通過する方法とは?

クレジットカードの審査を受ける上で、先ほどあげた業種の方はスコアリングの加点が低くなってしまいます。

しかし、審査通過のコツを抑えればカードを作ることも十分可能です。

キャッシング枠を0円にする

クレジットカードには買い物をするショッピング枠と借金とするキャッシング枠の2つがあります。

キャッシング枠はお金を借りる枠のため、この枠に申し込んでいるとカード会社は「お金に困っている人」と判断してしまいます。

また、キャッシング枠はショッピング枠とは別に審査が行われるため、結果的に2回審査が行われることになります。

ただでさえ収入が安定していないと思われてしまう業種の方がキャッシング枠を申し込むと審査が厳しくなるのは自明です。

お金に困ってクレジットカードを作る訳ではないという証明のためにも、クレジットカードのショッピング枠は0円にしましょう。

信用情報を高める

クレジットカードの審査は申し込み者の現在の支払い能力だけではなく、過去の支払いの実績についても審査しています。

クレジットカードを申し込むと「個人信用情報機関」に申し込み者の情報が登録され、毎月の支払状況も記録されていきます。

毎月決められた日に支払いを行っていれば、個人信用情報機関にいい情報が貯まるため審査に有利です。

もし今クレジットカードを持っている方は毎月の支払いに絶対遅れないようにしましょう。クレジットカードを持っていない方はショッピングローンを組んでクレヒスを積むと、カードの審査で有利になりますよ。

複数のカードに申し込まない

審査に通りにくい職業だからといって、複数枚のクレジットカードに申し込みたい気持ちも分かりますが、それは審査落ちの原因になってしまいます。

複数のカードに申し込んでいるとカード会社から「お金に困っているからたくさんのカードに申し込んでいるのか」「キャンペーン目的」と思われるため、複数枚の申し込みは避けましょう。

職業欄や会社名を工夫する

クレジットカードに書く職業や会社名を工夫することで審査通過率をあげることができます。

例えば水商売をしている方は勤務先(お店)を書くのではなく、運営している会社を書くことで審査に通った事例もあります。

嘘の申告をしてはいけませんが、審査に通るためにお店の名前や施設名を書くのではなく、企業名を記入するのは審査通過率を上げる有効な手段です。

審査の甘いクレジットカードに申し込む

審査に通りにくい業種の方は申し込むカードを選ぶことも大切です。

三井住友カード・JCBカードなど銀行が発行しているクレジットカードは審査に通りにくいですが、楽天カード・エポスカードなど流通系のカードは比較的審査に通りやすいので審査が不安な方にもおすすめです。

楽天カード

楽天カード
カード年会費 永年無料
ETC年会費 540円
ETC発行手数料 無料
還元率 1.0%
電子マネー
申し込み資格 満18歳以上
  • 還元率が常に1.0%以上
  • 楽天市場でポイント還元率3.0%以上
  • カード年会費無料

楽天カードは日本で一番発行枚数が多く、申し込み基準も「18歳以上の方(高校生除く)」をいう文言だけのため、審査に通りやすいです。

楽天カードは流通系のカードです。楽天側は「楽天カードを作って自社の商品(楽天市場・楽天トラベル)などを使って欲しい」という思いがあるため、審査基準が甘めになっています。

楽天カードは通常還元率が1.0%で、楽天市場でポイント3倍になるため普段使いにおすすめします。

エポスカード

エポスカード
カード年会費 無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 0.5%
電子マネー
申し込み資格 満18歳以上の方
  • カード年会費・ETCカード年会費無料!
  • 海外旅行保険が最高500万円自動付帯
  • マルイで年4回10%OFF・カラオケ30%OFFなど優待点多数

エポスカードも楽天カードと同じく流通系のカードのため審査に通りやすくなっています。

エポスカードはマルイやモディもエポスカードサービスカウンターで即日発行できるので、クレジットカードの作成を急いでいる方にもおすすめです。

審査に通りやすいだけではなく、カラオケの室料が30%・居酒屋・映画館の割引など全国に1万店以上の優待店があります。

 審査に通りにくい業種でもクレジットカードは作れる

クレジットカードの審査において業種は影響してきますが、何も業種だけでカードの合否が決まる訳ではありません。

業種・職業だけでなく、勤続年数や、過去のクレジットカードの信用情報などさまざまな項目が審査されているからです。

たしかに「毎月の収入の安定性」からスコアリングで加点が少ない職業はありますが、審査に通りにくい業種の方でも審査にコツを抑えれば審査通過の可能性はあります。

  • キャッシング枠を申し込まない
  • 複数枚のカードに申し込まない
  • クレヒスを積んで信用情報を高める
  • 申し込み欄の職業欄を工夫する
  • 審査の甘いクレジットカードに申し込む

以上の項目に注意してカードを申し込みましょう。

楽天カードやエポスカードの他にも審査に通りやすいカードを知りたい方はこちらをご覧ください。

また、もっと審査に通る方法を知りたい方はこちらに参考にしてクレジットカードの審査に備えましょう。

タイトルとURLをコピーしました