外国人でもクレジットカードが審査通過できる!審査対策とおすすめクレジットカードを解説

外国人でもクレジットカードが審査通過できる!審査対策とおすすめクレジットカードを解説 クレジットカード審査

日本に住んでいる外国人の方は実は審査に通りにくいです。

発行自体は可能なんですが、そもそも申し込めるクレジットカードが少なかったり、審査の基準が厳しいためです。

しかし審査の対策をして、申し込むカードを選べば審査通過は可能です。

ここでは外国人の方がクレジットカードの審査に通過する方法と、外国人の方におすすめのクレジットカードを紹介していきます。

外国人の方でもクレジットカーは作れる

結論から言ってしまうと、外国人の方でもクレジットカードは申し込み作成可能です。

カード会社によってはクレジットカードの申し込み条件が「20歳以上で日本在住の方」となっており、外国人の方が申し込めないカードもあります。

しかし、申し込むカードを選べば外国人の方でもクレジットカードは作成可能です。

外国人の方がクレジットカード審査が厳しいのは貸し倒れを恐れるから

外国人の方がクレジットカードの審査が厳しくなる理由は「滞在期間が短く、代金未回収のリスクがあるから」です。

外国人の方は日本人に比べて滞在期間が短めです。永住を決めていたとしても、日本人よりは海外に変える可能性が高いです。

滞在期間が短いことでカード会社は貸した代金を支払わないまま帰国してしまうこと(貸し倒れ)を恐れます。

支払いの途中で帰国されてしまうと、途中で連絡がつかなくなってしまう可能性もあります。

そのため、外国人の方は日本人より審査基準が厳しくなる傾向にあります。

信用情報が図れない

クレジットカード会社は申し込み者の「現在の支払い能力」と「過去の支払い実績」を審査しています。

過去の支払い実績を手段として個人信用情報機関にある情報を照会しますが、外国人には日本国内での信用情報が一切ありません。

カード会社としては、返済能力は返済意思があっても信用に欠けると判断して審査を厳しくします。

外国人の方がクレジットカードの審査突破する対策

外国人の方はクレジットカードの審査が厳しくなりますが、全く審査に通らないわけではありません。審査通過のコツを抑えれば、審査に通りやすくなりますよ。

外国人の方が審査に通りにくい理由は「信用情報が十分」でないから。反対に言うとクレジットカード会社からの信用を得られれば審査通過できるということです。

信用を勝ち取るための対策は以下のとおり。

  • 証明書を多く用紙して信用を高める
  • 収入を証明する書類を用意する
  • 住民票を登録して信用をアピール
  • 日本の固定電話を契約する
  • 複数枚のカードに申し込まない
  • 日本語を理解する

証明書を多く用紙して信用を高める

身元を証明する書類が多い外国人の方はカード会社からの信用を得られやすいです。

通常の審査では身分証明書は1点でもOKですが、外国人の方はできるだけ多くの書類を用意しましょう。身分証明書としては以下のようなものが使えます。

  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 健康保険証
  • 運転免許証(日本国内で取得したもの)
  • 住民票

特別永住者証明書と在留カードはどちらか1点の提出が必ず必要です。

特別永住者証明書は在日韓国人・中国人・台湾人などが特別に永住を許可された際に与えられます。永住が保障されており、安定した証明書です。

在留カードは留学や就学のために中期・長期で在留する外国人の方に発行される証明書です。短期の滞在でないことが分かるのでカードの審査で重要な判断材料になります。

収入を証明する書類を用意する

毎月安定した収入がなければクレジットカードの支払いを継続して行っていくことはできません。

これは外国人だけでなく、日本人にも言えることです。日本人の場合は一部のクレジットカードを除いて収入証明書が求められることがありません。

収入証明書の提出が求められるのは多額のキャッシング枠を申し込んだときぐらいです。しかし、外国人の方は収入証明書の提出が求められるケースが多いです。

住民票を登録して信用をアピール

住民票と登録する=住所が定まっているので、信用後が上がります。

外国人の方であっても住んでいる地域の市役所で住民票登録を行えます。クレジットカードを申し込むまでに住民票を取得して、提出できる証明書の数を増やしましょう。

日本の固定電話を契約する

携帯電話を持っている外国人の方も多いと思いますが、もしもっと信用力を高めたい方は日本の固定電話の契約をしましょう。日本の固定電話の契約をすることで2つの証明が可能になります。

  • 住所がはっきりして身元が分かる
  • 毎月の電話料金をきちんと支払えていることの証明

もちろん、無理して契約する必要はありませんが、申し込み欄に番号を記入できると信用力が高まりますよ。

スマホ料金の分割払いでも信用が得られる

最近のスマートフォンは高額ですよね。最新機種となると10万円を超えるものもでています。

携帯電話の本体料金を分割払いで支払う場合、信用情報が個人信用情報機関に登録されます。毎月きちんと支払を続けていれば毎月継続した返済が可能という証明になります。

複数枚のカードに申し込まない

審査が不安だからといって複数枚のクレジットカードに申し込まないようにしましょう。

複数のクレジットカードに申し込むと、個人信用情報機関に申し込みの記録が残ります。個人信用情報機関には申し込みの状況や支払い状況などが記録されており、カード会社はそれを元に審査します。

審査の際に複数のクレジットカードに申し込んでしまうと、カード会社から「お金に困っている人なのか」「カードが沢山あって自社のカードはあまり使ってくれないのではないか」と判断され審査に落ちやすくなってしまいます。

1つのカードにしか申し込まないのは怖いかもしれませんが、審査通過率を上げるために複数のカードへの申し込みは避けましょう。

日本語を理解する

クレジットカードの申し込みの際に、カードの特典や申し込み内容をただしく埋めるためにはある程度の日本語力が必要です。

申し込み欄に間違った情報を記入してしまうと、カード会社が申し込み者の情報を正しく読み取ることができず審査落ちしてしまいます。

また、クレジットカードの審査の際に「本人確認の電話」があるかもしれません。本人確認の際に日本語をただしく理解できていないとカード会社は不安になります。

日本語を理解して正しい受け答えができるようにしておきましょう。

外国人の方でも審査に通るおすすめクレジットカード

外国人の方は日本人に比べて審査が厳しくなる傾向にありますが、きちんとクレジットカードを選べばその心配もありません。

外国人の方におすすめのクレジットカードを紹介していきます。

楽天カード

楽天カード

楽天カード
カード年会費 永年無料
ETC年会費 540円
ETC発行手数料 無料
還元率 1.0%
電子マネー
申し込み資格 満18歳以上
  • 還元率が常に1.0%以上
  • 楽天市場でポイント還元率3.0%以上
  • カード年会費無料

楽天カードの申し込み資格は「満18歳以上で楽天会員」の条件のみのため、外国人の方でも申し込みが可能です。

収入についても記載や制限がないため、毎月の収入がある外国人の方なら申し込みが可能です。現に学生や主婦の方でも審査通過が可能になっています。

楽天カードは流通系のクレジットカードです。楽天は「楽天カードを多くの人に発行して自社のサービス(楽天市場や楽天トラベルなど)を利用して欲しい」と思っています。そのため審査基準についても甘めです。

楽天カードは通常還元率1.0%で、楽天市場で還元率3.0%の還元率になっています。貯まったポイントはそのままカードの支払いに充てられたり、楽天サービスで利用可能です。何かと便利なカードなので外国人の方のメインカードにピッタリです。

エポスカード

エポスカード

エポスカード
カード年会費 無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 0.5%
電子マネー
申し込み資格 満18歳以上の方
  • カード年会費・ETCカード年会費無料!
  • 海外旅行保険が最高500万円自動付帯
  • マルイで年4回10%OFF・カラオケ30%OFFなど優待点多数

エポスカードの申し込み資格は「日本国内在住の満18歳以上の方(高校生除く)」です。申し込み資格自体は楽天カードと同じで、外国人の方でも申し込み対象のクレジットカードです。

エポスカードはマルイが発行する流通系のクレジットカードです。マルイはエポスカードを発行してマルイビルでたくさん買い物して欲しいという思いがあるので審査基準は甘めになっています。

エポスカードは年会費無料で特典が多いクレジットカードです。カラオケ施設・居酒屋・映画館など全国にあるエポスカード優待店は1万店以上。

通常還元率は楽天カードより低い0.5%ですが、特典重視したい外国人の方にはおすすめですよ。

審査が不安な外国人の方におすすめのクレジットカード

全く個人信用情報機関に情報が登録されていない外国人の方はどうしても審査に通り辛くなってしまいます。

しかし、以下の紹介する2枚は過去の信用情報=個人信用情報機関の情報の審査に対する比率が多くないので、外国人の方でも比較的審査に通りやすいです。審査に通りやすいゆえに、クレジットカード自体のデメリットもあるので注意しましょう。

アコムACマスターカード

アコムACマスターカード

アコムACマスターカード
カード年会費 永年無料
ETC年会費
ETC発行手数料
還元率
電子マネー
  • 消費者金融アコムの独自審査
  • オンライン申し込みで30分審査可能
  • 無人契約機「むじんくん」で最短1時間でカードを受けとれる

アコムACマスターカードは消費者金融アコムが発行しているクレジットカードです。申し込み条件は「20歳以上で安定した収入があること」のため、現在収入を得ていない外国人の方は申し込みができません。

しかし、消費者金融発行のクレジットカードの特徴として「過去の返済履歴よりも現在の支払い能力を重視する」傾向にあります。

そのため、現在安定した収入がある外国人の方は審査通過の可能性があります。過去にクレジットカードの支払いやショッピングローンの分割払いの支払いが遅れてしまった経験がある方でも持てるカードです。

アコムACマスターカードはリボ専用カード

アコムACマスターカードは「リボ専用カード」なので、お店で一括払いにしても自動的にリボ払いになってしまうカードです。
何も知らずに決済してしまうと、手数料がかかってしまい、気が付けば借金を作っている…なんて状況にもなりかねません。リボを回避する方法はあるので、ACマスターカードを利用するときにはしっかり確認しておきましょうね。

ライフカードch(年会費有料)

ライフカードch(有料)

カード年会費 5000円+税
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 0.5%
電子マネー
  • 独自審査で申し込めるクレジットカード
  • 海外旅行保険が最高2000万円自動付帯
  • 弁護士無料相談サービスつき

ライフカードch(有料)の申し込み資格は「日本国内にお住まいの18歳以上の方(高校生除く)で、電話連絡が可能な方」のため、外国人の方でも申し込みが可能なカードです。

ライフカードch(有料)は公式サイトで審査について言及している珍しいクレジットカードです。

ライフカードch 有料

過去に延滞・滞納があっても大丈夫と書いてありますが、これは過去の履歴を重視しない独自審査のクレジットカードである証拠です。

クレヒスがなく審査が不安な外国人の方にはぴったりです。

どうしても審査に通らない方はデビットカードを検討しよう

クレヒスがない、過去に支払いの遅延・延滞がありどうしても審査に通過できない外国人の方は審査がない「デビットカード」を検討してみましょう。

デビットカードは使ったその場で利用料金が引き落とされるので、審査が必要ありません。

楽天銀行ベーシックデビットカード

楽天銀行デビットカードは16歳以上なら審査不要で誰でももてるクレジットカードです。

通常の楽天カードのように100円で1ポイントが貯まる高還元率のカードです。楽天市場・楽天トラベルの利用で還元率がアップします。

どうしても審査に通らない外国人の方は審査不要のデビットカードも検討してみましょう。

留学生におすすめのクレジットカード

外国人の方は審査に通りにくいですが、留学生=学生の場合は学生専用カードに申し込むことで審査のハードルをぐっとさげることができます。

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード(学生)
カード年会費 初年度無料
2年目以降実質無料
ETC年会費 実質無料
ETC発行手数料 無料
還元率 1.0%
電子マネー
申し込み資格 満18歳以上25歳以下
  • 26歳から自動的にゴールドカードに!
  • 2年目以降も年1回以上も利用で年会費無料
  • 通常還元率が1.0%

三井住友VISAデビュープラスカードは通常還元率1.0%の高還元率カードです。

26歳になると自動的に三井住友VISAプライムゴールドカードにランクアップし、30歳になったら審査の上三井住友VISAゴールドカードにランクアップします。

銀行が発行するクレジットカードは審査難易度が高いため、審査基準が厳しい外国人の方は楽な方法で銀行系のクレジットカード会社のゴールドカードを手に入れられるチャンスです。

JALカードnavi(学生専用)

JALカードnavi(学生専用)

JALカードnavi(学生専用)
カード年会費 在学中無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 JCB以外1080円
還元率 1.0%
電子マネー
申し込み資格 18歳以上30歳以下の学生
  • 在学中はマイルの有効期限が無期限
  • 海外旅行保険が最大2000万円自動付帯
  • ショッピングマイルプログラムに無料で自動入会

JALカードnavi(学生専用)は学生用のクレジットカードのため審査が柔軟です。

外国人留学生は日本に滞在できる経済力がある過程で、留学できる日本語力もあることから、カード会社の審査に優遇されやすいです。

JALカードnavi(学生専用)の申し込み資格も「18歳以上29歳以下の大学生・短期大学生・専門学校在学中の学生」となっているため、外国人の留学生は審査基準を満たしています。

JALカードnavi(学生専用)を利用すれば通常の2倍マイルが貯まり、最高2000万円の海外旅行保険が自動付帯しているので、母国に帰る際に飛行機を利用する学生の方にもおすすめですよ。

マイル有効期限なし、ショッピングマイルプログラムに無料入会、フライトマイルボーナスなど、学生カードならではの特典が多数付帯しています。

おまけ:日本人は海外でクレジットカードを作れる?

おまけとして。日本人が海外でクレジットカードを作ることは簡単ではありません。

外国人の方が日本でクレジットカードを作ることが難しいのと同様に、海外での信用情報がない日本人も海外でクレジットカードを作るのが難しいです。

例えばアメリカでは、クレジットカードを申し込み条件として以下ものが上げられます。

  • アメリカへの定住
  • 個人番号(ソーシャルセキュリティ番号)or納税者番号が必要
  • 銀行口座

個人番号は日本でいう社会保障番号です。アメリカで働く人は加入義務があります。

また、納税者番号はアメリカで税金を納めるために割り振られた番号です。こちらもアメリカで働く方は加入の義務があります。

このように海外で日本人がクレジットカードを作る場合も、審査が厳しくなります。

外国人の方でもクレジットカードの審査に通る!

外国人の方は日本人に比べて審査のハードルは高くなってしまいますが、審査通過のコツを抑えて審査の甘いクレジットカードに申し込めば審査通過は可能です。

  • 証明書を多く用紙して信用を高める
  • 収入を証明する書類を用意する
  • 住民票を登録して信用をアピール
  • 日本の固定電話を契約する
  • 複数枚のカードに申し込まない
  • 日本語を理解する

この6つのポイントを守ってクレジットカードに申し込みましょう。

クレヒスがまったくない状態でステータスの高いカードに申し込んでも審査落ちしてしまいます。まずは審査の甘いクレジットカードで日本での信用積んでから次のカードに申し込むようにしましょう。

また、留学生の方は審査に通りやすくなっているので、学生専用カードへの申し込みをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました