前科・犯罪歴があってもクレジットカードは作れる?前科が原因で審査落ちするケースとは

前科・犯罪歴があってもクレジットカードは作れる?前科が原因で審査落ちするケースとは クレジットカード審査

「前科・犯罪歴があるクレジットカードを作れない」と言われることがありますが、実は前科者でも審査に通過し、クレジットカードを作れる可能性はあります。

しかし、場合によっては前科があったことが原因で審査落ちすることもあります。

ここでは前科・犯罪歴があるのクレジットカードの審査について解説していきます。

前科があってもクレジットカードを作れる

冒頭でもいったとおり前科者でもクレジットカードを作ることは可能です。

クレジットカードの審査で見られるポイントは「現在の支払い能力」と「過去の信用情報」です。

現在の支払い能力については、アルバイト・パート・自営業なんの形でもいいので、毎月安定した収入を得ていれば審査基準は満たしています。

では「過去の信用情報」についてはどうでしょうか。

個人信用情報機関には前科の記録が残らない

クレジットカードの審査で重要な過去の信用情報については、「個人信用情報機関」を確認しています。

個人信用情報には、1人1人の金融についての情報が記録されており、記録されているものの中には以下のようなものがあります。

  • クレジットカードの申し込み状況
  • クレジットカードの支払い状況
  • 住宅ローン・車のローンなどの有無
  • 他社での借入状況

お金に関する情報が記録されていますが、犯罪歴に関しては記録されません。

これが、前科者や犯罪歴がある方でもクレジットカードの審査に通る理由です。

よっぽど大きな犯罪を起こして実名が大々的に報道されていない限り、クレジットカード会社は申し込み者が過去に犯罪をおこしていたかどうか確認することはできません。

申し込み用紙に前科の有無を記入する欄もありません。

反社会勢力の方はクレジットカードを作れない

クレジットカード会社や銀行が反社会的勢力の方に融資するのは法律で禁止されています。

以前、大手銀行が反社会的勢力の方に融資したことがニュースで大々的に取り上げられ、問題になりました。

そのため、反社会的勢力の方への融資をカード会社は厳しく取り締まっているため、そのような方がカードの審査に通ることはありません。

以下の楽天カードが公式ホームページで宣言している文です。

反社会的勢力に対する基本方針

私たちは、暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団又は個人、(いわゆる反社会的勢力)による被害を防止するために、次の基本方針を宣言します。

1.私たちは、反社会的勢力との関係を一切持ちません。

2.私たちは、反社会的勢力による被害を防止するために、警察・暴力追放運動推進センター・弁護士等の外部専門機関と連携し、組織的かつ適正に対応します。

3.私たちは、反社会的勢力による不当要求には一切応じず、毅然として法的対応を行います。

4.私たちは、反社会的勢力への資金提供や裏取引を行いません。
5.私たちは、反社会的勢力の不当要求に対応する役職員の安全を確保します。
附則
この基本方針は、平成23年8月1日から実施する。

ー楽天カード公式サイトより引用(https://www.rakuten-card.co.jp/info/rules/antisocialforces/)

全てのクレジットカード会社がこのような声明文を出しています。

前科・犯罪歴が原因で審査に落ちるケースとは

前科・犯罪歴があることが直接の原因になり、審査落ちすることはありません。

しかし、犯罪を起こした弊害によりクレジットカードの審査に通り辛くなってしまうことはあります。

  • 実名が大々的に報道されている
  • 無職である
  • 住所が特定できない
  • 他社からの借入が多い
  • クレジットカードの支払いを過去に延滞したことがある

このうちのどれかに該当している場合は、クレジットカードの審査に通りにくくなると考えてよいでしょう。

実名が大々的に報道されている

小さな犯罪であれば実名を公表されていないかもしれませんが、大きな犯罪を起こしていたり、指名手配となっている場合は審査に通過するのが難しいです。

ネット上には半永久的に犯罪を起こしたことがのっていまうので、クレジットカードの審査で不利になります。

無職である

クレジットカードの審査に通過するには、「安定した収入があること」が前提条件です。

月に何の収入も得ていない状況だと、毎月のクレジットカード利用料金を支払うことができません。

前科のあるないにかかわらず、無職の方は基本的にクレジットカードの審査に通ることはないのでち注意しましょう。

住所が特定できない

前科があることで、住所が安定していない、賃貸物件を借りられないこともあるでしょう。

カード会社は住所が特典できない方に対して「貸し倒れのリスクがある」と判断します。勤務先も住所もはっきりしていないと、貸した金額を踏み倒されたときに、請求ができない可能性があるからです。

他社からの借入が多い

クレジットカードの審査で大切な「現在の支払い能力」ですが、これは年収から生活費と他社への返済金額を引いて算出します。

  • 支払い見込み額…年収-(生活費+他社へのローン返済状況)

消費者金融や銀行のカードローン、車のローンなどが残っている場合は、その分支払い見込み額が低くなります。

カード会社は支払い見込み額が少ないと、「貸し倒れのリスクがある」と判断して審査落ちしてしまいます。

審査を受ける際は、他社からの借入が0円なのが理想です。

クレジットカードの支払いを過去に延滞したことがある

前科があると、取り調べを受ける時間もあったでしょう。

その間にクレジットカードの支払い日がきていて、支払いができなかった場合は信用情報に傷がつき、審査に通りにくくなります。

特に、長期延滞(61日以上)の延滞があると、個人信用情報に金融事故として記録がのこります。

金融事故=ブラックリスト入りしてしまい、カードの審査に通ることは絶望的です。

社内ブラックも審査落ち

長期延滞でなくても、数日の延滞を繰り返していると社内ブラックとしてカード会社のデーターベースに記録されることがあります。

個人信用情報機関の情報はブラックだったとしても、5年~10年たてば記録から消去されます。

しかし、社内ブラックは半永久的に残るため、審査に通過することが難しいです。

クレジットカードで支払い延滞をしたことがある方は、他の会社のカードに申し込みましょう。

複数申し込みはNG

前科があると審査に通るか不安で複数のクレジットカードに申し込みがちです。

しかし、クレジットカードの複数申し込みをするとカード会社から「お金に困っている人」というネガティブな印象を持たれてしまいます。

クレジットカード申し込みの記録は個人信用情報機関に残るので、紹介したときにカード会社に分かります。

短期間での複数申し込みを避け、本当に欲しいカードだけに申し込みましょう。

審査が不安ならACマスターカードがおすすめ

アコムACマスターカード

アコムACマスターカード
カード年会費 永年無料
ETC年会費
ETC発行手数料
還元率
電子マネー
  • 消費者金融アコムの独自審査
  • オンライン申し込みで30分審査可能
  • 無人契約機「むじんくん」で最短1時間でカードを受けとれる

ACマスターカードは消費者金融アコムが発行するクレジットカードです。

ACマスターカードは審査基準が他のカードと異なっています。

過去の信用情報よりも、現在の支払い能力を重視するため、過去にクレジットカードの支払いを延滞・滞納したことがある方でも、審査通過の可能性があります。

ただし、安定した収入があることが大前提です。

前科者は収入を得て審査の甘いカードに申し込もう

前科・犯罪歴があるからといって、クレジットカードの審査に落ちることはありません。

しかし、犯罪を犯したことで職を失って収入が減ったり、クレジットカードの支払いを延滞してしまうと悪影響があります。

犯罪歴がある方はまず、毎月の安定した収入を確保しましょう。

そのうえで審査の甘いクレジットカードに申し込めば、審査通過の可能性はあります。

タイトルとURLをコピーしました