プライオリティ・パスのメリットは?必要性・特典・お得に使う方法と解説

プライオリティ・パスのメリットは?必要性・特典・お得に使う方法と解説 クレジットカード

プライオリティ・パスは世界1200ヵ所でVIP空港ラウンジが使えるサービスのことです。

プライオリティ・パスで入れる空港ラウンジはWi-Fiサービス・軽食・ドリンクサービス・シャワールームなどを利用でき、海外出張や海外旅行がより快適になるサービスです。

プライオリティ・パスを利用するためには年会費や1回あたりの利用料を支払う必要がありますが、クレジットカードを利用すると年会費を払う必要がなくなります。

ここでは以下の項目について解説していきます。

  • プライオリティ・パスのメリット・デメリット
  • プライオリティパスで出来ること
  • プライオリティ・パスにおすすめのクレジットカード

プライオリティ・パスはVIPな空港ラウンジを利用できるサービス

プライオリティ・パスは現在、世界148ヵ国600を超える都市、1300ヵ所以上で空港ラウンジが利用できるサービスです。

プライオリティ・パスで使えるラウンジは無料Wi-Fiサービスや軽食サービスなどが設けられており、空港での待ち時間をゆったり過ごすことができます。

クレジットカード会社と空港が提携したカード会社の空港ラウンジよりも豪華なサービスで出発までの時間を過ごせます。

海外出張や海外旅行にいく機会が多い方におすすめです。

プライオリティ・パスは3つのグレードがある

プライオリティパスには3つのステージがあり、年会費や利用料金が異なります。

サービス内容は同じです。

プライオリティパス ランク 

ランク 年会費 利用料金 同伴者利用料金
プレステージ $429 無料 $32
スタンダードプラス $299 10回まで無料

$32(11回目以降)

$32
スタンダード $99 $32 $32

1番下のランクのスタンダードですら、年会費が$99で利用ごとに$32かかります。

2020年3月2日現在、1ドル=108.29円のため、$99は約10720円。$32円は約3465円です。

普通に入会しようと思うと1番下のランクでも、1回空港ラウンジを利用するのに年会費含め14185円かかるので、安くはない金額ですね…。

プライオリティ・パスのサービス内容

プライオリティ・パスは世界1300ヵ所以上で空港ラウンジが利用できるため、海外旅行や海外出張が多い方におすすめです。

世界1300ヵ所以上の空港ラウンジが利用できる

プライオリティ・パスの公式サイトでは1300ヵ所以上のラウンジが利用できると明記してあります。

世界148か国、600を超える都市にある1300か所以上のラウンジネットワークを誇るプライオリティ・パスだから、世界中どこでもラウンジをご利用いただけます。

ー引用:プライオリティ・パス公式サイト

日本人が海外旅行でよく行くような場所には、プライオリティ・パスが設置されていると思ってもいいでしょう。

プライオリティ・パス

軽食・アルコールも食べ飲み放題

空港の搭乗ゲートをくぐってしまうとレストランが少なくり、小腹がすいたときに困ってしまいますが、プライオリティ・パスラウンジには軽食やドリンクが食べ飲みできるコーナーがあります。

カード会社のラウンジにも軽食はあるのですが、アルコールの提供は有料です。アルコールが無料で楽しめるのもプライオリティ・パスラウンジならではです。

写真のようにラウンジは広く、ビッフェ形式で食事が楽しめるようになっています。

食事内容はラウンジごとに異なり、場所によってはアルコールを提供していないラウンジもあるので注意が必要です。

無料Wi-Fiや電源付きでビジネスでも活躍

プライオリティ・パスは無料Wi-Fiが利用でき、充電ができるスペースがあります。

家族と友人とのメッセージのやり取りはもちろん、ビジネス上でやりとりする場面でも困りません。

同伴者も利用可能

プライオリティ・パスは会員だけでなく、会員の同伴者でも$32を払えば利用できます。

2人で旅行にいって1人だけラウンジを利用するわけにはいかないので、3500円程度払って同伴者もラウンジを利用できるのは嬉しいですね。

なお同伴者料金が$32かかるのはあくまで通常価格での話。もし同伴者1名もプライオリティ・パス利用料が無料になるクレジットカードを持っていれば料金はかかりません。

プライオリティ・パスのデメリット

VIPな空港ラウンジが利用できてゆったりした時間を過ごせるプライオリティ・パスですが、以下のデメリットもあります。

  • 同伴者は利用料金がかかる
  • 多くのラウンジ利用時間の制限がされている
  • 食事は軽食程度で1食分にはならない
  • 航空会社の空港ラウンジの方が豪華
  • 基本的に出発時にしか使えない

同伴者は利用料金がかかる

クレジットカードの付帯サービスのプライオリティ・パスは、本会員に料金がかからなくても、同伴者利用料金がかかるカードがあります。

クレジットカード 同伴者利用料金
楽天プレミアムカード 3000円+税
セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス 2000円+税
MUFGプラチナ・アメックス 2000円+税
JCBプラチナ 2000円+税
アメリカン・エキスプレス・カード $32
ラグジュアリーカード $27

アメックスプラチナや各カードのブラックカードなど年会費の高いクレジットカードであれば、同伴者も無料になります。

同伴者が無料になるクレジットカードは以下の通りです。

クレジットカード 年会費 同伴者
アメックスセンチュリオンカード 350,000円+税 2名無料
アメックス・プラチナカード 130,000円+税 1名無料
JCBザ・クラス 50,000円+税 1名無料
セディナプラチナカード 30,000円+税 1名無料
楽天ブラックカード 30,000円+税 2名無料
スルガVISA プラチナカード 60,000円+税 1名無料
スルガVISA インフィニットカード 120,000円+税 4名無料

またプライオリティ・パスの同伴者料金は、その場で支払うのではなく、本会員のカード請求になります。

同伴者にラウンジ利用額を請求したい場合、具体的な金額が受付で分からないため請求しにくいです…。

多くのラウンジ利用時間の制限がされている

プライオリティパスはラウンジの営業時間中は利用できますが、利用には時間が2時間以内・3時間以内など制限されています。

海外旅行や海外出張で国際線を利用する際、飛行機の乗り継ぎがあると待ち時間が多く発生します。

日本から中国乗り換えでフランスに行く際は5時間空港で待ちました…。

フライトによっては、乗り換え時間が2時間以上あったり、仮眠時間が欲しかったりするので、利用時間に制限があるのは困りますね…。

航空会社の空港ラウンジの方が豪華

プライオリティパスはカード会社提携の空港ラウンジよりは広く軽食の内容も豪華ですが、ラウンジとして1番すぐれているのは航空会社の空港ラウンジです。

プライオリティ・パス依頼におすめのクレジットカード

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード
カード年会費 12,000円+税
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 850円+税
還元率 0.5%
電子マネー
  • プライオリティパスに年会費無料で登録可能
  • 国内外の空港ラウンジ無料!同伴者も1名無料
  • 最高5000万円の海外旅行傷害保険!

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
カード年会費 29,000円+税
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 0.5%
電子マネー
  • 国内外の空港ラウンジ無料!同伴者1名も無料
  • 提携レストラン2名以上の利用で1名無料
  • プライオリティパスが年に2回無料

 

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード
カード年会費 10,000円
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 1.0%
電子マネー

 

  • プライオリティパスを無料利用可能
  • 楽天市場で還元率5.0%
  • 楽天市場コース・トラベルコース・エンタメコースからプレミアム限定優待サービスを受けられる

 

タイトルとURLをコピーしました