新卒入社前でクレジットカードを作る!職業は何と記入する?

新卒入社前でクレジットカードを作る!職業は何と記入する? クレジットカード審査

「新卒入社前にクレジットカードを作りたい」
「新卒入社前だとどう申し込めばよいかわからない」

そうお悩みではないでしょうか。

社会に出る前にクレジットカードを手に入れ、生活をより便利にしたいと言う人も多いかと思います。

そんな時にクレジットカードを作りたいですが、実際にどう申し込むのか、本当に審査に通るのか不安な人も多いですよね。

そこでこの記事ではクレジットカードを新卒入社前に申し込む場合に審査にどう影響があるのか、どのように申し込むべきなのか、詳しくお伝えします。

入社前の職業は何と記入する?

「新卒入社前だと職業をどう記載してよいかわからない」

そうお悩みの方も多いかと思います。

簡単にポイントをまとめると以下のようになります。

  • 正社員と学生どちらでも可能
  • 学生の方が審査に通りやすい
  • 在籍確認の可能性も考える
  • 内定先が決まっていれば記入した方がいい

これらのポイントさえ押さえておけば、記入のときに困ることはほとんどなくなりますよ。

では具体的なやり方を次で詳しく見ていきましょう。

正社員と学生どちらでも可能

結論から言えば、正社員でも学生であっても、審査に通る可能性は条件さえ満たしていれば十分にあるため、どちらがよいとは一概に言えません。

審査のハードルが非常に低いものもありますので、それほど気にする必要はないでしょう。

学生の方が審査に通りやすい

ただし、学生の方が審査に通りやすい傾向にあるのは確かです。

「収入を得てない学生の方が審査に通りやすい」と言うことに今ひとつピンとこない人もいるかと思います。

その理由は学生の場合、親の支払い能力が審査に影響を与えるからです。

そのため少しでも審査に通りにくいカードが欲しい場合や、何か特定のカードが欲しいと思っている場合は学生の内に申し込みをしておく方が間違いないでしょう。

また一度クレジットカードを申し込んでおけば、きちんと支払いを行うことでクレヒスを積むこともできます。

クレヒスとはクレジットカードヒストリー、いわゆるクレジットカードの利用履歴のことです。

毎月適切に支払いを行っていれば、クレヒスを積むことで、その後ゴールドカードやプラチナカードにランクアップしたいと言う場合でも、審査によい影響を与えますよ。

そのため、新卒入社前、できるなら学生の内にクレジットカードは手に入れておくことがおすすめです。

在籍確認の可能性も考える

新卒入社前の人の場合、在籍確認が行われる可能性があることも視野に入れておきましょう。

在籍確認とはその会社に申込者が本当に働いているか、電話で行われる確認のことです。

特に初めてのカード申込者はスーパーホワイトと呼ばれ、クレヒスが一切ない状態のため、在籍確認が行われやすい傾向にあります。

本人が必ずしも出る必要があるものではありませんが、仮に事務の人が「申込者はその会社に在籍していない」と言われてしまうと、それが原因で審査に落ちる原因にもなりかねません。

また入社前の場合そのようなリスクは自分でコントロールできないため、就職先を勤続先として記載すると、思わぬ理由で審査に落ちる可能性がある、と言うことは頭に入れておきましょう。

内定先が決まっていれば記入した方がいい

ただし、内定先が決まっている場合は、申し込み時に記載しておくと、よい影響があります。

なぜなら、実際に定職についていることが確認できることで、利用限度額の上限が上がる可能性があるからです。

学生の場合、本人ではなく親の信用情報に依存してしまうため、利用限度額が最低額になってしまうことが少なくありません。

在籍確認のリスクなどはあるものの、限度額のことを考えておくと、内定先が決まっているのであれば、それを記載しておく方がベターです。

学生でクレジットカードを申し込むメリット

できるのであれば、新卒入社前ではなく、学生の内にクレジットカードを申し込むのがおすすめです。

その理由としては以下のものがあります。

  • 審査に通りやすい
  • クレヒスを積みやすい

ではこれらの理由について次で詳しく解説します。

審査に通りやすい

クレジットカードを学生の内に申し込んだ方が良い理由としては、学生で申し込んだ方が審査に通りやすいからです。

学生の内に申し込むと親の信用情報が審査に影響するため、審査に通るハードルが大幅に下がります。

利用限度額は低く設定されてしまうことも多いですが、審査に通りやすいと言うことから考えると、早い内に手に入れておく方がベターでしょう。

クレヒスを積みやすい

学生の内にクレジットカードを持つべき理由はクレヒスを積みやすいからです。

クレヒスはクレジットカードの審査に大きな影響力を持っており、クレヒスをきちんと積んであることで、年収のボーダーが厳しいゴールドカードやプラチナカードの審査に通る可能性が高まります。

またクレヒスを積んでおくと、利用限度額の上限を引き上げたい場合の審査にも良い影響を与えます。

その後、ゴールドやプラチナにランクアップしたいと考えている人や利用限度額の上限を上げた人であれば、早い段階で持っておく方がよいでしょう。

入社前(内定済み)におすすめのクレジットカード

「でも入社前にどんなカードを持っておくのがよいの?」
「カードの種類が多すぎでどんなカードがよいか今ひとつわからない」
そうお悩みではないでしょうか。

  • 三井住友VISAデビュープラスカード
  • JCB CARD W
  • 楽天カード

ではそれぞれのカードの特徴について、次で詳しく解説します。

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカードは、初年度年会費無料、1回以上の利用があれば、次年度も年会費無料で利用できる、学生向けのカードです。

また26歳以降にはゴールドカードに自動切り替えされるのが嬉しいポイント。

「将来的にゴールドカードがほしい」
という場合におすすめのカードです。

カード入会後3ヶ月間はポイントが5倍、還元率で換算すると2.5%と、3ヶ月間の間は他のカードの追随を許さない還元率になります。

ただしこのカードには海外旅行保険は付帯していないため、その点は注意しましょう。

JCB CARD W

JCB CARD Wカードは、学生でポイントを貯めやすいカードをお探しの場合におすすめのカードです。

JCBのプロパーカード×高還率×年会費無料

JCB CARD Wは国際ブランドであるJCBが直接発行しているプロパーカードです。

プロパーカードのため、サービス内容も充実しています。

他のJCBカードでは0.5%なのに対して、よりも1%と高い還元率を持っているだけではなく、年会費無料、セブンイレブンやスタバ、アマゾンなど「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」の契約店舗で利用すると、その還元率はさらに高くなります。

また卒業後も年会費無料で利用できるのも嬉しいポイントです。

これらの店舗をよく利用する場合は、もちろんのこと、普段使いでも、VIASOカードより高い還元率を持っているため、ポイントをより貯めたい場合におすすめです。

楽天カード

「カードをよく使うため、限度額を高くしたい」
という場合におすすめなのが、楽天カードです。

楽天カードの場合には、最大50万円まで限度額を引き上げることができます。

「使いすぎが気になる」という場合には、あまりおすすめできませんが、夏休みなど出費がかさみやすい時期に利用限度額が高くなっていると便利な場面は多いです。

また楽天ペイを利用することで、ポイント還元率が1.5〜5%まで高まり、楽天ペイを利用する場合にはかなり優秀なカードです。

また、楽天カードは楽天でのポイント還元率が他のカードと比べると圧倒的に高いカードです。

そのため楽天で買い物をがっつり利用する人であれば、メインで持っておくのもおすすめのカードですよ。

学生で申し込みをした方が有利

この記事では新卒入社前にカードを申し込んだ方がよいのか、気になる人に向けて、審査にどう影響があるのか、申込書にどう記載するべきなのか、詳しく解説しました。

新卒入社前に申し込んでも審査に通る可能性は十分にありますが、学生の内に申し込んでおく方が、審査のハードルやその後のことを考えるとおすすめできることが多いです。

そのため新卒入社前、できるだけ早い内にクレジットカードの申し込みをして、クレジットカードをお得に利用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました