クレジットカード審査とカードローン審査の違いは?借入状況はクレジットカード審査に影響あり

クレジットカード審査とカードローン審査の違いは?借入状況はクレジットカード審査に影響あり クレジットカード審査

「何とか今日中にまとまったお金が欲しい…」

そんなときの手段として金融機関でお金を借りるのが一番の選択肢ではないでしょうか。

お金を借りる手段として「クレジットカードでキャッシングする」「カードローンでキャッシングする」の2つが当日にお金を借りられる手段になります。

でもどっちを利用したらいいのか迷ってしまいますよね。どちらの方がキャッシングに向いているのか、審査方法はどう違うのかよく知らない方も多いのではないでしょうか。

ここではクレジットカードとカードローンの違い、両者の審査の違いについて解説していきます。

融資を急いでいる方は参考にしてみてください。

クレジットカードとカードローンの違いは何?

クレジットカードとカードローンはお金を取り扱っているという面では同じですが、帰省する法律・金利・利用が可能な年齢など、多くも面で異なります。

クレジットカードとカードローン、両者でキャッシングするときの違いをまとめてみました。

クレジットカードでキャッシング カードローンでキャッシング
金利 15.0%~18.0% 3.0%~18.0%
年会費 カード毎に異なる 無料
申し込み可能年齢 18歳以上 20歳以上
借入限度額 最高500万円程度 最高800万円程度
返済方法 一括払い・リボ払い 一括払い・リボ払い
繰り上げ返済
盗難補償 カード毎に異なる
増額
ポイント × ×
 海外キャッシング 〇  × 

両者の違いを簡単にまとめてみました。

しかし、大きく違うのは「メインの利用用途」です。メインの利用用途が違うため、それぞれを規制する法律も違ってきます。

メインの利用用途の違い

クレジットカードの基本的な利用用途はショッピングです。

クレジットカードでキャッシングもできますが、あくまでそれは第2の利用用途として存在しているだけです。

それに対してカードローンのメインの利用用途はキャッシングです。キャッシング専用のカードなのでショッピング枠は付帯していません。

  • クレジットカード…ショッピング(買い物)メイン
  • カードローン…キャッシング(借入)メイン

クレジットカードはショッピングメインなので、カードローンに比べて借入額が少なくなっています。

まずは基本的な利用用途が違うということを覚えておきましょう。

規制する法律が違う

クレジットカードとカードローンはそれぞれを規制する法律が異なります。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の2種類がありますが、それぞれを規制する法律は以下の通りです。

クレジットカード

枠の種類 規制する法律
ショッピング枠 割賦販売法
キャッシング枠 貸金業法の総量規制

クレジットカードのショッピング枠は割賦販売法によって規制されており、キャッシング枠は貸金業法の総量規制によって規制されています。

割賦販売法によって、ショッピング利用可能額は支払見込可能額の9割にすると決まっています。

ちなみに、支払い可能見込額は年収から生活維持費と他社からの借入状況(ローンの状況)引いた額で算出されます。

カードローン

それに対して、カードローンはキャッシング枠しかありません。

カードローンは銀行が運営している銀行カードローンと、消費者金融が運営している消費者金融のカードローンがあります。

どこが運営しているかによって規制する法律が違います。

運営会社 規制する法律
銀行 銀行法
消費者金融 貸金業法の総量規制

銀行カードローンは総量規制の対象にはなっていません。銀行法が規制していますが、借入限度額を制限する法律はありません。

クレジットカードとカードローンに共通する「総量規制」とは

クレジットカードと消費者金融のキャッシングに共通する「総量規制」

「総量規制」とは、キャッシング枠の借入可能額は年収の3分の1にするという法律です。

キャッシングは現金を借りる行為なので、ショッピング枠の割賦販売法と違い、利用限度額が厳しく制限されています。

総量規制の対象になるものには、クレジットカードのキャッシング枠・消費者金融のカードローンのキャッシング枠の他に、携帯電話の本体料金の分割払いも含まれます。

携帯電話の本体料金の分割払いや、家電の分割払いはショッピングローンにあたるためです。

実際の借入額を計算してみよう

例えば、Aさんの以下の条件で実際の借入額を計算してみます。

・年収210万円

・消費者金融から20万円借入

・携帯電話の本体代金の分割払いが10万円

この場合総量規制の対象になるのは「消費者金融からの借入20万円」と「携帯電話本体料金の分割払い10万円」です。

総量規制によって、借りられる金額は年収の3分の1と決まっているので、Aさんは70万円借りられることになっています。

そこから、総量規制の対象になっている消費者金融からの借入(20万円)と(携帯電話本体料金の10万円)を引くとAさんが借りられる額…

70万円-(20万円+10万円)=40万円

つまり、Aさんの借入額は最高40万円です。

ただし、「年収の3分の1まで借入可能」はあくまで法律にのっとった場合。

クレジットカード会社や消費者金融が借入限度額ぎりぎりの金額を融資してくれるとは考えにくいです。

実際に融資してくれる額は40万円より少なくなるでしょう。

クレジットカードとカードローンの審査の違いはない

クレジットカードとカードローンだったら、カードローンの方が審査が易しそうに感じますが、実際には対して変わりません。

それどころか収入面においてはカードローンの方が厳しい場合が多いです。

クレジットカードとカードローンの審査で見られるポイントをみていきましょう。

審査で見られるポイント

クレジットカードとカードローンの審査で重要な審査基準は3つあります。

  1. 申し込み者の支払い能力
  2. 申し込み者の信用情報
  3. 他社からの借入額

申し込み者の支払い能力

申し込み者が借入額をきちんと支払えるかを審査しています。カードを申し込むときに記入した項目を点数化し、その総合点によって審査の可否を決めてします。

この仕組みを「スコアリング」と呼び、クレジットカードとカードローンで審査方法として採用されています。

審査対象になる主な項目は以下の通りです。

  • 年収
  • 勤続年数
  • 勤務先の規模
  • 持ち家の有無
  • 配偶者の有無

高収入・大企業に勤めている・持ち家である・親と同居している、などであれば審査にプラスになります。

申し込み者の信用情報

申し込み者の信用情報を確認するために「個人信用情報機関」に登録されている信用情報を元に審査します。

個人信用情報機関にはこれまでのクレジットカードの申し込み履歴・支払い履歴・カードローンの返済状況など、金融に関する情報が記録されています。

個人信用情報機関をみれば、申し込み者が決められた日に決められた額を支払っているかが分かります。

支払いが問題なく行われていればカード会社から信用ある人物と判断され、審査に通過しやすくなります。

反対に毎回支払いを遅延している、長期の延滞があるなどの場合は審査に通過しづらくなります。

支払い料金の3ヵ月以上の延滞や自己破産・債務整理などの金融事故情報があれば、審査にはほぼ通過できません。

個人信用情報機関の情報は共有されている

日本には3つの個人信用情報機関があり、期間ごとに加盟している金融機関が異なります。

個人信用情報機関 加盟している金融機関
CIC(指定信用情報機関) 主にクレジットカード会社・信販会社
JICC(日本信用情報機構) 主に消費者金融
KSC(全国銀行個人信用情報センター) 一部の銀行・信用金庫

クレジットカードのほとんどはCIC(指定信用情報機関)に加盟しており、消費者金融のカードローンはJICC(日本信用情報機構)に加盟しています。

クレジットカードの支払いを遅延しても、信用情報機関が違うから消費者金融の審査には影響がないのでは?

と思うかもしれませんが個人信用情報機関はお互いの情報を共有しています。

そのため、1つで支払いの遅延をしてしまうとすべての情報機関に情報がいくことになるため、ほかのクレジットカードやカードローンを申し込んでも審査落ちしてしまいます。

加盟している情報機関は違っても、情報はすべて共有されているので注意しましょう。

他社からの借入額

他社からすでに多額の借入をしていると、クレジットカードやカードローンの審査に影響を与えます。

クレジットカードのショッピング枠は総量規制の対象になっていないので、他社からの借入額だけで審査落ちすることはありませんが、キャッシング枠つきのクレジットカードを申し込んだ場合は総量規制の対象になります。

カードローンでキャッシングする場合、銀行カードローンより消費者金融の方が他社からの借入額が多くても審査に通過しやすいです。

収入面はカードローンの審査の方が厳しい

なんとなくカードローンの方がクレジットカードの審査より、収入面がやさしいイメージがあるのではないでしょうか。

しかし、実はカードローンの方が収入面に関しての審査が厳しいです。

クレジットカードのショッピング枠の審査は総量規制の対象になっていないため、年収が低くでも通る可能性があります。

しかし、カードローンは借入額が年収の3分の1までと決められているため、収入がないと審査に通過できません。

クレジットカードの中には、専業主婦や学生など、収入がなくても親や配偶者に安定収入があれば申し込めるカードも多いです。

それに対して、アコム・プロミスなどのカードローンは、申し込み者本人に安定収入がないと申し込めません。

さらに銀行カードローンは消費者金融のカードローンより金利が低く、利用限度額も高いため、求められる収入の基準は高くなります。

50万円以上の借入の場合は収入証明書が必要

借入希望額が50万円を超える場合は、収入を証明する書類が必要です。

高額な金額を貸すため確実に返済できる証明が欲しいためです。

会社員の場合、収入を証明する書類として使えるものは以下の通りです。

  • 給与支払明細証書(連続2か月分)
  • 源泉徴収票
  • 課税証明書

自営業の方やアルバイトの方は、以下の書類が必要です。

  • 課税証明書
  • 確定申告書
  • 支払い調書

また、1社の借入希望限度額が50万円以下でも、他社からの借入額と今回の借入金額の合計が100万円を超える場合は収入証明書類が求められることもあります。

書類は最新発行のものが必要です。50万円以上の融資を希望する場合は、最新の証明書を発行しましょう。

クレジットカードとカードローンのキャッシング枠、どちらを選ぶべき?

「現金が必要」ということであれば、クレジットカードのキャッシング枠よりカードローンを利用した方がお得です。

クレイジットカードの本来の利用用途はショッピング目的です。キャッシング枠がついているものの、あくまでクレジットカードの付帯機能に過ぎません。

そのため、クレジットカードはカードローンよりも金利が高く設定されています。

金利 限度額
クレジットカードのキャッシング 15.0%~18.0% 最高500万円程度
カードローン 3.0%~18.0% 最高800万円程度

以上の状況を踏まえて、利用シーンごとにどちらがいいのかまとめてみます。

  • 1社から多くの現金を借りたい…カードローン
  • 現金をたくさん借りたいけど利息は少なくしたい点んカードローン
  • 学生だけどまとまったお金が必要…クレジットカード
  • 海外でキャッシングしたい…クレジットカード
  • すぐにお金を引き出したい…クレジットカード

カードローンはクレジットカードより借入限度額が高く、金利が低いので「多くの現金を利息を少なくしてキャッシングしたい」という方に向いています。

ただし、カードローンが利用できるのは20歳以上の方のみです。

20歳以上でアルバイトをしている学生ならカードローンを申し込めすが、20歳未満の方やアルバイトをしていない方はクレジットカードを使ってのキャッシングしたできません。

また、カードローンは海外でのキャッシングに対応していません。海外キャッシングを利用したい場合はクレジットカードを利用しましょう。

クレジットカードとカードローンの併用はできるけど避けよう

クレジットカードを持っているけど、カードローンで借入したい。反対にカードローンで借入しているけどクレジットカード利用したい…という方も多いでしょう。

クレジットカードとカードローンは規制する法律が異なるので併用は可能です。

しかし、カードの枚数が増えるとお金の管理が大変になり、返済不能になってしまう可能性があります。

特にクレジットカードの返済方法をリボ払いにしている方は特に注意が必要です。

リボ払いで限度額がいっぱいの状況になっていると、毎月の元金が返済できず、リボ手数料だけでを支払い続けることになります。

その状態でカードローンを借入すると返済不能になる可能性が非常に高いです。

クレジットカードとカードローンの併用は可能ですが、自己破産する恐れがあるので、出来る限り避けましょう。

カードローンの借入額はクレジットカードの審査に影響を与える

カードローンから借入をしていると、クレジットカードの審査に影響を与えます。

キャッシング枠を付けていないクレジットカードを申し込む場合もです。

クレジットカード会社は、カードローンからお金を借りている方に対して「お金のない人」「貸し倒れのリスクがある人」と判断します。

借入がある人はその分毎月の負担が増えるので、きちんとカード利用額を支払てもらえるかどうか不安になってしまうのです。

他社からの借入額が多いと、スコアリングの際に点数が低くなってしまい、審査落ちしてしまいます。

クレジットカードの審査に影響を与える借入や支払いは以下の通りです。

  • カードローン
  • 銀行カードローン
  • クレジットカードのキャッシング
  • リボ払いの残高

また、以下の借入やローンの状況やクレジットカードの審査に直接影響はしません。

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 奨学金
  • 携帯電話の本体料金分割払い

携帯電話の本体料金って審査に影響するんじゃないの?

 

携帯電話の本体料金のローンを組んでいることは審査に影響しないよ!

 

ローンを組んでいるだけなら、何の影響もないけど、料金を滞納するのはどのローンでもNG…審査に影響してしまうから気を付けてね。

 

クレジットカードとカードローンの違いを知って正しく使おう

クレジットカードとカードローンの違いと審査の影響を解説しました。

クレジットカードとカードローンのキャッシング枠は用途は同じですが、金利・利用限度額・使える場所が異なります。

クレジットカードでキャッシング カードローンでキャッシング
金利 15.0%~18.0% 3.0%~18.0%
年会費 カード毎に異なる 無料
申し込み可能年齢 18歳以上 20歳以上
借入限度額 最高500万円程度 最高800万円程度
返済方法 一括払い・リボ払い 一括払い・リボ払い
繰り上げ返済
盗難補償 カード毎に異なる
増額
ポイント × ×
 海外キャッシング 〇  × 

自分の利用する目的によって、どちらに申し込むか選びましょう。

また、カードローンを利用して借入しているとクレジットカードの審査に通りにくくなってしまいます。

クレジットカードの審査に通りたい方は、まず現在の借入を減らしてから申し込みましょう。

タイトルとURLをコピーしました