派遣社員は在籍確認の電話はある?勤務先は派遣元を記入しよう

派遣社員は在籍確認の電話はある?勤務先は派遣元を記入しよう クレジットカード審査

クレジットカードの審査で求められることがあるものに在籍確認が挙げられます。

職場に電話連絡が来るものですので、可能な限り避けたいと考えている人も多いのではないでしょうか。
この在籍確認を特に気にしているのが派遣社員でしょう。

そもそも派遣社員でも在籍確認があるのかどうかを気にしている人もいるはずです。ここでは派遣社員の場合にも在籍確認はあるのかどうか、そしてある場合にはどのように対応すれば良いのかをご説明します。

派遣社員は在籍確認の電話はあまりない

結論としては派遣社員の場合には在籍確認の電話があまりありません。電話なしでクレジットカードを発行できるケースも多々あります。

もちろん、派遣社員に対しても在籍確認をしているかどうかはクレジットカード会社の方針によります。電話なしでクレジットカードを発行できることも多々ありますが、全てのクレジットカード会社で電話がないとは言い切れません。あくまでも電話なしのクレジットカード会社が多いというだけです。

クレジットカードの発行において在籍確認は必須の手続きではありません。クレジットカード会社が申し込みの正当性を確かめるために実施しているものです。そのため、クレジットカード会社の判断で在籍確認が実施されないこともあるのです。

個人保護法の関係で在籍確認は拒否される

なぜ派遣社員は在籍確認の電話が少ないのでしょうか。派遣社員に対しても在籍確認をすればよいと考えるかもしれません。

派遣社員に対して在籍確認の電話が少ない背景には個人情報保護法の影響があります。こちらの法律を踏まえると、本人の同意なく在籍しているかどうかに回答できなくなってしまいます。仮にクレジットカード会社からの連絡であっても、本人に確認することなく対応ができないのです。

このような状況ですので、同意を得ていない派遣社員が在籍しているかどうかは答えられなくなっています。そして、クレジットカード会社側もこの事実を認識しています。

在籍確認をしても回答してもらえないと考えているわけです。回答を得られないケースが多いですので、最初からクレジットカード会社も派遣社員に対して在籍確認をしない傾向となりつつあります。

在籍確認で聞かれること

在籍確認ではどのようなことが聞かれるのでしょうか。何かしら不都合なことが聞かれないかと心配されるかもしれません。

在籍確認で聞かれることは、その人が本当に働いているのかということだけです。例えば「私、〇〇と申します。△△様はいらっしゃいますでしょうか」といった内容です。クレジットカード会社は担当者の個人名で連絡をしてきて、申し込みをした個人が在籍しているかを確認します。

聞かれることはこれだけですので、あとは適切に対応をすれば問題はありません。もし自分で電話を受けられるのであれば「私です」などと在籍していることが判断できる対応をすれば良いでしょう。

また、自分で電話を受けられない場合でも「△△は外出しております」など在籍していることが判断できる対応をしてもらえば問題ありません。

他にいろいろと聞かれると思われることもありますが、在籍は勤務先にかかってくるため短時間の会話で完了します。在籍していることが判断できれば良いのです。

自分で電話を受け取れない場合は取り次いでもらうことも必須ではなく、他人による対応でも判断ができれば問題ありません。

細かい確認などは個人の電話番号に連絡がきます。在籍確認は1-2分で終わることも多々ある簡単なものです。

在籍確認を防ぐコツ

在籍確認を防ぐコツはあるのでしょうか。

可能な限り在籍確認を避けたいと考える人もいることでしょう。以下では在籍確認を防げるかもしれないコツについてご説明します。

キャンペーン中に申し込む

キャンペーン中に申し込みをすることで在籍確認を防げる可能性があります。

クレジットカードの発行に関するキャンペーンが実施されていると、クレジットカード会社へは多数の申し込みが発生していると思われます。通常よりも多くの審査をしなければならないと考えられるのです。

このような状態であれば、クレジットカード会社も審査を簡略化している可能性があります。つまり、日ごろは在籍確認をしていたとしても、キャンペーン期間中は割愛している可能性があるのです。

その結果、派遣社員でも在籍確認なくクレジットカードの審査に通過できる可能性があります。

キャンペーン期間中でもクレジットカード会社によっては在籍確認を徹底していることも考えられます。これは申し込みをしてみないと判断はできません。ただ、申し込みが集中する時期であれば在籍確認は割愛できる可能性があるのです。

クレヒスを積む

クレヒスを積むことで在籍確認を防げる可能性もあります。

クレヒスとはクレジットカードヒストリーの略であり、今までのクレジットカードやローンの利用履歴を指します。クレジットカードを長く正しく使い続けることを「クレヒスを積む」と表現します。

クレジットカードの審査において重要なことはクレジットカード会社から信頼してもらえるかどうかです。信頼に値する人かどうかを判断するために在籍確認があるとも言い換えられます。見方を変えてみると信頼できる人であれば在籍確認はなくなる可能性があります。

信頼できる人かどうかを判断する一つの基準はクレヒスを積んでいるかどうかです。他のクレジットカードやローンでクレヒスが積めていると、同様にクレジットカードを正しく利用すると判断されることが考えられます。

その結果、在籍確認をしなくとも信頼できると判断され電話連絡はなくなる可能性があります。

派遣社員の方は「派遣元」を記入する

派遣社員の場合には、クレジットカードの申し込み時に派遣元を記入することが基本です。実際に自分が所属している企業について記入をします。

クレジットカードの申し込みの際にはどちらを記入すればよいのか判断できていない人もいます。迷った結果、派遣先を記入してしまう人もいます。

しかし、クレジットカードの申し込みで重要視されるのはどこから給料を得ているかです。ここで安定した収入があるかを判断されます。

実際に給料を支払っているのは派遣先ではなく派遣元です。そのため、クレジットカードの申し込み時には、給料を支払ってくれている派遣元の情報を記入する必要があります。また、本人確認が発生する場合にも、こちらに連絡が来るようにしなければなりません。

派遣先と派遣元をどっちも書くケースもある

クレジットカードによっては派遣元と派遣先の両方を記入しなければならないこともあります。この場合には指示に従って両方の情報を記入するようにしておきましょう。

基本的には電話連絡は派遣元にかかってくる仕組みです。派遣先に対して電話連絡が来るケースは少ないと考えてよいでしょう。また、派遣先に電話連絡がきたとしても、基本的には個人情報保護法の観点から回答してもらえません。

派遣社員でも審査に通る!

派遣社員でもクレジットカードの審査に通ります。在籍確認に対応できないからといって審査に落ちてしまうわけではありません。

在籍確認のことがネックとなってクレジットカードの申し込みを躊躇してしまう人はいます。派遣社員ではクレジットカードの審査に通らないと決めつけている人もいるぐらいです。

しかし、実際には派遣社員でもクレジットカードの審査には通過できます。最初から諦める必要は何もありません。しかも、在籍確認も無くクレジットカードが発行できることもあります。

審査があることには違いがありません。しかし、派遣社員でも通過できる可能性がありますので、まずは申し込みをしてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました