カード会社からの電話を無視すると審査に影響する?本人確認で聞かれる内容

カード会社からの電話を無視すると審査に影響する?本人確認で聞かれる内容 クレジットカード

時折クレジットカード会社から電話連絡がくる場合があります。いきなりクレジットカード会社から電話連絡が来ると、何事かと心配になるかもしれません。

クレジットカード会社から連絡が来るのは何かしらの理由があります。その理由を理解されておけば、クレジットカード会社からの電話連絡も怖くはありません。

ここではクレジットカード会社からなぜ電話連絡が来るのかを説明します。

審査時のカード会社から電話連絡がある理由

クレジットカード会社からの電話連絡で多いものは審査時の連絡です。

クレジットカードに申し込みをした後に、審査の過程で電話連絡されることが多々あります。なぜ審査の際に電話連絡されるのかをご説明します。

本人確認は申し込みの確認

審査の電話連絡で多いものは本人確認です。本人確認は実際にクレジットカードを本人が申し込みしたかを確認されます。

基本的にはクレジットカードはインターネットから申し込みできます。そのため場合によっては本人以外がクレジットカードに申し込みをすることも考えられます。それは多いとは思われませんが、可能性としてあり得ることには違いがありません。

そのためクレジットカード会社は、念のために本人がクレジットカードに申し込みをしたか確認しています。これが審査で本人確認として電話連絡がくる理由です。

また、クレジットカード会社によっては申し込み内容の確認などをしてくることもあります。特にキャッシング枠を付帯させる申し込みの場合には、申し込み内容が正しいかどうか電話で確認されることがあります。どちらの場合にも誤りがないか確認されるだけですので、特段電話連絡を心配する必要はありません。

在籍確認は仕事の確認

在籍確認で電話連絡をされることもあります。在籍確認はクレジットカードの審査において、申し込みの記載内容の通りに勤務しているかを確認するものです。

クレジットカード会社も申し込み内容を鵜呑みにするわけにはいきません。申し込み内容が正しいかどうかを確認しなければならないのです。

その確認方法として、直接勤務先に電話連絡をして在籍しているのかを確認しているのです。クレジットカード会社としては、記載されている通りに勤務していることが分かれば問題ありません。

そのため本人が電話には対応できなくとも、何かしら本人が在籍していることが分かれば電話連絡が完了します。

在籍確認の電話連絡では、本人が在籍していることが判断できないと審査に落ちてしまいます。

申し込み内容が正しいことを確認するための電話連絡ですので、正しいかどうかの判断ができなければ意味がありません。そのため自分で対応できないような場合には、自分が在籍していることが分かるような対応をしてもらう必要があります。

審査以外で電話があるのはなぜ?

クレジットカード会社は審査以外でも電話連絡をしてくることがあります。

なぜ審査以外でも電話連絡をしてくるのでしょうか。審査以外で電話連絡が発生する場合についてご説明します。

カードの不正利用がある場合

クレジットカードの不正利用があるのではないかと疑われる場合に電話連絡が来ます。

クレジットカード会社は常にクレジットカードの不正利用を監視しています。不正利用を監視するための仕組みがあり、自動的に不正利用を検知する仕組みが用意されているのです。万が一何かしらの不正利用が検知されると、クレジットカードの保有者に電話連絡がいく仕組みです。

クレジットカード会社は不正利用を検知する仕組みを用意していますが、検知の内容は必ずしも正しいとは言い切れません。場合によってはクレジットカードを保有者が利用していても、誤って不正利用と判断することがあります。

そのような誤った判断の可能性もありますので、電話連絡で不正利用かどうかの確認をしています。また、クレジットカードの不正利用であった場合、クレジットカードをすぐさま止める手続きをしなければなりません。

そのような手続きの確認をするためにもクレジットカード会社は電話連絡をしています。
不正利用に対する連絡の場合、電話連絡の対応ができないとクレジットカードが停止されることがあります。

電話連絡に対応できなかったことで、いつのまにかクレジットカードが止まることがありえますので注意が必要です。

支払いが延滞しているので催促している

クレジットカードの支払いが遅延していることで、催促の電話連絡がくる場合もあります。

クレジットカードはあらかじめ決められた日程で支払いをしなければならないものです。この期日に支払うことを約束していますので、支払いに遅れてしまうと信用力が下がってしまいます。

ただ、人間ですので稀に失敗をしてしまうことはあります。どんなに注意をしていても不注意で口座残高が不足してしまうことは十分にあり得ます。そのため、クレジットカード会社も若干の遅延であれば電話連絡では催促してこないことがあります。

クレジットカード会社が電話連絡で催促してくるのは、支払いが長期にわたって遅延している場合です。以下では具体的にどの程度支払い遅延をするとクレジットカード会社から電話連絡が来るのかをご説明します。

1ヵ月以上の延滞があると電話がかかってくる

クレジットカード会社から電話連絡で支払いの催促が来るのは、概ね1ヶ月以上支払い遅延している場合です。

数日程度の支払い遅延で再引き落としに成功した場合、クレジットカード会社は連絡をしてこないケースもあります。人間はミスをすることもありますので、頻繁に支払い遅延を引き起こしていなければ黙認されることがあるのです。

しかし、支払遅延が1ヶ月以上になった場合、クレジットカード会社も黙認はしてくれません。特にクレジットカードを使い続けているのであれば、1ヶ月以上支払い遅延をすると次回の支払日が来てしまいます。

クレジットカード会社もそのような状況で使い続けさせるわけにはいきません。そのため電話連絡をしてどのような状況であるのかを確認するのです。

基本的に電話連絡で支払い遅延の催促が来ている場合、クレジットカードの利用は停止されると考えた方が良いでしょう。支払いができない人にクレジットカードは利用させられませんので、クレジットカード会社の判断で利用が停止させられてしまいます。

電話連絡においていつ支払いをするかやどのような手続きが必要であるのかを確認されたり説明されたりします。電話連絡に対応しなければ必要な内容も分からなくなってしまいます。何かしら思い当たる節がある場合には、クレジットカード会社からの電話連絡に必ず対応しなければなりません。

3ヵ月以上の延滞は郵便物で会社に連絡がくることも

3か月以上の延滞がある場合には会社に郵便物が届くこともあります。電話連絡をしてもなお対応をしなければ、クレジットカード会社もどんどんと強硬手段に出るのです。

ただ、郵便物での連絡は電話連絡で誠実な対応をしない場合などに限られています。電話連絡がきた際に状況を伝えて、支払いのめどなどを連絡していればすぐに郵便物で連絡は来ません。

電話連絡で約束したとおりに支払いすることを心がければよいのです。

カード会社からの電話に出ないと審査落ちする

クレジットカード審査の場合には、電話連絡に対応しないと審査落ちしてしまいます。申し込み内容に問題がなくとも本人確認で電話されていますので、これに対応できないことは本人確認ができないことを意味します。

クレジットカードの審査は各社ごとに様々な手順が決められています。その手順に沿えない場合には問答無用で審査に落とされてしまうのです。電話連絡が必須のクレジットカードであれば、電話連絡に対応しないと審査に落ちてしまいます。

ただ、電話連絡に対応しないとすぐに審査に落ちてしまうわけではありません。複数回電話連絡をもらえることもありますし、折り返しをすればよい場合もあります。

ただ、何もしなければ審査落ちしてしまうことは理解をしておきましょう。

知らない番号は検索にかけて折り返そう

知らない電話番号から電話連絡が来ると、怖くて無視をしてしまう人もいることでしょう。クレジットカード会社はフリーダイヤルで連絡してくることもあります。なおさら心配で無視をしてしまう人もいます。

ただ、クレジットカード会社からの電話連絡には重要なものが多々あります。そのため電話連絡があった場合には、基本的に対応をしなければなりません。

知らない電話番号から電話があった場合は、クレジットカード会社である可能性があります。これはインターネットで検索をすることで判明する場合があります。

クレジットカード会社からの電話連絡には戸惑う人も多いですので、検索している人が多々いるのです。検索している人が多いことで、クレジットカード会社の電話番号かどうかも判断しやすくなっています。

クレジットカード会社の電話番号であるならば、自分から折り返しをするようにしましょう。再度かけ直しをしてくることもありますが、自分から折り返しをすることがベターです。急ぎの電話連絡であることも考えられますので、かけ直しておくに越したことはないのです。

ただ、気づいたタイミング次第ではクレジットカード会社の営業時間外ということもあり得ます。このタイミングで電話連絡をしたとしても、クレジットカード会社との会話はできません。折り返しておいた方が良いですが、時間帯には注意をしておきましょう。

審査の電話で聞かれる内容とは?

クレジットカード審査の電話で聞かれる内容にはどのようなものがあるのでしょうか。

基本的に審査で聞かれる内容はクレジットカードの申し込み内容が正しいかどうかです。特に申し込み内容
に問題がなくても確認の電話連絡が来ることはあります。

これは申し込みした内容が本人の意思に反していないかを念のために確認するものです。この確認を済ませてからクレジットカードの審査を進める仕組みとなっています。内容に問題がないのであれば、正しく申し込みができていることを伝えるだけです。

それ以外にも申し込み内容が本当に正しいかを確認されることもあります。これはクレジットカード会社が審査にあたり、申し込み内容に間違いがあるのではないかと疑った時に発生する電話連絡です。クレジットカードの審査では申し込み内容を踏まえた審査が実施されます。

申込内容に誤りがある場合は正しく審査が実施できません。そのため誤りがないかを電話連絡で確認するのです。

場合によっては電話連絡なしで虚偽の申告をしたと判断されることもあります。この場合にはクレジットカードの審査に落ちてしまいます。誤りを正すために連絡してもらえる場合もありますが、そのようなことには期待せず正しく申告することが重要です。

タイトルとURLをコピーしました