クレジットカードは断捨離すべき!増えすぎたカードを減らす方法

クレジットカードは断捨離すべき!増えすぎたカードを減らす方法 クレジットカード

「ショッピング先ですすめられたクレジットカードを作っているうちに財布がカードでぱんぱん…」

必要に応じてクレジットカードを使い分けているなら問題ありませんが、使わないクレジットカードを所持していると

  • ポイントが分散して貯まりにくい
  • 年会費がかさむ
  • カードを使い過ぎる危険がある

などのデメリットがあります。

必要のないクレジットカードを持っている方はこれを機会に「クレジットカードの断捨離」を始めましょう!

財布も軽くなりますし、節約にもなります。

でも、どのカードから解約すればいいのか、簡単に解約していいのか不安がありますよね。

ここではクレジットカードの断捨離方法について解説していきます。

クレジットカードの断捨離をするべき理由

クレジットカードが支払いがしやすく、ポイントも貯まるので「いくらあっても困らない!」「持ってれば持っているほどお得」なイメージを持っている方もいるかもしれませんが、これは間違い。

クレジットカードを必要以上に持ちすぎていると以下のデメリットがあります。

  • ポイントが分散して貯まりにくい
  • カード枚数が増えて年会費がかさむ
  • カードを使い過ぎる危険がある
  • 悪用されても気づきにくい

ポイントがなかなか貯められない…お金をつい使いすぎてしまう、という方は断捨離をしましょう。

ポイントが分散して貯まりにくい

クレジットカードを利用すると利用額によってポイントが貯まります。これはみなさん周知の事実ですよね。

しかし、クレジットカードで貯まるポイントはクレジットカード会社のものです。カードを複数枚持っていると、どのカードにどのくらいポイントが貯まっているのか把握しずらくなります。

久々に貯まっているポイントを確認しようと思ったら、あれもこれも有効期限切れで全然ポイントが貯まらない…という状況になってしまいます。

カード枚数が増えると年会費がかさむ

年会費無料のクレジットカードを所持しているなら問題ありませんが、年会費有料のカードを持っている場合は要注意です。

クレジットカードによっては初年度だけ無料のカードや、年に1回利用しないと年会費がかかってしまうカードもあります。

「1年間は無料だからとりあえず契約していらなくなったら解約しよう」

「年に1回利用すれば無料だから問題ない」

こんな風に軽い気持ちでカードに申し込み、いつの間にか使わないカードに毎年年会費を払っている状況にもなりかねません、

カードを使い過ぎる危険がある

クレジットカードは1枚1枚利用限度額が決められていますが、その分複数枚のカードを所持していると毎月にカードで利用できる金額が大きくなります。

1枚利用限度額まで使っちゃたけど、他のカードで支払えば問題なし!と利用していると、自分が思った以上の出費になってしまうことも…。

また、カードごとに使用料金に引き落とし日が違うので、自分がトータルで使っているのか分かりにくいです。

悪用されても気づきにくい

使っているクレジットカードの利用明細をチェックしても、年に1回も利用していないクレジットカードの明細までチェックする方はいないのでないでしょうか?

使っていないクレジットカードは不正利用されてもしばらく気づくことができません。

クレジットカード会社には不正利用された際の金額を補償する保険もついていますが、保険が適応されるのは90日前までの金額まで。

クレジットカードの枚数が増えると、管理できなくなって悪用されても気づきにくいので注意が必要です。

断捨離するカードの・残す選び方

クレジットカードを持ちすぎることもデメリットを上げましたが。

クレジットカードを断捨離するにあたって、そのカードを解約するか残すかの取捨選択が必要です。

断捨離すべきクレジットカード、残すべきカードの特徴は以下の通りです。

▽断捨離すべきカード

  • 1年以上使っていないカード
  • ポイントを交換したことがないカード
  • 年会費の元が取れていないカード

▽残すべきカード

  • ポイント還元率が高い
  • 優待サービスが自分のライフスタイルにあっている
  • クレジットカードの利用履歴が積めている

断捨離すべきクレジットカード

  • 1年以上使っていないカード
  • ポイントを交換したことがないカード
  • 年会費の元が取れていないカード

1年以上使っていないカード

洋服の断捨離方法に「1年以上きていない服は捨てる」方法がありますが、クレジットカードでも全く同じことが言えます。

このショッピングセンターはときどき行くから…とショッピング系のカードを契約したけど、結局使わなあった方も多いのではないでしょうか?

ポイントを交換したことがないカード

クレジットカードは貯めたポイントを使わなければ意味がありません。

ポイントの有効期限がないクレジットカードは除いて、有効期限は通常2年程度です。

2年以上ポイントを交換したことがない、あるいは1回もポイントを交換したことがないクレジットカードは、

「ポイントを交換できるほど利用頻度が多くなかった」「貯めたポイントの使い道が自分のライフスタイルにあっていない」可能性があります。

ポイントを交換したことがなく、ポイントを失効してしまうクレジットカードは解約しましょう。

年会費の元が取れていないカード

「ゴールドカードがかっこいいから」「〇円以上使えばお得だから」と思って契約しても元がとれていないカードはありませんか?

年会費のかかるステータスカードは豪華な特典が魅力ですが、使わなればただのコレクションです。

「空港ラウンジを使いたくてゴールドカードを申しこんだけど、飛行機にのっていない」

「以前は百貨店に行っていたけど今年は行ってないな…」

年会費分カードを使いこなせてないな…と感じたら、そのカードは解約しましょう。

残すべきクレジットカード

使っていないカードは基本的に解約してOKですが、その中でも自分のライフスタイルに使っているカードや還元率が高いカードは残しておくべきです。

  • ポイント還元率が高い
  • 優待サービスが自分のライフスタイルにあっている
  • クレジットカードの利用履歴が積めている

ポイント還元率が高い

クレジットカードの通常還元率は0.5%ですが、中には還元率が1.0%以上(1.2%のものも!)のカードもあります。

還元率が高いカードで毎月の固定費(公共料金や通信代など)を支払えれば、ポイントが貯まりやすくなります。

ステータス性が欲しい方など節約にこだわらない方は還元率が低いカードをメインカードにしてもいいですが、お得を重視したい方は還元率の高いカードは解約せずに残しておきましょう。

優待サービスが自分のライフスタイルにあっている

「近所にカードで割引できるスーパーがある」「よく利用するネットショッピングがある」

このような方は自分のライフスタイルにあったカードは残しておきましょう。例えばイオンカードは毎月2回会員限定のセールがあり、会計がお得になります。

また、楽天市場や楽天トラベルを使う方は楽天カードを利用すると3倍のスピードでポイントを貯めることができます。

通学や通勤でSuicaやPASMO定期券を利用している方は、定期券とクレジットカードが一体になったカードもおすすめです。

クレジットカードの利用履歴が積めている

クレジットカードを申し込んだり、利用すると「個人信用情報機関」に信用情報が貯まります。

カードの利用を積み重ねると「毎月利用した金額をきちんと支払日に支払える人」という信用実績になります。(クレジットカードヒストリー、通称クレヒスとも呼ばれます)

クレヒスを積むと、今後のカードの審査や住宅ローンの審査、車の審査など、金融系のあらゆる審査に有利になります。

長く使っているカードや毎月細目に利用しているクレジットカードは、信用情報の宝です。

今後の審査のためにも残しておきましょう。

クレジットカードを断捨離するときの注意点

さて、断捨離するカードと残すカードを分けたらいよいよ解約…といきたいところですが、いくつか注意点があります。

  • 1度に複数枚の解約は怪しまれる
  • カードを解約すると残りを一括で支払う必要がある
  • 固定費やローンを払っている場合は登録情報の変更をする

1度に複数枚の解約は怪しまれる

クレジットカードの申し込みや利用によって個人信用情報に記録が残るという話をしました。

実はクレジットカードの解約の信用情報機関の記録に残ります。

あなたによっては必要なカードを解約した、カードの断捨離をしただけですが、書類上ではそんなことは分かりません。

もし今までのカードを解約して新しいカードを申し込むときに、1度に複数枚のカードを解約しているとカード会社から「入会特典だけ貰って解約する人」「カードの支払い延滞で強制解約になったのではないか」と怪しまれてしまいます。

解約したいカードが3枚以上ある方は年会費のかかるカードから解約し、半年ほど時間をあけてコストのかからないカードを解約しましょう。

カードを解約すると残りを一括で支払う必要がある

全く使っていないカードを解約するなら問題はありませんが、まだ支払いが残っているカードを解約しようと思うと利用した金額の一括払いを求められます。

解約したら2か月分の利用料が一気に引き落とされることになるので、銀行口座に余裕がない方は注意が必要です。

分割払い・リボ払いを利用していてもどうように手数料と元金の支払いの一括請求を求められます。

現在支払いが残っているカードはすぐに解約せず、以下の手順で解約をしましょう。

  1. カードの利用をやめる
  2. 支払いがされて未払いが0円になるようにする
  3. カードを解約する

固定費やローンを払っている場合は登録情報の変更をする

クレジットカードで公共料金やローンを払っている方は、カードを解約すると支払いが止まってしまいます。

固定費を払っているカードがある場合は、残すカードに支払いを設定しなおすか、一時的に銀行口座引き落としにして支払いの遅延のないように注意しましょう。

住宅ローン・カーローンなどのショッピングローンを組んでいる方は、支払いが滞ると個人信用情報機関にネガティブな情報として残ってしまいます。

解約する前に、カードで毎月引き落とされているものがないか確認しましょう。

その他、クレジットカードを解約するときの注意点はこちらをご覧ください。

断捨離したあとにおすすめの高還元率クレジットカードは?

残すべきカードとして「ポイント還元率が高いカード」「自分のライフスタイルにあっているカード」をおすすめしましたが、手元にそういったカードがない方も多いのではないでしょうか。

ここでは年会費が無料で還元率が1.0%以上のおすすめクレジットカードを紹介します。

断捨離して使えるカードが残っていなかった方は、是非これを機会に高還元率カードを検討してみてください。

楽天カード

楽天カード

楽天カード
カード年会費 永年無料
ETC年会費 540円
ETC発行手数料 無料
還元率 1.0%
電子マネー
申し込み資格 満18歳以上
  • 還元率が常に1.0%以上
  • 楽天市場でポイント還元率3.0%以上
  • カード年会費無料

楽天カードは年会費無料でポイントが貯まりやすく、使いやすいカードです。

通常還元率は1.0%で、100円の利用ごとに楽天スーパーポイントが貯まります。貯まったポイントは交換不要で楽天市場での買い物や楽天トラベルの値引きに利用できます。

楽天市場で常に還元率3.0%でポイントが貯まるため、楽天系サービスを使う方はもちろん、とにかく還元率が高いカードを持ちたい方にもおすすめです。

楽天ポイントカードとも一体型なので貯まったポイントを街中で利用するとこもできます。

JCB CARD W

JCB CARD W

JCBCARDW
カード年会費 永年無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 1.0%
電子マネー
申し込み資格 満18歳以上39歳以下
  • 海外旅行保険が最高2000万円
  • 通常還元率1.0%
  • Oki Doki ランド経由で最大20倍のポイント

JCB CARD Wは通常還元率が1.0%の高還元率カードです。JCBが直接発行しているプロパーカードなので、大手発行の安心感が欲しい方にもおすすめです。

JCB CARD Wは1000円の利用で2ポイントのOki Dokiポイントが貯まります。

専用のモールを利用すればAmazonで還元率2.0%、楽天市場でも2.0%とバランスよくどこのショップでもポイントを貯められます。

また、セブンイレブンで常にポイント3倍、スターバックカードへのチャージでポイント10倍のため、利用する機会が多い方におすすめです。

クレジットカードを断捨離して財布と家計をすっきりさせよう!

クレジットカードを複数持ってメインカードとサブカードで分けるとその分使える特典も増えます。

しかし使い切れないカードを持っていると、浪費や不正利用の発券も遅れてしまいます。

残すべきカードと断捨離するかカードを見分けて、カードを断捨離すれば、節約にもなりますよ。

1年以上使っていないカードがありそうな方は、急いでカードの見直しをしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました