クレジットカードのキャッシングの仕組みとは?金利が安いおすすめカードを比較!

クレジットカードのキャッシングの仕組みとは?金利が安いおすすめカードを比較! クレジットカード

「給料日前にお金がない…」そんなピンチで活躍するのがクレジットカードのキャッシング機能です。

キャッシング機能を利用すれば、今持っているカードをATMに差し込むだけで簡単にお金を借りることができます。

しかし、本来クレジットカードはショッピングの支払いで利用するもの。

キャッシングを利用したことがない方にとっては仕組みが分からず不安な方も多いのではないでしょうか。

また、キャッシングする手段はクレジットカードだけでなく、消費者金融や銀行から融資を受けられる「カードローン」もあります。

この記事では以下の疑問について解説していきます。

  • クレジットカードでキャッシングする仕組み
  • カードローンとの違いが分からない
  • 金利(利息)を安くしたいけど、どっちがいいの?

キャッシングはお金を借りる行為であり、正しい知識をもっていないと返済不能になる可能性も十分にあります。

お金がない!と焦る前に正しいキャッシングの知識を身に付けましょう。

キャッシングは現金を借りられるサービス

「キャッシング」とは金融機関からお金を借りるサービスの総称です。

キャッシングはクレジットカードのキャッシングと、カードローンのキャッシングの2種類があり、カードローンの発行元は銀行と消費者金融に2つに分かれます。

つまりキャッシングには以下の3種類があります。

  • クレジットカードでのキャッシング
  • 銀行カードローンでのキャッシング
  • 消費者金融カードローンでのキャッシング

基本的なサービスは同じです。

キャッシングを利用する際には、審査の通過が必ず必要になります。

キャッシングは給料日前や、急な出費が必要になったときに便利なサービスですが、お金を借りるには必ず利息がかかります。

クレジットカードのショッピング1回払いは手数料がかかりませんが、キャッシングには必ず金利がかかります。

キャッシング=借金だという認識をきちんと持ちましょう。

カードローンとクレジットカードのキャッシング違いは?

クレジットカードのキャッシングとカードローンのサービス内容は同じですが、「利用用途」「支払方法」「金利」に大きな違いがあります。

利用用途の違い

クレジットカードのキャシング枠はあくまで付属品です。それに対してカードローンはキャッシング利用がメインになるカードです。

そのためキャッシング機能が付帯していないクレジットカードも存在します。ほとんどの法人カードはキャシング枠の設定ができません。

急な出費で一時的のお金が必要になったときに検討したいのがクレジットカードのキャッシング枠です。

支払い方法の違い

クレジットカードのキャッシング枠はあくまで一時的にお金が必要になったときに利用するサービスのため、支払い方法は「一括払い」が一般的になっています。

カードローンの返済方法は毎月に決まった金額を少しずつ返す「リボ払い」が一般的です。

一括払いの支払いのメリット・デメリット
  • 〇 支払いが長期化せず、利息を少額に抑えられる
  • × 翌月の負担が大きい

一括払い期限日にキャッシングした額を全額支払う方法です。キャッシングしてから返済するまでのスパンが短いので、利息の発生を少額におさえられます。

しかし、支払日に全額支払う必要があるため、翌月の支払いの負担額が大きくなってしまいます。

リボ払いのメリット・デメリット
  • 〇 毎月の返済額が一定で月の負担が少ない
  • × 完済までに時間がかかる

リボ払いはキャッシングした額を、毎月少額ずつ支払う返済方法です。毎月の返済額は自分で設定できるので、無理のない範囲で返済ができます。

キャッシングした金額が大きく一括での返済が厳しい場合に便利です。

しかし、毎月の少額を返済していくことになるので、返済完了までの期間が長くなります。

返済が長期化してしまうと、その分の利息がかかり、一括払いよりも利息がかかってしまいます。

一括払いと比べて返済総額が多くなってしまうのが、リボ払いのデメリットです。毎月に返す金額がいくらなのか、いつまでに返済ができるのか計画をしっかり立てる必要があります。

金利の違い

クレジットカードのキャッシング金利は、カードローンの金利よりも高く設定されています。

主要クレジットカードのキャッシングとカードローンの金利を比較してみましょう。

▽クレジットカードキャッシングの金利

クレジットカード 金利
JCB 15.0~18.0%
三井住友カード 15.0~18.0%
オリコカード 15.0~18.0%
楽天カード 18.0%
イオンカード 7.8~18.0%
ニコスカード 14.94~17.94%
セゾンカード 12.0~18.0%
 ライフカード 18.0%
 エポスカード 18.0%
 UCカード 15.0~18.0%
 ビューカード 18.0%

カードの種類によって金利額はまちまちですが、ほとんどのクレジットカード会社の金利が18.0%となっています。

▽カードローンの金利

消費者金融 金利
アコム 3.0~18.0%
プロミス 4.65~17.8%
アイフル 3.0~18.0%
SMBCモビット 3.0~18.0%
レイクALSA 4.5~18.0%
銀行カードローン 金利
りそな銀行カードローン 3.5~12.475%
 ソニー銀行カードローン  2.5~13.8%
 イオン銀行カードローン  3.8~13.8%
 みずほ銀行カードローン  2.0~14.0%
 三井住友銀行カードローン  4.0~14.5%
 楽天銀行「スーパーローン」  1.9~14.5%
 三菱UFJ「バンクイック」 1.8~14.6%
 住信SBIネット銀行カードローン 1.59~14.79%

大手消費者金融の金利の上限はクレジットカードのキャッシングと同じ18.0%ですが、下限は低くなっています。

銀行カードローンは消費者金融やクレジットカードのキャッシングより金利が安く設定されていますが、その分キャッシングの審査が厳しいです。

利用用途に合わせたキャッシング手段を選ぼう

クレジットカードのキャッシングとカードローンのキャッシングは「利用用途」「支払方法」「金利」に違いがあります。

そのため自分の利用用途や返済スタイルにあった、キャッシング手段選びが大切です。

給料日前に一時的にお金が必要になったが、翌月に一括払いができそうなときは「クレジットカードでのキャッシング」

一括払いが難しいなら「カードローン」の利用がおすすめです。

クレレジットカードのキャッシングは金利が高いので、一時的にお金が必要で確実に翌月返せる方のみにしましょう。

また、消費者金融によっては「30日間無利息キャンペーン」を実施している会社もあります。

30日で返済のめどが立っており、無利息で利用したい方はカードローンを検討してもいいでしょう。

キャッシングの利息の計算方法

クレジットカードのキャッシング金利は一般的に100万円未満の借入で18.0%、100万円以上の借入で15%が相場になっています。

ところで金利と利息の違いは、お金を貸した側か借りた側なのかの違いです。

  • 金利…お金を借りる側が、借りたお金に追加で支払う金額の割合
  • 利息…お金を貸した側が、貸した額に追加で受け取る金額のこと

一か月間借入した場合の利息の計算方法は以下のようになります。

借入金額×金利÷365日×一か月=1か月分の金利

例えば、金利18.0%のクレジットカードで10万円を1ヵ月間キャッシングした場合、「借入金額×金利÷365日×一か月=1か月分の金利」に当てはめると

10万円×18.0%÷365日かける30日=1479円なので、一か月にかかる金利は1479円になります。

金莉18.0%という数字は1年間にかかる利率のため、借りた金額に金利を変えて365日で割ると1日あたりの利息が求められます。

その金額に1ヵ月分の日数(30日or31日)をかけると、1か月分の金利が計算できます。

クレジットカードでキャッシングする際の注意点

手持ちのクレジットカードをATMに差し込めば現金が手にできるキャッシング。

便利なサービスですが、以下のような注意点があります。

  • クレジットカードキャッシングの金利は高い
  • キャッシング枠が設定されていないカードはキャッシング利用ができない
  • キャッシング枠を申し込むと強制解約になる場合もある
  • キャッシングの情報は個人信用情報機関に記録される
  • 不正利用をされても補償がない

クレジットカードキャッシングの金利は高い

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違いで説明しましたが、クレジットカードの金利は総じて高めです。

クレジットカード 金利
JCB 15.0~18.0%
三井住友カード 15.0~18.0%
オリコカード 15.0~18.0%
楽天カード 18.0%
イオンカード 7.8~18.0%
ニコスカード 14.94~17.94%
セゾンカード 12.0~18.0%
 ライフカード 18.0%
 エポスカード 18.0%
 UCカード 15.0~18.0%
 ビューカード 18.0%

キャッシングした翌月に返済できれば、利息の負担はまだ少なくて済みますが、返済が遅れるとその分高い金利を払い続けていくことになります。

リボ払いに変更しても金利が高いのには変わりありません。100万円以上など多額な返済が必要になりそうな場合は、消費者金融や銀行カードローンも視野に入れて検討しましょう。

キャッシング枠が設定されていないカードはキャッシング利用ができない

クレジットカードのキャッシング枠はあくまでショッピング枠のおまけです。そのためクレジットカードによってはキャッシング枠の設定自体がない場合があります。

特に法人カードなどはキャッシング枠が付帯していない傾向が高いです。

また、キャッシング枠を設けているカードでもキャッシング枠がついていなければ、申し込んでつけてもらう必要があります。

クレジットカードのキャッシング枠の審査は結果がでるまで1週間程度必要です。お金が必要なタイミングでも、キャッシング枠がついていないクレジットカードだとお金を借りられないので注意してください。

キャッシング枠を申し込むと強制解約になる場合もある

キャッシング枠はショッピング枠と別の審査が行われます。キャッシング枠は総量規制の対象になっており、取り締まる法律もショッピング枠とキャッシング枠で異なっています。

キャッシング枠を申しこんで、キャッシングだけの審査落ちだけで済めばいいですが、最悪の場合カードの更新審査にも落ちて強制解約になる可能性もあります。

毎月カードの支払いを滞りなく行えているなら、キャッシング枠を申し込んだだけで解約になるリスクは低いですが、支払い料金の延滞が多い方は要注意です。

また、楽天カードのようにこれまでの利用実績に関わらず、キャッシング枠申請が原因で強制解約になるケースもあります。

キャッシングの情報は個人信用情報機関に記録される

クレジットカードを申し込んだり利用すると「個人信用情報機関」に記録が残ります。

信用情報に残る記録は、申し込みや支払い情報の記録だけではなく、キャッシング利用の有無も記録されます。

キャッシング利用の情報は他のカードの審査を受ける際や、住宅ローンや車のローンなどの審査を受ける際に不利になる可能性があるので、注意が必要です。

キャッシングはあくまで借金です。カード会社はどういった経緯でお金が必要になったのか、書類上では分かりません。

そのため、「キャッシングの利用がある=お金に困っている人」というイメージがあるため、審査に通りづらくなっていまいます。

不正利用をされても補償がない

クレジットカードは不正利用されても、カード会社が不正利用額を全額補償してくれるサービスがあります。

しかし、キャッシングの不正利用に関しては補償の対象外になり、利用者が全額負担しなければいけません。

キャッシング枠があっただけで不正利用されてしまっても補償の対象外になってしまうので、使わないキャッシング枠が解約するのが安全です。

キャッシングを利用してお得に返済する方法

クレジットカードでキャッシングすると利息が高くつきます。

「給料日前でお金がないだけで、あと3日したらお金が入る…」このような場合、高い金利を支払い続けるのは勿体ないですよね。

クレジットカードを使ってキャッシングした場合でも以下の2つの方法を利用すれば、手数料を抑えてキャッシングができます。

  • 一括払い
  • 繰り上げ返済

クレジットカードでキャッシングした場合は、返済方法を「一括払い」「繰り上げ返済」の2つから選択することができます。

リボ払いはキャッシングした金額を自分で少しずつ支払っていく方法なので、支払いのコントロールがしやすいですが、返済期間が長引いて利息が高くつく期間があります。

キャッシング手数料を安く済ませたいなら、一括払いを選択しましょう。

一括払いが厳しい方は繰り上げ返済を行う

一括返済は利息を減らすことができますが、返済を支払日まで待つことになるため、1ヵ月分の利息がかかってしまいます。

「給料が入ればすぐに返済できるのに1ヵ月分の利息なんて支払いたくない!」…そんな方は「繰り上げ返済」がおすすめです。

繰り上げ返済とは、金銭的の余裕があるときに元金の返済を繰り上げて支払う返済方法です。

借入して日が浅いうちに繰り上げ返済が行えれば、1ヵ月分の利息を支払うことなく返済ができます。

キャッシング手数料を少しでも減らしたい方は「一括返済」と「繰り上げ返済」、どちらも検討してみてください。

キャッシングを利用するのにおすすめのクレジットカード

クレジットカードでのキャッシングは基本的に補助的なサービスなので、金利が高額だったり審査に時間がかかったりと不便もあります。

キャッシングを利用したいなら、通常のクレジットカードではなく、キャッシングに特化したクレジットカードの申し込みがおすすめです。

各クレジットカード会社はリボ払いができる専用のカードを発行しています。「お金を借りたいけどカードローンはなんだか怖い…」という方はリボ専用カードを検討してみてください。

アコムACマスターカード

アコムACマスターカード

アコムACマスターカード
カード年会費 永年無料
ETC年会費
ETC発行手数料
還元率
電子マネー
  • 消費者金融アコムの独自審査
  • オンライン申し込みで30分審査可能
  • 無人契約機「むじんくん」で最短1時間でカードを受けとれる

ACマスターカードは消費者金融アコムが発行するクレジットカードです。クレジットカードといってもサービス内容はほカードローンに近いのが特徴。

キャッシングの金利は通常18.0%ですが、はじめてアコムのカードを利用する方は最大30日間はキャッシング金利が0円です。

30日の間に繰り上げ返済を使って利用額をすべて返済できれば、利息は0円で済みます。

また、アコムACマスターカードは即日発行に対応しているのもメリットです。

ネットで申し込みをし、全国にある無人契約機「むじんくん」でカードを受け取れれば、当日中に発行ができます。

ジャックスR-styleカード

ジャックスR-styleカード

ジャックスR-styleカード
カード年会費 初年度年会費無料
通常1250円(年1回の利用で無料)
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 1.0%
電子マネー
  • 200円で2ポイント付与の還元率1.0%
  • 12月はポイント5倍!クリスマスや年末年始に活躍
  • 年間利用額によってポイント率アップ

ジャックスR-styleカードはリボ専用カードで、手数料が9.90%と安いのが特徴です。

他のリボ払い専用カードの手数料は13.0%程度なのに対し、ジャックスR-styleカードは手数料かなり低いためできるだけリボ手数料をかけたくない方に向いています。

還元率も1.0%と高還元率なので、ポイントもしっかり貯めたい方におすすめです。

クレジットカードのキャッシングは計画的に利用しよう

キャッシングするにはクレジットカードでキャッシングする方法と、カードローンでキャッシングする2種類の方法があります。

2つは金利や返済方法が異なるので、自分に最適な方法を選ぶようにしましょう。

一時的にお金が必要なだけなら、クレジットカードでキャッシングをして「一括払い」や「繰り上げ返済」を利用しましょう。

一括で支払える余裕がないときはリボ払いでも構いませんが、きちんと返済計画を立てないと返済不能に陥ってしまうので注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました