30代おすすめクレジットカード!高ステータス・高還元率・特典からお得に比較!

30代おすすめクレジットカード!高ステータス・高還元率・特典からお得に比較! クレジットカードランキング

学生や20代のときにクレジットカードをなんとなく作ったけど、30代になったらちゃんとしたカードを持っておきたい…

20代が終わって、仕事でもプライベートでも変化がある30代。後輩におごったり、大きな買い物をする機会も増えているのではないでしょうか。

そんなときにどこに出しても恥ずかしくないカードを持っていたいですよね。

ここではそんな30代の方に、特典はもちろんステータス性も兼ね備えたクレジットカードを紹介していきます。

  1. 30代のクレジットカード選び方
    1. 30代はステータスカードと普段使いカードの2枚持ちがおすすめ
      1. ステータスカードは利用限度額が高く特典も多い
      2. 普段使いカードは固定費などの出費にあててお得に
    2. プラチナカードを狙うなら30代のうちにゴールドカードを!
  2. 30代におすすめ!ステータス性抜群のクレジットカード
    1. JCBゴールド
      1. コスパ・ステータス・デザイン性のバランスが取れたゴールドカード
      2. 上位カードJCBゴールド・ザ・プレミアのインビテーションが届く
    2. アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
      1. アメックス・ゴールドは誰もが認めるステータスカード
      2. 収入に自信がない方はアメックス・グリーンから
      3. 国内外の空港ラウンジ・プライオリティパスが使える
    3. 三井住友VISAゴールドカード
      1. 年会費割引!最大4000円でもつことも可能
  3. 30代におすすめ!普段使いにお得なクレジットカード
    1. JCB CARD W
      1. JCBオリジナルシリーズでありながら通常還元率1.0%の高還元率カード
    2. Orico Card THE POINT
      1. 電子マネーiD・QUICPay搭載で使いやすいOrico Card THE POINT
    3. 楽天カード
      1. 楽天カードと電子マネーEdy・楽天ポイントカードを搭載!
  4. 30代がクレジットカードの審査で気をつけたいポイント
    1. 30代はこれまでのクレヒスをもとに審査される
    2. クレジットカードを一度も持ったことがないスーパーホワイトに注意
    3. 申し込み内容に誤りがないようにしよう
  5. 30代のクレジットカード選びは今後に影響する!

30代のクレジットカード選び方

30代はステータスカードと普段使いカードの2枚持ちがおすすめ

30代はステータス性のあるカードと、普段使いのカードの2枚持ちをおすすめします。(もちろん、ステータスがいらない方は年会費無料の一般カードのみで構いません)

2枚持ちをおすすめする理由は「ステータスカードは基本還元率があまり高くない」からです。

食料品の購入や光熱費など毎月の決まった出費は、還元率のいいカードを選択した方がお得です。

ステータスカードは利用限度額が高く特典も多い

ステータスカードの特典としては主に以下のようなものが上げられます。

  • 空港ラウンジが使える
  • 海外・国内の旅行保険が付帯する
  • カード券面がスタイリッシュでかっこいい
  • ゴールド会員専用デスク

また利用限度額が一般のカードよりも高額に設定されているため、高額の支払いにも対応が可能です。

普段使いカードは固定費などの出費にあててお得に

公共料金や携帯電話の支払いなどは、一般のカードで支払うとポイントが貯まりやすくおすすめです。ステータスカードようにステータスや特典内容は劣りますが、常に高還元率のカードが多いです。

もちろんステータスカードの中には、利用金額によって還元率が上がるものもありますし、そもそもステータスカードを必要としていない30代の方もいらっしゃると思います。

自分が利用するシーンを思い浮かべてクレジットカード選びをしましょう。

プラチナカードを狙うなら30代のうちにゴールドカードを!

将来的にプラチナカード・さらに上位のブラックカードを持ちたい方は、30代でのクレジットカード選びが重要です。

30代のうちにクレジットカードの信用や実績を積み上げておけば、プラチナカードを手に入れられる可能性が高まります。

クレジットカード会社は自社のカードを長い間利用している人を信用し、「優良顧客だ」と判断して上位カードを発行するからです。

反対に30代で実績があまりなく、40代になってからプラチナカードにいきなり申し込んでも審査落ちしてしまい、取得に時間がかかってしまいます。

狙っているプラチナカードやブラックカードがある場合は、同じ会社のゴールドカードを申し込んで利用実績を積みましょう。

30代におすすめ!ステータス性抜群のクレジットカード

30代になったら、いざという時のためにどこでだしても恥ずかしくないカードをもっていると安心です。

ゴールドカードであれば利用限度額も高いので、残高不足でカードが切れない…そんな心配も必要ありません。

ここではステータス性と特典の充実度のバランスがとれたカードをご紹介します。

JCBゴールド

JCBゴールドカード

JCBゴールドカード
カード年会費 初年度無料
2年目以降1万円+税
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 0.5%
電子マネー
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯で最高5000万円付帯
  • 国内も空港ラウンジが無料で使える!同伴者1名も無料
  • ゴールドカード専用デスクが使える!

コスパ・ステータス・デザイン性のバランスが取れたゴールドカード

申し込み資格 利用限度額 海外旅行傷害保険 国内旅行傷害保険
20歳以上で本人に安定収入がある方(学生不可) 50万円~300万円

(審査により決定)

最高1憶円

自動付帯最高5000万円

最高5000万円
空港ラウンジ プライオリティパス ダイニング特典 専用デスク
国内空港ラウンジ+ホノルルラウンジ × 優待レストランで20%OFF

JCBゴールドカードはJCBオリジナルのカードでありながら年会費は1万円です。

年会費1万円ながら、国内空港ラウンジ+海外1ヵ所の空港ラウンジが無料で利用可能、海外旅行保険が自動付帯など様々な特典が付帯しています。

旅行保険だけでなく、飛行機遅延や手荷物遅延・紛失の保険金も付帯しています。

JCBオリジナルカードだけあって、高級感のある券面も嬉しいです。

上位カードJCBゴールド・ザ・プレミアのインビテーションが届く

JCB GOLD THE PREMIERE(JCB・ゴールド・ザ・プレミア)

JCBゴールド連続で2年間、年間100万円以上使うと「JCBゴールドザ・プレミア」のインビテーションが届きます。

ランク的にはJCBゴールドカードとJCBプラチナの中間にあたるカードなので、これからプラチナカード、さらに上のJCBザ・クラスを考えている方にもおすすめ。

JCBゴールド・プレミアには以下のような特典が付帯しています。

  • プライオリティパス付帯
  • 京都ラウンジが使える
  • ポイントの有効期限が5年
  • 対象店舗の飲食代が30%OFFになる「ダイニング30」

サービス料は年間5000円ですが、JCBゴールドを年間100万円以上使っていれば無料になります。年会費1万円でこれだけのサービスを受けられるのがJCBゴールドの魅力です。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
カード年会費 29,000円+税
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 0.5%
電子マネー
  • 国内外の空港ラウンジ無料!同伴者1名も無料
  • 提携レストラン2名以上の利用で1名無料
  • プライオリティパスが年に2回無料

アメックス・ゴールドは誰もが認めるステータスカード

申し込み資格 利用限度額 海外旅行傷害保険 国内旅行傷害保険
満20歳以上で定職か定収入がある方 一律の制限なし 最高1億円

自動付帯最高5000万円

最高5000万円
空港ラウンジ プライオリティパス ダイニング特典 専用デスク
国内外の空港ラウンジ 〇(年に2回無料) ゴールド・ダイニングby招待日和

アメックス・ゴールドはアメリカン・エキスプレス、プロパーのゴールドカードです。年会費は約30,000円と少々高額ですが、そのステータスは抜群です。

スタータスだけでなく、特典内容も充実しています。特に注目なのが「ゴールド・ダイニングby招待日和」です。

ゴールド・ダイニングby招待日和は、提携のレストランで2名以上でコース料理を予約すると1名分が無料になるサービスです。このサービスを利用すればアメックスの年会費の元を取ることは簡単です。

普通はプラチナカード以上につくサービスなので、プレミア感もあります。

収入に自信がない方はアメックス・グリーンから

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード
カード年会費 12000円+税
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 850円+税
還元率 0.5%
電子マネー
  • 独自の審査基準!
  • 空港ラウンジが同伴者1名も無料
  • 海外旅行保険・国内旅行保険も付帯

国内外の空港ラウンジ・プライオリティパスが使える

申し込み資格 利用限度額 海外旅行傷害保険 国内旅行傷害保険
満20歳以上の安定した収入がある方 一律の制限なし 最高5000万円 最高5000万円
空港ラウンジ プライオリティパス ダイニング特典 専用デスク
国内29ヵ所・海外1ヵ所の空港ラウンジが使える × ×

アメリカン・エキスプレス・カードは外資系のクレジットカードのため、独自審査をおこなっています。

通常クレジットカードの審査のときは過去の支払い状況やクレヒスを重視しますが、アメックスが重視するのは「現在の返済能力」です。

過去のクレヒスに自信がない方、年会費3万円は抵抗がある…という方はアメックスカードを検討して上位カードを目指してはいかがでしょうか。

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード
カード年会費 初年度無料
10,000円+税
条件付き割引
ETC年会費 500円
ETC発行手数料 無料
還元率 0.5%
電子マネー
  • 国内28ヵ所の空港ラウンジ利用可能
  • 海外・国内旅行傷害保険が最高5000万円付帯
  • 年間利用額によってボーナスポイントがもらえる

年会費割引!最大4000円でもつことも可能

申し込み資格 利用限度額 海外旅行傷害保険 国内旅行傷害保険
満30歳以上で本人に安定収入がある方 50万~200万円 利用付帯最高5000万円

自動付帯最高1000万円

利用付帯最高5000万円

自動付帯最高1000万円

空港ラウンジ プライオリティパス ダイニング特典 専用デスク
国内28ヵ所 × ×
三井住友VISAゴールドカードは年会費1万円のカードですが、WEB明細サービスやマイペイすリボの利用によって年会費4000円で所持することも可能です。
特典内容は他のカードに劣りますが、注目はブランドの信頼性とセキュリティシステム。
三井住友は国内で初めてVISAと提携したカードでブランドの歴史があります。
誰もが知っているブランドのゴールドカードなのでステータス性もばっちりです。
また、三井住友VISAゴールドカードは「ICチップ搭載」「ショッピング保険最高300万円補償」「写真入りカードへの切り替え可能」などセキュリティ面でも安心感があります。

30代におすすめ!普段使いにお得なクレジットカード

先ほど30代におすすめのステータス性のあるカードをご紹介しました。しかしステータスカードは特典内内容は充実していますが、ポイント還元率は0.5%程度のカードがほとんどです。

そのため光熱費や普段の買い物などは、ステータスカードでなくポイント還元率が高いカードを持つのがおすすめです。

そこでここからは、どれも年会費無料でポイント還元率が1.0%以上の普段使いにピッタリのカードを紹介します。

JCB CARD W

JCB CARD W

JCBCARDW
カード年会費 永年無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 1.0%
電子マネー
申し込み資格 満18歳以上39歳以下
  • 海外旅行保険が最高2000万円
  • 通常還元率1.0%
  • Oki Doki ランド経由で最大20倍のポイント

JCBオリジナルシリーズでありながら通常還元率1.0%の高還元率カード

JCB CARD WはWEB限定、18歳~39歳以下の方が申し込めるJCBオリジナルのカードです。申し込みは39歳以下の方までですが、39歳までに作成すれば40歳以降もずっと年会費無料です。

またカードデザインもスタイリッシュなので、店頭で出しても恥ずかしくありません。

Amazon・セブンイレブン・スターバックスで還元率アップ、Oki Doki ランド経由を経由すれば最大13倍のポイントが貯まります。

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT

オリコカード
カード年会費 永年無料
ETC年会費 実質無料
ETC発行手数料 無料
還元率 1.0%
電子マネー
申し込み資格 満18歳以上(高校生不可)
  • 入会後6か月は還元率2.0%
  • カード・ETC年会費が無料
  • 電子マネーQUICPay・iDの2つを搭載

電子マネーiD・QUICPay搭載で使いやすいOrico Card THE POINT

Orico Card THE POINTは通常還元率1.0%の高還元率カードです。電子マネーはiD・QUICPayの2つを搭載しています。

この2つの電子マネーはオリコカードと一体型になっているので、財布の中もスッキリしてスマート。

普段使いにおすすめのカードではありますが、カードの券面は「なんちゃってブラックカード」と言われるほどスタイリッシュ。

JCBブランドを選択すれば、さらにカード券面がかっこよくお会計の時も恥ずかしくありません。

オリコカード JCB

楽天カード

楽天カード

楽天カード
カード年会費 永年無料
ETC年会費 540円
ETC発行手数料 無料
還元率 1.0%
電子マネー
申し込み資格 満18歳以上

 

  • 還元率が常に1.0%以上
  • 楽天市場でポイント還元率3.0%以上
  • 楽天Edy・楽天ポイントカードと一体型

楽天カードと電子マネーEdy・楽天ポイントカードを搭載!

楽天カードは年会費が永久無料で通常還元率が1.0%以上の高還元率カードです。

どこで利用しても100円で1ポイント貯まるため、公共料金や携帯電話の支払いなどの毎月決まった出費の支払いでポイントがどんどん貯まります。

さらに楽天市場では常にポイント3倍になるため、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天系サービスを使う方に特におすすめです。
また、電子マネー楽天Edyを搭載しているためコンビニや自動販売機などの少額決済も楽天カード1枚で簡単に済ませられます。
月々の明細がアプリで管理できるのも便利です。

普段使いようのお得なカードを探している方はこちらも合わせてご覧ください。

【2019年最新】還元率1%以上のクレジットカードおすすめランキング!本当に高還元率のカードを教えます
クレジットカードの還元率ランキングで検索しているあなたは、高還率のカードは得だと知っていますよね。ここでは数々のクレジットカードを見てきた管理人が「本当に高還元率でお得なクレジットカード」紹介していきます。

30代がクレジットカードの審査で気をつけたいポイント

30代はこれまでのクレヒスをもとに審査される

現在クレジットカードを持っているかたは学生のときに申し込んでそのまま…という方が多いのではないでしょうか。

学生の頃は親の収入を基に審査が行われるため審査もそこまで厳しくなったでしょう。

しかし30代で新たにカードを申し込むとなると、見られるポイントは「これまでのクレジットカード利用履歴=信用」です。

過去にクレジットカードの支払いが滞った経験がないか、過去に事故破産を起こしたことがないかなどを審査されます。

過去に遅延や延滞がある方は審査通過率が低くなってしまうので、自分の支払い状況を確認してから申し込みをしましょう。

クレジットカードを一度も持ったことがないスーパーホワイトに注意

これまでクレジットカードを持ったことがないから、自分のクレヒスは問題ない!という考えは危険です。

なぜならこれまでカードを持ったことがない=スーパーホワイトの方もクレヒスに傷がある人同様、審査通過率が悪くなるからです。

先ほど、カード会社は申し込み者の利用履歴を審査するといいました。スーパーホワイトの方は実績がないためカード会社は「返済能力がある人なのか」が判断できなくなってしまうのです。

また、過去に債務処理(自己破産)すると全てのカード利用履歴が消え、まっさらになります。つまりスーパーホワイトと同じ状態になります。

カード会社は自己破産した人なのか、カードを使ったことがない人なのか判断がつかないため、審査に落とす可能性がでてくるのです。

申し込み内容に誤りがないようにしよう

クレジットカードを申し込む際、申し込み内容に誤りがないようにしましょう。

30代になると勤務先が変わったり、住所が変わったりしてうっかり前の住所を記入してしますことも考えられます。

そうするとカード会社は確認がとれなくて審査に時間はかかるだけではなく、最悪の場合カードの審査に落ちてしまう可能性もあります。

住所・勤務先・生年月日など間違いやすい項目はよく確認してからカードを申し込みましょう。

30代のクレジットカード選びは今後に影響する!

30代の方はワンランク上の特典がつくステータスカードを一枚持つことをおすすめします。旅行に行く際に空港ラウンジが使えたり、パートナーとの食事代がお得になります。

また、ステータスカードと同時に普段使いようの高還元率のカードも用意しておきましょう。公共料金の支払いや携帯電話の支払いをお得カードから支払うようにすれば、いつの間にかポイントも貯まっていますよ。

もしプラチナカードを狙っているなら、同じ会社のゴールドカードを申し込みましょう。

30代のうちにゴールドカードを手に入れておくと、憧れの上位カードへの道のりが近くなります!

タイトルとURLをコピーしました