セディナカードの海外キャッシング返済方法と手数料を抑える方法

セディナカードの海外キャッシング返済方法と手数料を抑える方法 セディナカード

「海外の両替は手数料が高いのをなんとかしたい」
「手数料をできるだけ抑えて両替したい」

海外の両替は手数料が非常に高く、高額の両替を行うと手数料が1,000円を超えることも珍しくありません。
そんな高い手数料はできるだけ払いたくないですよね。

そんな場合におすすめなのが、セディナカードを利用した海外キャッシングです。

キャッシングと聞くと、金利が高く使わない方が良いというイメージを持っている人は少なくないかもしれません。

しかし、セディナカードの海外キャッシングを利用することで、場合によっては手数料を100円以下に抑えられる場合もあります。

この記事ではセディナカードで海外キャッシングをするメリットや実際にキャッシングをする方法や、手数料を抑える返済方法、セディナカードの特徴について詳しく解説します。

セディナカードで海外キャッシングをするメリット

セディナカードは海外キャッシングを行う場合に非常にメリットがあるカードです。

というのも、以下の理由があるからです。

  • 現金両替より手数料が安い
  • 現地通貨を選択するとレートがいい
  • 国際ブランドはMaster Cardを選択するとレートがいい

ではそれぞれのメリットについて次で詳しく解説します。

現金両替より手数料が安い

海外でキャッシングするメリットは現金両替よりも手数料を抑えられることです。

海外で両替する場合、現金を持っている場合には両替所を利用して両替することになりますが、その際に手数料がかかります。

この手数料は、例えばドルに両替する場合には1ドルごとに手数料がかかる仕組みです。

両替所や時期によってレートが変わるため、金額は一概に言えませんが、1ドルあたりの手数料が3円だった場合、10,000円を両替すると約300円くらいかかります。

つまり10万円分両替すれば、手数料は3,000円かかることになります。このように両替金額が高くなるほど手数料も比例して増えていきます。

しかし、海外キャッシングの場合には、金利がかかるものの、手数料はかかりません。

そのため、早期に返済することができれば、海外キャッシングを利用して現地通貨を引き出す方が手数料を安く抑えられるのです。

早いタイミングで適切な方法で繰り上げ返済をすると、手数料を100円以下に抑えられる場合もあります。

ただし、金利が安いわけではないため、返済が遅れると、手数料がむしろ高くなってしまうため、出来るだけ早い返済を行うことが大切です。

セディナカードでかかるのは金利のみ

通常海外キャッシングを返済しようとすると、ATMから返済するなどの方法を取る必要があります。

あるいはネットバンクから金額を確認し振り込むという方法もあります。

これらの方法で返済すると、別途手数料がかかるため、両替手数料よりは安いものの若干損をしてしまいます。

このような場合におすすめなのが、セディナカードです。

セディナカードの場合には、Pay-easy(ペイジー)を利用することで、ネット上で繰り上げ返済ができ、その際に振り込み手数料がかかりません。

そのため、手数料が高額になりがちな両替で手数料や利息がかからず、場合によっては利息と手数料含めてが100円を下回ることも。

このようにセディナカードの海外キャッシングは、適切に利用することで、両替所よりも非常にお得に現地通貨を手に入れられるのです。

国際ブランドはMaster Cardを選択するとレートがいい

セディナカードはレートが良いMasterCardを選べることもポイントです。

国際ブランドはVISA・JCB・MasterCardなどがありますが、キャッシングを行う際、それぞれ両替レートが設定されています。

このレートは一般的にVISAやJCBよりもMasterCardの方が良いとされています。

セディナでMasterCardを利用することで、よりお得に海外キャッシングを利用できますよ。

さらに手数料を抑えるなら繰り上げ返済

海外キャッシングで手数料をより抑えるためには繰り上げ返済を行うことがポイントです。

海外キャッシングでは年利が18%となっており、非常に高く設定されています。

1ヶ月後に引き落としが行われるため、10,000円分海外キャッシングを利用した場合、30日分の金利として計算すると、金利は1.5%になり、150円の金利がかかります。

この時点でも、両替所を利用するより安くなっていますが、繰り上げ返済を行うことで、より手数料を抑えられます。

セディナカードは、そのままだと約1ヶ月後に支払いになりますが、ATMや銀行窓口を利用してそれよりも早く支払いを済ませることもできます。

仮に10,000円分の海外キャッシングを10日で繰り上げ返済した場合には、金利が0.5%程度しかかかりません。

そのため、金利と10,000円であれば、50円程度の金利しかかからないことになります。

ただし支払い方法によっては手数料がかかるため、10,000円など少額のキャッシングであれば、手数料の方が高くついてしまいます。

しかし、10万円のキャッシングと考えると、1ヶ月の金利は約1,500円、10日であれば500円です。

振込手数料を含めて考えても、繰り上げ返済の方がお得になります。

繰り上げ返済の方法は通常2種類

通常海外キャッシングを利用して、繰り上げ返済をするには以下2種類の方法があります。

  • 日本のATMで返済
  • 国際電話で金額を確認し、ネットバンクから振り込む

ではそれぞれの方法について次で詳しく解説します。

日本に帰ってATMから返済

海外キャッシングで繰り上げ返済をする方法は、日本のATMから返済する方法です。

この場合方法としては簡単ですが、日本に帰ってからしか繰り上げ返済できないことがデメリットです。

海外キャッシングをしてからすぐに帰国する予定であれば良いのですが、1ヶ月程度のスパンで帰ってくる場合には利用できない方法です。

国際電話で金額を確認してネットバンクから振り込む

海外キャッシングで繰り上げ返済をする方法は、国際電話で金額を確認してからネットバンクで振り込む方法です。

この方法であれば、海外にいても繰り上げ返済ができますが、国際通話料金がかかってしまいます。

またネットバンクに対応していない銀行の場合には、そもそも海外で振り込みができないため、利用できません。

セディナカードはPay-easy(ペイジー)からネット繰り上げ返済できる

セディナカードの特徴はPay-easy(ペイジー)を利用してネット上で金額を確認し、そのまま繰り上げ返済ができることです。

Pay-easy(ペイジー)を利用すれば、振り込みに手数料はかからないため、最小限の金利のみの支払いで返済が行えます。

海外キャッシングの方法

ではセディナカードを利用して実際に海外キャッシングをする方法について見ていきましょう。

具体的には以下の手順で行います。

  1. インターネットバンクができる口座を用意する
  2. ATMでセディナカードを入れてキャッシングする

これらの手順はあらかじめ準備さえしておけば、注意するべきことはほとんどなく、日本と同じようにキャッシングを行えますよ。

では具体的な利用方法について見ていきましょう。

インターネットバンクができる口座を用意する

まずはインターネットバンクが利用できる口座を用意しましょう。

このときPay-easy(ペイジー)を利用できる口座であると、振り込み手数料もかからないため、より手数料を抑えられます。

上記2つの条件を満たすおすすめの銀行口座は楽天銀行です。

特に銀行口座にこだわりがないのであれば、楽天銀行の口座を作っておくとよいでしょう。

この手順を海外キャッシングを利用する前にしておかないと、繰り上げ返済はできなくなるため、忘れずにしておいてください。

ATMでセディナカードを入れてキャッシングする

次に海外のATMでセディナカードを入れてキャッシングを行います。

海外ATMには対応している国際ブランドのロゴマークが記載されているため、セディナカードのブランドを確認し、対応しているATMで引き出しを行いましょう。

また、海外では盗撮用のカメラなどが仕掛けられている場合もあるため、カメラが仕掛けられていないことも必ず確認してください。

あとは日本のATMと同じように現金を引き出せば、海外キャッシングは完了です。

繰り上げ返済の方法

「セディナカードで実際にどうやって繰り上げ返済すればよいかわからない」
という人も多いのではないでしょうか。

セディナカードで繰り上げ返済するには以下の手順で行います。

  1. 「OMC Plus」で返済金額を確認する
  2. 金融機関を選択して規定に同意するをクリック
  3. 5分で繰り上げ返済が完了

一度手順を覚えてしまえば、簡単に返済できますよ。

では返済方法について次で詳しく解説します。

「OMC Plus」で返済金額を確認する

まずはセディナカードの会員ページ「OMC Plus」にて返済金額の確認をしましょう。

会員ページにログインすると、左のタブに「ご入金受付」をクリックし、「入金受付サービスPay-easy(ペイジー)」を選択して、入金金額を確認しましょう。

海外キャッシングをした直後は、引き出した時のレートが決まっていないため、少し時間が経過してから、レートの決定数値が届きます。

そのため、海外キャッシングをした直後にはレートが定まっていない場合もありますので注意してください。

キャッシングの金額が確認できたら、「申し込み」をクリックし繰り上げ返済の手続きを進めましょう。

金融機関を選択して規定に同意するをクリック

次に金融機関を選択し、払込内容の確認を行ってください。

「Pay-easy(ペイジー)の利用規約を確認の上、規約に同意します。」というところにチェックを入れて、振り込みを完了させてください。

5分で繰り上げ返済が完了

以上でセディナカードの海外キャッシングの繰り上げ返済は完了です。

一度方法がわかってしまえば、5分とかからずに繰り上げ返済をできるようになりますよ。

その他セディナカードの特徴

「セディナカードは海外キャッシング以外にどんな特徴があるかわからない」という人もいるのではないでしょうか。

セディナカードには以下の特徴があります。

  • 年会費が無料
  • セブンイレブンでポイント還元率が高い

また以下のような注意するべき点もあります。

  • 海外旅行保険は付帯されていない
  • ポイント還元率が0.5%
  • リボ専用カードもある

ではそれぞれの特徴と注意点について次で詳しく解説します。

年会費が無料

セディナカードの特徴は年会費が無料なことです。

年会費無料のカードのため、年会費などがかかることを気にすることなく、カードの申し込みができます。

そのため、海外キャッシング専用のカードにすることもおすすめです。

セブンイレブンでポイント還元率が高い

セディナカードの特徴はセブンイレブンでの還元率が1.5%と高いことです。

それ以外にダイエーなどいくつかの店舗で1.5%の還元率となっています。

注意点:海外旅行保険は付帯されていない

セディナカードで注意するべき点は、海外旅行保険は付帯されていないことです。

海外キャッシングで便利なカードですが、海外旅行保険が付帯されていないため、現地でなんらかのトラブルが起きた場合に、何の保障も受けられません。

海外の病院では保険が適用できないと治療費が高額になることもあるため、海外旅行を万全にするなら、海外旅行保険が付帯されているカードを選びましょう。

VIASOカードなど海外旅行保険が付帯されていて、無料のカードもありますのでそのようなカードを入手するのもおすすめです。

注意点:ポイント還元率が0.5%

セディナカードのポイント還元率は0.5%と決して高くはありません。

またセブンイレブンやダイエーなど一部還元率が高いものもありますが、対応している店舗も多いとは言えませn。

そのため、還元率の高いカードをメインカードとして持っておくことも選択肢です。

注意点:リボ専用カードもある

セディナカードの中にはセディナカードjiyu!da!のようにリボ払い専用のカードもあることに注意が必要です。

リボ払いは、毎月の支払い額が一定で抑える支払い方のことですが、手数料が高額になるため、考えなしに利用するのはあまりおすすめできません。

海外キャッシングするならセディナカードがお得!

この記事ではセディナカードが海外キャッシングでおすすめできる理由や海外キャッシングの方法や繰り上げ返済の方法、セディナカード自体の特徴について詳しく解説しました。

セディナカードで海外キャッシングをすると、Pay-easy(ペイジー)を利用し、繰り上げ返済を行えば、手数料を非常に安く抑えられます。

この記事でセディナカードで手数料を最小限に抑えてキャッシングする方法がお分かりいただけたのではないでしょうか。

この記事を参考にセディナカードの海外キャッシングを賢く活用してください。

タイトルとURLをコピーしました