ビックカメラSuicaカードは学生でも審査通過できる!学生にとってのメリットは?

ビックカメラSuicaカードは学生でも審査通過できる!学生にとってのメリットは? クレジットカード

Suicaが付帯されているおすすめのクレジットカードがビックカメラSuicaカードです。

Suicaを利用する人を中心に活用されているクレジットカードであり、実質年会費無料で利用できることがメリットです。

こちらのクレジットカードは学生でも審査に通過できるものです。

そのため、学生への利用もおすすめしています。今回は、学生がビックカメラSuicaカードを発行するメリットについてご説明します。

ビックカメラSuicaカードは学生でも審査に通過できる!

ビックカメラSuicaカードは学生でも発行できるクレジットカードです。

クレジットカードによっては学生の発行に対応していませんが、ビックカメラSuicaカードの場合はがあればその心配はありません1。

それではどのようにして学生はビックカメラSuicaカードを発行できるのでしょうか。学生がこちらのクレジットカードを発行する方法についてご説明します。

ビックカメラSuicaカードの審査申し込み条件

最初にビックカメラSuicaカードの審査申し込み条件を確認しておきましょう。

どのようなクレジットカードも、この条件を満たしていなければ審査を受けられません。申し込みを受け付けてもらえずに門前払いの状態となってしまいます。学生が申し込みをする場合には特に注意しておきましょう。

公式サイトを確認してみると、ビックカメラSuicaカードの申し込み条件は以下のように記載されています。

  • 日本国内に住所があること
  • 電話連絡がとれること
  • 満18歳以上であること(未成年者は親権者の同意が必要・高校生は申し込み不可)

クレジットカードの申し込み条件としては最低限のものだけが挙げられていると考えてよいでしょう。

クレジットカードによっては20歳以上からしか申し込みできないものがありますが、ビックカメラSuicaカードであれば18歳から申し込みできます。

この点は学生がクレジットカードに申し込みをするにあたりメリットだと考えられる部分です。

また、ビックカメラSuicaカードは収入に関する制限も設けられていません。

こちらもクレジットカードによっては「安定した収入があること」などの条件が定められているのですが、ビックカメラSuicaカードであればその条件がありません。

収入がない学生であっても発行できる可能性のあるクレジットカードということを意味しています。

クレジットカードの申し込みにあたり必要な条件の最低ラインが求められているものがビックカメラSuicaカードです。

クレジットカードの申し込みができる年齢になれば、誰でも申し込みができるものであると考えてよいでしょう。

20歳未満は親の同意が必要

20歳未満が申し込みをする場合には親の同意が必要です。

これはビックカメラSuicaカードに限ったことではなく、未成年がクレジットカードに申し込みをするときに求められるものです。未成年は自分の意志だけでクレジットカードの申し込みができません。

親の同意が必要となりますので、未成年がビックカメラSuicaカードに申し込みをするときには同意書などが必要となります、同意書が必要となることもあり、一般的にクレジットカードの申し込みで利用されるネット申し込みができないなどのデメリットがあります。

ネットからスムーズに申し込みができる時代なのですが、同意書を記載してもらって申し込み用紙と一緒に郵送しなければならなくなります。

そのため社会人がビックカメラSuicaカードに申し込みをする場合と比較すると、審査や発行までに時間を要してしまう可能性があります。

この点は未成年がクレジットカードを発行するときのデメリットとして理解しておくべきです。

収入のない学生でも審査OK

ビックカメラSuicaカードは収入がない学生でも発行可能です。

クレジットカードの発行には安定した収入が必要なのですが、学生がクレジットカードを発行する時に限ってはこの原則が崩れます。

基本的にクレジットカードの審査で重要視されることといえば、安定した収入があるのかどうかということです。収入がなければ安定した収入どころの話ではありませんので、審査に落ちてしまうのです。

しかし、学生がクレジットカードを発行する場合には、保護者の収入が審査の対象となります。そのような仕組みがあることで、学生本人に収入がなくとも審査に通過できるようになっています。

学生がビックカメラSuicaカードを持つメリット

学生がビックカメラSuicaカードを持つメリットはどこにあるのでしょうか。

特に注目したいメリットを3つご説明します。

年会費は実質無料

年会費が実質無料であることがメリットのひとつです。Suicaが付帯されているクレジットカードは基本的に年会費が必要なのですが、ビックカメラSuicaカードであれば実質年会費無料で利用できます。

ビックカメラSuicaカードも完全無料のクレジットカードではありません。他のビューカードシリーズ同様に年会費の設定がされているクレジットカードです。

ただ、年間1回でも利用するとクレジットカードの年会費が無料となります。ビックカメラSuicaカードを利用し続けている限り、年会費は無料で持てるクレジットカードなのです。

注意しなければならないのは、年会費完全無料ではありませんので、利用を忘れると年会費が発生することです

。うっかり1年間全く利用しないことがあれば年会費が発生してしまいますので、その点は注意をして意識的に利用しましょう。

Suicaのオートチャージが利用できる

Suicaのオートチャージが利用できるクレジットカードである点もメリットです。

オートチャージとは電子マネーで提供されているサービスであり、電子マネーの残高が不足すると自動的にチャージをしてくれるものです。

オートチャージの設定をしておくことで、Suicaの残高をあまり気にしなくても良くなるメリットがあります。

Suicaのオートチャージを利用するためには、クレジットカードの中でもビューカードシリーズを利用しなければなりません。

ただ、すべてのビューカードがオートチャージに対応しているわけではなく、この中でも一部だけが対応しています。

ビックカメラSuicaカードはこの一部に該当するクレジットカードです。

そのためこちらのクレジットカードを発行することで、Suicaのオートチャージも問題なく利用できます。ビューカードを発行するからこそのメリットを感じやすい部分です。

ビックカメラSuicaカードでオートチャージを利用するためには、公式サイトで事前の設定が必要です。

クレジットカードにSuicaは搭載されていますが、オートチャージは設定しなければ利用できないのです。

Suicaチャージ・定期券購入はポイント還元率1.5%

ビックカメラSuicaカードで支払いをすると基本的には0.5%分のJRE POINTが貯まります。

こちらのポイントを貯めるとSuicaのチャージに利用できたり、ポイントの加盟店での支払いに利用できるなどのメリットがあります。

JR東日本が発行するクレジットカードですので、これらに関連する施設などで幅広く利用できるポイントであることがメリットです。

基本的には0.5%分のポイントが獲得できるのですが、Suicaチャージや定期券の購入などに利用すると1.5%のポイントが貯まります。なんと通常の3倍ものポイントを獲得できるのです。

このSuicaチャージにはオートチャージも含まれていますので、Suicaのオートチャージを利用するだけで効率よくポイントを貯められるのです。定期券や特急券の購入にも対応していますので、これらの高額な商品を購入する際にもビックカメラSuicaカードを利用することでポイントを効率よく獲得できます。

クレジットカードのポイント還元率の中でも1.5%は特に高いものに分類されます。

Suicaのチャージや定期券の購入などのタイミングに限られてしまうのですが、これらの支払いが多い人には大きなメリットです。

還元率が常に1.0%

ビックカメラSuicaカードは還元率が常に1.0%であることがメリットです。

上記でもご説明したとおり、基本的にはビックカメラSuicaカードで支払いをすることで0.5%分のJRE POINTが貯まります。

これはビックカメラSuicaカードに限らずビューカードを利用するメリットとも言える部分です。それに加えてビックカメラSuicaカードを利用していると、ビックポイントも0.5%分貯まる仕組みが採用されています。

つまり、JRのポイントとビックカメラのポイントの両方が貯まり、合計で還元率は1.0%まで高まるのです。

クレジットカードの還元率は高いものが人気ですが、鉄道系のクレジットカードでは基本となる還元率が0.5%であるものが大半です。

なかなか1.0%の還元率が設定されているクレジットカードは発行されていないのが現状なのです。しかし、ビックカメラSuicaカードを利用すると簡単に還元率1.0%のクレジットカードが手に入ります。

JRE POINTとビックポイントという2種類のポイントに分かれてはしまいますが、合計の還元率が1.0%になることは大きなメリットです。

学生がビックカメラSuicaを申し込む注意点

学生がビックカメラSuicaカードに申し込みをするときには注意点もあります。

この点も理解してから学生はビックカメラSuicaカードに申し込みをしましょう。

年に1回でも利用しないと年会費がかかる

上記でもご説明したとおり、ビックカメラSuicaカードは年会費が完全無料のクレジットカードではありません。

年間1回以上利用することで年会費が無料となる、実質年会費無料のクレジットカードです。そのため、この条件を満たさないと年会費が発生してしまうことが注意点です。

この点については上記で年会費が実質無料であることをご説明した際に詳しく説明をしています。

そのため、こちらでの詳しい説明は割愛します。学生は年会費無料で持てるクレジットカードを利用するべきですので、意識していないと年会費が発生してしまう点は注意点です。

定期券と一体型にできない

ビックカメラSuicaカードは定期券と一体型にできない点は大きな注意点です。

Suicaが付帯されているクレジットカードは全てが定期券に利用できると思われていることがありますが、実際にはSuicaが付帯されているビューカードシリーズでも定期券に対応していないものがあります。

ビックカメラSuicaカードのように定期券に対応していないビューカードは多く、実は定期券として利用するのであれば意識的にビューカードを選んで申し込みしなければならないほどです。

「ビュー・スイカ」カードなど他社との提携ではない基本的なビューカードを選択しなければならないのです。

ビックカメラSuicaカードは実質年会費無料で持つことができ、ポイント還元率も高いおすすめのクレジットカードです。学生にもぜひとも発行してもらいたいものには違いがありません。

ただ、学生であればよく利用するであろうSuica定期券には対応していません。Suica定期券を利用する可能性がある人は特に注意が必要です。

言い換えると電子マネーとしてSuicaを利用したい人であれば、この点は特に注意する必要はないものです。

Suicaエリア以外でビックカメラSuicaカードの発行を考えている場合は定期券として利用することも無いでしょう。必ずしも全ての学生が注意しなければならない点ということではありません。

Suicaを利用する学生はメインカードにもぴったり

日ごろからSuicaを利用したいと考えている学生であれば、ビックカメラSuicaカードはメインカードにもぴったりなものです。

こちらのクレジットカードを利用することで、ポイントが貯まりやすいなどお得にSuicaが利用できます。しかも、貯まったポイントはSuicaのチャージに利用できますのでさらにお得です。

オートチャージを利用するためにはSuicaエリアの改札を利用する必要もありますが、Suicaはアプリからもチャージできます。

そのため、Suicaエリア以外の学生にもおすすめのクレジットカードなのです。交通利用をする学生もSuicaを単純な電子マネーとして利用する学生もどちらもお得に利用できるクレジットカードです。

タイトルとURLをコピーしました