アメックスゴールドの審査通過に必要な年収はどれくらい?年収300万円でも審査に通る?

アメックス
man putting credit card to the pocket

アメックスのゴールドカードと言えば、ステータスの高くて一般のサラリーマンには手が届かないカード…

そんな風に思われがちですが、実はアメックスのゴールドカードは企業や公務員として勤めており、一定の収入がある方であれば審査を通過することは可能です。

過去にはアメックスゴールドの審査に通過する方は、必要年収は500万円以上と言われていました。

しかし、申し込み資格が25歳以上から20歳以上に変わったこともあり、審査に通過するために必要な年収は下がってきています。

もしかしたら、あなたでもアメックスゴールドを作ることは可能かもしれません。

アメックスゴールドの審査を通過するために必要な年収について詳しくみていきましょう。

アメックスゴールドの審査を通過には年収300万円は必要

アメックスゴールドカードの審査に通過する目安の年収は300万円以上と考えてよいでしょう。

申し込み者の職業にもよりますが、年収400万円また、500万円の方は年収が原因で審査に落ちることはないです。

年収300万円の方は、審査通過確実とまではいきませんが、勤め先や勤続年数、これまでのクレジットカード利用履歴によっては、アメックスゴールドカードの審査を通過できる可能性が十分にあります。

職業によって審査通過できる基準の年収は異なる

職業によって基準になる年収が異なるのは、社会的信用が異なるためです。

例えば、公務員や弁護士は社会的信用があり、将来職を失うリスクも少ないため、収入が250万円程度でも審査通過が可能です。

しかし、通常の会社勤めだと年収300~350万円は必要でしょう。

さらに、契約社員や派遣社員・個人事業主の場合は、いつ会社をクビになるのか分からない立場のため年収は350万円以上は必要になります。

アメックスゴールドの審査対象は年収だけではありません。これまでのクレジットカード利用履歴や、勤務先によっても必要年収は異なりますので、必要年収300万円、350万円以上というのは、あくまで参考程度に考えてください。

アメックスゴールドカードの申し込み資格

アメックスゴールドカードの申し込み資格は以下の通りです。

  • 20歳以上の方
  • 日本国内に定住所をもっている方
  • 本国内で定職についていて、定収入をお持ちの方(パート・アルバイト不可)

以前はアメックスゴールドカードの申し込み資格は25歳以上でしたが、現在は20歳以上でも申し込めるようになりました。

この改定により、審査の年収も以前ほど低くなったと言われています。

定職に住んでいる方が条件に入っているため、パート・アルバイトの方はアメックスゴールドカードを申し込むことができません。

なお専業主婦の方は、世帯年収を記入すればアメックスゴールドの審査に通過できる可能性があります。

【種類別】アメックスカードの審査通過に必要な年収

アメックスカードには様々な種類があり、種類によってカードの審査難易度や基準が異なります。

参考までに、以下に種類別に審査通過に必要な推定年収をご紹介します。

※正式名称はアメリカン・エキスプレスですが、ここではすべてアメックスと略表記をしています

アメックスのプロパーカードの審査通過に必要な年収

カード名 必要年収
アメックス・グリーン 300~400万円
アメックス・ゴールド 350~500万円
アメックス・プラチナ 600万円以上
アメックス・センチュリオンカード 1000万円以上

プラチナカード以上のカードに申し込むにはアメックスの招待状が必要になります。

※2019年の4月からゴールドカード以上もWEBでの申し込みが可能になりました!

また、必要年収は会社員の場合を想定したものです。職業によって審査に通過できる年収は異なりますので、参考程度に考えてください。

アメックスの提携カードの審査通過に必要な年収

提携カードはアメックスブランドはついていますが、アメックス社が発行しているプロパーカードではありません。

そのため、提携カードはアメックスのプロパーカードより審査通過に必要な年収が低めです。

カード名 必要年収
MUFGカードゴールド 200万円以上
MUFGカードプラチナ 400万円以上
セゾンパール・アメックスカード 100~200万円(学生は収入なしでも可)
セゾンブルー・アメックスカード 100~200万円(学生は収入なしでも可)
セゾンゴールド・アメックスカード 400万円以上

提携カードでアメックスのクレヒスを積んでも、ゴールドカードの審査に有利になるわけではないため注意してください。

将来的にアメックスのゴールドカードが欲しい方は、アメックスのプロパーカードの審査難易度が一番易しい「アメックスグリーン」の申し込みをおすすめします。

アメックスゴールドの審査で見られるポイントとは

アメックスゴールドカードの審査で見られるのは年収だけではありません。

年収はもちろん、過去のクレジットカード使用履歴や、職業から総合的に「申し込み者が信用できるかどうか」を判断します。

社会的信用があるかどうか

アメックスゴールドカードの審査を通過するには、年収ももちろん大切ですが、年収と同じくらい「社会的信用があるかどうか」を重視します。

そのため、個人事業主で年収1000万円以上の方でも、事業が安定していないと判断されると審査に落ちてしまいます。

貯金があっても、前年度の年収が高くても、継続的な収入が保証されていない方は審査通りにくくなってしまうのです。

反対に、公務員はたとえ勤続年数が3年で年収がそれほど高くなくても、公務員という社会的信用と将来性から審査に通る可能性は十分にあります。

これまでのクレジットカード利用履歴

アメックスゴールドカードの審査は、これまでのクレジットカード履歴も審査の対象になります。

過去にクレジットカードを利用していて滞納もなく支払っている方は、カード会社も信用しやすいため、審査に通過できる可能性が高まります。

反対にこれまでのクレジットカード履歴がないと、年収が高くてもちきんとカードを使っていける人物なのかカード会社が判断できないため、審査に通り辛くなってしまいます。

クレジットカード履歴が全くない=過去に事故を起こしたホワイトかもと疑われる

クレジットカードの使用履歴がないこと=スーパーホワイトと言われますが、スーパーホワイトの個人情報を見ると、次の2つの可能性をカード会社は考えます。

1つは先ほど挙げた「クレジットカードを一回も申し込んだこともなく、利用したことがない人」

もう1つは「過去に自己破産を起こして、過去の履歴がリセットされた人」です。

過去に滞納を繰り返し、最終的に払えなくなってしまった人、そんな危ない人にはクレジットカードを発行したいと思いません…。

しかしカード会社は、個人信用情報機関だけみても、申し込み者がどちらのライプなのか判断することができません。

そのためカード会社は、過去に自己破産した申し込み者へのカード発行を恐れるので、アメックスゴールドの審査通過も難しくなってしまいます。

一度ブラックリスト入りすると審査に通りにくい

一度ブラックリストにのってしまった方は、残念ながらアメックスのゴールドカードの審査を通過することは難しいです。

特に金融事故でブラックリスト入りしてしてしまった場合は5年、自己破産などの場合は最長10年間、クレジットカードを申し込んだり、ローンを組むことができません。

アメックスゴールドでなくても、どのクレジットカードでも一度ブラックリストにのってしまうと、審査を通過することは厳しいでしょう。

クレジットカードは信用を元にお金を先払いしています。滞納や借金をしてしまう信用のない方にカード会社はお金を貸したくないと考えるのですね。

もしブラックリストに載ってしまった方は、まず金融事故の情報が消えるまで待ち、クレヒスが回復したら審査難易度が低いクレジットカードを申し込み、クレヒスを積んだのちアメックスゴールドを申し込むようにしましょう。

個人事業主・学生・専業主婦はアメックスゴールドカードを作れる?

個人事業主の方…年収と社会的信用が必要

個人事業主の方もアメックスゴールドカードを作ることができます。しかし、会社員と違って、事業がなくなってしまう可能性があります。

社会的信用が公務員や会社員より少ない分、基準となるのは年収と申し込み者の過去の記録だけです。

そのため個人事業主の方は、通常の会社員勤めの方より年収は多く必要になります。

学生の方…アメックスゴールドカードを作ることはできない

学生の方はアメックスゴールドカードを作ることはできません。

アメックスゴールドカードの申し込み資格は20歳以上であること、日本に住んでいること、定職があること(パート、アルバイト不可)です。

学生の方は、アルバイトをしていても定職についているとは認めらないためアメックスゴールドカードを作ることはできません。

ゴールドカードだけでなくプロパーカードを作ることもできません…。

学生の方でアメックスブランドカードが欲しい方は、セゾンアメリカン・エキスプレス・カードをおすすめします。

海外保険が充実している方、海外旅行を計画している方にはおすすめのカカードです。

専業主婦…配偶者の世帯年収を記入すればアメックスゴールドを持つことは可能

アメックスゴールドカードは、条件を満たせば専業主婦の方でも作成することは可能です。

専業主婦の方が申し込む場合は、ご自身のパートの年収を記入するのではなく、配偶者の年収を記入しましょう。

専業主婦の方がアメックスゴールドの審査を通過するには、配偶者の年収が450万円以上必要になります。

アメックスゴールドの審査を通過するポイント

手取りでなく、税金が引かれる前の年収を記入する

人によっては、保険料や税金を引いた金額を記入する方も多いですが、クレジットカードを申し込む際には、残業代・ボーナスを入れた税金が引かれる前の金額を申告するようにしましょう。

複数のクレジットカードに申し込まない

何かのゴールドカードが欲しいからといって、様々なカードに多重申し込みするのは避けましょう。

特に半年間に4枚以上申し込むと、カード会社から「お金に困っている人なのかな?」と思われててしまい、審査に落ちやすくなってしまいます。

クレジットカードを申し込むと個人信用情報機関に申し込みが残り、審査をする際にはこの個人信用情報機関を見ます。

このとき、短期間に多重申し込みをしている状態は「申し込みブラック」と呼ばれ、カード会社からの信用を得ることができません。

アメックスのゴールドカードが欲しい方は、他のカードに保険を掛けることはやめて、アメックスゴールドに絞って申し込むようにしましょう。

また、すでに申し込みブラックになってしまった方は、クレジットカードの申し込みを半年間待ちましょう。

半年が経過すれば、個人信用情報から申し込み情報が削除されます。

固定電話を引いている

携帯の電話番号から申し込むことももちろん可能ですが、固定電話を引いていると、「住所が定まっている人」「毎月の電話代をきちんと払えている人」とカード会社が判断するため、審査に有利になりやすいです。

普段、固定電話を持っている方は、携帯電話の番号しか記入しない方も多くいると思いますが、クレジットカードを申し込む際は、信用の判断材料になるためどちらも記入するのがおすすめです。

年収に自信がない方はアメックスグリーンからのグレードアップを狙おう

「アメックスゴールドカードが欲しいけど、今の年収で審査に通るか不安…。」

そんな方は、まずアメックスグリーンに申し込んでみてはいかかでしょうか。

アメックスグリーンは、アメックスプロパーカードの中で一番審査に通過しやすいカードです。

審査基準がアメックスゴールドカードよりも低いため、年収に自信がない方や、クレヒスがあまりない方も比較的安心して申し込むことができます。

さらにアメックスグリーンでクレヒスを積むと、ゴールドカードへのインビテーション(招待状)が届きます。

自力でアメックスゴールドカードを申し込むより、インビテーションからゴールドカードを申し込んだ方が審査に通過しやすいです。

「いずれアメックスのゴールドカードが欲しい。」

「取得を急いでいないけど、確実にゴールドカードを手に入れたい!」

アメックス・グリーンはこんな方におすすめクレジットカードです。

憧れのアメックスゴールドカード、あなたにも作れるかも!

「きらきらと金色に輝くアメックスブランドのカードは自分には届かないかも……。」

そんな方も、自分も持てそうなカードだと感じていただけたのではないでしょうか。

年収が500万円以上ない方でも条件を満たせば、アメックスゴールドカードを作れることが分かりましたね。

これまでに会社でそれなりの年数を働いてきて、毎月クレジットカードの支払いをちきんとしていれば会社員の方でも審査に通過できる可能性は十分にあります。

是非チャレンジしてみてはいかかでしょうか。

まだ、ゴールドカードの審査に通るか不安だという方は、まずアメックス・グリーンでクレヒスを積んでからゴールドカードへのランクアップを狙いましょう!

タイトルとURLをコピーしました