アメックスセンチュリオンカード(ブラックカード)は年収いくらで持てる?審査基準は?

アメックス
Selective focus point on black credit card background. Business concept image. 3d rendering illustration

アメックスの最高ランクのカード「アメックス・センチュリオンカード(ブラックカード)」はまだまだ保有者も少なく、いくら年収が必要なのか。どのくらい使えば手に入るのかはいまだ謎に通t間れています。

アメックスのゴールドカードとプラチナカードは利用者が直接申し込めるようになりました。

しかし、センチュリオンカードは今だアメックスからの招待状からしか発行できない点から、「選ばれた人にしか持てないカード」だと分かります。

そんなまだが謎が多いアメックス・センチュリオンカードを、実際のセンチュリオンホルダーの体験をもとに「年収いくらが目安なのか」「年間どのくらい利用すればいいのか」を解説していきます。

アメックス・センチュリオンカード、年収は最低1000万円以上は必要

アメックス・センチュリオンカードを手に入れるための詳しい審査基準は公開されていません。

あくまで予想ですが、センチュリオンカードを手に入れるには年収1000万円以上、もっと言えば年収2000万円以上は必要です。

センチュリオンカードに必要な年収を予測するために、まずブラックカードの1つランクが下のプラチナカードに必要な年収を見てみましょう。

プラチナカード名 年収条件 年齢
アメックス・プラチナカード 500万円以上 20歳以上
三井住友トラストVISAプラチナカード 1000万円以上 30歳以上
三井住友プラチナカード 600万円以上 30歳以上
MasterBlackCard 800万円以上 20歳以上
ANAアメックス・プレミアムカード 650万円以上 20歳以上

以上の表から分かるように、ブラックカードの一つランクが下のプラチナカードですら、年収500万円以上~年収1000万円以上が必要だと分かります。

アメックス・プラチナカードの年収条件は500万円以上のため、センチュリオンカードの取得は難しくないのでは…?と感じるかもしれません。

しかし、アメックス・センチュリオンカードは現在発行されているクレジットカードの中で一番難易度が高いカードです。

手に入れる可能性が出てくるのは、年収1000万円以上から、手に入れる可能性をあげるなら年収2000万円以上は欲しいです。

アメックス・センチュリオンカードを持っている方の平均年収

アメックス・センチュリオンカードの審査基準や必要年収は公開されていません。

しかし、アメックス・センチュリオンを持っている方には「センチュリオンマガジン」が配布されています。

このセンチュリオンマガジンを読んでいる方も平均年収から、アメックス・センチュリオンカードを手に入れるための平均年収を知ることができます。

ここでは地域別に、世帯年収を紹介します。

地域 世帯年収
アジア 1憶8842万円
欧米・中東 1憶4919万円
太平洋沿岸 1億1008万円

※レートの単位はすべて円に統一してあります。

この情報は、個人の年収でなく世帯年収ですが、それにしてもどの地域でも世帯年収が億超えですね…。凄まじいです。

アメックス・センチュリオンの保有者の54%は経営者

「センチュリオンマガジン」の集計から、アメックス・センチュリオンカードの保有者のデータを見てみましょう。

経営者の割合 54%
アメックス保有歴 23年
1年間の平均旅行数 11回
平均年齢 55歳
男女比 男性 55%

女性 45%

こうしてみると、アメックスの保有者は経営者の方が多いことが分かります。

海外出張の機会に専用のデスクが使え、コンシェルジュや海外旅行保険が手厚いことに魅力を感じ、利用している方が多いのですね。

また、アメックス・センチュリオンを持っている方は、かなり長い間アメックスのクレジットカードを持っている方が多いです。

短くても10年以上アメックスのカードを利用している必要があるようです。

アメックス・センチュリオンを手に入れるにはインビテーションが必要

2019年の4月8日からアメックス・ゴールドカードとプラチナは自分で申し込むことが可能になりました。

しかし、アメックス センチュリオン(ブラックカード)は自力で申し込むことはできず、インビテーションを獲得するしか方法がありません。

センチュリオンカードはアメックス社が認めた人物しか保有できないカードだと、お分かりいただけると思います。

アメックス・センチュリオンの審査基準は?

通常のクレジットカードの審査は、年収・職業・勤続年数・これまでのクレジットカード利用履歴を数値化して、機械で審査をしています。

しかし、アメックス・センチュリオンのカード審査はなんとすべて人によって行われています。

このことからアメックス・センチュリオンカードはアメックス社に選ばれた人しかもつことができないのが分かりますね。

審査基準は公開されていませんが、以下の5つの項目を重要視していると言われています。

  • 年収
  • アメックスの利用状況
  • 職業
  • 勤務先
  • 勤続年数

アメックス・センチュリオンの基準①年収

センチュリオンマガジンによると、平均年収はアジア圏で1憶8000万円となっています。

年収を重視していないという記事も見かけますが、センチュリオンカードの年会費は初年度918,000円、利用限度額も基本的に無制限となっているため、ある程度の年収は必要でしょう。

アメックス・センチュリオンの年会費と利用限度額

アメックス・センチュリオンの年会費は378,000円です。さらに初年度は入会金として別途540,000円がかかります。

そのため、アメックスセンチュリオンの年会費は以下のようになります。

  • 初年度 918,000円(入会金540,000円+年会費378,000円)
  • 2年目以降 378,000円

また、アメックス・センチュリオンのカードをもつと利用可の額は無制限です。

無制限にカードを使えるのは、アメックス社が利用者を信用している証ですね。

センチュリオン・カードを使いこなすには、それなりの年収が必要だとお分かりいただけるでしょう。

アメックス・センチュリオンの基準②カードの保有歴

アメックスのセンチュリオンカードのインビテーションを手に入れるには、まずアメックスのプラチナホルダーである必要があります。

センチュリオンカードを手に入れるには、アメックスのプラチナカードを5年以上保有している必要があります。

センチュリオンマガジンでは、アメックスの保有歴が平均23年以上とあります。

ネット上の口コミをみても10年以上プラチナカードを使い続けてやっとインビテーション(アメックスからの招待状)が届いた方も見られました。

センチュリオンへの道は、1日にしてならずですね。

センチュリオンのインビテーションはアメックスのプロパーのプラチナカードを持っている方にしか届かない

プロパーカードとは、アメックス社が直接発行しているクレジットカードです。

プロパーカードでなく、アメックスとの提携カードのプラチナカードを持っていても、アメックスのプラチナカードのインビテーションを貰う事はできません。

また、アメックス・グリーンカード、アメックスゴールドカードを持っている方には、招待状は届きませんので注意しましょう。

具体的には、以下のカードを持っていてもプラチナカードのインビテーションを貰う事はできません。

  • ANAアメックス
  • デルタスカイマイル・アメックス
  • SPGアメックス
  • スカイトラベラー

アメックス・センチュリオンカーの基準③近々に利用した額が年間2500万円以上

アメックス社は、普段自社のカードでどれくらいの金額を支払っているのかを見ています。

一番少ない方だと、月50万円程度(年間500万円~600万円程度)を2年ほどつづけてインビテーションがきたという男性もいました。

年間に利用した金額にはバラつきがありますが、アメックス・プラチナのカードで5000万円以上~2憶円支払っていることが1つの基準になるでしょう。

アメックス・センチュリオンを持っている方の特徴まとめ

簡単にですが、アメックス・センチュリオンカードを持っている方の特徴をまとめました。

  • 年間の利用額が平均2750万円
  • 今までアメックス社のカードで支払った金額が最低1憶円以上
  • プラチナカードを持って5年ほど
  • 年齢は30歳でも通る可能性あり

以上の条件から、センチュリオンカードをもつには年収だけでなく、これまでアメックスで支払ってきた額もかなり重要視されることが分かりますね。

他社のブラックカードの年収との比較

ダイナースクラブプレミアムカード

アメックスカードと同様にステータス性が強いカードとして知られている「ダイナースクラブ」のブラックカードにあたるのが「ダイナースクラブプレミアム」です。

ダイナースクラブプレミアムの審査基準や取得に必要な年収は明かされていませんが、通常のダイナースクラブのカードの取得条件には年収500万円以上とあります。

そのため、プレミアムカードを持つためにはやはり年収1000万円以上が必要だと考えられます。

また、アメックスカードと同様に、年収だけではなく、ステータス性も求められるため、社会的地位・信用も重要視されます。

JCB THE CLASS

JCBは唯一の国産のブランドですが、JCBカードの最高峰のカードが「JCB THE CLASS」です。

JCB THE CLASSの取得には年収1500万円以上が必要です。

THE CLASSは、年収のほかにも、年齢や自分の家を保有していることなど、さまざまな条件があります。

しかし、JCBのゴールドカードや、プラチナカードを使っていると年収1500万円に満たなくてもインビテーションが届くことがあります。

実際にアメック・スセンチュリオンをゲットした方の年収と決済額

ここからはアメックス・センチュリオンをゲットした方が、どれくらいの年収だったのか、プラチナカードでどのくらい決済していたのかを見てみましょう。

アメックス社が公式に出している基準がないので、1つの目安にしてみてください。

年収 プラチナ歴 決済した額
年収2500万円 6年 プラチナカードで6500万円
年収1500万円 10年 プラチナカードで1億円
不明 3年 これまでにアメックスカードで21憶円以上

年収が1000万円代でセンチュリオンカードを手に入れている方は、プラチナカードで支払ってきた額・またはアメックス社のカードでこれまでに支払ってきた額がかなり高額です。

センチュリオンカードを手に入れるには、年収だけでなく、これまでにプラチナカードで支払ってきた額もかなり重要だと分かりますね。

アメックスセンチュリオンを持つには年収のほかに信用が大切

アメックス・センチュリオンを持つための大体の年収と資産がイメージできたのではないでしょうか。

センチュリオンの1つ下のランク、アメックス・プラチナカードを持っている方の中には「年収400万円でも通った」という声も見かけますが、センチュリオンになると中々簡単には手に入らないようです。

口コミをみると、10年以上アメックス・プラチナカードを使ってしてこれまでアメックスのカードで21億円以上支払っているのにセンチュリオンのインビテーションが来ない…と嘆いている方もいました。

実際、ゴールドカードとプラチナカードは利用者が直接申し込めるようになりましたが、センチュリオンカードはいまだアメックス社が認めた人にのみ発行しています。

年収ももちろん大切ですが、アメックス社の信用を得ることが重要になってきます。

プラチナカードで多額の決済をすることが、センチュリオンを手に入れる一歩なのは間違いないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました