Amazonカードの審査基準と審査に落ちる理由まとめ

Amazonカードの審査基準と審査に落ちる理由まとめ クレジットカード一覧

Amazonカードは、Amazonヘビーユーザーならば持っていて損はないカードです。amazonをよりお得に使うために、ぜひ欲しい方も多いでしょう。

Amazonカードもクレジットカードですから、欲しくても、入会に当たって当然審査があります。
審査の結果、はねられてしまうこともよくあります。

Amazonカードを確実に入手するためにはどうしたらいいでしょうか?
審査の内容と、その対策を見てみましょう。

Amazonカードとは?

世界最大のネットモールamazonで、便利に使えるクレジットカードがAmazonカード。カードのデザインは、amazonの配送用段ボールを模していて非常に個性的です。

ネット上だけで使うのではなく、実店舗で見せたくなるのではないでしょうか。Amazonカードには、2種類あります。

  • Amazon Mastercardクラシック
  • Amazon Mastercardゴールド

名前の通り、国際ブランドはMastercard。

MastercardはVISAに次ぐ世界2位のブランドなので、世界中で使えます。もちろん日本でも。

クラシックは、年1回買い物をしていれば年会費無料になる、スタンダードクラスのカードです。
ゴールドは年会費11,000円。いわゆるゴールドカードです。

ネットモールとして圧倒的な存在感があるものの、ポイント制度が充実していないという欠点もあるのがamazon。

そのamazonの利用で、ポイントが貯まるのがAmazonカードの最大の強みです。クレジットカードの利用金額に対する、ポイントの金銭的価値の割合をポイント還元率といいます。

Amazonカードは、どこで使ってもポイント還元率1.0%という優れた内容です。
さらに、amazonでのポイント還元率が優遇されています。これが次のとおり。

  • クラシック・・・1.5%
  • クラシック会員がamazonプライムに入会した場合・・・2.0%
  • ゴールド・・・2.5%

クラシックに関しては、決して悪い還元率ではありません。ですが、Amazonカード以外のクレジットカードで、amazonでの利用でさらに高いポイント還元率となるものがあるのが少々残念なところ。

ゴールドに関していえば、amazonでの還元率も高く、また月500円支払う必要のあるamazonプライムが使い放題という大きなメリットがあります。
Amazon Mastercardゴールドは年会費が一見高いものの、リボ払い設定と、WEB明細の登録で、4,400円となります。

リボ払いは設定だけでよく、実際にリボ払いをする必要はありません。
Amazonプライムを使いこなしたい人にとっては、年会費が実質ゼロより安くなるゴールドがお勧めです。

Amazonカードの審査はどうやっておこなわれる?

Amazonカードの発行元は、日本におけるクレジットカード会社の最大手、三井住友カードです。
つまり、審査をおこなうのも三井住友カードということです。

三井住友カードのような銀行系クレジットカードは、流通系や信販系のクレジットカードより審査が厳しいとされています。

銀行系の厳しい審査に通過しないと、Amazonカードが持てないのです。
といって、決して審査を過剰に恐れる必要はないものの、多少の対策は講じたほうがいいかもしれません。

Amazonカードの申込基準

Amazonカードを申し込める人は、次の通りです

  • クラシック・・・(高校生を除く)満18歳以上
  • ゴールド・・・満20歳以上で、本人に安定継続収入があること

三井住友カード発行の代表的カードである三井住友VISAカードの申込条件も、参考までに確認しておきましょう。

  • 三井住友VISAカードクラシック・・・(高校生を除く)満18歳以上
  • 三井住友VISAゴールドカード・・・満30歳以上で、本人に安定継続収入があること(ゴールドカード独自の審査基準により発行)

ゴールドの年齢条件と、三井住友VISAゴールドカードだけにある「ゴールドカード独自の審査基準」を除くと、おおむね一緒といえます。

では、Amazonカードと三井住友カード、クレジットカードの審査は同等かというと、そうではありません。

このあたりは公表されていないので断言はできませんが、口コミを参照するとAmazonカードクラシックに関しては、審査は緩和されているようです。

またAmazonゴールドカードについても、「ゴールドカード独自の審査基準」という断りがないのを見てわかるとおり、三井住友VISAゴールドカードよりは入手しやすいと考えられます。

Amazonカードのクラシックには収入要件は記載されていません。ですが、収入がまったく関係ないとは思わないほうがいいでしょう。

アルバイトでも続けていれば安定した収入にはなりますが、これがより安定し、より継続していれば、それだけ審査には有利に働きます。

当然、アルバイトよりは正社員のほうが有利ですし、年収が高いほうが有利です。
それでは次に、審査の実際を見ていきます。

こんな人はAmazonカードの審査に落ちる

Amazonカードの審査に落ちてしまうケースを見ていきましょう。

落ちる要素が無数にあるようにも思えますが、本来はどれも難しい要件ではありません。

申込資格に該当しなければ審査落ち

Amazonカードの審査に通過する以前の問題というものがあります。まず、クレジットカードの申込条件に該当しなければなりません。

Amazonカードの場合、クラシックで18歳以上、ゴールドで20歳以上という年齢に該当していなければ、当然審査落ちとなります。

また、18歳以上であっても、高校生の場合は対象外で、これも審査落ちです。
ゴールドを申し込んで、年齢条件を満たしていても、本人に安定した収入がない場合は、原則審査落ちとなります。

専業主婦(夫)で、配偶者の年収が高い場合ならば絶対にゴールドカードはアウトということはないものの、あくまでも例外です。審査基準に書かれている「原則」についてきちんと把握しておきましょう。

申込内容の不備で審査落ち

クレジットカードはほとんどの場合、クレジットカード会社の公式サイトから申し込みをします。

その申込フォームへの入力に誤りがあって、整合性の取れない内容になっていることがあります。

カード会社が、確認の電話を必ずくれるとは限りません。申込みに不備があることで、それで即、アウトということもあります。

クレジット履歴が真っ白で審査落ち

クレジットカードの審査が始まると、カード会社は、信用情報機関が保有する申込者の個人信用情報にアクセスします。

三井住友カードの場合、CICとJICCという二つの信用情報機関から個人信用情報を得ます。
その際、氏名と生年月日で検索しても、申込者の履歴が出てこないことがあります。
これは、「過去5年以内に、クレジットカードもローンも一切使ったことがない」ということを意味します。

携帯電話本体を分割で購入したこともないわけです。携帯電話の購入は、ショッピングクレジットとして個人信用情報に記録されるからです。

クレジットやローンの利用履歴をクレジットヒストリーといいますが、クレジットヒストリーが真っ白のケースは、以下のいずれかによると考えられます。

  • 現金派であり、クレジットカードを作ったことも、ローンを組んだこともない
  • 過去に自己破産、債務整理など金融事故に該当する事象があり、その履歴が5年以上経って消えた

この状態を、俗にホワイト、スーパーホワイトといいます。用語を使い分ける場合、前者をスーパーホワイトというようです。

このどちらなのか、審査をするカード会社には判断できません。
いずれにしても、カード会社はクレジットヒストリーのない人を、審査ではやや危険と判断されます。クレジットカードに慣れていないか、または金融事故をまた起こす可能性があるためです。

若い人の場合は、ホワイトでもほぼ問題はありません。誰もが通る道ですし、若年者が金融事故から5年経過しているという可能性も薄いからです。

ですが40代以上など、年齢が高い場合は、これで審査落ちになることもあります。キャッシュレス時代には、現金派が仇になることがあります。

ホワイトでも作りやすいカードもありますが、銀行系のAmazonカードの場合、大丈夫だとはいえません。

過去のクレジット・ローンの履歴に傷があると審査落ち

個人信用情報は、過去5年に渡り個人のクレジットやローンの履歴を記録したものですが、毎月の支払が期限に間に合ったか、滞納かも記録されます。

3か月以上の滞納(延滞)が記録されると、ブラックと呼ばれる状態となります。こうなると、新たなカードの審査は絶望です。

そこまでの滞納がなくても、滞納の回数が多いと審査は大きく不利になります。
1年のうちに、月をまたいだ滞納が複数あるような場合、カードの審査通過は難しいでしょう。

最近多いのは、ショッピングクレジット(分割払い)によって履歴に傷がついた人です。
ショッピングクレジットを組んで支払う携帯電話分割代金ですが、電話代と一緒に請求されるので軽々しく滞納してしまい、履歴に傷がついてクレジットカードを持てなくなる人がいます。

クレジットカードの滞納よりショッピングクレジットの滞納は怖く、長く(5年)記録が残ってしまいます。

申込みブラックにより審査に落ちることもある

申込みブラックというのも俗語です。やや響きが大げさな印象を受けますが、わりと簡単にこの状態には陥ります。
クレジットカードを申し込むと、個人信用情報に申込記録が記載されます。

このカードの審査に落ちたとき、すぐ次のクレジットカードを申し込むとします。新tなカード会社の審査において、先の申込み記録を把握します。

先のカードに申込記録だけあって、利用実績がない場合、審査落ちが判明してしまいます。
審査に落ちた理由や、落ちたカード会社の名称までは把握しませんが、落ちた事実は決していいほうには斟酌してもらえません。

審査に落ちた後すぐ次のカードに申し込んで、必ず審査に落とされるというわけではありませんが、不利になることは確かです。

こうして、カード審査に落ちた記録によって、次のカード審査に申し込んでも落ち続けてしまう状態を、申込みブラックというわけです。

三井住友カードに迷惑を掛けたことがあると審査に落ちるかもしれない

クレジットカードの滞納があれば、通常個人信用情報にこれが記録されます。

もっとも、数日の滞納まで、逐一記録されるわけではありません。速やかに支払えば、対外的な信用の点では無傷で済むこともあります。

ですが、数日の滞納であっても、カード会社は記録しています。

過去に三井住友カードの発行するカードで滞納を何度も起こしているような場合、個人信用情報が無傷であったとしても、Amazonカードの審査にあたっては影響する可能性があります。

Amazonカードの審査を確実に通すには?

先に、審査に落とされる理由を見てきました。

クレジットカードの入会審査に落ちた場合、その理由を訊いても絶対に教えてはもらえません。ですが、必ず理由があって落ちているのです。
審査通過の確実性を上げるためには、次の対策を取ればいいといえます。

カード申込条件はよく確認する

年齢と、安定した収入が求められているかの点は確認しましょう。

Amazonカードの場合、クラシックなら18歳以上、ゴールドなら、20歳以上で安定した収入があることが求められます。

申込フォームの内容はよく読もう

入力の不備で審査に落ちてしまうのは馬鹿らしいことです。
さらに、続けて次のカードを申し込んだとしても、申込み記録が残っているので次のカードの審査にも落ちてしまう可能性が大きくなります。

年齢や勤務先、収入など、決して間違えないようにしましょう。
内容をよく読んで、求められる情報を正しく入力しないといけません。

クレジット履歴が真っ白な場合は作る

20代など若い人の場合は、これはあまり気にする必要はありませんが、30代以上であれば、クレジットヒストリーがないと審査に不利になることがあります。

クレジット履歴(クレジットヒストリー)がない人の場合は、新たに作るといいでしょう。ひとつでも履歴があると、審査において有利になります。

もっとも簡単に作れる履歴は、信販会社のショッピングクレジットです。
テレビ通販などでよく宣伝していますが、いわゆる分割払いです。
比較的審査も容易なので、クレジットヒストリーがなくても落とされることは少ないでしょう。携帯電話本体の分割購入もこれになります。

なお、クレジットヒストリーのない原因については気にすることはありません。自己破産した経験があっても、現金派として生きてきた場合でも審査は一緒です。

滞納履歴については打つ手なし

過去にカード代金やローンの滞納があった場合は、すぐに対処できる方法はありません。個人信用情報の目的からして、当然のことです。

信用のない人がカードを作れなくても仕方ありません。
次の期間は、おとなしくしているしかありません。

1か月程度の滞納・・・2年

ただし、滞納したクレジットカードやカードローンを毎月しっかり使い、毎月支払をしていることが必要です。

滞納があっても、2年で新しい履歴に押し出されて消滅します。

2~3か月以上の延滞・・・5年

これがあると、ただちにブラックと言われる状態になります。この状態で作れるクレジットカードは通常ありません。
そしてこの記録が消えたときにはホワイト状態になっていて、審査が不利な状況は続きます。

ショッピングクレジット・・・5年

軽度の滞納でも5年残ります。クレジットカードの審査には不利になります。

申込みブラックについては期間を置くだけでいい

申込みブラックからの脱却は容易です。申込記録は、最大6か月で消えてしまうからです。

カード審査に落ちても、前回の申込みから6か月空いていれば何の影響もありません。

三井住友カードに迷惑を掛けたことがある場合は申込みを避ける

三井住友カードで軽微な滞納が複数あったという場合、個人信用情報に滞納の記録がついていなくても、Amazonカードの審査においては不利となります。

ード会社には独自のデータもありますので、個人信用情報の記録だけを見るわけではありません。
どうしてもAmazonカードが欲しいのならば仕方ないですが、できれば三井住友カード以外の会社の発行するカードにしたほうがいいでしょう。

Amazonの利用で、Amazonカードクラシックより還元率の高くなるクレジットカードもあります。一例として以下の通りです。

  • JCBカードW
  • オリコカードザポイント
  • ジャックスREXカード

39歳以下の方なら、JCBCARDWをおすすめします。

まとめ

Amazonカードの審査の内容は非公開ですが、クレジットカードの審査はそれほど大きく異なっているわけではありませんので、基本を押さえておけば大丈夫です。

三井住友銀行の発行するAmazonカードは、無策では手に入らないかもしれません。

ですが滞納もせずしない人であれば、審査に落ちることは少ないでしょう。ゴールドの欲しい人は、アルバイトからでもいいので仕事をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました