アルペングループカードのメリット・デメリット!ETCカード・年会費・手数料・ポイント徹底比較

アルペングループカード ETC クレジットカード一覧

クレジットカードは様々な種類があり、それぞれ特典や還元率が異なります。

その中でもアルペングループカードは2つのポイント制度を併せ持つ特殊なカードです。

そこで今回は、アルペングループカードのおすすめな点や利用する上のメリットやデメリットについてみていきます。クレジットカード作成時の参考にしてみてください。

  1. アルペングループカードの基本スペック
  2. アルペングループカードのメリット
    1. アルペンポイントと楽天ポイントをダブルで獲得できる
    2. アルペングループの特典が受けられる
    3. 楽天市場の買い物でポイントがさらに貯まる
    4. Applepayに対応
      1. セキュリティ面も安心
    5. 入会金や年会費が無料
  3. アルペングループカードのデメリット
    1. マスターカード以外選ぶことができない
      1. VISAにしか対応していないお店もある
    2. アルペンポイントと楽天スーパーポイントは別物
      1. ポイントの有効期限が異なる
      2. ポイントの確認方法も異なる
    3. 会員ランクによってポイント還元率が大きく異なる
  4. アルペングループカードのポイント制度
    1. 還元率は最大6.5%
    2. 会員ランクは楽天とアルペングループで分かれている
    3. 楽天のポイント制度も適用される
  5. アルペングループカードはETCカードを無料で発行できる?
    1. ETC年会費を無料にする方法
      1. アルペングループの会員ランクは無関係
  6. アルペングループカードはどんな人におすすめ?
    1. アルペングループをよく利用する方
    2. 楽天をよく利用する方
  7. アルペングループカードポイント還元率を他社と比較
  8. アルペングループカードが届くタイミングは?
    1. 収入が安定していると審査に通りやすい
  9. アルペングループカードの引き落とし日はいつ?
  10. アルペングループカードを実際に利用した人たちの口コミ

アルペングループカードの基本スペック

年会費 無料
入会費 無料
利用可能枠 大100万円(キャッシング枠は最大50万円)
申し込み資格 高校生を除く18歳以上
ポイント還元率 1%~6.5%
海外保険 最大2000万円
家族カード あり(5枚まで)
ETC専用カード あり
カード発行まで 審査通過から10日前後
更新期間 自動更新

アルペングループカードのメリット

  • アルペンポイントと楽天ポイントをダブルで獲得できる
  • アルペングループの特典が受けられる
  • 楽天市場の買い物でポイントがさらに貯まる
  • Applepayに対応
  • 入会金や年会費が無料

アルペンポイントと楽天ポイントをダブルで獲得できる

アルペングループカードには「楽天スーパーポイント」と「アルペンポイント」の2つのポイント制度があります。

そのため、一度の買い物で同時に2種類のポイントを獲得することができます。2つのポイント制度を合わせた最大の還元率は、他のカードの還元率と比較してもかなり高水準となっています。

ポイントの還元をより多く受けたいと考えている方には、かなり便利なカードになるでしょう。

ただし、アルペンポイントと楽天スーパーポイントを同時に獲得できるのは、アルペングループの店舗か、公式サイトで買い物をした場合のみという点に注意が必要です。

アルペングループの特典が受けられる

アルペングループのスキー場であるウイングヒルズ白鳥リゾートでカードを利用した場合、スキー場利用料金の割引を受けることができます。

さらに以下のような特典を受けられます。

  • ゴルフ5のゴルフ場でも割引
  • アルペングループの店舗でカードを利用で裾上げ加工などをはじめとする各種加工費が無料や割引
  • 買取査定価格がアップ

などといった特典を受けられます。これらの特典はアルペングループカードならではのものです。

楽天市場の買い物でポイントがさらに貯まる

アルペングループカードは、アルペングループ関連の特典を受けることができる一方、楽天カードの機能も兼ね備えているので楽天関連の特典を受けることもできます。

その一つとして挙げられるのは、楽天市場での優待です。アルペングループカードを楽天市場で使用すると、最大3%の還元を受けられます。

さらに、楽天トラベルでも常時2%の還元を受けることが可能です。ちなみに、楽天スーパーポイント加盟店以外でカードを利用した場合は、1%の還元が受けられます。

Applepayに対応

近年成長している支払い方法の一つである、Applepayですが、アルペングループカードはそれに対応しています。

ApplepayはiPhoneで利用可能な支払方法で、対応しているお店でiPhoneを端末にかざすことで支払いが完了する非常に便利なものです。

従来はカードをわざわざ財布から取り出して支払いを行わなければならず、さらに暗証番号をいちいち入力しなければならないという手間もありました。

セキュリティ面も安心

しかし、ApplepayはiPhoneを取り出すだけで簡単に支払いができる上、指紋認証や顔認証を利用するので暗証番号を入力せずに済みます。

これにより、暗証番号をのぞき見されて悪用されるというリスクを回避することができるようになりました。

iPhoneを利用しているのであれば、Applepayが利用できるアルペングループカードは利便性においても、セキュリティ面においても強い味方になってくれることでしょう。

入会金や年会費が無料

クレジットカードによっては作成時に入会金を支払う必要がありますが、アルペングループカードは入会金が無料となっています。

また、入会金が無料なだけでなく、年会費も永年無料です。

入会金無料の代わりに次年度から年会費が発生するタイプのクレジットカードもあるので、そういったことを考慮するとアルペングループカードは良心的と言えるでしょう。

無料だからといって、サービスが少ないわけではないというのも外せない特徴の一つです。

アルペングループカードのデメリット

  • マスターカード以外選ぶことができない
  • アルペンポイントと楽天スーパーポイントは別物
  • 会員ランクによってポイント還元率が大きく異なる

マスターカード以外選ぶことができない

クレジットカードには国際ブランドというものがあります。例えば、VISAやJCBといったものが挙げられます。

近年、国際ブランドは提携が進んできているため、相互の決済システムを利用しあえるようになってきました。

しかし、提携が不十分な場所もまだまだ多くあり、特定の国際ブランドしか使用することができないというお店もあります。

クレジットカードによっては発行する段階でどの国際ブランドにするか選択できるようになっていますが、アルペングループカードの場合は強制的にマスターカードになります。

VISAにしか対応していないお店もある

ちなみに、マスターカードはシェア率2位を誇る国際ブランドですので、支払いに利用できない場所は多くありません。

しかし、VISAにしか対応していない場所はまだまだあるので、そういった場所で利用することはできません。

なお、オリンピックやワールドカップは公式スポンサーがVISAになっているので、マスターカードの利用はできなくなっています。

アルペンポイントと楽天スーパーポイントは別物

アルペングループカードはアルペンポイントと楽天スーパーポイントの2種類のポイントを同時に貯めることができるので、ポイント還元率は高いと言えます。

しかし、2種類のポイント制度は基本的に別物で、扱いも違ってきます。

ポイントの有効期限が異なる

例えば、アルペンポイントの有効期限はアルペングループの店舗や公式オンラインストアの最終利用日から1年です。

それに対し、楽天スーパーポイントは最後にポイントを獲得した月を含めた1年が有効期限となっています。

そのため、アルペングループカードを頻繁に利用していたとしてもアルペングループの店舗やオンラインストアを利用していなければ、アルペンポイントは失効してしまいます。

ポイントの確認方法も異なる

アルペンポイントはアルペングループのWEBサイトやアプリで確認することができますが、楽天スーパーポイントは楽天のアプリやWEBサイトで確認が可能です。

2種類のポイントを一括で管理できないという点はアルペングループカードの不便な点と言っていいでしょう。

会員ランクによってポイント還元率が大きく異なる

ポイント還元率の高さが売りのアルペングループカードですが、還元率は会員ランクに依存する点に注意が必要です。

会員ランクの最上位であるダイヤモンドはアルペングループの店舗や公式サイトで商品を購入した際、5%の還元を受けることができます。

それに対し、一番低い会員ランクであるシルバーの場合は1%の還元しか受けられません。比較すると5倍もの差があることがわかります。

  • ダイヤモンド会員…5%還元
  • シルバー会員…1%還元

ちなみに、ダイヤモンド会員になるためには、アルペングループの店舗や公式サイトで年間で税抜き価格で15万円以上の買い物をする必要があります。

ダイヤモンド会員で居続けるためには、継続して年間で税抜き価格で15万円以上の買い物をアルペングループの店舗や公式サイトでする必要があるという点にも注意しましょう。

アルペングループカードのポイント制度

  • 還元率は最大6.5%
  • 会員ランクは楽天とアルペングループで分かれている
  • 楽天のポイント制度も適用される

還元率は最大6.5%

アルペングループカードを利用時に受けられるポイント還元は、アルペングループのストアや公式サイトで買い物をした場合、最大で5%になります。

そして、楽天カードの機能として、楽天スーパーポイント加盟店で買い物をした場合、1.5%のポイント還元を受けられます。

そのため、最大で合わせて6.5%のポイント還元を受けられることになります。

会員ランクは楽天とアルペングループで分かれている

アルペングループカードのポイント制度で最も注意しなければならないのは、会員ランクです。

会員ランクは、アルペングループのものと楽天のものの2種類に分かれています。

アルペングループの会員ランクは以下の4種類です。

  • シルバー
  • ゴールド
  • プラチナ
  • ダイヤモンド

一方、楽天の会員ランクは次の5種類です。

  • レギュラー
  • シルバー
  • ゴールド
  • プラチナ
  • ダイヤモンド

そして、会員ランクが上がる条件もそれぞれ異なります。

アルペングループの会員ランクを上げるためには、アルペングループの店舗や公式サイトでの買い物をする必要があります。

楽天の会員ランクを上げるためには楽天ポイントの獲得量と獲得回数が関わってきます。

さらに、それぞれが独立しているため、アルペングループの会員ランクがダイヤモンドになったからといって、楽天の会員ランクがダイヤモンドになることはありません。

もちろんその逆もありません。この2つの会員ランクが厄介な点ですので、きちんと把握しておきましょう。

楽天のポイント制度も適用される

アルペングループカードはアルペングループのポイント制度だけではなく、楽天のポイント制度も同時に適用されます。

ちなみに、アルペングループカードの楽天ポイントの制度は、通常の楽天カード利用時と変わりはありません。

楽天スーパーポイント加盟店であれば還元率が1.5%、そうでない場所では1%になります。

貯まった楽天スーパーポイントは、楽天スーパーポイント加盟店で1円単位で利用できるという点に関しても変わりありません。

それに対して、アルペンポイントはアルペングループでしか利用することができないので、混同しないよう注意が必要です。

アルペングループカードはETCカードを無料で発行できる?

アルペングループカードを申し込む際、ETCカードの機能を付けることが可能です。

ちなみに、ETCカードの機能を付けるためには年会費として540円の支払いが必要になります。

ETC年会費を無料にする方法

しかし、この年会費を無料にする方法があります。それは、楽天市場の会員ランクをダイヤモンドかプラチナに上げことです。

楽天市場の会員ランクをプラチナに上げるためには、6か月間で楽天スーパーポイントを15回以上獲得し、その合計が2000ポイント以上である必要があります。

ダイヤモンドになるためには30回以上ポイントを獲得し、その合計が4000ポイントでなくてはなりません。

アルペングループの会員ランクは無関係

ここで注意が必要なのは、アルペングループの会員ランクはETCカードの年会費無料に一切関係がないという点です。

アルペングループカードを利用したり、楽天市場を利用したりすることで楽天の会員ランクを上げることができるので、積極的に利用してETCカードの年会費を無料にしましょう。

アルペングループカードはどんな人におすすめ?

  • アルペングループをよく利用する方
  • 楽天をよく利用する方

アルペングループをよく利用する方

アルペングループカードは、アルペングループの店舗や公式サイトで買い物をよくする方に特におすすめです。

アルペングループでは、スポーツ用品など一つ一つの品物の値段が高いものをよく扱っているので、会員ランクを上げることが比較的容易でしょう。

さらに、還元率もかなり高いので、アルペングループをよく利用するのであれば、アルペングループカードを使わないと損するといっても過言ではありません。

他にも、アルペングループのスキー場やゴルフ場で割引や各種サービスが受けられるので、買い物をしないという方でもこういった場所を利用する方におすすめです。

楽天をよく利用する方

楽天カードの機能も兼ね備えているアルペングループカードは、楽天を頻繁に利用するという方にもおすすめです。

なぜなら、通常の楽天カードとして利用することができるからです。ちなみに、すでに楽天カードを利用している方でもアルペングループカードにアップグレードすることが可能です。

アップグレードすることで単純に受けられるサービスが増えるので、楽天を利用するのであればとりあえずアルペングループカードにしておくというのもアリです。

アルペングループカードポイント還元率を他社と比較

カード名 還元率
dカード 1.00%~3.00%
OricoCard THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント) 1.00~3.00%
インヴァストカード 1.0%
JCB CARD W / JCB CARD W plus L 1.0~3.0%

他社の還元率とアルペングループカードの還元率を比較してみると、アルペングループカードの還元率はかなり高いという事がわかります。

ただし、アルペングループカードの還元率は、アルペングループの会員ランクがダイヤモンドの時にアルペングループの店舗や公式サイトで最大になる点に注意が必要です。

アルペングループカードが届くタイミングは?

基本的に楽天カードの発行と同じ手続きになるので、審査を通過してから10日ほどで手元にカードが届きます。

しかし、審査が完了するタイミングは人によって異なります。とは言っても、多くの場合は1週間以内で審査が完了します。

中には、最短で2分程度で審査が完了することもあるので、その場合は申し込んでからわずか10日でカードを手に入れられるでしょう。

収入が安定していると審査に通りやすい

収入が安定している職業についていると比較的審査を素早く突破することができるようです。

逆に、収入が安定していなかったり個人信用情報に傷があったりすると審査が遅れる傾向があります。

また、キャッシング枠を申し込むと審査が長くなりやすいです。

アルペングループカードの引き落とし日はいつ?

アルペングループカードの引き落とし日は翌月の27日、締め日は月末です。

お金は少なくとも前日までに入れておくと、支払いができずに利用上限が下げられてしまうというトラブルを回避することができるでしょう。

アルペングループカードを実際に利用した人たちの口コミ

20代
学生

学生でも利用できるカードで審査も通りやすいので、本当に助かりました。

 

審査が終わってからカードが届くまでの期間も短く、ストレスフリーです。

 

スポーツ用品をアルペングループの店舗で購入することが多いので、メリットを最大限感じることができています。

 

楽天スーパーポイントも同時にたまるので、毎日のお買い物がより楽しくなりました。

50代
会社員

とにかく審査が素早くて驚きました。審査申し込みから10分もせずに審査通過のお知らせが来て、カードを1週間程度で受け取れるとは思ってなかったです。

 

アルペングループは日常的に利用しているので、会員ランクもすぐに上がり還元率6.5%の高さをとても実感しています。

 

楽天スーパーポイントとアルペンポイントで分かれている点は少しややこしいですが、アルペングループを利用するのであればこのカード一択だと思います。

 

30代
公務員

もともと楽天カードを持っていましたが、アルペングループカードの存在を知ってアップグレードしました。

 

非常に短期間でアップグレードが完了したので良かったです。スキーが好きなので、このカードの特典の一つであるスキー場の割引は非常に助かっています。

 

さらに、Applepayに対応しているので、とにかく支払いが簡単で使いやすいです。

 

今までのクレジットカードの中で一番利用しているカードになっていると思います。

タイトルとURLをコピーしました