イオンカードのメリット・デメリット!年会費・手数料・ポイント徹底比較

イオンカードのメリット・デメリット!年会費・手数料・ポイント徹底比較 イオンカード

食料品やデパートなど、お得に使える「イオン」

WAONポイントカードは持っていて、気になってはいるけどなかなか申し込みに踏み切れない方も多いでしょう。

近所にあるなら、イオンカードを作った方が断然お得です!むしろ年会費は完全無料なので1枚もっておくだけでショッピングに映画に食事に様々な優待があります。

ここではイオンをよく利用する方にイオンカードのメリットデメリット向いている人など総合的に紹介していきます。

  1. イオンカードを作るとお得なわけ
    1. カード年会費・ETC・家族カードもすべて無料
      1. 家族カードは3枚まで無料
      2. ETCカードは「ETCゲート車両損傷お見舞金制度」つき
    2. 毎月20日と毎月30日は全品5%OFF
      1. WAONポイントカードでもお客様感謝デーが利用可能に!
    3. ときめきポイントがいつでも2倍!イオングループでの還元率は常に1.0%
    4. 電子マネーWAON付帯
    5. イオンシネマ料金が割引になる
    6. ビッグエコー・SHIDAXでカラオケ料金が最大30%OFF
    7. 55歳以上は毎月15日は5%OFF
    8. 条件を満たすとイオンゴールドカードが入手できる
  2. イオンカードの種類
    1. イオンカード(WAON一体型)
    2. イオンカードセレクト
    3. イオンSuicaカード
    4. コスモ・ザ・カード・オーパス
    5. イオンカードセレクト(ミニオンズデザイン)
  3. イオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクトどっちがいいの?
  4. イオンカードのデメリット
    1. イオン以外でのポイント還元率は0.5%
    2. ときめきポイントを貯めるのに時間がかかる
    3. 海外旅行傷害保険が付帯していない
  5. 管理人おすすめのイオンカードの使い方
  6. イオンカードの審査は難しくない
    1. イオンカードの申し込み資格
    2. 流通系カードで審査難易度は高くない
    3. カード発行までどのくらいかかる?
      1. すぐにお客様感謝デーを利用したい方は仮カードの発行がおすすめ
  7. イオンカードのポイント制度
    1. イオンカードで貯まるポイントはときめきポイント
    2. 電子マネーWAONで貯まるポイントはWAON POINT
    3. 毎月10日はときめきポイント10倍デー
    4. ときめきポイントTOWNでポイント最大21倍
    5. WEB明細にするだけで毎月10ポイント貰える
  8. イオンカードの口コミ・評判
    1. イオンカード(WAON一体型)の口コミ・評判
    2. イオンカードセレクトの口コミ・評判
    3. イオンカード(ミニオンズ)の口コミ・評判

イオンカードを作るとお得なわけ

イオンをよく利用する方も、たまにしか利用しない方にもイオンカードがお得な理由をみていきましょう。

カード年会費・ETC・家族カードもすべて無料

イオンカードはクレジットカード年会費・ETCカード年会費・家族カードがすべて年会費無料です。

クレジットカードの中には初年度が年会費無料でも2年目以降に年会費がかかってしまうもの、条件付きで無料になるものもあります。

しかしイオンカードはどのイオンカードを選んでも年会費が完全に無料です。

年会費無料のカードであってもETCカードは有料のカードも多い中、すべて無料なので安心して利用ができます。

家族カードは3枚まで無料

イオンカードの家族カードは3枚まで無料で発行できます。「普段は自分が買い物をするけど、旦那さんが買い物をするときもイオンカードを使って欲しい…。」

そんな専業主婦・兼業主婦の方にもぴったりです。家族カードにすると引き落としの口座をまとめられるだけでなく、買い物で貯まったポイントもまとめられるのが嬉しいですよね。

ETCカードは「ETCゲート車両損傷お見舞金制度」つき

イオンカードのETCカードは年会費無料なのに「ETCゲート車両損傷お見舞金制度」がついています。

「ETCゲート車両損傷お見舞金制度」とはETCゲートを通過する際に、バーの開け閉めで車両が傷ついてしまったときに年に1回まで5万円補償する制度です。

詳しくはこちらをご覧ください。

毎月20日と毎月30日は全品5%OFF

毎月20日と30日は「お客様感謝デー」でイオン・マックスバリューなどイオン系列のお店の商品が5%OFFになります。

たった5%OFFと思うかもしれませんが、5000円分買いだめすれば250円得をします。20日と30日に買い物をすれば、1か月に500円得をして年間に6000円得をします。

対応している店舗は以下の通りです。

  • イオン
  • イオンスタイル
  • イオンスーパーセンター
  • ダイエー
  • マックスバリュー
  • ビブレ
  • ザ・ビック
  • マックスバリュー

イオンカードの支払いだけではなく、イオンiDやWAONでの支払いでも5%OFFが適応されます。

対象外の店舗・対象外の商品に注意しよう

イオングループの加盟店がすべてお客さま感謝デーになるわけではありません。例えば都心部にある小型スーパーの「まいばすけっと」やコンビニの「ミニストップ」はお客様感謝デーを実施していません。また以下の商品は対象外になるため注意しましょう。
【対象外商品】たばこ・切手・商品券イオンギフトカード・書籍雑誌・酒・ブランドショップ商品・調剤薬局・ゲーム機本体・携帯電話売り場・早期予約承認・工事費

WAONポイントカードでもお客様感謝デーが利用可能に!

以前、ピンク色のWAONポイントカードではお客様感謝デーの利用はできませんでした。
しかし、現在はイオンマークの付いた各種イオンカードとWAON POINTカードの提示でも5%OFFになります。

ときめきポイントがいつでも2倍!イオングループでの還元率は常に1.0%

イオンカードの通常還元率は0.5%とあまり高くありません。

しかし全国のイオン・マックスバリュー・ビブレなどのイオングループ加盟店での買い物はときめきポイントがいつでも2倍貯まります。

電子マネーWAON付帯

イオンかカードでWAON一体型を選択すれば、ワンタッチで買い物ができてしまいます。

飲み物だけ買う時などいちいちクレジットカードで手続きするのは面倒…サインをするのはもっと面倒…。電子マネーWAONならそんなわずらわしさもありません。

チャージ式の電子マネーのため、チャージの手間はかかりますが、イオンカードセレクトならオートチャージに対応しています。

イオンシネマ料金が割引になる

イオンにはイオンシネマがあることが多いですよね。「買い物のついでに」「休日に旦那さんや子供と一緒に」「1人で仕事終わりに」など映画をふらっと見たくなったときにもイオンカードは活躍します。

イオンカードでイオンシネマ料金を決済すると、映画料金が300円割引きになります。イオンカードミニオンズではこれ以上料金が割引になるのでおすすめです。

さらに毎月20日・30日のお客様感謝デーはイオンシネマ料金がいつでも1100円になります。

同伴者1名もお得になるのが嬉しいですね。

ビッグエコー・SHIDAXでカラオケ料金が最大30%OFF

意外と居られていないのが、イオングループ以外でも優待や割引が使えるということ。

ビッグエコーではイオンカードで決済しなくても、カードの提示だけでルーム料金が30%OFFになります。(SHIDAXではイオンカードの決済で割引が受けられます)

カラオケ好きな方には見逃せない特典ですね。

55歳以上は毎月15日は5%OFF

55歳以上の方は、毎月20日と30日のお客様感謝デーだけではなく、15日も5%OFFで買い物をすることができます。

年をとっても買い物は生活の一部ですよね。毎月に固定で3回5%OFFの日があるのは嬉しいですね。

条件を満たすとイオンゴールドカードが入手できる

イオンカードは年会費無料でもてるゴールドカードです。ゴールドになり、ランクが上がるため具体的に以下のようなことができるようになります。

  • 全国のイオンラウンジが利用できる
  • 羽田空港など国内の主要6空港のラウンジを利用できる
  • ゴールド会員限定の割引・優待がある
  • 国内外の旅行傷害保険・ショッピング保険が付帯する

ゴールドカードになるには年間100万円以上の利用が必要です。ゴールドカードについて詳しくはこちらをご覧ください。

イオンカードの種類

イオンカードの種類にはデザイン違いも含めて現在56種類ものクレジットカードがあります。実にたくさんの種類がありますが、56種類の中から特におすすめのクレジットカードは以下の5つです。

  • イオンカード(WAON一体型)
  • イオンカードセレクト
  • イオンカードSuicaカード
  • コスモ・ザ・カード・オーパス
  • ミニオンズデザイン

それぞれのカードの特徴を簡単に紹介していきます。

イオンカード(WAON一体型)

イオンカード

 イオンカード
カード年会費 無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 0.5%
電子マネー
  • 毎月20日・30日に5%OFF
  • 電子マネーWAON付帯
  • イオングループでの買い物でときめきポイントがいつでも2倍

イオンカードの一番スタンダードなカードです。

電子マネーWAONが付帯しているので少額決済もらくらく。家族カードが3枚まで発行できるので家族の家計簿をつけるのにも役立ちます。

デザインは通常デザイン・ディズニーデザイン・ミニオンズデザイン・トイストーリーデザインの4種類から選択可能です。

デザインによって発行できる国際ブランドが異なります。

イオンカードセレクト

イオンカード セレクト

イオンカードセレクト
カード年会費 無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 0.5%
電子マネー
  • イオングループでいつでもときめきポイント2倍
  • 毎月20日・30日のお客様感謝デーで5%OFF
  • イオン銀行ATM手数料0円

イオンカードセレクトはイオンカード・イオン銀行キャッシュカード・電子マネーWAONの3つの機能が1つになったカードです。

最大の特徴は「WAONの利用で2重にポイントが貯まる」です。通常のイオンカードでは電子マネーWAONにチャージしてもポイントが貯まりません。

しかし、イオンカードセレクトはWAONへのオートチャージと支払いで2重にポイントが貯まります。

イオン銀行を開設して引き落としにイオン銀行を設定する必要はありますが、イオン銀行でも構わないという方にはお得なカードでしょう。

イオンカードでの支払いをメインに考えている方はイオンカードセレクトが一番お得です。

デザインは通常デザイン・ディズニーデザイン・ミニオンズデザイン・トイストーリーデザインの4種類から選択可能です。

イオンSuicaカード

イオンSuicaカード

イオンSuicaカード
カード年会費 無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 0.5%
電子マネー
  • ときめきポイントをSuica電子マネーに交換可能
  • Suicaオートチャージ可能
  • Suicaオートチャージでポイントが貯まる(還元率0.25%)

電子マネーはWAONでなくSuica!と言う方はイオンカードとSuicaが一体になったイオンSuicaカードを利用するといいでしょう。

Suica一体型でオートチャージにも対応しているため、財布もかさばらずに済みます。オートチャージでもときめきポイントが付きますが、還元率はそこまで高くないため注意が必要です。

また、イオンカードの中でも珍しく海外旅行傷害保険が付帯しています。

コスモ・ザ・カード・オーパス

コスモ・ザ・カード・オーパス

コスモ・ザ・カード・オーパス
カード年会費 永年無料
ETC年会費 実質無料
ETC発行手数料 無料
還元率 0.5%
電子マネー
  • 入会時燃料50Lが割引になる
  • コスモ石油で燃料油が会員価格に!
  • イオンの特典も受けられる
コスモ・ザ・カード・オーパスは「ガソリン代をお得にしたい!」という方におすすめのクレジットカードです。
通常のイオンカードの特典に加えて、よく車に乗る方嬉しい特典が付帯しています。
  • 入会で燃料油50Lまで10円引き
  • 入会後3ヵ月は3~6円値引き
コスモ石油をよく利用する方は見てみてください。

イオンカードセレクト(ミニオンズデザイン)

イオンカードセレクト(ミニオンズデザイン)

イオンカードセレクト(ミニオンズ)
カード年会費 無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 0.5%
電子マネー
  • ユニバーサルスタジオジャパンでときめきポイント10倍
  • イオンシネマで映画料金がいつでも1000円!
  • ときめきポイントをオリジナル商品に交換できる

イオンカードには通常デザイン・ディズニーデザイン・トイストーリーデザインなどの種類がありますが、特におすすめのデザインはミニオンズデザインです。

ミニオンズデザインの一番のお得な点はイオンシネマ料金がいつでも1000円になることです。

通常デザインのイオンカードを持っていても映画料金は値引きになるのですが、ミニオンズデザインならさらに大幅な値引きを受けることができます。

写真で紹介しているのはイオンカードセレクトのミニオンズデザインですが、イオンカード(WAON一体型)のミニオンズデザインにも同様の特典が受けられるので、映画好きの方は是非チェックしてみてください。

イオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクトどっちがいいの?

イオンカードとイオンカードセレクト、どっちがいいか迷っている…という方は「イオンカードをメインに使うか?」で考えてみましょう。

2つのカードの違いは「WAONオートチャージでポイントが貯まるか」「引き落とし口座の設定が柔軟か」です。

イオンカード イオンカードセレクト
WAONオートチャージ ポイント還元なし 0.5%還元

(200円ごとに1WAONポイント)

引き落とし口座 幅広い口座を指定できる イオン銀行のみ

イオンカードセレクトの方がときめきポイントが2重で貯まるのでお得…ではありますが、引き落としに指定できる口座が限定されるというデメリットがあります。

クレジットカードはイオンカードセレクトしか使わない!という方にはデメリットでもないかもしれませんが、他のカードを使っていて普段簡単にATMで引き出したい…という方にはやや不便です。

一般的には(ポイント還元率からみると)イオンカードセレクトの方がお得ですが、「イオン銀行は使いずらそう」」複数の銀行口座を持ちたくない」そんな方はイオンカード(WAON一体型)をがいいでしょう。

イオンカードのデメリット

イオンカードは全国のイオングループでお得になりますが、やはりイオングループ以外では魅力が半減してしまうのが難点です。

デメリットも分かった上でイオンカードを作るかどうか判断してみてください。

イオン以外でのポイント還元率は0.5%

イオンカードの大きなデメリットとして、イオン以外でのポイント還元率が0.5%と低いことが上げられます。

楽天カード、JCB CARD W、オリコカード・ザ・ポイントのように通常還元率が1.0%のクレジットカードと比べると半分の還元率…は正直イマイチです。

もちろんイオングループでの還元率は1.0%なのですが、公共料金やその他の買い物をするとなると少々頼りないかもしれません。

ポイント還元率にこだわる方は通常還元率がカードをメインカードにして、イオンを利用する際はイオンカードをサブで使うといいでしょう。

ときめきポイントを貯めるのに時間がかかる

イオンカードで貯まるときめきポイントは1000ポイント以上から各ポイントに交換できます。

楽天カードは貯まったポイントが1ポイント1円から使えるのに比べると、ポイントが貯まるまでにやや時間がかかる点がデメリットでしょうか。

海外旅行傷害保険が付帯していない

イオンカードには海外旅行傷害保険が付帯していないカードが多いです。

年会費無料故ですが…。イオンカードの中で海外旅行傷害保険が付帯しているのはイオンSuicaカードぐらいですが、補償額は十分とは言えません。

海外旅行保険が充実しているカードを探している方はこちらを参考にしてみてください。

管理人おすすめのイオンカードの使い方

「イオンも利用するけど、メインカードは楽天カードなどの高還元率カードを使っている」

「通常還元率0.5%のカードを申し込んでお得なの?」…という方はイオンカード+還元率1.0%以上の高還元率カードの2枚持ちをおすすめします。

公共料金やイオン以外での買い物はメインカードで支払い、イオンではイオンカード提示+メインカードで決済すると、WAONポイント+メインカードのポイントが2重に貯まるからです。

イオンカードはカード年会費が完全に無料なため持っていても損をしません。

イオンカードの審査は難しくない

イオンカードを申し込みたくなったけど、審査が不安…そんな風に考えている方も多いでしょう。

正社員でなかったり、すでにカードを複数枚所持している場合はイオンカードを持てるかどうか気になりますよね。

イオンカードの申し込み資格

イオンカードの申し込み資格は「18歳以上の方」です。年収いくら以上という記載がないためアルバイトやパートしている方でも申し込み可能です。

配偶者のいる方は、本人に安定した収入がなくてもパートナーに安定収入があればOKです。申し込みの際はアルバイト・パートをしている方でも、自分の収入でなく配偶者の収入を記入することで審査に通過できます。

流通系カードで審査難易度は高くない

イオンカードはイオングループ(小売店)が発行している流通系のクレジットカードです。

流通系のクレジットカードは、カードを発行して利用者に自社で買い物をしてもらいたい、という願いでカードを発行しています。

そのためクレジットカードの種類の中でも審査難易度は低めです。

カード発行までどのくらいかかる?

イオンカードは申し込んでから手元に届くまで約2週間かかります。即日発行に対応しているカードではないんで、余裕を持って申し込みましょう。

すぐにお客様感謝デーを利用したい方は仮カードの発行がおすすめ

イオンに行ったらお客様感謝デーを実施していて、すぐにでもカードを発行したい!という方はイオンカードの仮カードがおススメです。

イオンカードのポイント制度

イオンカードで貯まるポイント(クレジットカード利用)と電子マネーWAONで貯まるポイントはとこなります。

  • イオンカードで貯まるポイント…ときめきポイント
  • 電子マネーWAONで貯まるポイント…WAONポイント

イオンカードで貯まるポイントはときめきポイント

イオンのクレジットカード利用で貯まるポイントは「ときめきポイント」です。
  • イオングループでのイオンカード利用…還元率1.0%(200円でときめきポイント2ポイント)
  • イオン以外でのお店の利用…還元率0.5%(200円でときめきポイント1ポイント)
貯まったときめきポイントは電子マネーや商品などに交換ができます。
イオングループでときめきポイントを利用する場合は、WAONポイントや電子マネーWAONに交換してチャージする必要があります。

電子マネーWAONで貯まるポイントはWAON POINT

イオンカードに付帯されている電子マネーWAONで決済した場合は、ときめきポイントでなくWAON POINTが貯まります。
貯まったWAON POINTはWAONにチャージして電子マネーWAONとして利用できます。

毎月10日はときめきポイント10倍デー

毎月10日にイオンマークのついたクレジットカードで支払いをするとときめきポイントが通常の10倍貯まります。
通常は200円ごとに1ポイントしかポイントが貯まりませんが、10日はイオングループの対象店舗で200円ごとに10ポイント貯まります。

ときめきポイントTOWNでポイント最大21倍

ネットショッピングを利用する際にはイオンカードの会員専用サイト「ときめきポイントTOWN」を経由しましょう。
ときめきポイントTOWNを経由していつも通り買い物をするだけでときめきポイントが最大21倍付与されます。

WEB明細にするだけで毎月10ポイント貰える

毎月の明細をWEB明細に切り替えるだけで毎月10ポイントがもらえます。
紙の明細を止めるだけで環境にもよく、ポイントももらえるので是非WEB明細をおすすめします。WEB明細だと過去1年間の履歴を確認できて便利ですよ。

イオンカードの口コミ・評判

イオンカード(WAON一体型)の口コミ・評判

30歳男性
会社員
メインカードとして使っています

満足度

イオンカードをメインカードとして使用しています。20日と30日に5%OFFで買い物ができて、ときめきポイントも2倍貯まるのが嬉しいです。
でも電話が繋がらないのでもしもの時に困ります…。使い方によってはポイントがたくさん貯まるので、全体的にはいいです。

 

30歳女性
会社員
イオンをよく利用する方なら、是非もっていたいカード

満足度

イオンによく行く方なら持っておいて損はないカードです。わくわくデーや感謝デーなどイベントがたくさんあって正直覚えていないですが、定期的にポイントアップや割引があるので重宝しています。

でもポイントは貯まるけどポイント制度と種類が分かりにくいです…統一すればいいのにと思ってします。

イオンカードセレクトの口コミ・評判

30歳女性
会社員
引き落とし口座次第

満足度

感謝デーや5%OFFだけでなく、定期的に割引パスポートがでるのがいいです。

でも引き落とし口座がイオン銀行のみなのでお金を入れるの面倒です…。イオンを利用するなら手数料無料なのでいいですが、メイン口座が別にある場合はお金を入れるのが少し面倒と感じます。

 

30歳女性
会社員
イオン利用者は損なしのカード

満足度

クレジットカードを利用するとたまに明細を確認して5%から10%割引になっています。

イオン銀行の普通預金金利が0.1%つくので預金口座としても優秀だと思います。

イオンカード(ミニオンズ)の口コミ・評判

25歳男性
会社員
イオンシネマ専用用です

満足度

イオンシネマがいつでも1000円は素晴らしいです!通常1800円なので年会費無料なのに1000円に割引になるのはすごい。

完全に映画専用のクレジットカードとして使ってます笑

タイトルとURLをコピーしました