イオン従業員カードは常に5%割引特典あり!イオン従業員カードのメリット・デメリットは?

イオン従業員カードは常に5%割引特典あり!イオン従業員カードのメリット・デメリットは? イオンカード

イオンは従業員に対しての福利厚生が充実しており、従業員しか持つことができない「イオン従業員カード」があることをご存知でしょうか?

イオン従業員カードは特典として

  • イオン従業員のみが利用できる特別割引
  • ゴールドカード会員になれる
  • 出退勤でポイントが付く

などのメリットがあります。

「イオン従業員カードを勧めたけど申し込むか迷っている…」という方は是非参考にしてみてください。

イオン従業員カードの割引特典

イオン従業員カードはその名の通り、イオンの従業員に福利厚生の一環として支給されるカードです。

エンボスレス(カードに凹凸がない)のカードになっており、イオンカード(クレジットカード機能)が付いた社員証の認識をしてもらえれば分かりやすいでしょうか。

つまりイオン従業員カードは以下の3つの機能がついているカードになります。

  • クレジットカード
  • 社員証
  • WAONポイントカード

イオン従業員カードは国際ブランドがVISAでの発行となっており、毎日イオンで5%割引を受けることができます。

5%割引とはいいましたが、店舗によっては5%OFF以上の割引を行っているため見逃せません。

優待店 割引特典
銀だこ たこ焼き・やきそば購入時ドリンクサービス
リンガーハット 10%割引
ミスタードーナッツ 10%割引
ライトオン(アパレル) 10%割引
ZOFF 5%割引
靴下屋 10%割引

この他にもイオンに入っている各店舗で優待が受けられます。

口コミを見る限り、イオンシネマでの優遇や分割払いの手数料が優遇されるなどの特典もあるようです。

割引は会計時には適応されず、引き落とし時に適応されます。

一般のイオンカードやイオンカードセレクトだと5%OFFになるのは、毎月20日と30日の「お客様感謝デー」のみですが、イオン従業員カードだと毎日5%OFFになるので、かなり家計の助けになります。

口コミによるとイオン・マックスバリュは常に5%OFFですが、ザ・ビックでは常に7%OFFになるようです。

 イオン従業員カードはクレジットカード機能なしタイプも選択可能

イオン従業員カードはイオン銀行のキャッシュカードも兼ねた「イオンカードセレクト」がベースになっていますが、クレジット機能を付けたくない方はクレジットカード機能なしのものも発行されます。

学生でクレジットカードを持つのがこわい方や、管理に自信がない方はクレジット機能のないものを選択してもいいでしょう。

イオン従業員カードは正社員でなくても発行可能

イオン従業員カードは正社員だけでなく、パートやアルバイトであっても持つことができます。

イオン周辺に住んでいる方は従業員カード目的でイオンでバイトをするのもありですね。

イオン従業員カードの申し込み方

イオン従業員カードはインターネットや郵送で申し込むことができませんので、直接総務にいって申し込む必要があります。

総務部に行って申し込み用意を記入すると、提出後郵便でイオン従業員カードが届きます。

もし、総務部がない場合はイオンの社員に直接問い合わせましょう。

イオン従業員カードは発行まで3週間~1ヵ月かかります。通常のイオンカードよりかなり時間がかかるため、早めに申請するようにしましょう。

イオン従業員カードを申し込む際には、運転免許証などの本人確認の証明になるものが必要です。

もし書類に不備があるとカードが発行できず、また確認書類を郵送するはめになりカード発行に時間がかかってしまいます。

必ず書類に不備がないか確認して郵送しましょう。

イオン従業員カードはゴールドカードにランクアップは可能?

イオンカードゴールド

イオンゴールドカード
カード年会費 無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 0.5%
電子マネー
  • 全国のイオンラウンジが利用できる
  • 主要国内空港ラウンジが無料
  • ショッピング保険・国内外の旅行保険付帯

イオンカードの上位カードとして「イオンカードゴールド」があります。

通常だとイオンカードで年間100万円以上の利用でイオンゴールドカードのインビテーションが送られてきます。

しかし、イオン従業員カードを持っていれば年間100円の基準を満たさなくてもゴールドカードを入手できます。

パートや学生であっても1年以上勤務すれば、比較的簡単にゴールドカードを入手できるのがメリットです。

イオン従業員カードはイオンラウンジに入れない!

イオンゴールドカードのメリットは以下の3つです。

  • 全国のイオンラウンジが使える
  • 国内の空港ラウンジが一部使える
  • 国内の旅行傷害保険やショッピング保険が付帯

しかし、イオン従業員カードからランクアップしたイオンゴールドカードは、全国のイオンラウンジを利用できません。

イオンラウンジは無料でお茶やお菓子がもらえ、くつろぐことができる空間なのに利用できないのはかなりのデメリットです。

イオンラウンジは一般客向けのサービスのため、イオン従業員は利用できない仕組みになっています。

なお、イオンを退職すると通常のイオンゴールドが郵送されてくるため、全国のイオンラウンジが利用できるようになります。

またイオン従業員カードであっても一部の国内空港ラウンジが利用が可能です。利用ができる国内ラウンジは以下の通り。

  • 羽田空港
  • 成田空港
  • 新千歳空港
  • 伊丹空港(大阪国際空港)
  • 福岡空港
  • 那覇空港

無料で国内の空港ラウンジが利用できるのは、イオン従業員カードであっても変わりありません。

イオンを退職したらイオン従業員カードはどうなる?

イオン従業員カードはイオンを対象すると、通常のイオンカードに戻ります。

従業員割引や社員証は使えなくなりますが、引き続きイオンカードとして利用ができます。

イオンカードは毎月20日と30日の「お客様感謝デー」で5%OFF、イオンでときめきポイント2倍、イオンシネマ300円割引などの特典があります。

また、イオンカードセレクトはイオン銀行キャッシュカードも一体型になったカードのため、イオン銀行の普通預金金利が優遇されたり、WAONオートチャージでポイントが2重取りできます。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト
カード年会費 無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 0.5%
電子マネー
  • イオングループでときめきポイントがいつでも2倍!
  • WAONのオートチャージでも200円につき1ポイント貯まる
  • イオン銀行の普通預金金利が年に最大0.15%

常に5%OFFに割引がなくなってしまうのは残念ですが、イオングループで買い物する方なら引き続きお得になっているので、そのまま利用してもよいでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました