イオンカードの審査にかかる時間は?審査が遅い6つ原因

イオンカードの審査にかかる時間は?審査が遅い6つ原因 イオンカード

イオンカードの審査で在籍確認のために電話がかかってきたとしても、聞かれたことに回答すれば問題ないのですが、電話自体に抵抗感があるという人も少なくありません。

そこで、イオンカードの在籍確認について紹介いたします。

在籍確認の内容や在籍確認されない人の特徴、在籍確認を受けない方法も解説していきますので、これからイオンカードの利用を申し込んで審査を受けるという人は必見です。

イオンカードの審査で在籍確認が行われる理由とは?

在籍確認とは、クレジットカード会社が申込者の勤務先に電話をかけて、申込者が本当にその会社に勤務しているのかと確認する、いわば本人確認の一種です。

在籍確認が行われる理由として挙げられるのは、先ほど申し上げたとおり、本人確認にあります。

イオンカードの利用を申し込む顧客の中に、本人確認に関して虚偽を行っている人も少なからずいるのです。イオンカードがもっとも恐れているのは「未回収」のリスクにあります。

未回収とは簡単に説明すると、クレジットカードの利用料金を顧客から回収できなくなったことを意味し、利用料金を回収できないということは、発行元であるカード会社の損失につながるのです。

イオンカードは利用料金の未回収に対するリスクに備えるべく、カード利用を申し込んだ顧客の本人確認を徹底しているのが理由であります。

この部分はイオンカードに限らず、多くのクレジットカード会社でも同じです。

在籍確認の電話で何を聞かれるのだろうか?

イオンカードの審査を通過するために在籍確認はやむを得ないと割り切っているが、在籍確認の電話で何を聞かれるのかと不安を抱いている人は多いと言っても過言ではありません。

在籍確認の電話で聞かれる内容は、氏名や生年月日を聞かれる程度となっています。ただそれだけなので、聞かれたことを素直に回答すれば問題ありません。

しかし、申し込み内容に違和感を持ったカード会社は、氏名や生年月日だけでなく、色々なことを聞かれる場合があります。

この部分についても、聞かれたことを素直に回答するのが堅実的です。

在籍確認の電話がかかってくる可能性は?

在籍確認の電話がかかってくる可能性は、実は非常に低いです。

その理由は、安定した収入の有無を重視されていないことにあります。なぜ安定した収入の有無を重視されていない傾向にあると断言できるのかというと、ターゲット層が配偶者のいる専業主婦だからです。

専業主婦という部分は後ほど「学生や専業主婦の立場にある人」という見出しで解説していきますが、専業主婦は当然ながら収入源はありません。

専業主婦としてイオンカード利用を申し込む場合、配偶者の収入をもとに審査を行います。

専業主婦でなくても、正社員や公務員、フリーターなど収入を独自に得ている立場の人でもイオンカードの利用に申し込みが可能です。

滅多なことがないかぎり、申込者に対して在籍確認の電話がかかってくるのはありません。

在籍確認の電話はどういったタイミングでかかってくるのだろうか?

在籍確認の電話が滅多にかかってくることはないと説明していますが、在籍確認の電話がかかってくるタイミングは、仮審査通過後です。

仮審査とは、申込情報を元にコンピューターが審査を行うことを意味します。

コンピューターが審査を行うので、審査時間は1時間ほどで終了いたします。返済能力や信用情報を元に審査を行うので、この仮審査を通過できなければ、イオンカードの利用が不可能になるというわけです。

イオンカードの仮審査を通過しても、配偶者の返済能力や信用情報に傷がないかどうかも見るだけですが、特に問題がない場合は在籍確認の電話はありません。

あるとすれば、申込情報の虚偽などが挙げられます。

誤字脱字の程度でも電話がかかってくる場合もあり、かかってきた場合は丁寧に対応すれば問題ありません。

イオンカードの審査で在籍確認されない人の特徴

イオンカードは在籍確認されることはほとんどないのですが、本当の意味で在籍確認されない人の特徴を以下にまとめました。

  • クレジットカードの過去の履歴に対する信用度が高い方
  • 前に発行されたクレジットカードと同じカード会社だから
  • 申込者の勤続年数が長い
  • 学生や専業主婦の立場にある人
  • 派遣やアルバイト・パートの立場にある人

その特徴を次に挙げて、内容を解説していきます。

クレジットカードの過去の履歴に対する信用度が高いから

良いクレヒス(クレジットカードヒステリー)を積み重ねている人は信用度が高く、在籍確認を行う必要はほとんどありません。

クレヒスはCICなど信用情報機関に登録されており、カード会社は審査を行うときに信用情報機関を経由し、その人のクレヒスを確認します。

良いクレヒスとは、過去の支払いに対する延滞や滞納がないことを意味するのです。逆に悪いクレヒスとは、過去の支払いの延滞や滞納など金融事故を起こしていることを意味します。

一方、30歳になってもクレヒスがない、いわば「スーパーホワイト」の人も信用度が高くありません。

なぜかというと、カード会社から「この人は過去に金融事故を起こしてカードを持てないのか?」などと疑われるからです。

早い話し、20代のうちにクレジットカードを持って、きちんと支払い続ければ自然と信用度が高くなります。

前に発行されたクレジットカードと同じカード会社だから

前のクレジットカードの発行元が同じカード会社だった場合は、在籍確認の電話がかかってくることはありません。かかってくる可能性があるにしても、書類の不備や虚偽の可能性などが挙げられます。

イオンカードの場合はクレジットカードの種類を多く扱っているので、付帯サービスの利用などを目的に別のイオンカード利用を申請する場合があるのです。

すでにイオンカードを持っている、または過去に持っていた場合、在籍確認の電話はあり得ないといっても過言ではないでしょう。

申込者の勤続年数が長い

申込者が会社に入社してから勤続年数が長い場合、安定した収入を得ていることが評価され、在籍確認の電話がかかってくることはほとんどありません。

審査も優位になるので、勤続年数が長いという理由だけで、信用度が高くなるのです。

イオンカードの審査基準に甘い部分はあるのですが、申込者の勤続年数の長さにあまり重要視されていない傾向にあります。

学生や専業主婦の立場にある人

申込者の勤続年数の長さにあまり重要視されていない傾向にあると、上記にある「申込者の勤続年数が長い」で説明しましたが、その理由はターゲット層にあります。

イオンカードは基本的に、配偶者がいる専業主婦をターゲット層にしている傾向にあるのです。

専業主婦なので会社に働いていないので、在籍確認の電話を行う必要はありません。

学生の場合は親権者の収入をもとに審査を行います。在籍確認の電話は基本的にありません。

派遣やアルバイト・パートの立場にある人

派遣やアルバイト・パートでも収入を得ていることに変わらないので、そういった立場の人に、イオンカードの在籍確認の電話がかかってくることはほとんどありません。

申し込む人が正社員や公務員だからという理由で在籍確認されないのかと考えている人は少なからずいますが、確かにこういった立場の人であれば、安定した高い収入を得ています。

しかし、イオンカードが求めているのは、ちゃんと支払ってくれるかどうかです。

返済能力があり、今まで支払いに延滞や滞納を経験したことがないという人ほど、在籍確認の電話がかかってくることはありません。

イオンカードの審査で在籍確認を受けたくない方法

イオンカードの審査で在籍確認の電話は滅多にないのですが、それでも可能性はゼロではありません。

それでも、在籍確認に対する不安を隠せない人が多くいます。実は本当に在籍確認を受けたくない方法があるのです。

  • クレヒスをキレイな状態にする
  • カード会社が忙しいときを狙う

その方法を次に挙げて、解説していきます。

クレヒスをキレイな状態にする

「クレジットカードの過去の履歴に対する信用度が高いから」という見出しでも説明しましたが、クレヒスがキレイな状態であれば、在籍確認の電話はありません。

信用度が高いのが根拠です。

クレヒスはクレジットカードを利用し続け、支払いを堅実的に行い続けることで、自然と良いクレヒスの実績が積み上がってきます。

カード会社が忙しいときを狙う

カード会社が忙しいといっても、様々な表現があるのですが、ほとんどの場合はキャンペーンにあります。

多くのクレジットカード会社は顧客を増やすために入会キャンペーンを行っており、キャンペーンの特典を目的に顧客が次々と入会していくという仕組みです。

キャンペーン実施中は顧客が集まってくるため、カード会社はその対応に追われ続けており、在籍確認のために電話を行う暇がありません。

その時期を狙ってイオンカードに申し込めば、在籍確認の電話はほとんどありません。

ただし、カード会社が忙しくなったとき、審査期間が長引く可能性があるのがデメリットです。

イオンカードの審査を受けるときは固定電話の番号が望ましい

イオンカードに申し込むとき、必ず電話番号の記入欄があるのですが、なるべく固定電話の番号が望ましいです。自分が本当にその住所に住んでいるという証明になるのが理由であります。

携帯電話の番号でも問題はないのですが、審査で不利になるといっても過言ではありません。

本人確認も兼ねているので、固定電話の番号でイオンカードの審査に申し込んだほうが有利になります。

幸いにも固定電話と携帯電話の番号の両方で申し込むことができるので、可能なかぎり固定電話と携帯電話の番号を申込欄に記入して申し込むと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました