アコムACマスターカードの審査に落ちた…審査落ち原因と次に申し込めるカードは?

アコムACマスターカード 審査落ちた ACマスターカード

クレジットカードの中でも審査が甘いとされているのがアコムACマスターカードです。数あるクレジットカードの中でもアコムACマスターカードが特に発行しやすいと言われています。

ただ、審査がありますので全員が通過できるわけではありません。審査に落ちてしまう人も存在しています。

なぜ審査に落ちてしまうのでしょうか。まだ審査に落ちた時には他に申し込みできるクレジットカードはないのでしょうか。

審査に落ちた人が気になる情報をまとめていきます。

アコムACマスターカードの審査に落ちた原因は?

アコムACマスターカードの審査に落ちた原因はどこにあるのでしょうか。

審査の基準は公開されているものではありませんが、ここでは審査落ちの原因として考えられる5つのことをご紹介します。

総量規制にひっかかった

アコムACマスターカードは総量規制に含まれるクレジットカードです。そのため、総量規制にひっかかったことでクレジットカードの審査に落ちてしまった可能性があります。

「総量規制」とは?

貸金業法による規制のひとつで、借入を増やしすぎて多重債務に陥らないように作られた規制です。

総量規制対象の借り入れ業者からの借り入れ金額合計が年収の3分の1を超える場合に、新たに借り入れができなくなるものです。

ただ、全ての借入金が総量規制の対象となるわけではありません。総量規制の対象となるのは消費者金融からの借入とクレジットカードのキャッシング枠の借り入れのみです。

銀行で住宅ローンを組むような場合や銀行のカードローンを契約している場合には総量規制の対象とはなりません。そのため、どの借り入れが総量規制の対象となっているのかは自分で正しく判断しなければなりません。

アコムACマスターカードはカードローンの機能も備えたクレジットカードです。このアコムという消費者金融のカードローンが総量規制の対象となり、アコムACマスターカードの審査に落ちてしまうことがあるのです。

5社以上から借入している

5社以上から借り入れをしていることが審査落ちの原因である可能性があります。5社以上からの借り入れがあると多重債務の判断をされてしまう可能性があります。

アコムACマスターカードはクレジットカードの機能とカードローンの機能を備えているものです。そのため、これ以上の借り入れを増やさないためにも審査落ちとする可能性があるのです。

また、そもそもアコムは一つの会社であり慈善事業ではありません。そのため借り入れが多く返済が危ぶまれる人に対してはクレジットカードの発行を見送る可能性は高いです。

これは単純であり返済される見込みが薄い人にクレジットカードを発行しても意味がないからです。

返ってこない人にお金は貸したくないよね…

支払能力があるかどうかを判断する基準が5社以上の借り入れをしているかどうかです。

この基準に触れてしまうことで、アコムACマスターカードの審査に落ちてしまった可能性があります。

過去に金融事故を起こしていた

過去に金融事故を起こしていることで審査に落ちてしまった可能性もあります。

金融事故とはいくつか該当するものがありますが、代表的なものは「クレジットカードの支払い遅延(いわゆるブラック)」と「自己破産」が挙げられます。

クレジットカードの支払いを遅延すると信用情報にその旨が記録されます。同様に自己破産をした場合にも信用情報にその旨が記録されます。

この信用情報はアコムACマスターカードなどクレジットカード会社が審査をするにあたり利用するものです。クレジットカード会社が「他のクレジットカードは正しく利用しているか?」との情報を得るために利用するのです。

このときに金融事故の記録を見たら印象が悪くなることは間違いありません。「自分の会社でも支払いをしてくれないかもしれない」と感じることでアコムACマスターカードの発行を見送る可能性があります。

在籍確認の電話にでなかった

アコムACマスターカードを発行するにあたり在籍確認は必須です。在籍確認ができないと審査に落ちてしまいます。

申し込みをしたのに審査に落ちてしまった場合には在籍確認が正しくできたかを振り返ってみましょう。場合によっては会社に電話がかかってきたにもかかわらず適切に対応してもらえていない可能性があります。

在籍確認は必ずしも自分が電話に出る必要はありません。ただ、会社に在籍していることがわかる対応をしてもらわなければ在籍確認の意味がありません。

うまく情報連携ができず適切な対応をしてもらえなかったことによって在籍確認に失敗し審査に落ちてしまったことも考えられます。

未成年・無職など審査資格を満たしていない

そもそもアコムACマスターカードの申し込み条件を満たせていなかったという可能性もあります。これは申し込み後に自分で確認できる内容です。

ACマスターカードの申し込み資格は以下の通りです。

  • 年齢が20歳以上69歳以下であること
  • 安定した収入であること

これを満たしていない未成年や無職などの状況では審査に通るはずがありません。言い換えれば門前払いを受けるような状態になります。

アコムACマスターカードの申し込み条件において例外はないと考えておきましょう。最低限の申し込み条件は満たしておく必要があります。

どうしてもアコムACマスターカードを手に入れたいからといって、審査資格を満たしていない状況で申し込みはしないように注意しましょう。

アコムACマスターカードの審査基準は厳しかったの?

アコムACマスターカードの審査基準は厳しいのでしょうか。基準が明確に公開されているわけではありませんが審査基準についても検討してみます。

アコムACマスターカードは独自の審査基準

アコムは独自の審査基準を設けていると考えられます。これはアコムがクレジットカード会社よりもカードローンやキャッシングの側面を強く押し出しているからです。この背景があるため他のクレジットカード会社とは異なった審査基準であると考えられます。

具体的にアコムがどのような審査基準を設けているのかは調査できません。これはクレジットカード会社の機密事項です。しかし、アコムの特徴から以下のことが考えられます。

  • 一般的なクレジットカード会社は今までの支払い結果を重要視している
  • アコムACマスターカードはカードローンでありこれからの支払い能力を重要視している

一般的にクレジットカード会社は信用情報を利用して過去の支払い能力を見ています。問題なく支払いができている人は審査に通過できる可能性が高まりますし、今までに遅延などを発生させていると審査に落ちてしまう可能性が高まります。

しかし、アコムACマスターカードはカードローンの側面を強く押し出しています。その結果、今までの支払い結果だけではなくこれから支払いができるかどうかを重要視していると思われます。

アコムACマスタカードの申し込み資格

公式サイトによるとアコムACマスターカードの申し込み資格は以下の通りです。

  • 年齢が20歳以上69歳以下であること
  • 安定した収入があること

他のクレジットカードと比較して格段難しい条件が用意されているわけではありません。

注意しておくとすればクレジットカードの中には18歳から申し込みできるものもありますが、アコムACマスターカードは20歳からしか申し込みができないということです。

アコムACマスターカードの審査に落ちたらどうすればいい?

アコムACマスターカードの審査に落ちたからといって諦める必要はありません。対策をすれば審査に通過できる可能性はあります。審査通過のためにやるべき5つのことをご説明します。

次カードを申し込むときは6か月間待つ

次回アコムACマスターカードに申し込みをするまでには6か月待つようにしましょう。

これはクレジットカードの申し込みを記録する信用情報は6か月間が記録期間だからです。それ以前の情報は信用情報から削除されます。アコムACマスターカードに申し込みした履歴がなくなるわけです。

審査において過去6か月間に多くのクレジットカードに申し込みをしているとクレジットカード会社からの印象が悪くなります。

同じクレジットカード会社に申し込みをしているならなおさらです。しかし6か月経過すれば履歴はなくなります。新しい気持ちで審査に望めるということです。

借入額を少なくする

借入額を少なくすることでアコムACマスターカードの審査に通過できる可能性があります。

一般的にクレジットカードの審査において借入額が多いと不利に働いてしまいます。借入額が多いためそれ以上のクレジットカード発行は危険であると判断されてしまうのです。

もちろん借入額は収入とのバランスも重要です。収入に対して借入額が大きいと判断されることに問題があります。

この問題を解決するには借入額を減らすしかありません。アコムACマスターカードに申し込みをする前に返済できるだけ返済をしてしまいましょう。借入額が大きいことで審査に落ちたと考えられる場合には、まずは申し込みの前に返済できるだけ返済してしまいましょう。

借入額が残っていると審査に落ちてしまうわけではありません。全額返済しなくても審査に通過できる可能性はあります。ただ、できるだけ借り入れ額は小さくしておくことがベターです。

使わないクレジットカードは解約する

使わないクレジットカードは解約してしまうというのも一つの手段です。年収に対して多くのクレジットカードを発行していると審査に落ちてしまう可能性があります。

クレジットカードは利用していなくても限度額を設定されているだけで使える状態にあると判断されます。そのため多くのクレジットカードを保有していると多額の支払いができる状態にあると判断されるのです。

そのように判断されるとクレジットカード会社は新しいクレジットカードの発行を警戒してしまいます。そのことが原因となり審査に落ちてしまう可能性があります。

ライフカードCh(有料)を申し込んでみる

ライフカードCh(有料)と呼ばれるクレジットカードが存在しています。こちらのクレジットカードは2018年にライフカードから発行されたものでまだ知名度の低いものです。

知名度は低いですが基本的な特徴はライフカードと同じですのでイメージしやすいかもしれません。

ライフカードch(有料)

カード年会費 5000円+税
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 0.5%
電子マネー
  • 独自審査で申し込めるクレジットカード
  • 海外旅行保険が最高2000万円自動付帯
  • 弁護士無料相談サービスつき

こちらのクレジットカードの大きな特徴は年会費有料のクレジットカードですが、引き落としではなくクレジットカードの受け取り時に年会費を支払うということです。

他のクレジットカードとは大きく異なる仕組みが採用されています。年会費を先に支払うということは、クレジットカードを利用するのにハードルが高まるということです。そ

のハードルをあえて超えてくるだけの力があるということで、審査を比較的甘くしてクレジットカードを発行しているのでは無いかと言われています。

また、公式サイトを見てみると「独自の審査」とのアピールが多数されています。これはアコムACマスターカードと同じ言い回しです。

ライフカードch 有料

つまり、他のクレジットカード会社とは異なった審査であり通過しやすいということを暗にアピールしている可能性があります。こ

ちらも憶測ではありますが、独自の審査をアピールしていることからアコムACマスターカードと同じく審査が甘い可能性があります。

クレジット機能のないACマスターを申し込むのも手

アコムACマスターカードにはクレジットカード機能が無いものも存在しています。こちらのほうがアコムACマスターカードよりも審査の甘い可能性もあります。

クレジットカードとカードローンの機能が両方付帯されていると両方の審査に通過しなければなりません。それだけ審査通過のハードルが上がってしまいます。

しかし、クレジットカード機能がなければ1つの審査だけを受ければ良くなります。2つの審査を受けるよりも低いハードルであり審査に通過できる可能性があります。

超ブラックでもOK!?誰でも作れるクレジットカードの作り方!
現在ブラックリスト入りしている方は、自己破産するか、審査のないデビットカードに申し込むかの方法しかありません。一方、過去にブラックリスト入りしていた方は、「審査が甘め、または独自審査のクレジットカード」に申し込むと、審査に通過する可能性はあります。ここでは、ブラックリストしている方が再びカードを作る方法と、過去にブラックリストしていたけどクレジットカードを持ちたい方に、クレジットカードの作り方を解説していきます。
タイトルとURLをコピーしました